とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    2017年02月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し@ 2017/02/19(日) 18:29:15.89 ID:yo09aXDY0
    阪神のルーキー大山悠輔が「プロの壁」に苦しんでいる。ここまでの実戦4試合で12打数無安打。まだ、春は遠い。
    打てない大山を見て、話を聞きたい人がいた。
    ドラフト1位。大卒。内野手。右投げ右打ち。共通点が多いのは、2度の優勝に貢献した今岡真訪(まこと、誠から改名)だ。

    いまは2軍の打撃兼野手総合コーチとして高知・安芸で指導する。
    宜野座の様子はCS放送でチェックするが「キャンプを通して見ていない」と言って、大山評をしない。
    ただ「僕と同じ立場だから」と胸中を察する。新人だった97年、キャンプから開幕まで過ごした時間に重ね合わせた。

    「2月のキャンプ、3月のオープン戦と実戦を多く積ませていただいた。
    吉田監督の考えのなかに、目先のことだけでなくて、僕の将来も考えて、結果が出ようが出まいが、1軍に置いてもらったと思っている」

    監督の吉田義男(日刊スポーツ客員評論家)は辛抱強く起用し、開花を待つ。オープン戦打率はわずか1割。並みのルーキーなら2軍直行だ。今岡は言う。

    「練習で考えることも大事だけど、試合で三振したり、変化球に泳いだり、真っすぐに詰まらされたりしながら自分でいろんなことを感じていく期間だった」

    2、3月は散々だった。それでも、開幕の1軍メンバーに入り、その後につながる貴重な経験になった。1年目は98試合で打率2割5分。2年目は2割9分3厘にステップアップする。吉田も当時を「打てなくても今岡を使い続けたのは、何としても、この男を一人前にしなくてはという覚悟もあった」と振り返った。

    話を大山に戻す。早くも力量を問う声が出るなど、騒がしくなってきた。将来の大砲と位置づけており、目先の結果だけで、見定めることなどできない。失敗から学ぶことは多い。開幕まで1軍で実戦を重ねるべきだし、結果にとらわれず、対応力を磨くのが大切だ。長い目で見る意味を、20年前に示したのが今岡だった。

    幸いにも、大山は「当てにいくことは絶対にしたくない」と話す。まったく自分を見失っていない。今岡も後押しする。「いまは、これまでやってきた自分の信念を曲げずに、結果に一喜一憂するな。ドラフト1位の野手として、力があるのだから」豪快に空振りすればいい。(敬称略)


    引用元: ・阪神ドラ1ルーキー大山に今岡コーチが言及「結果に一喜一憂するな。ドラフト1位野手として力がある」 [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: サインコサイン ★@ 2017/02/19(日) 14:40:06.56 ID:CAP_USER9
    スポーツ報知 2/19(日) 14:35配信

    ◆練習試合 阪神―日本ハム(19日・宜野座)

     WBC日本代表の阪神・藤浪晋太郎投手(22)が19日、練習試合の日本ハム戦に先発し、5回を1安打、7奪三振で1失点と快投した。4回に3四死球と崩れ、1点を失ったものの、それ以外の4イニングは3者凡退に抑えた。

     試合前には甲子園のグラウンドを管理する阪神園芸のスタッフが、国際大会仕様の赤土のマウンドを用意。「結果どうこうよりも、やりたいことができれば」と話していたように、慣れない条件にも適応し、直球の最速も154キロをマークした。

    st


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000113-sph-base

    引用元: ・【野球】阪神藤浪、日本ハムとの練習試合で5回7K1失点 最速154キロマーク

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    st

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ss


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@2017/02/19(日) 05:44:33.84 ID:CAP_USER9
    新助っ人の阪神・キャンベルが3日ぶりに本隊に合流した。室内練習場では打撃マシンを相手にした打撃練習やキャッチボールなどで調整。
    屋外にも出て遊撃のポジションに就いてノックを受けるなど順調な回復ぶりをアピールした。

    「体調は戻ってきている。動いた方が逆に良い感じ。(体重は)量ってないけど、感覚としては落ちている感じはない」

    早期復帰に安堵(あんど)した表情を浮かべた。16日に腹痛を訴えて読谷村内の病院で検査を受けた結果、
    「ウイルス性胃腸炎」と診断。出場予定だった韓国サムスンとの練習試合を欠場し、
    翌17日も大事を取って宜野座球場には姿を見せず、宿舎隣接の室内練習場で別調整に努めていた。

    午前中にはブルペンを訪れてメッセンジャーと山本の投球練習の際に打席に立って目慣らしするなど感覚を取り戻すために精力的に動いた。
    「コントロール、角度を実際に打席に立って見て実感できた」。
    19日の日本ハムとの練習試合についても「出る、出ないは監督が決めること」と自分からは出場断念を言い出さなかった。 

    ss


    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/02/19/kiji/20170219s00001173130000c.html
    2017年2月19日 05:30

    引用元: ・【野球】阪神キャンベル 回復順調 体重“落ちず”ノックでは遊撃にも

    続きを読む

    このページのトップヘ