1



<中日3-0阪神>◇14日◇ナゴヤドーム

阪神能見篤史投手(40)が7回に3番手で登板し、今季登板が50試合に到達した。

40歳以上のシーズンで50試合は17年の中日岩瀬(当時43歳)以来、NPB史上2人目の快挙。試合後に報道陣から伝え聞くと「いやいや、まぁまぁ。仕事としてね。それだけ投げられてるのはね」と謙遜してタクシーに乗り込んだ。

この日は3点ビハインドでマウンドへ。テンポのいい投球で大野雄、大島、京田の3人をわずか10球で料理して、味方打線の奮起を待った。今季は同様にビバインドの展開での登板も目立つが「元気で投げられてるのが一番」と泰然自若とし、「結果は出ていないけどね」と自嘲気味のジョークをまじえる落ち着きがある。

チームは守護神の藤川を筆頭に助っ人のジョンソン、左腕岩崎ら盤石の救援陣がそろっている。ここに若手の島本や守屋も頭角を現し、ポジション争いは激しくなっている。それでも、能見も若い選手には負けていられない。中日大野雄の無安打無得点に沸いた試合で、40歳はいつものように顔色を変えず黙々と腕を振った。残り10試合も、身を粉にしてマウンドに向かう。【真柴健】






7回裏で、能見さん! 見事にサクサクと『三者凡退(無失点・無走塁)』で抑えました! ナイスピッチングです!! 今回の登板された試合で、『今期・通算50試合目』 40歳になられた選手では『史上2人目』になりました!! 能見さん、おめでとうございます!🎉🎊㊗️✨ #阪神タイガース #能見篤史 pic.twitter.com/c7MRpIZXT9



明日の一面は能見40才50試合登板に決まりや!笑



あと何気に能見さんが50試合登板したのも凄い! 40代で50試合投げたのって岩瀬以来史上2人目!!!



能見さん史上2人目40歳シーズンで50試合登板🥳🥳🥳🥳 凄すぎる🥳🥳🥳🥳



ノウミサン、足めっさ長い!今日の試合の見どころ、以上。 阪神能見50試合登板 40歳以上は岩瀬以来の快挙(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-09141119-nksports-base 


続きを読む