とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    外野手

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=が2月28日、オープン戦で強肩捕手相手に積極的に盗塁を仕掛ける意向を示した。3月2、3日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)では、いきなり甲斐と“対戦”。球界ナンバーワンの強肩に立ち向かうことになるが、虎の韋駄天(いだてん)ルーキーが開幕1軍へ向け“甲斐キャノン”を突破する。

     失敗は成功のもと-。春季キャンプで走塁技術を向上させた近本。現在の自分の力量を知る上でも、これからのオープン戦では積極的に盗塁を仕掛ける。

     まず3月2日からソフトバンクとの2連戦に臨むが、相手捕手はいきなり甲斐だ。最強の敵でもひるむことはない。「自分のスタート、スライディングを出して、結果がどうであっても、もっと自分のレベルを上げていかないといけないと考えて。どの捕手でも走って、挑戦していきたい」と言い切った。

     もちろん簡単な相手ではない。甲斐に対して近本は以前「すごいのは捕ってからのステップの速さとタッチボールへの正確性だと思います」と話していたように、尊敬の念を抱いている。

     それでもこの1カ月間で磨きをかけたスタートやスライディングを試すのには最高の相手だ。「一番変わったのはスライディング。今は走れて、その(トップスピードの)流れのままスライディングができている」。これまでは右膝と臀部(でんぶ)を使いながら滑っていたが、スピードを生かすために改良。ほとんど右膝だけ使って滑り、摩擦力を減らした。

     「次の1カ月(3月)とシーズンに入ってからは結果と自分のやりたいことを少しずつ合わせていきたい」。まずは“甲斐くぐり”を決め、開幕スタメンへの足がかりとする。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000021-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    阪神ドラフト1位の近本光司外野手(24=大阪ガス)が27日、1軍キャンプを完走した。「1カ月しっかり練習できて、けがなくやれたというところが良かったと思います」。

    実戦でも打って走って持ち味を存分にアピール。これから続くオープン戦にも「3月は結果も求めながら、自分のしたいことを合わせていきたいなと思います」と意気込んだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-02270793-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    阪神糸井嘉男外野手は3月12日からのオープン戦・中日2連戦(ナゴヤドーム)で19年初実戦を踏む流れとなった。清水ヘッドコーチが「嘉男と孝介(福留)は名古屋に連れて行こうと思っている」と見通した。

    本人はキャンプを打ち上げ「走り込みをできたのが一番シーズンにつながる」と笑顔。今キャンプをひと言で問われ「花や! 花のキャンプ!」と“糸井節”で笑わせた。福留も初実戦となった24日のオープン戦・中日戦で初打席初アーチを懸けるなど調整は順調。「体の状態は70~80%まで上がっている」と納得顔だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-02270777-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     前阪神監督の金本知憲氏(50)が27日、都内で「スカパー!」の2019年シーズンのプロ野球中継に関する発表会に、前ヤクルト監督の真中満氏(48)とゲスト出演した。

     2人は2015年のドラフト会議で高山俊選手の1位指名で競合。くじ引きの際、真中氏が外れクジを当たりと勘違いした因縁がある。この日は、その再現とばかりにドラフト風にクジを引き、出た質問を元にトークを展開。クジを引く真中氏に金本氏は「引いても外れるから。何も書いてないよ」と冷やかしの言葉をかけるなど、盛り上げていた。

     トークの中で金本氏は、自身が引き当てた高山選手について「この前メールした」と明かした。「頼むからもう少し頑張ってくれ!」との激励とともに「自分の打ち方は自分の感覚が正しい。思うようにやった方が良い」とアドバイスを送ったという。

     監督退任後は「現役選手とほとんど交流はない」という中での異例のゲキだったが、この日は退任時のエピソードも告白。「辞めた時に若い選手を中心に一緒に食事に行った。その後、8人くらいがうちに来て二次会を開いた。時計やらジャンバーやらいろいろ持っていかれた」と語り「今年活躍しなければ返してもらわなきゃ」と若トラたちにゲキを飛ばしていた。

     ちなみにクジで飛び出した「今年の優勝は?」の質問に、金本氏は「セは戦力的に巨人と広島。パは地力あるソフトバンク」とし、真中氏は「セはDeNA。パは西武」と予想していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00000092-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     (オープン戦、中日4-2阪神、24日、北谷)阪神のD1位・近本光司外野手(大阪ガス)が2試合連続安打。「9番・中堅」で先発すると、三回無死で浮いてきた変化球を左前打。「序盤はできるだけ粘って、球数も投げさせないといけない。とらえることができてよかった」。その後は遊飛、見逃し三振で安打は出ず。初見の投手との対戦が続くことにも「どう対応していくかが課題。克服していけるように」と前を向いた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-00000596-sanspo-base

    続きを読む

    このページのトップヘ