とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    岩田稔

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     今季限りでの現役引退を表明している阪神・岩田稔投手の引退セレモニーを10月26日の中日戦(甲子園)終了後に行われることが決まった。

     試合開始2時間後までに来場した方には「岩田稔選手メモリアルポスター」をプレゼントする予定で、「最高の仲間に恵まれた16年間に感謝です! ファンの皆様もBig Family」と岩田の直筆メッセージがプリントされている。

     雨天またはやむを得ない事情で試合が中止になった場合、当該セレモニーは翌日に同戦で実施する予定だ。




    10月26日(火)対中日ドラゴンズ戦において、試合終了後に岩田稔選手の引退セレモニーを行います。また、ご入場の皆様に「岩田稔選手メモリアルポスター」をプレゼントいたします。 ▼詳細はこちら  https://hanshintigers.jp/news/topics/info_7662.html  pic.twitter.com/v7uHgBMsz6



    @TigersDreamlink 見たいなぁ~😥 インスタかYouTubeで配信してくれないかなぁ



    阪神 岩田稔の引退セレモニーを10・26中日戦で開催へ 来場者にポスター配布も(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/100ec0df8adf8f78384212b571868c7902fb63fd  稔さん🐯引退試合見たいよぉ😭 ポスターほしいよぉ😭


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1




     阪神で活躍した西岡剛内野手(37=BCリーグ栃木)が1日、自身のインスタグラムを更新。大阪桐蔭で1学年先輩に当たり、この日引退会見を行った阪神の岩田稔投手(37)に労いの言葉を送った。

     笑顔のツーショット写真ともに「高校時代から岩田さんが沢山の壁を他人にはわかってもらえない、自分でしか乗り越えることしかできない壁を乗り越えたり、乗り越えることが出来なかった姿を見させて頂きました。おもいっきり身体と頭の中を休める時間を沢山与えてあげて下さい。岩田さんの事やから3日後には動きたくなってると思うけど ご両親はじめご家族の皆さんほんとにお疲れ様でした!岩田家に幸あれ」と投稿。高校2年時に1型糖尿病を発症した左腕の戦う姿を間近で目にしてきた西岡氏だけに、言葉には先輩へのリスペクトの思いが込められていた。



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    阪神岩田稔投手(37)が1日、兵庫・西宮市内のホテルで現役引退会見に臨み、プロ16年間を振り返って号泣した。

    4、5年前から「そろそろかな」「まだまだいけるぞ」「負けへんぞ」という感情が混在していたという。

    今年1月には新型コロナウイルスにも感染。「そこから思ったより体は元気になったんですけど、気持ちの方がそんなに昔ほど燃えてくるようなものがなくなってきて。自分の気持ちに負けたというか。そのタイミングで引退の方を決意しました」と決断までの経緯を説明し、「この気持ちでタイガースのユニホームを着てプレーしているのは失礼」と引退を決断した。

    会見序盤では「僕の中ではあっという間に時間が過ぎた16年でした。肩の荷が下りた感じです」とすっきりした表情も見せていたが、1番最初に引退報告した相手を問われると「妻です。そして大切な家族に…」と続けた後、涙が止まらなくなった。

    それでも「やりきりました」と強調。「大阪で育って、高校も大学も大阪でお世話になっている。その中で関西の球団と言えばタイガース。縦じまのユニホームを着られて、本当に幸せです」と感謝した。

    16年ぶりのV奪回へ目指すチームメートに向けて「僕が入って1度も優勝経験がない現状ですけど、この16年という月日の中でいろんな選手が優勝へ向かって突き進んでくれている。今こうして優勝争いをしてるのが、すごい僕自身も楽しませてもらっている。そこの戦力に少しですけど加われたりして…ぜひ優勝してほしいです」と力を込めた。

    05年秋の大学・社会人ドラフト希望枠で入団。大阪桐蔭2年冬に発症した1型糖尿病と闘いながら、3年目の08年に10勝をマークするなど先発ローテを長年支えた。

    プロ16年間で通算200試合登板、60勝82敗、防御率3・38。09年3月にはWBC日本代表として世界一も経験した。

    現役生活を通して1型糖尿病の啓発活動に努めた功績も評価され、来季は球団内にポストを用意される可能性が高い。




    おつかれ様でした。いい投手やったなぁ 阪神・岩田稔が号泣引退会見で愛妻に感謝 「僕が1型糖尿病ということもあって」(デイリースポーツ)
     https://news.yahoo.co.jp/articles/59758b27ed79b88c3ee1ee4534c87c546dca396c 



    阪神残って若手を育ててくれ!

    【阪神】今季限りで現役引退の岩田稔が号泣会見「大切な家族」「感謝の言葉しかない」(スポーツ報知)
    #Yahooニュース
     https://news.yahoo.co.jp/articles/8f520b058b1fdac1fc955b360c12fd002006c387 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・岩田稔投手(37)が今季限りでの現役引退を決断したことが29日、分かった。虎一筋16年。大阪桐蔭在学時に発症した1型糖尿病と闘い、プロ通算60勝を積み上げた左腕がユニホームを脱ぐ。近日中にも球団から正式発表される。

     今季は6月に中継ぎに転向し、1軍で3試合に登板。新境地を切り開いたが、後半戦は2軍暮らしが続き、来季構想外となっていた。28日には今後について「まだですね。それしか言えないです」と話していたが、第2の人生に進む決意を固めた。

     逆境に屈しない野球人生だった。高校卒業後、社会人野球に進む予定だったが、1型糖尿病を理由に白紙となった。その後は大阪桐蔭・西谷浩一監督の母校でもある関西大へ指定校推薦で進学。高校時代に不安のあった左肘、腰の状態を整え、遅咲きながらプロ入りへの扉をこじ開けた。ちなみに大学時代に登板したオープン戦で、事実上の内定を取り消された社会人チームを抑え込んでいる。

     岩田の阪神入りに尽力したのが、当時スカウトを務めていた山口高志氏(現関大野球部アドバイザリースタッフ)。岩田にとっては大学の大先輩でもある伝説の剛腕投手だ。山口氏は岩田の主治医とも会い、1型糖尿病でもプロ入りに問題なしとの見解を得て球団に推薦した。

     プロ入り2年間は0勝。勝負の3年目に10勝を挙げて飛躍した。その後は先発ローテーションを外れることもあったが、何度も復活。ローテーションの谷間で快投するなど、ここぞの踏ん張りどころで結果を出してきた。

     グラウンド外では1型糖尿病患者のためのチャリティー活動を継続。球団からは社会貢献活動を表彰する「若林忠志賞」も贈られた。現役引退後は球団スタッフとして残る道も含め検討していくが、何らかの形で同様の慈善活動は続けていきたい考えがあるという。ユニホームは脱ぐが、岩田はこれからも1型糖尿病患者の“希望の星”であり続けることに変わりはない。




    岩田さん引退か😭 闘病しながらも厳しいプロ野球の世界の第一線で活躍する姿は沢山の人達に勇気を与えたてくれたと思います✨ 16年の現役生活おつかれさまでした👏👏👏👏👏 またひとつ今年優勝したい理由が増えた✊😤



    同年代の選手がまた一人引退を決意。 寂しいですが、お疲れ様でした。 #岩田稔 #阪神タイガース #hanshin #tigers #npb 阪神・岩田が現役引退を決断 虎一筋16年 1型糖尿病と戦った“希望の星”(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/ae1d2f564c4a3b54842de5df3174fe31962559dd 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     来季のチーム構想から外れてることが明らかになった阪神の岩田稔投手(37)が28日、鳴尾浜球場で取材対応し今後については未定と強調した。

     2軍本拠地の鳴尾浜球場でキャッチボールなどで調整した左腕は現役続行か引退かなど今後について「まだですね。それしか言えない」と説明。球団との話し合いについては「そのへんも含めてまだです。(これから?の問いに)そうですね」と話すにとどめた。




    【阪神】来季構想外の岩田稔が鳴尾浜で練習 今後については「まだですね」 (スポーツ報知) よくよく考えてね。。😑  https://news.yahoo.co.jp/articles/d662eedf873102c28b4d5bb7aadc121cb7d3fb69 



    岩田稔あかんのか ワンポイントも無理か


    続きを読む

    このページのトップヘ