1


 「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園)

 六回に代打で同点の2点適時二塁打を放った阪神・福留が、七回の守備からセンターに入った。センターに入るのは、2014年8月28日・巨人戦(東京ドーム)以来6年ぶり。

 七回現在の外野は右翼・糸井(38歳)、中堅・福留(43歳)、左翼・サンズ(32歳)。平均年齢37・6歳のベテラン布陣となった。

 この日、センターで先発したのは近本だったが、五回1死で代打・陽川が送られた。六回は陽川がセンターに入っていた。




7回表 センター福留 ピッチャー能見 山崎見逃し三振 雄平センターフライ エスコバー フルカウントからフォアボール 2アウト1塁 西田 エスコバー盗塁成功 2アウト2塁 空振り三振 クールな能見さん ガッツポーズを #hanshin #tigers #阪神タイガース pic.twitter.com/LqoXLdNOOe



ん? センターに福留さんおるんか? pic.twitter.com/Vixx1m72CY


続きを読む