とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    5回4失点

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・青柳晃洋投手(26)が9日、広島との練習試合(マツダ)に先発し、5回6安打4失点。開幕へ向け、課題の残る内容となった。

     「全体的にボール先行の投球になってしまい、特に最後の回(五回)は打者有利なカウントで甘く入った球を打たれてしまった。その中でも、左打者に対してのシンカーやフルカウントからの投球など、試したいことはできたので、もう一度梅野さんともしっかり話し合って、開幕に向けて調整していきたいです」

     0-0で迎えた五回1死一、三塁の場面、広島の3番・西川にワンバウンドした球を左前に運ばれ、先制を許した。続く4番の鈴木は中前適時打、さらに5番・メヒアに2点二塁打を浴び、この回5安打4失点。広島のクリーンアップを止めることができなかった。




    青柳も低めに低めにってすっごい意識してやってたけど 最初から誠也と龍馬には四球だしたりと警戒してたけどあの打ち方見たら 低めにしても結局打つんだもん…ってなるよね 梅ちゃん暴投でもめっちゃ取るからとれないとこに打つしかないんよねー 結果 阪神のみなさん 「え?!」って顔してた



    開幕に向け、課題を残したピッチングでした。 阪神先発・青柳は5回4失点 3連続適時打浴び…制球に課題残す/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/06/09/0013410063.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     ◇セ・リーグ DeNA―阪神(2019年7月4日 横浜)

     先発した阪神・メッセンジャーが5回4失点で降板。甘い球を何度も打ち返され、試合をつくることができなかった。

     打線が先制した直後の1回。2死一、二塁からロペス、宮崎に連続適時打を許してあっさり逆転されると、同点にしてもらった3回にはソト、筒香の連打で追い付かれる。5回には、ソトにリーグトップ25号本塁打を浴びて4点目を失い、6回からベンチに退いた。

     6月4日のロッテ戦以来1カ月ぶりの勝ち星を狙ったが、叶わなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-00000220-spnannex-base



    今年のメッセって5~6回を4失点くらいのイメージしかないから、こんなもんやない?



    今日も負けか まあ、クオリティスタートなんてない阪神に4失点したメッセが悪いけど エースには許されないこと 四球からの失点とかありえへんわ(ゴメンよ。メッセ。そう言うしかないんや。)


    続きを読む