とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    髙山俊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     甲子園での1軍全体練習を指揮した阪神・井上一樹ヘッドコーチ(49)は4日、高山俊外野手(27)のムキムキボディーに驚き、感動したことを明かした。かつての輝きを取り戻そうと必死にアピールを続ける2016年の新人王。この勢いでレギュラー奪取を期待した。

     甲子園クラブハウスのウエートルーム。井上ヘッドコーチは体重測定で上半身裸になった高山をみて驚いた。ユニホーム姿では気づかなかった。目にしたのは筋骨隆々。いや、ムキムキになったボディーだ。

     井上ヘッド 「お前、やせたな」

     高山 「締めました。やっぱり、自分の中で、そういうこと(肉体改造)を考えた方がいいかなと」

     2人だけの会話だったが…。井上ヘッドは、高山の今年にかける思いを虎党にも伝えたい-とばかりに公開した。

     「コイツ、ちょっと違うな、と。本気度を、そのひと言で感じたんだ。去年、ふがいなかったのを、どう取り返すか。あいつは、あいつなりに考えてきたんだなと(思った)」

     2016年の新人王。将来は虎を背負っていく選手と期待されたが、プロの壁に阻まれ、5年目の昨季は自己最少の42試合出場(打率・152)にとどまった。追い打ちをかけるように、同じ左打ちの外野手、ドラフト1位・佐藤輝(近大)が入団。井上ヘッドは土俵際に立たされた高山のイメージが春季キャンプで「変わった」という。その予感は的中した。沖縄での実戦11試合で高山は打率・429(35打数15安打)と打ちまくった。

     「キャンプで、矢野監督が(MVPに)選んだのも、それに値する気持ちと結果かな。『高山をスタメンで外すわけにはいかないでしょ』というのを(高山自身が)作りあげたいというのは汲んでいる」

     5日のソフトバンク戦からはサンズや糸井らも本格的に出場する。高山は「これからが僕の中では勝負だと思っている」と現状に満足していない。開幕スタメン争いへの本当の戦いが始まる。

     井上ヘッドは「チャンスは少なくなるかもしれないが、存在価値を見せて、アピールして、乗り切ってほしい」と願う。打棒復活のため、肉体改造に着手した高山への熱いメッセージだった。(三木建次)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     【トラとら虎】

     阪神の高山俊外野手(27)が沖縄・宜野座キャンプで危機感を抱きながら定位置争いに挑んでいる。近本の中堅は不動として、両翼を競うライバルは糸井、サンズに、新助っ人ロハス、ルーキー佐藤輝と多い。「ハイレベルな戦いになるから必死です。いまから結果を出し続けないと置いていかれますから…」

     これまで紅白戦を含む全9試合に出場。打率・444(27打数12安打)。そのうち5試合でマルチ安打を放つなど、見違えるような成績を残している。

     好調の要因は打撃フォームの改造だろう。内角の速球に苦しむことから、思い切って構えをオープンスタンスに変えることにした。成果は安打の内訳でも分かる。左翼4本、中堅3本、右翼5本。両サイドへの対応力がついてきた証しである。

     オフには胸を突かれる出来事があった。一つは4歳上の伊藤隼太外野手(現四国独立リーグ愛媛)の解雇。もう一つは大器と評判の佐藤輝明内野手の入団だ。

     伊藤とは左打ちの外野手という他にも共通項は多かった。お互い東京六大学のスターで、ドラフト1位も同じ。ただ違うのは高山が2016年、打率・275をマークして新人王に輝いたことだが、トータルで見れば期待を裏切り続けたあたりも共通している。

     そんな延長線上に今年の佐藤輝の獲得はある。矢野監督は内野志望のルーキーを外野で起用する意向で、現に評判通りの打撃を見せている。いまのところ高山の成績は佐藤輝と遜色ないが、ここに糸井、サンズ、ロハスも加わり、熾烈な外野戦争は本番に突入しても続くことになる。

     球団OBのひとりは「高山が好調なのはそんな競争心の相乗効果。佐藤輝が高山のお尻に火をつけたといっても過言ではない。多分、伊藤の解雇にしても、明日はわが身と捉えたはずで、今年が定位置を取り戻す最後のチャンス」と注目している。(スポーツライター・西本忠成)




    高山は危機感持ってやってくれてると思うから応援できる 60と26は知らん



    高山は危機感アリアリやろね 盟友、横尾もトレード


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・高山俊外野手(27)が春季キャンプ最終日となった1日、報道陣の取材に応対。定位置再奪取へかける強い意気込みを吐露した。
     
     今春の実戦では通算打率4割超と好調を持続。矢野監督からは今キャンプの野手部門MVPに選出されたが、「バッティングに関してはもう一つ乗り越えたい課題があったが、それができなかった。立場的に苦しいところにいるので、自分ができることをやっていくしかない」と表情を緩めることはない。

     ルーキーイヤーの2016年にセ・新人王に輝いたがその後は低空飛行。ドラフト1位ルーキー・佐藤輝明内野手(21=近大)や新外国人のメル・ロハス・ジュニア外野手(30=前韓国KT)らの加入によって、状況は年々厳しくなっているだけに危機感も強い。「僕の中ではまだ競争が始まった感覚もない。主力も試合に出てない中、自分が出してもらえただけ。ベテランや外国人選手が調整に入ってくると必然的に(自分の)出番は後になる。開幕はゴールでもスタートでもない」と口元を引き締めた。

    東京スポーツ




    阪神 外野レギュラー争い □□ 打率/OPS 打数-安打-三振-四死球 陽川.429/1.169 21-9-2-1 佐藤.394/1.171 33-13-6-3 高山.385/0.895 26-10-2-3 糸井.273/0.606 11-3-4-1 井上.238/0.654 21-5-7-1 サン.200/0.600 05-1-2-0 近本.167/0.619 12-2-2-2 中谷.143/0.486 14-2-2-1



    お、キャンプMVPの名前、一番最初が高山か! マジで去年くらいからすげぇ良くなってきてるもんな。 スタメンで見たい。 阪神の外野争いが激化しててもうおじさんくっそ嬉しい! #hanshin #tigers #阪神タイガース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神春季キャンプ」(1日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

     阪神がキャンプを打ち上げ、矢野監督が総括。総合MVPに高山の名前を挙げ、投手MVPに藤浪を選んだ。

     高山はここまで実戦11試合に出場して打率・429、0本塁打、4打点と好調を維持。ドラフト1位・佐藤輝(近大)などライバルが多い中、大卒6年目の危機感と覚悟を胸に猛アピールを続けた。

     完全復活を目指す藤浪は実戦3試合に登板し、合計8イニングを投げて1失点。安定感を見せ、開幕ローテ入りへ大きく前進した。

     指揮官はキャンプMVPに関し「全体的には高山かな。投手はどうかな、藤浪かな。高山は(ドラフト)1位で入って新人王を取ったけど、そこから苦しんで思い通りにいかないこともあったけど。練習に対する姿勢は継続して、このキャンプで変わった。この姿勢を持っていってほしい。(藤浪)晋太郎も高山と似て思うようにいかないところもあって、昨年は中継ぎとかも経験して。このキャンプで自分を変えることができた。これなら勝てると思っている」と選出理由を明かした。




    【阪神】矢野燿大監督がキャンプMVPに高山俊を選定「野球に対して本気になった」一問一答<上>(スポーツ報知) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/0634fc870392dc48e444b0358547101b49bd0a28  高山MVPキタ――(゚∀゚)――!!



    阪神・矢野監督「変わった」総合MVPに高山、投手MVPに藤浪を選出  https://news.yahoo.co.jp/articles/2225e208f65f024369e057f661e4cd0c3b3894be  高山はここまで実戦11試合に出場して打率・429、0本塁打、4打点と好調を維持。 藤浪は実戦3試合に登板し、合計8イニングを投げて1失点。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「練習試合、ヤクルト-阪神」(28日、浦添)

     阪神が先制した。

     初回1死からドラフト6位・中野(三菱自動車岡崎)が四球。続く同1位・佐藤輝(近大)が初球をフルスイングし、左翼へ高々と打ち上げた。左翼・中山は前進したが、目測を誤り打球を捕球できなかった。記録は適時二塁打。風はほとんど吹いていなかった。

     腰背部の張りから復帰した大山は中直に倒れたが、好調高山、ベテラン糸井にタイムリーが飛び出した。







    阪神佐藤とヤクルト木沢との対戦、第2打席は2回1死1・2塁と再びチャンスで打席に入った。初球ボール、2球目ボール、3球目空振り、4球目空振り、変化球に2球続けて空振り。、5球目再びスプリットか落ちる変化球で空振り三振。 佐藤輝明の先制打など阪神いきなり3点/速報中  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202102280000025.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

    このページのトップヘ