とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    7回1失点

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神-ヤクルト>◇1日◇甲子園

    阪神先発の高橋遥人投手(24)が7回3安打1失点、114球の熱投で試合を作った。

    昨季は5度の対戦で1勝2敗だったヤクルトとの今季初対戦。初回、2番山崎に安打を許すが、後続を断つと圧倒的な投球を披露。伸びのある直球を主体にツバメ打線を封じ、6回まで1安打投球。試練は1点リードの7回。2死から4番村上に二塁打を打たれ、四球で2死一、二塁。この日の104球目を6番エスコバーに右前に運ばれ同点を許した。しかし、3年目左腕は崩れなかった。四球で2死満塁とピンチは拡大したが、代打青木を遊ゴロに斬った。マウンドを降りる際には「ヨシッ!」と小さくほえた。

    打線の援護に恵まれず今季2勝目とはならなかったが、堂々の投球。これで4試合29イニングで失点3、防御率0・93と抜群の安定感を見せている。




    高橋遥人は(塩見の打席で球数を要するなど苦労させられて)7回に追い付かれてしまったけど、それでも7回・114球・1失点は十分な内容。代え時も難しかったからね。 それよりも6回裏に1死2・3塁でサンズと大山が近藤に切って取られたのが痛かった 😭



    今日の遥人は7回1失点かようやっとる


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「ヤクルト-阪神」(22日、神宮球場)

     阪神・西勇らしい非常にテンポのいい投球だった。初回に大山の3ランが飛び出し、3点の援護をもらってマウンドへ。1死から山田哲に中前打を打たれたが、その後は次々とヤクルト打線を相手に凡打の山を築いていった。

     自身の適時打も飛び出してリードが6点に広がった四回は、相手のミスにも助けられた。1死から青木、村上に連続四球を与え、この日初めてスコアリングポジションに走者を置く。西浦をチェンジアップでタイミングを外して空振り三振に取ると、続くエスコバーの打席で飛び出した二走の青木を冷静に三塁で刺し、この回も無失点で切り抜けた。

     その後も快投を続け、スコアボードに0を並べていったが、七回1死から村上に完璧なホームランを右翼席上段へ運ばれて初めての失点。これが初回の山田哲の中前打以来、2本目の被安打だった。

     この回、エスコバーにも右前打を許したが、七回を3安打1失点で降板。これで今季10登板中9度目のクオリティスタート(先発投手が6回以上を投げて自責点3以下)と抜群の安定感を見せ、4勝目の権利を手にした。




    西投手、7回1失点のHQS いつもいつも好投ありがとうございます #hanshin



    西は8回に代打を送られてお役御免。7回まで116球を投げて、3安打1失点。村上にソロ本塁打を打たれたものの、自慢の制球力が冴え、ヤクルト打線を翻弄。ナイスピッチングでした。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ガルシア


    <DeNA2-9阪神>◇11日◇横浜

    阪神オネルキ・ガルシア投手(31)が今季8度目の登板で初勝利を挙げた。7回を投げ、4安打1失点。序盤3イニングで4つの四球を出したが、4回以降は無四球と安定感を取り戻し、打線の援護を受けた。108球は今季最多の球数だった。

    打線は3番サンズが1回に先制犠飛、同点で迎えた6回1死三塁で勝ち越しの適時二塁打を放って2打点の活躍。近本は10試合連続安打をマークするなど3安打。木浪、梅野も2打点を記録。中盤までは1点を争う展開だったが、終わってみれば10安打9得点での勝利。チームは借金を2に減らした。




    中盤以降は安定した投球を披露してくれました。 阪神ガルシア”8度目の正直”で初勝利、7回1失点  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202008110001098.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    今季8度目の登板で初勝利!ガルシアおめ! ハマスタでひさびさ快勝! 野手の皆さん、次はそろそろ西くんの3勝目と藤浪の復活白星の援護をたのんます pic.twitter.com/bTY4Bdb1Xf


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆JERAセ・リーグ公式戦 中日1―0阪神(25日・ナゴヤD)

     阪神・西勇輝投手(29)が、7回8安打1失点の粘投。開幕から6試合連続でクオリティースタート(QS=6投球回以上3自責点以下)を達成したが、打線の援護なくリードを許した展開で降板。3勝目を挙げることはできなかった。

     3回以外は毎回安打で走者を背負ったが、冷静だった。2回2死一、二塁では勝野を遊ゴロ。最大のピンチとなった6回無死一、三塁からはビシエドを左飛、A・マルティネスを空振り三振、最後は京田のバットを粉砕し、一ゴロに仕留めた。4番のビシエドには昨季10打数6安打1本塁打と打ち込まれたが、今季はこれで7打数無安打と完璧に封じている。

     しかし、0―0の7回2死三塁。井領のタイムリー内野安打で先制点を献上した。それでも、直近4試合中3試合で120球以上を投げ、投球回43回1/3は現時点で12球団最多だ。

     QS率100%は、両リーグを通じて平良(DeNA)、種市(ロッテ)と西勇の3人だけ。種市はこの日夜の西武戦、平良は26日の広島戦で先発予定となっている。




    【阪神】西勇輝、7回8安打1失点粘投も2敗目…開幕6試合連続QS実らず : スポーツ報知  https://hochi.news/articles/20200725-OHT1T50151.html  西ってどこのチーム行っても無援護ってのが定めなのか?



    まけほーー😭😭😭 ・完封負けで貯金2の夢は叶わず、勝率5割へ逆戻り😰 ・チャンスあったけどホームが遠かった😭😭 ・エース西の7回1失点の力投も負け投手😰😰 ・6回の攻防が今日の勝利を左右する展開になってしまった😭 ・西(勇)、7回1失点の力投も援護なく2敗目😭 ・サンズ、2安打で好調キープ🐯 pic.twitter.com/BPeFjWQA4e


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は17日の中日戦に4―1で勝利し4位浮上。最大で8あった借金も2まで減り、5割復帰も見えてきた。

     先発の青柳晃洋は、持ち味の打たせてとる投球が冴えわたり7回1失点の好投を披露。ハーラートップタイの3勝目を挙げた。「前回の中日戦と違い、余計なランナーを出さなかったことが良いピッチングにつながった。野手の皆さんもよく守ってくれたので感謝です」とナインへの感謝の言葉を並べた右腕は、これで防御率1・50。今や虎投の大黒柱としてチームを支えている。

    「梅野さんのリードにしっかり従うだけです。野手の皆さんも援護してくださった。(野手陣には)『これからもよろしくお願いします』と言いたい」と笑顔でお立ち台に立った背番号50の背中から、確かな自信が漂い始めた。




    先発の青柳君は7回97球1失点。 交代前の打順で一度は打席に立つものの、代走の近本君が盗塁成功して 1死2塁となり、代打中谷君に交代しました。 とにかく内野ゴロの山を築く青柳君らしいピッチング✨ これぞセ界一のサブマリンの本領発揮! pic.twitter.com/HBsVmtkizM



    タイガース 今日も勝った✌️ 青柳くん 3勝目〜😊👏👏👏  https://twitter.com/tigersdreamlink/status/1284097482641641474 


    続きを読む

    このページのトップヘ