とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    内野手

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・北條史也内野手(26)が24日、自主トレのため甲子園球場クラブハウスを訪れ、巨人・坂本勇人内野手(32)と行った合同自主トレの一番の収穫を「キャッチボール」と明かした。もちろん、昨季2000安打を達成した高校の先輩からは打撃の技術論も吸収。「原点回帰」で巻き返しのシーズンに臨む構えだ。

     最も印象に残ったのは、「原点」だった。巨人・坂本勇に師事し、18日間にも及んだ合同自主トレ。その収穫を問われた北條は、開口一番に「キャッチボール」を挙げた。

     「キャッチボールが一番、自分の中ではすごいなと思った。“そんなにキャッチボールに対して意識を置いてるの”って感じた。それが守備の安定感、送球の安定感につながるんだなと思いました」

     環境が変われば、感じ方も変わる。昨年まで5年連続で参加したヤクルト・山田哲らとの合同自主トレでは、コンディショニングや体力強化を中心に精を出してきた。それを今年は「そろそろ環境を変えていこうかなと思った」と一念発起し、昨季2000安打を達成した光星学院の6年先輩の合同自主トレに初参加。技術向上をメインに置いて汗を流す中、改めて気付かされたのが、「原点」の重要性だった。自身も野球をやる上で基本は大切にしてきたつもりだったが、坂本勇に比べると、まだ甘かった。それが分かっただけでも、収穫と言えた。

     「これからどうしていくかは自分次第だと思う。今年はそうやって教えてもらったことを意識して、ずっとやろうと思います」

     自身の中に「原点」という大きな幹、明確な道しるべができた。加えて、もちろん技術面のアドバイスも受けた。特に打撃面では、バットの入れ方や、角度などを細かく教わった。「バッティングは今までと違う感覚で練習させてもらった。すごく勉強になった」。先輩から受け取った飛躍への大ヒントを、現状打破につなげる。

     8年目の昨季は40試合出場で、打率・192、2本塁打、7打点と悔しい1年を過ごした。オフには慣れ親しんだ背番号「2」を梅野に明け渡し、「26」に変更。新境地を模索すべく、球界を代表する遊撃手であり、球界屈指の打者でもある偉大な先輩からの「イズム」を求め、収穫をえた。2021年を、変化の年にしてみせる。 (長谷川 凡記)




    坂本選手も昔元ヤクルトの宮本さんとの自主トレで言ってたからね! 今年も応援します! 坂本塾で立ち返った原点 阪神・北條は巨人・坂本勇との合同トレで「キャッチボールが一番すごいと思った」(スポニチアネックス)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210125-00000010-spnannex-base  #北條史也


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神のドラフト6位・中野拓夢内野手(24)=三菱自動車岡崎=が22日、甲子園室内練習場などで新人合同自主トレを行った後、オンライン取材に応じ、木浪が1年目に記録したキャンプの実戦全試合安打を超える活躍を誓った。自慢の守備はもちろん、打撃でもアピールし、チーム内のし烈な内野手争いを勝ち抜く覚悟だ。

     1軍キャンプスタート決定から一夜明け、中野の闘志はメラメラと燃えていた。「木浪さんの(キャンプ)1年目を超えるような結果を出せれば、いいアピールができる」。ただ、定位置争いを繰り広げるライバルの1年目を超えることは簡単なことではない。

     木浪はプロ1年目のキャンプから鮮烈なインパクトを残した。チーム初実戦となった紅白戦で、12球団新人第1号となる決勝3ラン。そこから安打を積み重ね、キャンプでの実戦8試合全てで安打を記録した。

     新人第1号については「打ってみたい気持ちはあるんですけど、自分はホームランを打つタイプではないので」と中野。それでも「ヒットを多く打てればなと思います」と、木浪が記録したオープン戦新人最多安打記録(22本)も見据える。

     初実戦となる紅白戦は2月4日の予定。中野の出場も濃厚となっている。対戦してみたい選手については「球のスピードが速い藤浪さん」と即答。「球の速さに慣れないといけない」と早期からの実戦は大歓迎だ。

     また、コロナ禍で宿舎の中での時間も増える。その時間も「セ・リーグの投手の情報を特に頭に入れておかないといけない」と野球漬けの日々を送る考え。すでに巨人・菅野や中日・大野雄の映像は確認済みで「球界を代表する投手の打席に立ってみたい。いいイメージで打席に入っていけたらなと思います」と対戦を心待ちにする。

     「守備力をアピールしていきながら、バッティングの持ち味である積極的に振っていくこともアピールしていきたい」。ここ2年は開幕遊撃のスタメンを木浪がつかんでいる。「負けたくないって気持ちはあります」。年齢もプロでのキャリアも2つ上の先輩に胸を借り、全力でぶつかっていく。




    阪神ドラ6中野、木浪に勝つ!キャンプ全戦安打で新人開幕1軍目指す(デイリースポーツ) すごく意識が高そうで、楽しみ 木浪に食らいついて欲しい  https://news.yahoo.co.jp/articles/0e75c5475d7db02282cc0830f7e3e28e5c646374 



    個人的に一番レギュラーに近いと思ってる「今年の新人、中野くん」噂👂では守備力が凄いらしい⚾️😃👍 阪神ドラ6中野、木浪に勝つ!キャンプ全戦安打で新人開幕1軍目指す  https://article.auone.jp/detail/1/6/10/17_10_r_20210123_1611355183479094 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神ドラフト8位の石井大智投手(23=四国IL・高知)は、初実戦から全開で腕を振る。

    新人投手は最短で2月7日の紅白戦がデビュー戦。「もちろんそこで全開でアピールしていかなきゃいけない」と力を込めた。

    対戦したい選手には大山を挙げた。「すごく活躍されて、ホームランの数も多い方。長距離砲に対して、どれだけ真っすぐが通用するか、変化球も含めてどれだけ自分の力が通用するか確かめたい」。中継ぎ起用を見据え、連投も考えたブルペン投球を重ねる予定だ。




    石井なら大丈夫👍 阪神8位石井大が大山と対戦熱望「力を確かめたい」(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/dff17eed0aef2fc656b0f99f7fc9502c0f214026 



    阪神8位石井大が大山と対戦熱望「力を確かめたい」(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/dff17eed0aef2fc656b0f99f7fc9502c0f214026  昨年の独立リーグからのドラフト指名者の中では、一番一軍に近い選手だと思います。力を発揮してほしいです! #石井大智 #アイランドリーグ #高知ファイティングドッグス 出身


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の久慈照嘉内野守備兼バント担当コーチ(51)が22日、代表取材に応じ、今季一塁を守ることが濃厚なサンズ、マルテの「ロペス化計画」を立ち上げた。

     「例えば(昨季)DeNAにいたロペスみたいにね。何でもやってくれるし、ピンチになれば一番近いロペスがマウンドに行ったりしている。日本に来て長いのもあるけれど、理想はそういうふうになってくれれば。片言の日本語でコミュニケーションもできるし、チームプレーも。シーズン中はそんなになくても、キャンプ期間はそういう練習もある」

     マルテが来日3年目で、サンズが2年目。巨人、DeNAで計8年間プレーしたロペスと比べるのは酷でも、ともに陽気な性格でチームに溶け込んでいる。技術的にもロペスは18年に当時では史上初となる一塁手として守備率10割を記録するなどゴールデングラブ賞5度の名手だった。

     特にサンズは昨季は外野しか守っておらず、「チームプレーとかサインプレーとか出てくるので、やっぱりサンズ、マルテがやるんだったら、そういう時間をね」と強調した。

     2人は17日夜の来日後、自宅待機中。練習合流時期は不透明ながら「うまいこと、投内連係なども限られた時間の中で」と力を注ぐ考えだ。臨時コーチとして招かれる元巨人、中日の川相昌弘氏も一塁守備の重要性を強調しており、助っ人陣の守備力強化もテーマの一つとなりそうだ。




    阪神 サンズ  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/01/23/kiji/20210122s00001173469000c.html  いいんじゃないですか? サンズさんマルテさんのロペス化計画😊🐯 そういう存在になってほしいですね😌🐯


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    高卒3年目の阪神小幡竜平内野手が初の1軍キャンプをゲットした。昨季は8月にプロ初昇格し、スタメンも張るなど54試合に出場して急成長を見せつけた。

    初の開幕スタメンを目指し、内野のライバルに闘志を燃やす。「二遊間は(競争相手が)多いので、そこで名前がずっと出ていられるようにアピールし続けたい。まずは守備で魅了できるように、そこは意識してやっていきたいです」。糸原や木浪、北條、新人中野らとのバトルを勝ち抜く意気込みだ。




    守備でアピール! 阪神小幡が初の1軍キャンプ「まずは守備で魅了」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202101210001219.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    小幡くん1軍キャンプ入り!!ひゃーめでたい!!!


    続きを読む

    このページのトップヘ