1


 阪神レジェンド・テラーの掛布雅之氏(65)=スポーツ報知評論家=が13日、カンテレのニュース番組「報道ランナー」に生出演。打率4割5分2厘と好調の大山悠輔内野手(25)をこのまま4番で固定するべきと熱弁した。

 大山は左ふくらはぎを痛めたマルテに代わり、5日の広島戦(マツダ)から「4番・三塁」で出場し、5試合で17打数9安打、2本塁打、6打点の活躍。掛布氏は「今年は目力が違う」と評価。「阪神と巨人は日本人が4番を打つべき。(大山が4番で育つには)今年が最後のチャンス」と訴え、マルテが1軍復帰した場合も、5番・ボーア、6番・マルテの打順を推奨した。




#報道ランナー #掛布雅之 #大山悠輔 #ボーア あぁーよかった❗️掛布さんも真の4番打者は大山と言ってくれて。 掛布さんがおっしゃるように、育てる意味で大山を4番に置いてもらいたいな。 大山が打って打ってくれたら、ボーアも5番で楽に打てると思うから^_^ pic.twitter.com/VtoS75ug7G



大山は絶好調ですね! 去年は4番としては迫力に欠けて、あまり怖い打者という印象はなかったですが、今年は4番としての風格が出てきて、これぞ虎の4番って感じになってきてます! 今後も期待です!


続きを読む