とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    外野手

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の新外国人、シェルドン・ノイジー外野手(28)=前アスレチックス傘下3A=が28日、西宮市内で入団会見を行った。元阪神で駐米スカウトとなったサンズに似たルックスのジェントルマン。背番号7を託され、正左翼手の本命として期待がかかるが、内野もこなせるだけに得意なポジションを聞かれると、「打者です!!」とアメリカンジョークを飛ばした。目標には「1試合でも多くチームの勝利に貢献」を掲げて、何度も「貢献」のフレーズを繰り返して真面目な人柄をのぞかせ、献身的な活躍を誓った。

     好きな日本食は「和牛ステーキ」で、「何でも食べ物でも楽しみにしてます。いろんなことに挑戦したい。僕より奥さんがいろんなことを楽しみに待ってます」と日本文化に興味津々だった。

     ノイジーはオクラホマ大から16年度メジャードラフト2巡目(全体58位)でナショナルズから指名され契約。22年はアスレチックスでプレーした。メジャー通算147試合出場。マイナーでは通算517試合で、打率・299、67本塁打、323打点。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2c115e6925808ca952a21cfefaf8623585ee2cc1


    ノイジーの顔めっちゃ好きや



    ノイジーがサンズとブラゼルを足してる様に見える あかん優勝してまう


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神で通算349本塁打を誇り、2軍監督(2016~17年)も務めた掛布雅之氏(67=野球解説者)が27日に大阪市内でe―Taxキャッシュレス納付の推進イベントに参加し、3年目を迎える阪神・佐藤輝明内野手(24)に「50本塁打」を期待した。

     「今年大きく飛躍しないと。これからの野球人生にとって凄く大きな1年になる。凄く大切にしないといけない。佐藤の成績がチームの成績に直結すると思う。大山と2人でどう機能するか。巨人V9時代の“ON”のように、大きな2本の柱ができれば、中長期なチームづくりが楽になる」

     右翼が主戦場だった過去2年と違って今季からは三塁に固定される方針。「三塁を守る左の強打者」は3度の本塁打王に輝いた現役時代と同じで「そうそう。50本ぐらい打ってほしい」とうなずいた後、「村上(ヤクルト)、岡本(和=巨人)も同じサード。3人でホームラン王争いをするシーズンになれば、盛り上がる」と熱望した。

     13年ぶりに復帰した岡田彰布監督(65)とは1985年にともに強力クリーンアップを形成して日本一に貢献した間柄。05年を最後に遠ざかるリーグ優勝へ向けた手腕発揮にも太鼓判を押した。

     「あの85年は打撃のチームと言われるが、優勝するチームは守れるチーム。岡田監督は同じ考え方をしている。守り勝つ野球を大切にしていくと思う。昨秋も守りの意識を高めるようにやっていた。(選手の)意識は変わっていくと思う」

     今春キャンプは過去2年に比べて新型コロナ対策の制限が緩和。OBや解説者もグラウンドに降りることが可能になり、「(キャンプは)後半に行く。タイミングを見て。あまり迷惑はかけられない」と再会を心待ちにした。

     キャッシュレス納付も体験。「簡単にできる。ビックリした」と実感し、「まずはタイガースが勝って、大阪の経済が盛り上がること。それが一番。ぜひ“アレ”に向かっていってほしい」と18年ぶりの歓喜を待ち望んだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/41938dc1b7fec45e956415469af706f43e987a17 
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の新外国人、ヨハン・ミエセス外野手(27)=前レッドソックス3A=が27日、西宮市内で入団会見を行った。昨夏の東京五輪でドミニカ共和国代表の5番を務めた185センチ、120キロの右の大砲。岡田彰布監督(65)が「迫力あるで」と評していた通りの威圧感を漂わせたが、意外な“素顔”も…。阪神担当の宮崎記者が見た。

     * * *

     会見場の入り口に姿を見せたミエセスは、うわさ通りの“いかつさ”だった。分厚い胸板に、ぶっとい腕。その大男が、右手を胸に添え静かに一礼して入室した。「チャンスをいただいたので、しっかりモノにしたい」と第一声。椅子に反り返るわけでもなく、少し猫背な姿勢で声量も控えめだった。

     会見は優等生発言が続いた。「力はあると思うが、平均的に打率を上げていくのが大事」「より(成績の)数字は多くと思うが、それよりも勝つことが目標」と献身的。束ねた金色と黒色のドレッドヘアが、虎カラーに近いと振られても「いつも、この色合いにしていた」と真面目な返し。かと思うと「さっき、チームメートがミエちゃんって呼んでくれたのがお気に入り」と笑み。記者より18歳下のドミニカンの好青年ぶりに引き込まれた。

     21年には左翼席後方の列車を直撃する場外弾を放つなどマイナー通算140発。メジャー経験はなく、現段階ではメジャー実績のあるノイジーに次ぐ助っ人外野手2番手候補だ。獲得に動いていた昨秋、岡田監督は「ベンチにいるだけでも、ええかもな」と笑っていたが、初対面し「風貌で判断したらアカンからな。しゃべったら優しいなあ」と印象が変わった様子だった。

     会見終了後、甲子園の室内練習場へ移動。前日の来日から24時間あまりで即、約1時間ほど汗を流した。最後のフリー打撃後はマウンドに歩み寄り、打撃投手に頭を下げて握手した。「シャイではあるけど、もっと陽気な感じ。緊張もあるでしょうね」とは球団関係者。日本に、チームに慣れたミエちゃんが、今後どんな姿を見せるか楽しみだ。(宮崎 尚行)

     ◆ヨハン・ミエセス(Johan Mieses)1995年7月13日、ドミニカ共和国生まれ。27歳。2013年にドジャースとマイナー契約。18年途中にカージナルス傘下、20年からレッドソックス傘下に移籍。3A通算141試合、2割5分4厘、26本塁打、78打点。21年東京五輪にドミニカ共和国代表で銅メダル。背番号55。185センチ、120キロ。右投右打。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/97652b52832bc46591d24178ef471aec27a913cc


    【阪神】ミエセスが入団会見「チームメートが『ミエちゃん』と呼んでくれた。すごくお気に入り」(日刊スポーツ)  https://news47.infobig.biz/?p=1545366 



    ミエセス可愛いすぎるやろw ニックネームはミエちゃん! pic.twitter.com/3WSrUZXlDm


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    引用元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1674804446/

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2023/01/27(金) 16:27:26.54 ID:CsGZGRla0
    185㎝ 120kg
    no title

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2023/01/27(金) 16:28:34.16 ID:OUrXeSKB0
    ミエやん☺

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2023/01/27(金) 16:29:04.90 ID:LVSzBjbC0
    ほんまいっつもこの顔やな

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     この日、入団会見を行った阪神の新外国人、ヨハン・ミエセス外野手(27、前レッドソックス)に早速“虎大好き芸人”が反応した。

     お笑いコンビ「マテンロウ」のアントニーは自身のツイッターを更新。タイガースのユニホーム姿のミエセスの写真とともに「ヨハン・ミエセス 身長 体重 ほぼ同じ 期待してます!」と投稿し、1メートル85、120キロの巨漢砲と自身の体格を重ね合わせてエールを送った。

     阪神ファン歴「26年」。昨年5月3日のヤクルト戦は甲子園で始球式にも登板し、お気に入りのスニーカー「エアジョーダン1シカゴ」でマウンドに上がって腕を振った。これまではソフトバンクの「デスパイネ似」としてアピールしてきたが、推し球団に現れたミエセスがその風貌通りの活躍を見せれば“ミエセス似”のアントニーとして再度の始球式登場もあるかもしれない!?

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0cfa50a9bc9ff813ddb653dc9913041ec9a7d6cd


    ヨハン・ミエセス 身長 体重 ほぼ同じ 期待してます!!! pic.twitter.com/rzg8INMpsx



    @hsa199029 WBCキューバ代表 おめでとうございます。 ぜひ日本と一緒にアメリカへ行きましょう。



    @hsa199029 活躍したらモノマネお願いします!


    続きを読む

    このページのトップヘ