とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    テレビ・雑誌・新聞

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    4月21日以来、約2ヵ月ぶりの1発だった。

    阪神・高山俊(28)が、6月26日の中日との2軍戦で放った3ラン本塁打だ。だが試合後の高山に、笑顔はない。

    「本当にやっていくしかない。いろいろ試行錯誤しながらやっていきます」

    打撃フォームをオープンぎみに変えるなど、本人の言葉通り試行錯誤の日々。ファームでは打率.201、3本塁打と結果を残せていない(成績は6月30日現在、以下同)。日大三高から明治大学という野球のエリートコースを歩み、16年にドラフト1位で阪神に入団した。だが、同年に.275、8本塁打、65打点の成績で新人王を獲得しながら成績は下降気味。

    今季は、いまだ1軍での出場機会がない。本人に余裕がないのは、当然かもしれない。

    「練習中は、惚れ惚れするほど素晴らしい打球を飛ばします。しかし昨年の出場は、プロ入り最少の42試合にとどまり、打率は.152、本塁打はゼロ。今季は、高山も期するものがあったのでしょう。キャンプでは奮起。実戦11試合で打率.429と打ちまくり、キャンプMVPに選ばれました。このまま復調するかと思いきや、好調は長続きしません。オープン戦では打率.118と再び低迷し、開幕2軍スタートとなったんです」(球団関係者)

    ◆金本監督の指導が……

    六大学野球の最多記録となる、通算131安打を放った高山。素質の高さは誰しも認めている。なぜ、プロで才能を開花できないのだろうか。

    「入団当時の監督だった金本知憲さんに、かなり厳しく指導されたんです。ドラフト1位選手への愛情の裏返しだと思いますが、教え方は相当キツかったといわれています。高山は金本さんの指示を強く意識し、常にベンチを見ながらプレーするようになったとか。

    高山のマジメな性格も、マイナスに働きました。阪神はOBの発言力が強い球団です。キャンプ地や試合前の球場に、たくさんのOBが来ていろいろなアドバイスをします。高山は、彼らの意見をすべて真摯に聞いていた。そのうち自分のスタイルを見失い、調子を崩しがちになったようです」(スポーツ紙記者)

    さらに高山を追い詰めたのが、新旧のドラフト1位の動向だという。

    「今季ドラ1で入団した佐藤輝明の大活躍は、高山のプレシャーになっているようです。同じ左打ちで、ポジションも外野と重なりますからね。『ルーキーに追い越された』と屈辱的な思いを感じても、不思議ではないでしょう。

    高山の危機感を強めた、もう一つの要因が、昨年オフに戦力外となった伊藤隼太です。同じ六大学のスター(伊藤は慶応大)でドラフト1位(同11年)。伊藤も期待されながら伸び悩み、ユニフォームを脱ぎました。明日は我が身と、高山は強い焦りを感じてもおかしくありません」(同前)

    素質があるのだから、環境を変えれば復調の可能性は十分ある。そういった噂が出るのも当然だろう。

    「まだ年齢も20代ですからね。元新人王を、このまま低迷させておくのはもったいない。候補に名前が出ている球団は、複数ありますよ。条件としては阪神のような人気球団でなく、マジメな性格の高山がのびのびプレーできるチームであること。

    例えば、ヤクルトです。ファミリー的な雰囲気で、高山が学生時代に慣れ親しんだ神宮球場を本拠地にしているため、その条件に合致します。ただ同じセ・リーグのため、再起すれば阪神の脅威となる。阪神が難色を示す可能性はあります。

    パ・リーグで思いつくのは、ロッテでしょう。阪神からは鳥谷敬や今岡誠が移籍して、それなりの存在感を示した実績があります。指導も、決してスパルタではない。何より高山自身が千葉県の出身で、子どもの頃はロッテのジュニアチームのメンバーでした。環境を変えて再起を期すには、うってつけの球団ではないでしょうか」(同前)

    チームは首位を快走するなか、「蚊帳の外」状態の高山。関西随一の人気球団のもとで、もう一度活躍する姿を見せることができるだろうか。

    FRIDAYデジタル




    2軍で打率2割…阪神・元ドラ1の高山「不振で噂される移籍先」(FRIDAY) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/31693fa54f17702d1aa4165041e2b043767046e2  2軍打率 高山 .201(2015年ドラフト1位) 平沢 .213(2015年ドラフト1位)



    ロッテは翔平を放出するくらい外野が飽和状態だから恐らくないだろ。 2軍で打率2割…阪神・元ドラ1の高山「不振で噂される移籍先」(FRIDAY)  https://news.yahoo.co.jp/articles/31693fa54f17702d1aa4165041e2b043767046e2 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    【嗚呼!我が愛しの阪神タイガース】

     有働由美子さん(「news zero」メインキャスター)

     ◇  ◇  ◇

    「今年は優勝してしまうと思います」。こう期待を込めるのは日本テレビ系「news zero」メインキャスターの有働由美子さん(52)。NHK時代はスポーツ番組のキャスターを歴任し、キャンプや球場にも足しげく通ったプロ野球通。“猛虎愛”は筋金入りだ。

    ■85年日本一以来変わらぬタイガース愛

    「そもそもは小学6年生のときに大阪に引っ越したのがきっかけです。小学校は4度目の転校でしたが、阪神ファンじゃないといじめられそうな重圧が(笑い)。でも家では父が厳格な巨人ファンで、近所のダイエーでオリジナルで作れるプリントシャツは王(貞治)さんを着させられてました。子供心に葛藤がありました」

     85年の日本一の時は大阪府立北野高校2年生。以来、変わらぬタイガース愛を貫いている。

    「高校の数学Bの授業では先生が阪神が優勝する確率を延々解いていました。大学(神戸女学院)のときは新聞部で、現役の真弓選手に取材したのが思い出です。女子大で誰も興味なかったけど無理やり自分で企画を通して、甲子園球場の喫茶『蔦』でじっくり話を聞きました。バース選手とも通路で写真を撮ってもらいました」

     大学卒業後の91年にNHKへ入局。「サタデースポーツ」「サンデースポーツ」のキャスターを担当し、プロ野球との距離がグッと近くなった。

    「何度もインタビューしましたし、仲良くさせていただいたのは星野(仙一)さんですね。星野さんは元『サンデースポーツ』のキャスターでいらっしゃったこともあって、中日の監督時代には監督室にテレビ電話をつけさせていただき、試合直後に生電話で感想を聞くという企画をやったことも。負けた日は出てくれるかどうかハラハラでしたが大好評。でも連盟に怒られて3回くらいで終わりました……。星野阪神の最初の年の開幕戦は隠しピンマイクを付けて試合前のミーティングを撮らせてもらったことも思い出されます。あのときの、緩急つけた絶妙な激励で選手を鼓舞する姿はさすが選手の気持ちを掌握する闘将だとうならされました」

     03年のリーグ優勝の直前には星野監督の母親が亡くなっていたことを発表前に知らされていたという。

    「優勝当日、胴上げに向かう甲子園の通路で目が合って、すごく切ない笑顔でいらっしゃったことが印象に残っています。選手たちには士気が下がるから絶対に言うなと言われていました」

     星野監督とはこんなエピソードも。

    「たしか東スポで『星野監督電撃結婚! 相手は?』という1面飛ばし記事があって、相手候補の一人に私の名前が書いてあったんです。そしたら星野さん自身が『ないわ、おれ面食いやから』と発言されたと書かれていたのを読んで抗議の電話をしました(笑い)」

     公私ともに縁の深いタイガース。05年を最後にリーグ優勝から遠ざかっているが、今年は期すものがあるという。

    「優勝してしまうと思います。まず選手層が厚い。レギュラーを狙える選手が二軍に山ほどいて、ギラギラしています。矢野監督の起用方針がそれを生み出していると思う。新人もベテランも同じ立ち位置で、実力本位でいけてるところがすごい。個人的には『zero』やラジオ(ニッポン放送『うどうのらじお』)で『今年の阪神はマルテ、大山、サンズ、佐藤の頭文字で“MOSS砲”』と名付けたんですけど全然浸透してないのが悔しい。ON砲はデイリースポーツが名付けたそうなのでMOSS砲の名付け親になりたいです」

     もちろん“MOSS砲”の中心にいるのは驚異のルーキー佐藤輝明だ。

    「個人的にテルテルと呼んでいます。テル、だけだと彼氏みたいになっちゃうので、尊敬と愛情を込めて(笑い)。シーズン前から私はテルテル絶対大物、来る来ると叫んでたのに、周囲は、はいはいって感じで。でも今は、ほらきたやろ! ゆうたやろ! って気持ちでいっぱいです。物おじしてないし、いい意味で悪ガキっぽい感じのところが良い。俺が打たんで誰が打つ? という感じ。もちろんこのあと打てない時期もあるでしょう。だけど、小さくまとまらずにそのまま“どやさ”って感じでいってほしいなあ。阪神の松井秀喜になってほしい」

     矢野監督は同い年だけに「同世代の星。大変やろうけど頑張って優勝してほしい」と話す有働さん。

    「負けが込んできたときに、今の明るさを失わないこと。優勝の鍵は、中継ぎ。とくに岩崎の復調と藤浪の中継ぎとしての活躍では」

     有働さんが普段持ち歩くノートPCには阪神のシールがたくさん貼られている。それを読売系の日本テレビで堂々と開いているという。

    ▽有働有美子(うどう・ゆみこ)1969年鹿児島生まれ、関西育ち。神戸女学院大学を卒業後、91年NHK入局。「おはよう日本」「サタデースポーツ」「サンデースポーツ」「NHKニュース10」「あさイチ」などを担当。2001~03年は「NHK紅白歌合戦」で紅組司会。18年3月に27年間勤務したNHKを退職し、同年10月から「news zero」(日本テレビ系)メインキャスター。東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センター客員研究員。




    有働さん、優勝したらNEWS ZEROの放送中に泣きそうだな。楽しみだけど。個人的にはMOSS砲よりもテルテルの方を広めたい。 有働由美子さんが語るタイガース愛「MOSS砲の名付け親になりたい」(日刊ゲンダイDIGITAL) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/5e4112fcdfa53b48ad30719091c5817881e02755 



    有働アナ、筋金入り“猛虎愛”語る  https://r10.to/ham6yz 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/27(日) 20:50:53.97 ID:FNet31ES0
    いかんでしょ

    no title

    no title

    no title

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/27(日) 20:51:25.32 ID:BWrenQux0
    関西メディアってほんまあかんな



    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1624794653/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/19(土) 05:43:52.64 ID:kG3SPmte0
    株式会社文芸春秋は18日、スポーツ総合誌「Number」の17日発売号「阪神タイガース特集『猛虎新風伝』」が異例の5万部増刷を決定したと発表した。

     合計発行部数は15万部となる。同誌の増刷は昨年9月に発売し累計23万部を発行した将棋特集「藤井聡太と将棋の天才」以来となる。

     17日発売号はドラフト1位・佐藤輝明内野手(22)=近大=が表紙と巻頭に登場。新人野手が表紙を飾るのは、清原和博、松井秀喜以来で、甲子園の背景をバックに、ユニホーム姿でバットを持った佐藤輝のバストアップが大きく映し出されている。

     編集長の宇賀康之氏は「佐藤輝明選手の新人離れしたバッティングと面構えに惚れて表紙を飾っていただきましたが、お陰様で雑誌の売れ行きも特大ホームラン級となりました。佐藤選手への注目度と、今季首位を快走する阪神タイガースに対する期待度の高さを改めて感じています」とコメントした。



    no title 



    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/19(土) 05:44:21.44 ID:kG3SPmte0
    こんな新人おるか?

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/19(土) 05:44:34.84 ID:PCt3P59wa
    カッコいいな



    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1624049032/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神―巨人(2021年6月18日 甲子園)

     伝統の一戦で豪華共演が実現! 19日に読売テレビで放送されるプロ野球中継『DRAMATIC BASEBALL』“伝統の一戦”阪神タイガースvs読売ジャイアンツ(13時59分~15時 関西ローカル/15時~17時 全国ネット)で前阪神監督の金本知憲氏(本紙評論家)と前巨人監督の高橋由伸氏が解説初共演する。

     現役、監督時代と伝統ある球団でしのぎを削ってきた両氏。注目の選手や今後の戦いについて、それぞれの目線で考察する。首位独走態勢の矢野阪神がこのまま突っ走るのか。それとも3年連続のリーグ優勝へ巨人が巻き返しを図るのか。副音声では赤星憲広氏(本紙評論家)も登場。今後のペナントレースの行方を占う注目の一戦で豪華解説陣による熱いトークが繰り広げられる。




    19日の伝統のTG戦 金本知憲氏×高橋由伸氏の前監督2人が初の解説共演― スポニチ Sponichi Annex 野球 #阪神 #タイガース #阪神タイガース  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/06/18/kiji/20210618s00001173564000c.html 



    @SponichiHinata これは楽しみやねd=(^o^)=b でも天気が……





    続きを読む

    このページのトップヘ