とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    外野手

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆JERAセ・リーグ 阪神2―1中日(13日・甲子園)

     助っ人の働きに明暗が分かれた。勝負強い一打で勝利の女神を振り向かせたのは、来日2年目のサンズだ。同点の8回2死、又吉の内角シュートを強振した。「フェンスを越えてくれ、という思いで走っていた。すごく興奮した。最高です」。自身6試合ぶりの一発は左中間への9号決勝ソロ。S砲が本塁打を放てば、昨季から引き分け挟んで12連勝と不敗神話を伸ばした。

     一方、新外国人ロハスは4タコで出場3試合快音なし。球団の助っ人野手のデビューから12打席連続無安打は09年メンチに並ぶワースト3位タイとなった(1位は20年ボーア18打席、2位は83年バース15打席)。矢野監督は「早くいい結果を出してほしい。ただ、きょうの練習は今まで見てきた中では一番いい感じだった。兆しは見えつつある」。昨季は韓国球界で47本塁打、135打点の2冠王(サンズは同19年の打点王)。本領発揮が待ち望まれる。




    サンズが同点の八回、左中間に決勝の9号ソロ。矢野監督の通算300試合目を痛快な逆転勝利で飾った。貯金は今季最多の15。「甲子園でタイガースファンの前で打つホームランは、さらに雰囲気をよくしてくれますから。最高の雰囲気なんで、本当に気持ちよかった」 #サンズ  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/05/14/0014324613.shtml?pg=amp  pic.twitter.com/OgQgFS0LD0





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ウエスタン・リーグ:オリックス7-4阪神>◇13日◇オセアンBS

    阪神小野寺暖外野手がウエスタン・リーグのオリックス戦で3安打を放ち、リーグ断トツの打率を3割5分2厘まで上げた。

    全て直球を捉え「インコースの真っすぐでずっと攻められているので、1球で仕留められたのでよかった」と納得顔。9回1死三塁の好機では、ヒギンスに空振り三振に倒れ「ああいうピッチャーを打てないから今2軍にいる」と反省も忘れなかった。




    小野寺暖のブレイクが一番びっくりだな。 ある意味、和製アクーニャjrなのかな。 今後、阪神の野手指名は要注目やわ。まぐれなのかどうかは、あと2年ぐらい見ればはっきりする。



    暖小野寺一軍で見たいんだが


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神2-1中日」(13日、甲子園球場)

     阪神の新外国人、メル・ロハス・ジュニア外野手(30)=前韓国・KT=がデビューから12打席連続ノーヒットとなり、球団の新外国人では2009年のメンチに並んで歴代ワースト3位タイとなった。

     「6番・右翼」で本拠地での有観客試合に初出場。二回無死の第1打席は、ロドリゲスに詰まった二ゴロに打ち取られた。

     運もなかった。四回2死一塁の第2打席は、安打性のピッチャーライナーがロドリゲスのグラブに当たって遊撃正面に転がり、アウトとなった。

     六回2死一塁は二ゴロ。八回2死は左飛。8日・DeNA(横浜)の初出場から快音が響いておらず、4試合連続無安打となった。矢野監督は「早くいい結果を出してほしいし、ファームでもある程度の打席は立ってきたからね。ただ、対戦するピッチャーは初めてだっていうところはあるんで。今日の練習はちょっといい感じで打っていた。ちょっと兆しは見えつつあるかなと思う」と話した。

     ロハスは昨季の韓国リーグで47本塁打、135打点の打撃2冠で、MVPに輝いた大砲。実績は十分で、日本での快音が待たれている。

     阪神新外国人のデビューからの連続打席無安打ワースト記録は以下の通り。

    【1位】2020年・ボーア=18打席

    【2位】1983年・バース=15打席

    【3位】2009年・メンチ=12打席

    【4位】1964年・ベルトイア=11打席

    【5位】2004年・キンケード=10打席

    【5位】2008年・フォード=10打席




    ロハスJr.選手 12打席連続無安打 韓国リーグで 打率349 47本塁打 135打点 を挙げたロハスJr.選手 まだまだこれからだと思う🤔🐯 だってさ? マルテさん以降は ハズレ助っ人とか来てないじゃん🥲🐯 1人令和のグリーンヴェルさんがいたけど 20試合で4発本塁打打ったし... pic.twitter.com/nshuIfahPQ



    矢野燿大監督兼打撃コーチが言うのなら 期待しよう() 阪神ロハス、デビューから12打席連続無安打「兆し見えつつある」矢野監督(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/12231d2cee66e19cbb2be9793868b121fbefc9b8 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神2-1中日>◇13日◇甲子園

    首位阪神がジェリー・サンズ外野手(33)の決勝弾で引き分けをはさむ連勝を3に伸ばした。1点ビハインドを追いついて迎えた8回、中日又吉から9号ソロ。開幕37試合での貯金15は、2リーグ分立後では球団最速記録となった。この日、甲子園で17日ぶりに有観客試合が復活し、ファンに届ける会心の逆転白星。14日から戦う2位巨人に3・5ゲーム差をつけ、東京ドーム決戦に臨む。

        ◇    ◇    ◇

    試合を決めた助っ人は、虎党の拍手を全身に浴びた。お立ち台に立ったサンズはインタビューの最後、待ってましたと言わんばかりにニヤリとし、日本語で言った。

    「タイガースファンズ、みんな大好きやで!」

    一振りで試合を決められるから、ヒーローになれる。7回に追いつき迎えた8回2死走者なし。中日はこの回から、16試合連続無失点中の又吉を投入。勝ちパターンの好投手に1ストライクを奪われたが、動じない。2球目の内角147キロをたたくと、打球は約5秒間宙を舞い、左中間席へ飛び込んだ。

    「とにかくフェンスを越えてくれ、越えてくれ、という思いで走っていたけど、ボールがフェンスを越えた瞬間うれしかった」

    17日ぶりの甲子園での有観客試合で、勝ち越しの9号ソロ。アドレナリンと興奮が抑えられない。ベンチ前でのハッピーハンズは「いつも以上に興奮しました」と激しめ!? に披露。「甲子園で、タイガースファンのみなさんの前で打つホームランは本当にうれしい」とファンの前での会心弾をかみしめた。

    来日2年目。先輩としてロハスを気にかける心の余裕がある。韓国プロ野球時代の盟友、ロハスが1軍合流した初日から、キャッチボールを行い、意思疎通。「ロハスは1年目だし、何か言われたら助けたい。できる限りのことはしていきたい」。新助っ人が打線に加わっても、5番は不動。リーグ4位の9本塁打、同4位の25打点で重量打線の中核を担う。

    矢野監督も「すごくいい試合で興奮しています」と高ぶっていた。「展開的にああいう1発が出てほしいなというところでね。打ってくれて、いやあ、盛り上がったね」と止まらなかった。

    サンズの劇弾で、引き分けを挟んで3連勝。貯金は今季最多の15まで増えた。2位巨人に3・5差をつけ、14日からは東京ドームで直接対決する。15日には、通算2000試合のメモリアルカードとなる3連戦。指揮官は「タイガースの野球、超積極的、諦めない、全員で戦うという野球を東京ドームでもやっていきます」と意気込んだ。勢いそのまま、一気に宿敵を突き放す。【中野椋】




    サンちゃん「タイガースファンズ みんな、大好きやで」 キャーーーーーーーーーーーーーー(///.///)♡♡♡♡♡♡ pic.twitter.com/QI5Lmd6J7A



    サンちゃん「タイガースファンズ、みんな大好きやで💖」 ぎゃーーーーーー うちらもサンちゃん大好きやでーーーーー_(:3」 ∠ )_ って最後はザキさんに振らなアカンやろおおおおおお



    タイガースファンズ、みんな大好きやで


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    サンズ


     ◇セ・リーグ 阪神2ー1中日(2021年5月13日 甲子園)

     阪神は終盤に逆転して3連勝。貯金を今季最多を更新する15まで伸ばした。

     6回まで中日・ロドリゲスの前に無得点に封じ込まれるも、7回2死一塁から代走の熊谷が二盗を決め、近本の中前打で同点に。8回には2死からサンズが又吉から決勝の今季9号ソロを左中間に放り込んだ。最高の形での逆転勝利で、あすから2位・巨人との3連戦に臨む。




    サンズが左中間へ豪快に叩き込む!ハッピーハンズ!!! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース #挑超頂 https://t.co/tdikTnyr4q






    @TigersDreamlink サンズ神ありがとうございます


    続きを読む

    このページのトップヘ