とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    2021年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    kosien


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/16(水) 11:15:30.57 ID:0gwOGlByr
    青柳と岩崎だけで済んだ模様

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/16(水) 11:15:40.09 ID:0gwOGlByr
    サンキューナッパ



    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1623809730/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    セ・リーグ


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/16(水) 12:12:20.18 ID:uAtuT4xx0
    巨人79本
    阪神65本
    ヤクルト63本
    DeNA61本
    広島38本
    中日33本

    13: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/16(水) 12:16:52.65 ID:Uh3XynduM
    1阪神 得失点差+58
    防御率3.28 失点215 得点273
    打率.254 本塁打65 盗塁59 

    2ヤクルト 得失点差+18
    防御率3.81 失点245 得点263
    打率.251 本塁打63 盗塁39

    3巨人 得失点差+28
    防御率3.49 失点234 得点262
    打率.254 本塁打79 盗塁41

    4中日 得失点差-17
    防御率3.04 失点200 得点183
    打率.240 本塁打33 盗塁30

    5広島 得失点差-49
    防御率3.85 失点234 得点185
    打率.252 本塁37 盗塁31

    6横浜 得失点差-65
    防御率4.71 失点318 得点253
    .254 本塁打61 盗塁14

    総合チーム成績はこちら


    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1623813140/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/16(水) 05:45:11.96 ID:CAP_USER9 BE:199440736-2BP(0)
    6/16(水) 5:15
    東スポWeb

    阪神・佐藤輝の4番固定は時期尚早? ライバル球団が指摘する「乗り越えるべき壁」
    阪神打線を支える佐藤輝(右)とサンズ
     リーグ戦再開後のミッションは「ひとり立ち」――。阪神のドラフト1位ルーキー・佐藤輝明内野手(22)は初の交流戦を6本塁打、12打点と大暴れ。リーグ戦同様の新人離れした実力を見せつけ、パ・リーグ関係者をも「近い将来は球界の4番」と驚かせた。そんな怪物新人のさらなる進化に向けて重要なポイントがあるという。

     5月28日の西武戦での1試合3発など、交流戦でも佐藤輝は規格外の活躍も見せた。今や打線に不可欠な存在ながら「どの打順がベストか?」は流動的だ。開幕から「6番・右翼」が定位置だったが、5月以降は持ち場も微妙に変化した。5月上旬に4番・大山が故障離脱した際は10試合で4番も経験し、大山が復帰した交流戦では最も慣れた6番に戻り、6月8日の日本ハム戦からは5番にも座った。

     矢野監督は「現状はそれで…」と引き続き5番打者として、リーグ戦再開(18日・対巨人=甲子園)を迎える見込み。この打順問題で、セ球団のスコアラーは「期待値だけではない信頼という意味でも、どの程度かが見えてくる」とし、現状では「後ろを打つ選手」が日替わりになるほど、佐藤輝への信頼が高まっていることにもなると推察する。

    「これまではどちらかと言えば、打順の中で『勝負してもらえる』環境に置いてもらっていた。後ろには得点圏で強い梅野がいて、梅野が調子を落としたら、同じぐらい勝負強いサンズを後ろに置いて。それは作戦面としても理にかなったものだけど、矢野監督としても何とか経験が少ない中でも結果を残してほしいという親心も多少はあったと思う」

     ここまで佐藤輝は1試合を除き4~6番で先発起用されている。後ろにはどの打順であれ得点圏打率が3割8分1厘でリーグトップの梅野や長打率5割2分6厘を誇るサンズが配置され、2人以外はわずか4試合。敵からすると、塁上に走者を埋めた場面、佐藤輝を迎えた際は「次打者」と佐藤輝を天秤にかけ、プロでの経験値の少ない新人との勝負を選択することも多々あったということになる。

     そんな背景もあり、前出スコアラーは一時的に務めた4番については、まだ時期尚早と診断する。「大山は調子の良し悪しもそうだけど、誰が前後に入るか関係なく4番ですよね? それはもう彼は監督から、打者として一人で勝負できるという信頼を貰っている証拠。逆を言えば周りがダメなときも、彼だけはそれを補う結果を求められるキツさもありますからね」

     ここまでリーグ4位の16本塁打に打率2割7分4厘、44打点は新人としては立派な数字。だが、佐藤輝も「やっぱり打てるときと打てないときの差がまだある。常に同じような成績を目指せるように」と進化の必要性を口にする。

     チームとしても、やがては大山と本格的に「4番争い」をするレベルになるまでの成長が待たれるところ。先発オーダーの並びで、前後の絡みに関係なく不動の立ち位置を得ることは、指揮官から全幅の信頼を得た証でもある。〝ひとり立ち〟は今後の佐藤輝が目指す打撃の安定感ともリンクしそうだ。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/12aab8f860acb4b861a1a556174cbb10b928f30f

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/16(水) 06:13:07.64 ID:u7NEuUTH0
    サード固定も4番も来年争わせれば良い。大山が怪我でもしない限り今季はこのまま

    10: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/16(水) 08:15:45.79 ID:8AFxC19H0
    守備もセンスあるよな



    引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1623789911/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     果たしてこのメンバーで大丈夫なのか。東京五輪に参加する野球日本代表・侍ジャパンの代表内定24選手が16日、都内のホテルで発表された。会見に出席した稲葉篤紀監督(48)は「東京五輪で金メダルを獲得する最適なメンバーを検討した結果」と胸を張ったが、ツッコミどころが多い感はどうしても否めない。現状で明らかに調子を落としている選手や、低迷中の広島から12球団最多となる5人が選出されるなど〝不可解選考〟に球界内から疑問と不安の声が噴出している。

     一語一句に力がこもった。会見場に姿を見せた稲葉監督は冒頭のあいさつで「プレミア12で戦った選手を土台としているが、選手のけがの状態や(プレミアから)この1年半で台頭してきた新しい戦力など、あらゆる状況を踏まえた。通常の国際大会から、より少ない24人の選手枠というルールの中、コーチ陣とともに東京オリンピックで金メダルを獲得する最適なメンバーを検討した結果」と選考理由について述べ、自ら〝24人の侍〟たちの名前を読み上げた。

     さすがの侍指揮官も緊張していたからなのか。一人ずつモニターに内定選手が映し出されると同時に稲葉監督がそれぞれの名前と寸評を読み上げていたが、投手11人を終えたところで捕手2人を言い忘れ、内野手の発表を始めてしまうハプニングも発生。途中で司会者から間違いを指摘されると「捕手行きます。ごめんなさい!」と修正し、あらためてソフトバンク・甲斐と広島・会沢の選出を発表し直す一幕も見られた。

     ややドタバタなムードが漂った会見の中、この場で発表された肝心のメンバーについても疑問符が投げかけられた。質疑応答では「今の状態がベストとは思われない選手も含まれているが」との質問も向けられ、指揮官は「東京オリンピック本番で勝つためにこのメンバー、選手たちの状態を熟慮した。最適な組み合わせだと私は思っている。まだ1か月ある。今、正直状態はそんなに良くない選手もこの1か月で状態を上げてくれると信じている」と強調。そして「これまで私が監督となって選手の姿を見てきた中で、この選手とこのオリンピックで戦いたいという、強い思いを持つ選手たち。そこは信じてオリンピックを戦っていきたい」と続けた。

     確かにざっと見渡す限り投手では菅野(巨人)が安定性を欠いて苦しい投球を強いられており、田中将(楽天)も8年ぶりの国内復帰となった今季はここまで2勝4敗と黒星先行。昨季沢村賞に輝いた大野雄(中日)も今季の開幕投手を体調面から回避し、一軍合流後の現在3勝4敗、防御率3・49とまだまだ本調子とは言い難い。昨季の絶不調によって守護神からリリーフに回り、今季はセットアッパーとして復活の兆しを見せている山崎(DeNA)についても一部から「絶頂時の70%」と評される厳しい声があるのも事実だ。

     野手も山田(ヤクルト)、近藤(日本ハム)、そして鈴木誠(広島)らは今の成績と照らし合わせればお世辞にも「ベスト」とは言えないだろう。

    「彼ら(不調の内定選手)に対して稲葉監督は『1か月で状態を上げてくれる』とエールを送っているが、それは逆にプレッシャーになってしまう可能性も十分ある。あの言葉はとらえ方次第では『1か月で状態を上げてくれ』とハッパをかけているようなもので、当人たちにはかなり重くのしかかってしまうかもしれない」(球界関係者)

     また、この日は交流戦最下位に沈むなど大低迷中の広島から12球団最多の5選手が選出されたことにも〝焦点〟が当てられた。実際に会見では「なぜ広島から5人も?」との質問も上がり、稲葉監督は「チーム状況というのもあるが、選手個々の能力というものを見て今回5人というメンバーになった」と説明。15日の試合で会沢が負傷したことに関しては「翼に関しては昨日足を痛めたようなので、球団、関係者からの報告を待っている最中。今後どうするかというのは決めたい」と話し、慎重な言葉に終始した。「捕手としては栗原、近藤もいるという考え方でいる」とも述べていることから有事の際の〝スーパーユーティリティー起用〟も視野に入れている模様だが、いずれにせよ指揮官の胸中はいまだかなり苦悩している様子がうかがえる。

     本大会で「敵」となる米国のMLB関係者からは「好調阪神で扇の要となっている梅野を選んでおくだけでも、この悩みと疑問点は解決できていたはず。とにかく謎だらけとしか言えない。どうしても大目標の金メダルは大丈夫なのかと相手ながらに疑問を抱いてしまう」との指摘もあった。

     諸々の観点から逆風が吹き付ける格好となってしまった侍ジャパン。それでも「金メダルを獲れるメンバー」と何度も力説した稲葉監督の言葉を信じ、侍ジャパンの面々はマイナスをプラスに変えて一致団結するしかない。

    東京スポーツ




    【侍ジャパン】「なぜ梅野を選ばない?」「とにかく謎だらけ」内定24選手に疑問の声(東スポWeb) 平良くんがなれないボールで感覚狂わせて戻るのが心配や #seibulions 昔みたいにアマチュアでやってくれって思う  https://news.yahoo.co.jp/articles/6a301cd78854c01da7d1d691ddbddc1f5a66c9c8 



    うむ、マジで意味不明な選出。まあ、佐藤輝も梅野も選ばれんで良かったけど。 【侍ジャパン】「なぜ梅野を選ばない?」「とにかく謎だらけ」内定24選手に疑問の声(東スポWeb) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/6a301cd78854c01da7d1d691ddbddc1f5a66c9c8 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ 貯金「20」で首位を独走!

     阪神の勢いが止まらない。

     8日の日本ハム戦から6連勝で交流戦をフィニッシュ。一気に貯金を「20」に増やし、2位とのゲーム差を「7」に広げた。2005年以来のリーグ優勝に向けて、独走態勢に入る勢いだ。


     連勝中の直近6試合で35得点と好調な猛虎打線。

     牽引するのは、新人離れしたパワフルな打撃を見せる佐藤輝明を中心に、開幕から不動の1番を務める近本光司、そして3番のマルテら多士済々。他にも、大山悠輔やルーキーの中野拓夢が上位打線を担う。

     そして、マルテとほぼ同じ数字を残しているのが、開幕から5番を任されてきたサンズだ。6月に入ってからはやや不振に陥り、本塁打なしと自慢の長打力は影を潜め、連勝中の6試合は打順も6番に下げられている。


     それでも、チームは交流戦全18試合を消化しており、18日(金曜)まで試合はない。

     “4日間”の小休止、これはサンズにとって良い気分転換になるだろう。また、リーグ戦が再開すれば、勝手知ったるセ・リーグの投手相手に本来の調子を取り戻していくはずだ。


    ◆ サンズ×本塁打=勝率9割…!?

     今季が来日2年目のサンズ。昨季から今季にかけて、本塁打を記録した試合でチームはほとんど負けていない。

     昨季は18試合で19本塁打を放ったが、その18試合のチーム成績は14勝2敗2分(勝率.875)。さすがに不敗神話とはいかなかったが、高い確率でサンズの一発がチームの勝利に結びついていたことがわかる。

     今季もその傾向は変わらない。ここまで11試合で12本塁打を放っているが、チームは10勝1敗(.909)。勝率は昨季を上回り、2シーズン通算では24勝3敗2分(.889)と、勝率は9割に迫る。


     ちなみに、ほぼ同成績のマルテはというと、今季11試合で12本塁打を放っているが、チームは7勝4敗(勝率.636)なので、サンズの本塁打がいかに勝利に貢献しているか、その“タリズマン”ぶりがうかがえる。

     リーグ戦再開後、調子を取り戻したサンズが本塁打を量産するようなことがあれば、阪神の勢いはさらに加速するのは間違いない。今後のサンズの打棒に要注目だ。


    文=八木遊(やぎ・ゆう)

    BASEBALL KING




    終盤に勝ち越しやら、逆転ホームランを打つことが多いから、そのまま勝利に直結するんや! サンズが復調すればもはや敵はなし?阪神が持つ「勝率.889」の驚異的なデータとは… https://baseballking.jp/ns/column/282693 



    サンズが復調すればもはや敵はなし?阪神が持つ「勝率.889」の驚異的なデータとは…(ベースボールキング) - Yahoo!ニュース サンズは神よ  https://news.yahoo.co.jp/articles/121d59924e76d8bc54747602476fe35d4b746714 


    続きを読む

    このページのトップヘ