とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    2021年03月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇練習試合 阪神4-3ヤクルト(2021年2月28日 沖縄・浦添)

     阪神の北條史也内野手(26)が少ない好機を生かしてアピールした。

     5回の三塁守備から途中出場すると、2打席連続で左前へはじき返し2安打を記録。今春は新人の中野、新加入の山本の台頭もあって二遊間での出場機が激減しており、この日の三塁や一塁にも就いている。

     悔しさをぶつけるような快音に矢野監督も「少ないチャンスの中ではい上がってくる選手なんで。そういうのは俺も大事にしたいし。本人の気持ちの中で“よしまた前に”と向くような2本になったと思う。1本より、もう1本出たというところに価値があるんじゃないかな」と評価した。

     開幕まで1カ月。競争をかき回す時間はまだ残っている。




    阪神・北條 意地の2安打でアピール 二遊間での出場機会減少も矢野監督「はい上がってくる選手」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース ほんま頑張って  https://news.yahoo.co.jp/articles/7311562472deea7b7b6a9d355ae05db11409de0b 



    9年目シーズンの巻き返しに期待しましょう‼️😊 阪神・北條 意地の2安打でアピール 二遊間での出場機会減少も矢野監督「はい上がってくる選手」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/02/28/kiji/20210228s00001173458000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/02/28(日) 07:40:58.43 ID:tvTSxZS20
    佐藤輝明は三塁固定すべき、雰囲気プンプン/権藤博
    https://www.nikkansports.com/m/baseball/column/analyst/news/202102270001005_m.html

    >>4回の平田のゴロも藤浪が果敢に前に出てきたが、佐藤輝が積極的に声を出して、さばいた。
    >遊撃、二塁はクールに全体を見渡すが、三塁というポジションは長嶋さん、掛布のようにチーム全体を盛り上げる係。
    >佐藤輝にはそうなれる雰囲気がプンプンと漂っている。
    >大山は一塁や外野など他のポジションもこなせる。
    >これだけの能力がある新人をつぶすわけにはいかない。
    >監督は決断しなければならない。
    >それだけの権限を与えられているわけですから。

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/02/28(日) 07:42:19.89 ID:6YBLY0uL0
    大山はユーティリティープレイヤーなんか

    6: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/02/28(日) 07:42:22.71 ID:r2FQg9zpa
    佐藤のことポジリすぎやろ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1614465658/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <練習試合:ヤクルト3-4阪神>◇28日◇ANA BALLPARK浦添

    阪神は先発左腕が手薄な状況で、チェン、伊藤将の投球に注目していた。短いイニングだったため、即ローテーション入りが確定するわけではないが、結果良しで次の段階に進める内容だった。

    伊藤将は真っすぐ、スライダー、チェンジアップをいい感じで投げていた。グラブをはめた右腕を大きく使うのが特徴的で、真上から振り下ろし、角度をつけている。高い位置にグラブを上げて、その位置に今後は左腕を引っ張ってくるイメージだ。水平に前に出るのではなく、てんびんのように上下動で投げる。マウンドには傾斜があるのでは、それはいいと思う。

    投球フォームで気になる点もあった。右膝を着地させた際に、捕手に早く向きすぎだ。これがもう少し一塁側を向けば、体重移動がうまくできる。下半身に粘りが出て、ボールに強いスピンがかかる。これはじっくりと修正していけばいい。またヤクルト村上に対し、簡単に2ストライクに追い込んだが、その後の3球はすべてゾーンで勝負した。ストライクからボールになる球などゾーンを広く使ったほうがいい。反省点はあるが、球そのものはいいので、実戦を重ねていけばいい。後はイニングを伸ばした時にどれだけ投げられるかだ。

    チェンは中日時代のスピードはないが、懐を突く真っすぐに、変化球をコンビネーションよく投げ分ける技術は持っている。この日の投球を見ても、現時点で心配する点はない。開幕に向けては、離脱中の西勇の状態を見ながら、この日登板したガンケルを含めた3人をどう回していくかが基本になる。とはいえチェン、伊藤将は未知数なので、備えとして岩貞も2軍戦で球数を投げさせるなど、先発としての備えも必要だ。(日刊スポーツ評論家)




    左の先発要員としては及第点じゃない? 阪神チェンの熟練マウンドさばきを矢野監督も絶賛(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/d782656e8b7657e0355f053633b61ba6ac948f88 



    阪神チェンの熟練マウンドさばきを矢野監督も絶賛(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/d782656e8b7657e0355f053633b61ba6ac948f88  失点はしたものの さすがのチェンさん 監督も絶賛です😌🐯


    続きを読む

    このページのトップヘ