とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    阪神タイガース動画

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     阪神のポジション争いが早くもヒートアップしている。主戦場は外野手だ。1年目からレギュラーをつかみ、2年連続の盗塁王を獲得した近本光司がセンター当確、レフトには、韓国球界で本塁打と打点の二冠王に輝いた新外国人・ロハスが就くことが確実視されていることから、残る椅子は1つ。3人目の外野手は誰になるのか。

     滑り込み3位の最右翼はもちろん糸井嘉男だ。実績は言うまでもないが、昨年はケガに泣いて打率.268、2本塁打、28打点と低迷した。4年総額16億円(推定、以下同)の契約が満了し、藤川球児、福留孝介、能見篤史のように引退・自由契約の危機にあったが、年俸の減額制限を超えるダウン提示を受け入れ、1億8500万円+出来高で残留した。2億1500万円というダウンは球団史上最大だった。

     その糸井はキャンプ・インと同時にフルスロットルだ。2日目にはランチ特打で42スイング中12本の本塁打を放ち、39歳という年齢を感じさせない。糸井を発奮させているのが、近大の後輩でもあるドラフト1位の新人・佐藤輝明の存在だ。関西大学野球リーグで通算14本塁打の記録を持つ佐藤は、187センチ・94キロという恵まれた体格を誇り、ソフトバンク・柳田悠岐ばりのフルスイングで規格外の長打力を見せている。キャンプ初日にフリー打撃で89スイング中9本の柵越えで才能の片鱗を見せたが、翌日に先輩の糸井が上記のパフォーマンスを見せると、同じ日に120スイングで25本塁打という、さらに上を行く結果を残した。しかも、バックスクリーンを飛び越える推定145メートル弾というオマケ付きで、在阪スポーツ紙の1面を飾った。

     糸井と佐藤の火の出るようなポジション争いは『週刊ポスト』(2月8日発売号)でも「球界のチーム内争い」特集で詳報しているが、ここに参戦する有力候補はまだまだいる。

    「佐藤の加入でタイガースの外野争いは熾烈になった。体格とパワーのある佐藤は、フルスイングが注目されているが、逆方向にもホームランが打てる器用さがある。矢野(燿大)監督も、“高さで飛ばせるのが魅力”とべた褒めだった。メディアを賑わせているのは佐藤や糸井だが、ここに髙山俊、陽川尚将、井上広大らが加わって、レギュラー争いは混沌としている」(阪神OB)

    ▼記事全文はこちら



    輝明くんには期待してる ただ、メディアも見守ってあげて 変なプレッシャーになってしまったらかわいそう。 まだ1年目だから。 #佐藤輝明 闘志を燃やす糸井、高山、陽川、井上……化け物新人・佐藤輝明の参戦で阪神の外野争いがスゴイことに(NEWSポストセブン) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/1645123759959e809648b477bb7848841bfb0669 



    闘志を燃やす糸井、高山、陽川、井上……化け物新人・佐藤輝明の参戦で阪神の外野争いがスゴイことに(NEWSポストセブン) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/1645123759959e809648b477bb7848841bfb0669  見てるだけで楽しみ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     今シーズン、阪神で最も扇の要を担うのは誰だ。梅野を筆頭に原口、坂本と充実度が高まる猛虎の捕手。さらに、新たな戦力としてドラフト4位・栄枝(立命館)が加わった。今季も正捕手の座をかけた激しい争いが繰り広げられそうだ。

     正妻の本命は昨季、98試合に出場した梅野。開幕当初は捕手併用制が続き、スタメン落ちした日々もあった。さらに、9月中旬は「右腹斜筋の筋挫傷」で戦列を離れたが、早期復帰。体を張ってワンバウンドを止めるなど、堅実な守備で球団史上初の3年連続ゴールデングラブ賞も獲得した。

     プロ6年目を迎える坂本も経験を積み、その座を狙う。昨季は梅野に次ぐ、24試合にスタメンマスクをかぶった。「プレーボールの段階から試合に出て、最後のゲームセットまで出ているというのがキャッチャーとして一番うれしいというか、大事だと感じた」と振り返る。

     今季、より多くの出場機会を得るために掲げるテーマは「存在感」。「『こいつ何してるんや?』と思われても、もっと自分を出していく。『こいつアホちゃうか』と思われても、声を出して印象に残ったりする。『何やってるかよう分からんけど、あいつやったらなんかしてくれそうやな』みたいなところも、チーム内で爆発力という部分で必要になってくると思う」とムードメーカーに名乗りを上げ、信頼を勝ち取っていく考えだ。

     代打の切り札としての起用が増えている原口は「キャッチャーで試合に出ることを一番の目標に置いている」と正妻獲りへの強い思いを口にする。昨年の契約更改交渉後の会見では100試合出場をノルマに設定。他の捕手との争いについて「みんなとの勝負だと思う」と闘志を燃やした。

     昨年の秋季練習では、藤井バッテリーコーチと送球練習に励み、手応えは上々。「やっぱりたくさんゲームに出て、野球をやらないと面白くない」と自らを奮い立たせている。

     ルーキーの栄枝も先輩との争いに遠慮はしない。二塁送球完了タイム1秒8台の強肩が武器で、首脳陣からも梅野らを脅かす存在としての期待は大きい。矢野監督の現役時代の背番号である「39」を背負う若虎は「梅野さん、坂本さん、うまいキャッチャーがいらっしゃる。そこに食らいつくじゃないですけど、栄枝も負けていないと思わせるようにやっていきたい」と気合十分だ。

     間もなく始まる春季キャンプ。1つしかない捕手の椅子に今シーズンは誰が多く座るのか注目が集まる。(デイリースポーツ・井上慎也)




    阪神の し烈な捕手争い  本命は 梅野   挑む 坂本、原口、ルーキー 栄枝 も 参戦 (デイリースポーツ) 誰よりも ” アピール ” 🤨⤴︎  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210130-00000042-dal-base 



    2番手争いなら分かるが3年連続ゴールデングラブ賞取って絶対レギュラーじゃないってのがまずおかしい


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2



     昨季首位打者を獲得した西武・森友哉、強肩を武器とするソフトバンク・甲斐拓也など好捕手がいるが、現在は捕手を固定せず、複数の捕手を起用する球団が多い。飛び抜けた能力を持った捕手が少ないのが一因とみられるが、90~00年代にかけては、プロ野球の歴史に名を残す名捕手がズラリとそろっていた。リアルタイムで見た「最強の捕手」を選ぶ際には意見が割れる。元ヤクルト・古田敦也、元中日・谷繁元信、元巨人・阿部慎之助……あなたが選ぶ「最強の捕手」は誰だろうか。

    ▼記事全文はこちら



    甲乙つけがたい凄いメンバー。 今とはえらい違い💦 90~00年代は「捕手黄金期」 古田、谷繁、城島、阿部……No.1は誰?(週刊ベースボールONLINE) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200404-00000003-baseballo-base&p=2 



    これ見ると古田、城島、阿部、矢野、谷繁、里崎と捕手がそろってた時代ってやべえな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    kinami
     
    最新投稿順 自動更新 Youtube動画
    見たい画像をクリック(タップ)で再生します 
    全画面可能(表示動画の右下をタップまたはクリック)
    スマホタブレットでの視聴は横向きにしてご覧頂くほうが見やすいと思います。
    ※音量はyoutube側の設定になりますので各動画の音量差にご注意下さい

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    2(UpPhoto)(noise_scale)(Level2)(x3.000000)

    最新投稿順 自動更新 Youtube動画 見たい画像をクリック(タップ)で再生します 
    全画面可能(表示動画の右下をタップまたはクリック)
    スマホタブレットでの視聴は横向きにしてご覧頂くほうが見やすいと思います。

     
    続きを読む

    このページのトップヘ