とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    5連敗

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「中日3-2阪神」(16日、ナゴヤドーム)

     阪神が今季4度目のサヨナラ負け。2戦連続の逆転負けで、今季ワーストタイの5連敗となった。復帰戦となった松坂を攻略することができず、これで対中日戦は6連敗。2012年以来7年ぶりの屈辱で、ゲーム差でも中日に並ばれ、3位に転落した。

     試合は同点で迎えた九回、4番手で小野が登板。1死から代打・井領を四球で歩かせると、平田に右中間を破られて1死二、三塁。続く大島を申告敬遠で歩かせ満塁策を取ったものの、アルモンテに押し出し四球を与えた。小野は登板13試合目で今季初黒星となった。

     打線は左膝を負傷したマルテを欠き、和製オーダーで臨んだ一戦。1番・近本、3番・糸井が活躍が光った。初回、近本の中安打から無死一、三塁を作り、糸井の中犠飛で先制点を奪う。同点で迎えた三回には、再び近本の中前打後、2死一、二塁から糸井が右翼線に適時二塁打を放った。

     近本は初回に二盗塁を決め、節目の20盗塁に到達。阪神選手のシーズン20盗塁は17年、18年の糸井に続き3年連続。阪神新人のシーズン20盗塁は、01年の赤星以来(39盗塁でタイトル獲得)、18年ぶりの快挙となった。

     それでも昨季、4度の対戦で3敗(1勝)した松坂を、この日も攻略することができず、苦戦を強いられることになった。

     一方、先発の岩田は初回、いきなり2点を失うなど、毎回のように走者を置く投球。6回9安打を苦しんだが、初回以降は失点を許さず、同点での降板となった。「序盤は相手打線を警戒しすぎて、有利なカウントを作れずに失点してしまいました。途中から大胆に攻めることを意識して、打たれたヒットもほとんどがゴロヒットでしたし、なんとか粘ることはできたかなと思います」。七回を藤川、八回をジョンソンが無失点でつないだが、小野が粘れなかった。

     後半戦は連敗スタート。17日の第3戦(豊橋)では、4年目の望月がプロ初先発に臨む。若い力でまずは連敗を止めたい。





    【一軍】公式戦【阪神2-3x中日】 サヨナラ負け。明日は連敗を止めてや!頑張れ阪神タイガース!  http://hanshintigers.jp/  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル






    @hanshintigersjp 1アウトからアレはないわーーー



    @hanshintigersjp いやいや小野9回はむりやって



    @hanshintigersjp 打てや



    @hanshintigersjp 自力V消滅や!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神は19日の楽天戦(甲子園)に延長10回、4―9と敗れ、2カード連続の負け越し。今季ワーストの5連敗で最大6あった貯金はついに1に減った。

     試合は4番・大山の2年連続2桁本塁打となる10号3ランで先制した。「狙い球をしっかりと仕留めることができた」と喜んだが、先発・青柳が5回途中4失点でKO。終盤は打線が拙攻の連続で結局、延長10回に守屋ら救援陣が一気に5点を奪われ、力尽きた。

     この日はネット裏から総帥・藤原崇起オーナー(67)が観戦した。チームの苦しい現状に「もうひと息というのがなかなか取れなくて…。それこそ、これを糧にしてやらないといけない。一番は我慢、今は我慢して次のチャンスを待つ。そういう時期だと思う。まだ(シーズンは)半分もいってませんから」とフォロー。そして「今、水が濁っていても、我慢すれば(汚れが)沈んで水はまたきれいになる」と得意の例え話を披露しながら奮起を促した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00000087-tospoweb-base



    なんかかっこいい事いってるな藤原オーナー その濁りは鳥谷敬ってやつやからはやく沈めろ



    藤原オーナー見にきてて負けたのか仕方なさすぎる



    藤原オーナーええこというなぁ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「交流戦、阪神4-9楽天」(19日、甲子園球場)

     阪神が今季10度目の延長戦で敗れ、2戦連続逆転負けを喫した。チームは引き分けを挟んで今季ワーストを更新する5連敗。5連敗は昨年10月以来となった。延長十回に登板した守屋が連夜の背信投球で、2戦連続の黒星を喫した。これで交流戦の勝ち越しがなくなり、“交流戦V”の可能性が消滅した。

     4-4の延長十回、6番手の守屋は、先頭のブラッシュに四球、続く銀次に左前打、ウィーラーにも四球を与え無死満塁で降板した。ここで7番手の能見がルーキー辰己に中前打を許し決勝点を奪われた。なおも2死満塁から茂木に2点二塁打を浴び、続く島内にも2点適時打を左翼に運ばれこの回に一挙5点を奪われた。

     試合は初回、大山の10号3ランで阪神が先制した。この回、1死から糸原が四球で出塁。続く糸井は一、二塁間を破ってチャンスを広げた。一、二塁で打席に大山。1ストライクから2球目、真ん中に入った127キロのスライダーをフルスイングした。打球は打った瞬間、スタンドインを確信する推定120メートルの特大弾。5月30日の巨人戦(甲子園)以来、実に17試合ぶりの一発になった。

     「打ったのはスライダー。先制点の欲しい場面で狙い玉をしっかりと仕留めることができました。切れなくてよかったです」。節目の今季10号で、昨年に続き2年連続の2桁本塁打を記録。二回には高山、木浪の連打から、近本の二ゴロの間に1点を追加した。だが、なおも続く1死二、三塁の好機で糸原が二ゴロに倒れるなど、この回1点止まり。

     先発は青柳。この日は制球が定まらず、逆球を痛打されるなどの投球内容。二回、ブラッシュに19号ソロを浴びると、四回に1点、続く五回には4連打を浴びて2点を失った。五回途中、8安打4失点で降板した。

     それでも誕生日昇格即、登板となった岩崎、小野、藤川、ドリスと無失点でつないだが、延長十回、守屋、能見が崩れた。

     攻撃は九回、1死一、三塁の絶好機を作ったが、大山が遊ゴロに倒れるとマルテも二ゴロに抑えられ、サヨナラ機を逃した。

     これで4カード連続勝ち越しなし。最大6あった貯金も1に減り、4位・DeNAとのゲーム差は2まで縮まるなど、鬼門の交流戦で苦しんでいる。20日の第3戦は高橋遥が先発予定。まずは若い力でなんとか連敗を止めたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00000156-dal-base



    阪神 4 - 9 楽天 [負] 守屋2勝2敗0S [ホームラン] 大山 スリーラン10号  http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20190619.html  pic.twitter.com/hsOTzMux6N



    @TigersDreamlink 矢野監督。コーチ陣。選手たち。  ライトスタンドを見よ!! 観客席の阪神ファンは  諦めず 応援しているんだ! ちほほー(*^^*)愛しとる



    @TigersDreamlink 9回で原口使って欲しかった



    @TigersDreamlink 矢野監督の優しさが裏目に出たな。 青柳投手に、勝ち投手の権利をつけさせてあげたい気持ちからの交代の遅れ。 チャンスの場面で福留・原口が残ってるが、代打、鳥谷起用。 後、贅沢をいえば、ホームランはよかったが、大山には試合を決める場面で打つメンタルがほしいな。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/03/08(金) 16:29:25.19 ID:eP7yz3ge9
     「オープン戦、楽天7-1阪神」(8日、倉敷マスカットスタジアム)

     阪神が楽天に大敗を喫し、これでオープン戦は開幕から5連敗となった。64年ぶりだった昨年に続き、オープン戦開幕から5戦5敗。依然として最下位で、
    12球団で唯一、いまだ勝ち星がない。

     この日は主力の大半が甲子園に残留。若手主体の打線を組んだが、楽天先発・岸の前に1点を取るのがやっと。守備での連携ミスに加え、開幕ローテ候補の望月が、
    4回8安打7失点と打ち込まれるなど、攻守に課題の残る1日となった。

     望月は初回、先頭の島内に中前打を浴びると、1死を挟んで浅村の右二塁打で二、三塁。ブラッシュには“新球”フォークを狙われ、左前適時打でいきなり
    2点を失った。さらにブラッシュの三盗と四球で1死一、三塁。重盗を仕掛けられ、捕手・梅野の二塁送球間に、三走・ブラッシュの生還を許した。

     望月は二回にも2点を失うなど5四球と制球も定まらず、ローテ入りに一歩後退した形になった。

     打線で気を吐いたのは、この日もドラフト3位の木浪(ホンダ)。楽天の先発・岸に対して三回、2死三塁から右前適時打を放った。八回にも1死一塁から、
    右前打でマルチ安打。キャンプから猛アピールを続けており、開幕1軍どころか、開幕スタメンに向けてまた1歩、前進した形となった。

     阪神は本拠・甲子園に戻り、9日に日本ハム、10日に巨人を迎え撃つ。先発は9日が岩貞、10日が西の予定。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00000084-dal-base

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552030165/

    続きを読む

    このページのトップヘ