1


【球界ここだけの話】

苦しみを味わったからこそ、2023年こそは笑顔で楽しかったといえるシーズンにする。年の瀬を迎え、阪神・中野拓夢内野手(26)が昨季を振り返った。

「昨(年は)『苦』という字ですかね。開幕からなかなか勝てなくて、(自分も)コロナになって、体の状態も悪くないなかで、ずっと試合をみるしかないという状況もあって、苦しい時期が、けっこう長かった」

ゼロからのスタートだった。下半身のコンディション不良で2軍高知安芸キャンプからスタート。活気あふれるメイングラウンドから離れ、サブグラウンドで壁当てをする中野がいた。動きたくても動けない。もどかしい日々に「開幕に間に合うんですかね…」と本音が漏れたこともあった。

それでも3月のオープン戦から1軍に昇格し、遊撃手で自身初の開幕スタメンをつかみ取る。「開幕戦の雰囲気は全然違いましたし、その気持ちを味わうことができたことは今後に生きる」。自信を深めた一方で、チームは開幕9連敗とどん底。そこから、持ち直し、追い上げムードが漂う中、8月には新型コロナ陽性判定で戦線離脱を余儀なくされた。

135試合の出場で打率・276、チームトップの157安打を放ち、ベストナインにも選出されながら、開幕直前の出遅れ、そして出場できなかった8試合の〝苦しさ〟が色濃く残る。

「このオフは体をもう一度鍛え直して、体の芯から強い部分を作り直して、1年間、フルで戦えるように体作りをしていきたい」

岡田新体制で迎える今季は「2番」で起用されることが濃厚だ。昨季は18四球、出塁率は・301。「出塁率は課題でもあるし、チーム打撃もやっていかないといけない。四球ももっと増やさないといけない」とつなぎ役としての役割を明確に理解している。プロ2年目の昨年もシーズン途中に「打席で余裕が出てきた。去年よりいろいろ考えながらできている」と成長を語ってくれた。苦境の1年でまた経験値を培った中野なら、岡田監督が求める理想の2番像に駆け足で近づいてくれるはずだ。

「(今季は)『楽』というか、そういった漢字になれるように、楽しみながらやっていきたいと思います」

18年ぶりの〝アレ〟を果たす-。年末に「楽しかった」と振り返る中野を楽しみにしている。(原田遼太郎)

https://news.yahoo.co.jp/articles/209c381c6b3ec447b6264b1c09ad423cf1d5c6fe 


阪神タイガース動画集 【毎日更新】




ネットの反応


中野は心配していない。
ルーキイヤーから2年続けて結果を残して
しかも右肩上がりなのは素晴らしい。

守備位置に関しても高校、大学、社会人と
二遊間両方とも経験している選手だし
器用な選手なので大丈夫でしょう。

一番心配なのは中野の相方になる選手。
小幡か木浪かまた別の人か分からないけれど
中野が遊撃で固定されていたのは、
彼らが不甲斐ないせいでもあるので
中野以外の選手で遊撃手が賄えるのか。

彼らの結果次第では中野を遊撃に戻す可能性もある。
ぶっちゃけ現実的に考えたらその可能性の方が高いと思う。

なんせ今年リーグで1番の遊撃手になった中野を
動かすに足る遊撃手がレギュラーになってほしいです。



中野は来季セカンドコンバートで飛躍する可能性がある。

セカンドでは肩も強い部類に入るだろうし、フットワークも良いので、菊池の成績によってはゴールデングラブに手が届くかも。

個人的には四球を増やして出塁率を上げて欲しい!



中野はショートで及第点を取れていれば、セカンドコンバートもなかっただろう。正面のゴロを弾いたり悪送球など単純なエラーが多すぎた。
一方で、小幡の守備はホントうまいと思う。
小幡の足を引っ張らないように中野には頑張ってもらいたい。



中野には守備面を鍛えてくれさえすれば
打撃や走塁に関しては結果残してるから
来年も期待したい。



せっかく二年ほどショートが固定できてたのに・・・セカンドはええけど、ショートのほうが心配。



・阪神タイガース動画集 【毎日更新】

・阪神タイガース情報多数


にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ