1


 プロ野球の斉藤惇コミッショナーは28日、海外FA権を行使し「宣言残留」という形を選択していた阪神西勇輝投手(32)が、阪神との来季契約締結に合意したことを公示した。

 西勇は9日に会見を行い、来期以降も阪神でプレーすることを表明していた。

 19年にオリックスから移籍し、先発ローテーションの柱の1人として奮闘。4年契約の最終年だった今年は9勝9敗で、防御率は同僚の青柳に次ぐリーグ2位の2・18と抜群の安定感を示した。岡田監督は西勇について「(先発ローテは)そら当然よ、そら入れるよ」と明言し、残留を歓迎していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/949590bdd4659009d6584d24ac6799779c13136b


【フリーエージェント宣言選手契約締結合意の公示(11/28)】 下記の球団とFA宣言選手が、2023年度選手契約締結に合意したことを公示いたします。 阪神タイガース 西 勇輝  https://npb.jp/bis/players/71275118.html  #NPB







ありがとう西勇輝🥰💖 変わらず応援頑張ります☺️  https://news.yahoo.co.jp/articles/949590bdd4659009d6584d24ac6799779c13136b 



@RbZbWOmBujKlOCS また泣く人です!



阪神タイガースの西勇輝投手が海外FA宣言を行使するも、残留する事が正式に決定しました👏監督は岡田彰布氏に代わりましたが、先発投手として安定感があるのでチームには必要な戦力ですね😎  https://news.yahoo.co.jp/articles/949590bdd4659009d6584d24ac6799779c13136b 











にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ   8831title