とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    鳥谷敬

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:2016/04/12(火)23:40:14 ID:
     
    打率.185(54-10) 二塁打0 三塁打0 本塁打0
    打点5 得点圏打率.250
    三振11 四球12 犠打0 犠飛2 盗塁1
    併打2 出塁率.324 長打率.185 OPS.509

    もうダメみたいですねぇ……
    2:2016/04/12(火)23:42:05 ID:
    打てないことより守備がヤバイわ
    イージーボールでエラーしたり範囲が極狭やったり
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:2016/04/08(金)23:42:24 ID:


    辛いさん「(睨まれて)辛いです」
    2:2016/04/08(金)23:47:57 ID:
    迫力の違いすき
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:2016/04/08(金)23:10:59 ID:

     
     
    だからこんなオーダーでいこうや

    1番(左)高山
    2番(右)横田
    3番(遊)福留鳥谷併用
    4番(中)江越
    5番(一)ゴメス
    6番(三)ヘイグ
    7番(捕)梅野
    8番(ニ)北條
    2:2016/04/08(金)23:11:41 ID:
    江越四番はアカン
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     「DeNA-阪神」(2日、横浜スタジアム)

     阪神が六回、鳥谷に待望の適時打が出て先制点を挙げた。

     1死から横田が右前打で出塁。2死となった後、福留が右前打、ゴメスが敬遠四球で満塁。ここで鳥谷が、DeNA先発・久保康の5球目、143キロ直球を直球を捉えた。打球は遊撃の右へ飛び中前へ。2走者が生還した。

     鳥谷は開幕から前日までの7試合で23打数2安打、打率・087と不振。3月27日・中日戦(京セラドーム大阪)の第1打席から安打がなく、この試合も二回は右飛、四回は中飛に倒れ、25打席連続無安打だった。12年9月の24打席連続を上回る自己ワースト記録だったが、5試合26打席ぶりの安打で汚名を返上した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160402-00000074-dal-base



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     
    1:2016/03/30(水)12:32:48 ID:
     
     

    六回悪送球により上田に出塁を許す鳥谷(C)日刊ゲンダイ

    「まだ4試合とはいえ、ちょっと気になるな」

     こう言って顔を曇らせたのは阪神OBだ。

     29日の阪神は、先発藤浪があと1人で完投こそ逃したが、ヤクルト打線を2失点に抑えチームは3連勝。ほとんどの選手がハツラツとしている中で、ひとり元気がないのが鳥谷敬(34)だ。この日は2つ四球を選ぶも2三振の3タコ。ここまでのヒットは、26日の中日戦での2本だけだ。

     昨秋就任したばかりの金本新監督から、「キャプテンのおまえが変わらなければチームは変わらない。今のままでは全部ダメだ」と言われ、当初は悩み苦しんだ。ところがキャンプインすると、シートノックで声を張り上げたり、特守に飛び入り参加するなど、苦手なムードメーカーを積極的にこなした。

    「ミスした若手をからかって場を盛り上げるなど、あんなに明るい鳥谷を見たのは初めてだ。だけど、本来はクールな男だからな。金本監督から苦言を呈され、無理に明るく振る舞っていたこともあったと思う。慣れないことをやれば誰でも疲れるし、ストレスもたまる。そのツケが出ているのかな。公式戦はムードメーカーではなく、自分の成績を優先するべき。自分のスタイルでやるのが一番だよ」(前出のOB)

     鳥谷が「開幕」したら、阪神はもっと強くなる。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000022-nkgendai-base

     


    2
    : :2016/03/30(水)12:34:06 ID:
    どうせ最速で.280に調整してくるやろ

    続きを読む

    このページのトップヘ