1


 「阪神1-0中日」(3日、甲子園球場)

 首位奪取へ向けて切り込み隊長は止まらない。とにかく塁に出る。阪神の1番打者・近本光司外野手(26)が4打数2安打。2005年の金本知憲に並ぶ、球団歴代7位タイのシーズン55度目のマルチ安打と奮闘した。

 「僕にできることはしっかり塁に出て、ホームまでかえしてもらうということなので。ランナーがいないときに塁に出るというのがいまのところできていて、後ろがしっかりかえしてくれるので3連勝という結果になっていると思います」

 初回からチャンスメークした。第1打席、小笠原の初球を右前へ運んだ。6試合連続安打となる一撃。得点にこそつながらなかったが、先頭打者としての役割を果たした。

 打席の中で貫く積極的な姿勢。1打席目の打率は・363で初球打ちは打率・569と好成績を残す。「『いっちゃえ!』という感じですね」と好調の要因を明かした。

 七回には、1死から快足を生かして遊撃への内野安打。攻撃の起点となるために、選手会長のバットは快音を響かせ続ける。




近本 阪神歴代7位タイ55度目マルチ 優勝した05年の金本に並んだ/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/10/04/0014732005.shtml  #タイガース #tigers #阪神 #DailySports



@Daily_Online チカならもっと行けるわな!お~ん♪




@Daily_Online 来年は、1番中野、3番近本かな!?



改めて
近本55度目のマルチヒット!!
残り17試合中13試合マルチ打てば日本記録並ぶぞ
今の近本なら無くはなさそう笑 pic.twitter.com/JxOGt6IK9f






近本はヒット打つコツを掴んだな。
もうマルチ安打が当たり前のイチロー状態。
首位打者わからんけど最多安打はほぼ当確。
タイミングのとりかた良くなったし、軸がブレなくなった。
パンチ力もあって走れる。
1番打者に最適。



近本光司 (神)

現時点での今季マルチ率 .437 (126-55)



近本光司は今季55回目のマルチ安打であります。あと17試合であります。セリーグ記録は68回であります。

近本光司は163安打であります。143試合で185安打ペースになったのであります。マルチ安打、猛打賞を積み重ねて200安打達成してもらいたいであります。



近本、55回目のマルチってすごい


にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ   8831title