とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    MLB

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/06/22(月) 10:40:15.35 ID:nMj//nhO0
    no title


    Manfred reaches out, players abort meeting, progress unclear. With @EvanDrellich:


    マンフレッドが手を差し伸べ、プレイヤーは打ち合わせを中止し、進行状況は不明。と@EvanDrellich

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/06/22(月) 10:40:47.17 ID:ft0fNbFSM
    秋山とか今なにしてるんや?

    8: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/06/22(月) 10:41:16.92 ID:Uc/ifuffd
    日本に来い

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1592790015/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/31(日) 12:58:55.15 ID:wRgGHKv/9
    1989年、阪神で106試合に出場し38本塁打、打率.302と好成績を残したフィルダー氏

    他球団や他リーグへの移籍が転機となり、才能を開花させるケースは往々にしてあるが、MLB通算319本塁打を放ったセシル・フィルダー氏の飛躍のきっかけとなったのは、はるか海の向こう、日本の阪神でのプレー経験だった。
    地元紙「デトロイト・フリープレス」がフィルダー氏の特集記事でその阪神時代にも触れている。

    記事では「デトロイト・タイガースのセシル・フィルダーは30年前のタイガースタジアムでの一発でHRのスーパースターになった」との見出しで、1990年、51本塁打を放ったメジャー復帰1年目のシーズンを紹介している。
    1985年にブルージェイズでメジャー初昇格となるもなかなか出場機会に恵まれなかったフィルダー氏は、その前年の1989年に4番打者としてレギュラー確約のオファーがあった阪神に入団。106試合で38本塁打、打率.302と好成績を残していた。

    フィルダー氏は「私は毎日プレーしたかった。そしてその機会がトロント(1985~1988年)ではなかった。日本でプレーして自信が付いた。
    打者としての自分の存在意義を学ばせてもらった」と当時を回顧。日本での経験を糧にデトロイト・タイガースでメジャー復帰を果たすと、その年にメジャー13年ぶりとなる51本塁打を放ち、
    翌1991年と2年連続で本塁打、打点の2冠を獲得するなど輝かしい成績を収めた。

    「私はごまかし行為はしていなかった。本物だった。ステロイドは必要なかった」とフィルダー氏。日本でのプレーを自信にメジャーでも大きく才能を開花させた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/693017c57bab504957b0220d9b28562eca364e32
    5/31(日) 8:30配信

    no title

    no title

    https://column.sp.baseball.findfriends.jp/show_img.php
    no title

    no title


    https://nipponbaseball.web.fc2.com/personal/mbatter/cecil_fielder.html
    成績

    https://www.youtube.com/watch?v=u9OgXbEFcIE&t=90s


    セシル・フィルダー 来日初アーチは特大の逆転決勝弾

    https://www.youtube.com/watch?v=HJ6KUFFA400


    阪神フィルダー横浜大洋戦

    https://www.youtube.com/watch?v=5SZUnRaMv9c&t=117s


    ガリクソンvsフィルダー★2年後のMLB最多勝・本塁打王の対決

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/31(日) 12:59:25.15 ID:2KpW88ry0
    育成の阪神やね(^^)

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1590897535/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/15(金) 22:26:45.88 ID:ien8t95Fd
     新型コロナウイルスの感染拡大により開幕が延期となっているメジャーリーグ。
    現在、MLB機構と選手会の間で開幕案についての協議が行われており、7月4日(日本時間7月5日)の独立記念日前後の開幕を目指すこの案では、総収入を球団と選手で折半することも盛り込まれている。

     すでに試合数に比例した額への減俸で合意していたMLBと選手会。現在、協議されている開幕案では、年俸がさらに減俸となるとされる。MLBと選手会の間で合意に迫っているとされるが、これに選手たちから反対の声が相次ぎ、賛否を呼んでいる。

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/15(金) 22:27:40.99 ID:ien8t95Fd
     まず、声をあげたのはレイズのブレイク・スネル投手。米スポーツ局「ESPN」に対し
    「僕が減俸を受け入れることは現実に起こらないと思う。それを皆、理解してくれないとね。リスクが非常に高いからね。僕は給与をもらう必要がある。給与が支払われないなら、プレーしないよ」
    などと語り、3月末に合意した案でないとプレーはできないと主張した。

     このスネルの発言に同調する声も上がった。その1人がロッキーズのノーラン・アレナド内野手だ。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」がレポートし、
    記事の中で「彼(スネル)は素直になっていたんだと思う。本音を喋っていたんだ。彼は良い主張をたくさんしていた。正しいことも彼は主張していたよ。それらの多くは誤解されているんだ。世論から理解を得ることは、僕たちの思うようにうまくいかないものだから」
    と語り、スネルの意見に賛同した。

     アレナドは「世の中の人たちは、僕たちが試合をしたいということを理解すべきだ。ここでの誤解は、完璧な状況でなければ選手たちがプレーしたくないと思われていること。それは事実ではない。
    今季は何も完璧に進んていくものはないと、僕らは理解しているんだ。『選手なんて、お金を全額貰えるならプレーしたいってだけだろ』と思う人もいることは、僕もわかっている。
    いずれにせよ僕らは(契約で保障されているはずの年俸)全額を(今季は)もらえない。だけど僕たちは、それでも試合に出場して、ファンの目を楽しませたい」とも。
    選手の思いをファンに理解してもらいと語っている。

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/15(金) 22:28:03.07 ID:ien8t95Fd
     さらに米メディア「masslive.com」に対してフィリーズのブライス・ハーパー外野手がコメント。スネルの発言に対して
    「彼は嘘をついていない。彼は正しいよ。彼は本当のことを喋っているんだ。僕は彼に対して怒っていないよ。誰かが口を開かないといけないことだから。彼は毅然とした態度で発言した」と語り、スネルの考えに同意していた。

     開幕に向けて動き出したメジャーリーグだが、MLB側と選手の思いには隔たりがあるよう。果たしてどういう形で決着するのだろうか。

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/15(金) 22:28:13.64 ID:ien8t95Fd

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1589549205/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/10(日) 11:29:46.58 ID:6n0Lag2f9
    【ロサンゼルス共同】
     米大リーグ機構(MLB)が新型コロナウイルスの感染拡大で見合わせている開幕を7月上旬に設定し、80試合ほどのレギュラーシーズンを実施するなどとした今季の開催案を11日に各球団のオーナーと協議すると9日、スポーツ専門サイト「アスレチック」が伝えた。
    承認されれば12日に大リーグ選手会に提案するという。

     同案では、試合は可能な限り各球団の本拠地で行い、現行の東西、中地区でア、ナ両リーグの同地区の球団とだけ対戦する。
    プレーオフは出場枠を両リーグとも5チームから7チームに増やし、地区シリーズの前に3回戦制の「ワイルドカードラウンド」を行う。


    https://www.daily.co.jp/general/2020/05/10/0013331568.shtml

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/10(日) 11:35:08.67 ID:VKyQzRJ40
    アメリカは今年は収束しなさそう

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589077786/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/08(金) 07:15:37.75 ID:BkkEtOl69
    【カナダ紙が報じたローズ氏のコルクバット使用疑惑】

     5月5日のことだが、カナダの『モントリオール・ガゼット』紙が、元エキスポスのグランド整備担当者の証言を受け、1984年に同チームに在籍していたピート・ローズ氏が違法のコルクバットを常用していたと報じられ、日本でも大きなニュースになった。

     ローズ氏といえば、通算安打4256本のMLB記録を保持する伝説的な選手で、日米合算で4367安打を記録しているイチロー選手と度々比較される人物として、日本でもお馴染みの存在といえる。

     またローズ氏は、レッズ監督時代に野球賭博に関与していたことが発覚し、1989年にMLB界から永久追放処分を受けるなど、常にダーティーなイメージがつきまとう人物でもあった。

     今回の報道で、日本のメディアからローズ氏の通算記録を疑問視する声が上がっているようだ。

    【10年前にも指摘されていたコルクバット使用】
     ただローズ氏のコルクバット使用疑惑が飛び出したのは、今回が初めてではない。すでに10年前にスポーツ専門サイトの『DEADSPIN』が、1985年のレッズ時代にローズ氏が使用していたバットのX線検査を行い、内部にコルクらしくものが見つかったと報じているのだ。

     当時もかなりセンセーショナルに報じられたので、ご記憶の方も多いはずだ。

    この報道を受け、ローズ氏はコルクバットの使用を全面的に否定しているが、またこうして新たな疑惑が報じられたことで、ますます信憑性が高まったことは間違いない。

    【コルクバットはMLB界の闇部分】
     確かにローズ氏のコルクバット使用が真実ならば、彼が残した記録を疑問視する声が上がるのも当然だろう。

     だが事実として理解しなければいけないことは、10年前にも大きな騒ぎになりながら,今もローズ氏の記録はMLBの公認記録として残り続けていることだ。

     それはステロイドなどの禁止薬物使用を疑われたバリー・ボンズ氏、マーク・マグワイア氏らの記録が今もMLB記録として残っているのと変わりはない。

     コルクバットもローズ氏だけが使用していたのなら糾弾されるべきものなのだが、実はコルクバットも禁止薬物同様にMLBの闇部分なのだ。

    【使用確認が難しいコルクバット】
     コルクバットはあくまでバットの内部にコルクを仕込んだものなので、外見上はまったく他のバットと見分けがつかない。ローズ氏も現役引退した今になって、使用疑惑が取り沙汰されているほどだ。

     つまりそれは、実際のところローズ氏以外にもコルクバットを使用していた選手がいたのかを正確に確認できないということになる。だがその一方で、MLBではコルクバット使用が明るみに出たケースが度々起こっている。

     こちらもご記憶の方がおられると思うが、ステロイド時代といわれる1990年代から2000年代前半にかけて、4人の選手がコルクバット使用で処分を受けている。

     ●アルバート・ベル(インディアンズ):1994年にコルクバット使用が発覚し、7試合の出場停止処分を受ける。

     ●クリス・セイボー(レッズ):1996年にコルクバット使用が発覚し、7試合の出場停止処分とチームに2万5000ドルの罰金が課せられる。本人はチームメイトから借りたバットだと釈明。

     ●ウイルトン・ゲレロ(ドジャース):1997年にコルクバット使用が発覚し、8試合の出場停止処分を受ける。

     ●サミー・ソーサ(カブス):2003年にコルクバット使用が発覚し、8試合の出場停止処分を受ける。打撃練習で使用していたバットを誤って公式戦で使用したと説明。

     これら4選手はすべて試合中にバットが割れ、その中にコルクが入っているのが確認されたため処分を受けたものだ。逆に言えば、バットが割れなければ、彼らのコルクバット使用も発覚していなかったし、その後彼らがコルクバットを使用したかどうかも、確認することはできない。

     今後ローズ氏の疑惑がどこまで追求されるのかは分からない、ただコルクバットがMLB界で単純な問題ではないということだけは確かだ。

    菊地慶剛 | スポーツライター/近畿大学法学部非常勤講師
    5/6(水) 11:58

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/08(金) 07:16:20.40 ID:BkkEtOl69

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1588889737/

    続きを読む

    このページのトップヘ