1


 プロ野球元阪神のラウル・アルカンタラ投手(30)は韓国プロ野球リーグで復活できるのか。

 韓国メディア「OSEN」(WEB版)は2022年12月26日、元阪神で韓国プロ野球の斗山ベアーズに所属するアルカンタラの特集記事を公開。斗山ベアーズが近年行ってきた外国人補強策を振り返りながらアルカンタラの実力を分析した。

■斗山ベアーズと総額1億2000万円で契約

 ドミニカ共和国出身のアルカンタラは大リーグ・アスレチックスを経て18年オフに韓国プロ野球KTウィズに移籍した。シーズン1年目の19年に11勝を挙げると、翌20年に同リーグの斗山ベアーズに移籍。斗山ベアーズでは先発の柱としてシーズン20勝をマークし、最多勝利のタイトルを獲得した。

 20年オフに阪神に移籍。スポーツ紙の当時の報道によると、推定年俸200万ドル(約2億1000万円)の2年契約だったという。

 先発ローテーションとして期待されたアルカンタラは、来日1年目の21年はシーズン途中で中継ぎに配置転換されるなど力を発揮できず3勝3敗6ホールド、防御率3.49。2年目は中継ぎとして39試合に登板し、1勝3敗17ホールド1セーブ、防御率4.70と首脳陣の期待に応えられずオフに退団した。

 日本球界を去ったアルカンタラは古巣・斗山ベアーズに復帰。球団は12月9日にアルカンタラの入団を発表し、地元メディアは斗山ベアーズが総額90万ドル(約1億2240万円)でアルカンタラと契約したと伝えた。

▼続きはリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/d08bcf9cff914cd37d2c6c260fed1bb6c66f375a 


阪神タイガース動画集 【毎日更新】



ネットの反応



既存の阪神選手で例えたら平均球速150超えの
馬場投手って感じだった。

制球力は悪くなく球は速い。
ただ空振りは取れない。

馬場とか制球良くないイメージはあるけど、
小野やら斎藤ほど荒れてはいないし、
無難にストライクは取れるけど、
空振り取れる球がないから追い込んでも粘られるし、際どいとこに投げなきゃいけないけど、それが続くほど制球も良くないから
四球も増えて制球難イメージが強い感じ。

アルカンタラも150超える割に空振り取れないしね。ただ制球乱して自滅もなく、打たれて取ってもらう投球になりがち。
そのタイプじゃ勝ちパターンは
厳しいし、先発やれる安定感もないから
まぁ使い道ないよね…とはなるよね。



アルカンタラに関して言えばホーム球場のカラクリもある
記事にもある通り2020年斗山に居た時は20勝をしていたが、2019年KT所属時は11勝で防御率も4点台の並の先発でしかありませんでした
何故20勝の大エースになれたか?それは斗山のホームは異次元の投手有利ホームだからです。指標的には日本のナゴドよりも突出してHRが出ません
つまりゲタを履いた投手を阪神は獲得してしまった。ちなみに前述のKTは反対に超打者有利ホームで、ここから阪神はロハスを獲得してしまっています……

アルカンタラ自身が球場の広さこ影響を受けやすいフライボーラーだったのも不運でした。ロハスもこれまた影響を受けやすいフライヒッターだった
僕は来日時にホーム球場の懸念を書いたんですが死ぬほどマイナス押された記憶があります。韓国はほぼ打高リーグなんですが、斗山とLGだけはやってる野球が違うので注意が必要です



アルカンタラにはもう一度頑張って欲しいですが
単純にNPBのレベルが上だからだと思います。近年特に上がった。
韓国から来た選手だけが通用しないというわけでなく、メジャー通算◯◯発というメジャー経験有りの助っ人も今一パッとしない。
韓国打撃二冠王とか、20勝投手のレベルもわかった気がします。
これから韓国選手はちょっと敬遠される傾向になるんじゃないですか。



平均球速が遅いってのが大きいのかな?
だから日本でいう半速球に強い打者が活躍すると。
そしてストレートが150kmを越えて、ある程度ストライクに入れられる投手も活躍出来ると。

確率で言えば、もうKBOの選手はええかな。。



阪神のように、打てない、点取れないチームだと、こういうアルカンタラみたいなタイプは勝てないんですよね…。
助っ人なのに先発で圧倒的なピッチングするわけじゃなかったし、中継ぎだとたまに連続して抑えてても、大事なところで被弾とか、とにかくいいイメージがなくて、一言でいうと使いにくいタイプだった。
韓国でまた活躍してくれたらうれしいけど、そうなると韓国のレベル推して知るべし…って感じかも。
阪神ファンとしては韓国ルートはちょっともういいです…。



単純に韓国のレベルが下がったと言うことなんじゃないかな。恐らく現在が最もレベルが下がっているんじゃないかって思う。飛び抜けて投手がいれば打者も育つし、飛び抜けた打者がいれば投手も育つ。今は両方とも不在なんだろうね。



仮にこれから先、韓国球界の外国人を獲得するなら、過去のグライシンガーのように僅かながらメジャー登板あって、その上メジャー球団の所属年数と球団組織入り(ドラフトなのかアマチュアFAなのか)が7~8年以上前と、マイナーの経験もある、というのしか獲らない
そういった形にでもしないと



先発としては3巡目あたりで決まって打ち込まれたし、リリーフとしては鉄壁の虎救援陣の中では明らかに見劣りがした。出てくるとスタンドとテレビ前がざわつく感じ。
年俸下げればNPBでもどこかは手を上げると思ったけど、お声はかからなかったね。
どこの評価も似たようなものだったということか。



打者はダメでも投手は通用するかなと思ったけれど、投手まで微妙な数字しか残せないということは、韓国野球は日本向きではないということなんだろうな。



球は速かった。
球速の割にはポコポコ前に飛ばされた。
制球は割とアバウト。
スプリットとカットボールは三振取る用ではない。
なのでポコポコ前に飛ばされた。

・阪神タイガース動画集 【毎日更新】

・阪神タイガース情報多数


にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ