とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    2019年03月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     阪神・矢野燿大監督は初采配となった29日の開幕・ヤクルト戦(京セラ)にサヨナラ勝ち。1-1の延長十一回、先頭の代打鳥谷の三塁打から、相手の暴投で白星を手にし、試合後は興奮気味に話した。

     「ちょっと騒々しい勝ち方でしたけど、何でもいいです。勝てたので」

     サヨナラ勝ちをおぜん立てした鳥谷については「何回も(代打の)準備させてたので。後ろで『トリ、悪い、準備疲れするんじゃないか』と言ったら、ニコってしてね。先頭は最後はトリで行くと決めていた。本当に気持ちを感じる一打だったので、ベンチの前まで出てしまいましたけど(笑)」

     自身の監督初勝利については「始まったらすごい、どんだけかくねんっていうぐらい手に汗かいてたね。本当に信じるしかできないけど、信じた結果というか。頑張ってくれ、頑張ってくれとしか言うことしかできなかったけど、ほんとにみんながそれぞれ頑張ってくれた。最後は打って決めてくれるんか、というのもあったけど、どんな形(暴投)でも勝てたのは、一生忘れない1勝になると思います」

     ウイニングボールについては「転がっていったから(笑)。テニスのボール拾いにいく人みたいに取りに行かれへんやろ」と笑いながら話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00000617-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     プロ初の「H」ランプは値千金の同点打。阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)が29日の開幕ヤクルト戦(京セラ)で、プロ初安打となる適時三塁打を放ってみせた。

     「2死から(木浪)聖也が出塁してくれて、ランディ(メッセンジャー)もずっと粘りの投球をしてくれていたので、何としても1点取りたいと思っていました。結果、最高のタイムリーになってくれてよかったです」

     待望の快音は、1点リードを許した六回2死一塁。ヤクルト・小川の初球チェンジアップにバットを伸ばすと、打球は右中間を真っ二つ。スライディングすら必要ない、悠々の三塁打。力投を続けるメッセンジャーにうれしいプレゼントだ。

     守備でもチームを救った。一回無死一、二塁。ヤクルト・山田哲の鋭い打球が中前へ。これに猛チャージをかけると、170センチの体を目いっぱい使ってバックホーム! 梅野がショートバウンドで受け取ると、二走をシャットアウト。チーム助けるビッグプレーで、華々しくプロとしてのスタートを切った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00000599-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    Dlgv74oVAAEXAI7
     阪神は29日、ドラフト3位・木浪聖也内野手(24)=ホンダ=と同1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=による球団新人史上初となる「開幕戦1、2番コンビ」結成を記念し、特製グッズの発売を開始した。Tシャツ税込2500円、フェイスタオルが同1500円。1番・木浪が一回先頭で痛烈な左飛に倒れ、2番・近本が打席に入った瞬間に受注を開始した。球団公式オンラインショップ「T-SHOP」から購入できる。阪神は1点を追う六回2死走者なしから、木浪が敵失で出塁し、近本が右中間に同点三塁打を放った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00000601-sanspo-base






    球団史上初!ルーキー2選手での開幕1・2番スタメン出場を果たした近本選手・木浪選手の記念グッズをT-SHOPにて販売中!
    詳細は公式オンラインショップT-SHOPで
     https://shop.hanshintigers.jp/index.html  pic.twitter.com/8o5s8zLh5t



    @TigersDreamlink キナチカ打線最高やん!
    観てて楽しいしワクワクする😊
    明日も期待してます( *`ω´)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     「阪神-ヤクルト」(29日、京セラドーム大阪)

     5年連続6度目となる開幕投手の大役を担った阪神のメッセンジャーは7回1失点でマウンドを降りた。

     初回は坂口、青木の連打でいきなり無死一、二塁のピンチに。続く青木にもセンター返しの中前打を打たれたが、中堅で先発出場したルーキー・近本がバックホーム。ワンバウンド送球で、二塁からの生還を狙った坂口を見事に差した。続くバレンティンは遊ゴロ併殺。無失点で開幕ゲームの初回を終えた。

     二回は1死から村上、広岡を連続三振で三者凡退。三回も三者凡退と尻上がりに調子を上げていったが、四回に1死満塁から、2年目の高卒ルーキー・村上に右犠飛を打たれ、先制点を許した。

     その後は五、六、七回を無失点に抑えて、7回6安打1失点。試合は1-1の同点で勝ち投手とはならず、日米通算100勝(現在アメリカ4勝、日本95勝)は次戦以降にお預けとなった。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00000160-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019032902/top 


    2


    続きを読む

    このページのトップヘ