とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    歳内宏明

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◆JERAセ・リーグ DeNA―ヤクルト(1日・横浜)

     ヤクルトの歳内宏明投手(27)が7回5安打無失点で、阪神時代の2015年9月29日DeNA戦(甲子園)以来、1829日ぶりの勝利を挙げた。

     序盤からキレのある直球とスライダーに加え、この日はフォークを多投。2巡目からはカーブも織り交ぜてDeNA打線を7回まで無失点に抑えた。これで加入後3試合目で初勝利をマーク。先発での勝利は阪神時代を通じて初めての勝利となった。

     歳内は昨季限りで阪神を退団し、今季は四国アイランドリーグplus香川でプレー。香川では9登板し、5勝0敗、防御率0・42と好成績を残し、9月7日にヤクルトと正式契約を結んでいた。




    阪神2対0中日。岩田が454日ぶりの勝利。スタメン復帰の梅野がダメ押しのソロホームラン。藤浪160キロ連発で甲子園が沸く。セカンドの北條は好守備で藤浪を援護。スアレスも危なげなく、最後は160キロ。ショート小幡のファインプレーで終了。ヤクルトの歳内(元阪神)も5年振りの勝利。いい一日だ。



    元阪神で独立リーグ後、ヤクルトでNPB復帰した歳内投手が7回無失点で勝利。これは嬉しいですな。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ ヤクルト―DeNA(2020年9月16日 神宮)

     四国アイランドリーグplusの香川からヤクルトに加入した歳内宏明投手(27)が16日、DeNA戦に先発登板し、5回8安打2失点で降板した。阪神時代の2016年4月27日、巨人戦以来1603日ぶりの1軍マウンドで粘りの投球を見せたがリードを許し、15年9月29日のDeNA戦以来1814日ぶりの勝ち星は挙げられなかった。

     歳内は初回先頭の梶谷に中前打され、1死後ソトに四球で一、二塁のピンチを背負うが、佐野の浅い左飛を青木が前進し回転しながら好捕、二塁に送って併殺となり無失点でしのいだ。2回も先頭の宮崎に中二塁打されるが、遊撃・西浦の好守などで後続を断ち、3回は1死後、梶谷に左前打を浴びたがオースティンを遊撃併殺打に打ち取り序盤を乗り切った。

     4回は1死後、佐野に右前打されたがここも後続を断った。村上の左越え13号ソロで先制し、1点リードして迎えた5回は1死後、上茶谷の左前打、戸柱の左翼線二塁打で二、三塁とされ梶谷の中前適時打で同点、一、三塁となってオースティンの中犠飛で逆転された。5回の打席で代打を出されて、降板となった。

     今月6日にヤクルトと契約した歳内は8日にイースタン・リーグ、DeNA戦で6回3安打無失点で5奪三振と好投。中7日でこの日のマウンドに臨んだ。結局5回を投げ84球、8安打2四球1三振で2失点だった。

     ◆歳内 宏明(さいうち・ひろあき)1993年(平5)7月19日生まれ、兵庫県出身の27歳。聖光学院では2、3年夏の甲子園に出場し、2年夏はベスト8。11年ドラフト2位で阪神入団。3年目の14年7月30日のヤクルト戦で初勝利を挙げた。19年オフに戦力外。通算成績は57試合で2勝4敗、防御率4.15。今季は四国・香川に所属、6日にヤクルトと契約しNPBに復帰した。1メートル84、90キロ。右投げ右打ち。




    歳内はホンマようやったよ まあ2失点で済んだのは守備と運にだいぶ助けられたからってのはある 運が悪けりゃ4回途中5失点とかもありえた



    歳内くん、5回2失点で降板。ベイ打線相手によう頑張ったよ! pic.twitter.com/lJv4ZwLrwZ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     今月6日、ヤクルトは昨年まで阪神に在籍しており、今シーズンは四国アイランドリーグの香川でプレーしていた歳内宏明の獲得を発表した。香川での成績は9試合に先発して5勝0敗、防御率0.42、奪三振率10.69、WHIP(1イニングあたりに出塁を許した数)0.53という圧倒的なものであり、投手陣にコマ不足に悩むヤクルトでは近日中のデビューが予定されている。

     過去にNPBの球団を退団し、独立リーグを経て復帰した例は決して多くはないが、今年はアメリカのマイナーリーグが行われておらず、新外国人の獲得が難しいという現状を考えると、歳内の獲得というのは面白い補強であることは間違いない。そこで今回は他にもNPB復帰を狙える選手はいないのか、探ってみたいと思う。

     まず候補になりそうなのが、先日BCリーグの栃木に再入団した北方悠誠だ。2011年のドラフト1位でDeNAに入団したものの制球難から一軍での登板なしで退団となり、ソフトバンクの育成選手として1年間プレーした後は独立リーグでプレー。そこで大幅なスピードアップを果たし、昨年シーズン途中にドジャース傘下のマイナーリーグへの入団を果たしている。先述したように今シーズンはマイナーリーグのシーズンが中止となったことで、9月から昨年途中までプレーしていた栃木に復帰している。

     ここまで2試合の登板だが、13日に行われた試合では最速157キロをマークするなど、そのスピードは間違いなくNPBに入ってもトップクラスだ。制球はアバウトで、先日の試合ではどこかを痛めた様子で途中降板したのは気がかりだが、状態が上がってくればまだまだスピードが伸びてくる可能性もある。ドジャース傘下のマイナーリーグに所属したまま栃木でプレーしているため、獲得するとなれば移籍の手続きは必要となるが、これだけのスピードを誇る投手はそうはいないだけに、リリーフが苦しい球団にとっては検討の余地はあるだろう。

     リリーフタイプでもう一人面白いのがBCリーグ武蔵の宮川将だ。楽天では6年間プレーし通算5勝をマークしたが2018年限りで退団。昨年から武蔵に入団し、コーチ兼任でプレーしている。2019年のシーズンは先発として10勝3敗と見事な結果を残し、今シーズンはリリーフに転向。ここまで22試合に登板して防御率は1点台と安定した投球を続けている。スピードはコンスタントに140キロ台後半をマークしており、ピンチの場面でも強気に攻める投球は定評がある。今年の10月で30歳となるが、まだまだもう一花咲かせる可能性もありそうだ。

     先発投手では山本雅士(BCリーグ・富山)と横山貴明(四国アイランドリーグ・高知)が候補だ。山本は高校卒業後に四国アイランドリーグの徳島を経て2014年のドラフト8位で中日に入団。4年間で退団となり、昨年からは富山でプレーしている。BCリーグ1年目の昨年は防御率5点台と成績を残すことができなかったが、今年はここまで12試合に先発して8勝0敗、防御率1.73と見事な成績を残している。今年で26歳と年齢的にもまだ若いだけに、NPB復帰があってもおかしくないだろう。

     横山は早稲田大から2013年のドラフト6位で楽天に入団し、1年目には初勝利をマークしたが2018年に退団。昨年はメキシコなどでプレーし、今年8月に高知に入団している。楽天退団後にサイドスローに転向したことでスピード、制球力ともにアップし、高知ではここまで4試合に先発して防御率は0.93という数字を残している。特に29回を投げて与四死球わずかに4というのは見事だ。

     野手については目立った成績を残している選手はおらず、直近でNPB復帰を狙えるような候補は見当たらなかった。ただそんな中でも9月13日の試合では栃木に入団した川崎宗則が初打席でいきなりホームランを放つ活躍を見せている。年齢を考えてもNPB復帰はなさそうだが、高い技術を間近で見られるというのは独立リーグの醍醐味でもあると言えるだろう。今後も歳内のように、独立リーグでレベルアップして、再びNPBに挑戦する選手が出てくることを期待したい。(文・西尾典文)

    ●西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。




    ヤクルト入り歳内に続けるか…独立リーグで「NPB復帰」を狙える選手は?〈dot.〉(AERA dot.) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/bf58b101ff5d46a9cc14bfa80028ad4781bf86eb  記事では、北方悠誠投手(BCL栃木)、宮川将投手(BCL埼玉武蔵)、山本雅士投手(BCL富山)、横山貴明投手(IL高知)の名前が挙がっています。



    宮川さんや雅士くんの名前が挙がってる。 ヤクルト入り歳内に続けるか…独立リーグで「NPB復帰」を狙える選手は?〈dot.〉(AERA dot.) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/bf58b101ff5d46a9cc14bfa80028ad4781bf86eb 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「イースタン、DeNA-ヤクルト」(9日、横須賀スタジアム)

     ヤクルトの歳内宏明投手(27)が9日、新天地でのデビュー戦を飾った。背番号「91」のお披露目試合で、6回3安打無失点、5奪三振。2軍戦とはいえ、クリーンアップに座る助っ人陣、ロペス&オースティンを無安打に封じ込めた。

     注目の立ち上がりは、わずか5球で3アウトを奪った。先頭の関根に左前打を許すが、桑原を併殺打。1軍実績十分のロペスを148キロの直球で遊飛で打ち取った。

     その後は二、三、四回とテンポよくアウトを重ね、五回には味方のミスから初めて得点圏に走者を許した。それでも最後は楠本に粘られながらも、12球目で空振り三振。直球でも変化球でも制球を乱すことなく、無四球で6回68球の省エネ投球。圧巻のデビュー戦となった。

     阪神時代に課題だったという制球面を克服。四国IL・香川では「球速よりもコントロールを課題にやってきた」と胸を張る。また先発にも挑戦し、「先発で使ってもらって、力の抜き方だったり、たくさん勉強できた」と“収穫”を手に、NPBに戻ってきた。

     8日に2軍本隊に合流し、この日契約3日目にして新天地デビューとなった。高津監督も「先発でやってもらいたい」と期待大の新戦力。また阪神から昨季限りでの自由契約となり、独立リーグで結果を出し続けたことについても、「苦労した分、成長していると思う。自分でつかんだチャンスを生かしてもらいたい」と願っていた。

     歳内は、11年ドラフト2位で阪神に入団。だが度重なるケガに泣き、昨季で阪神を戦力外になっていた。今年からは四国IL・香川でプレーしており、今月6日に投手陣の補強を目指していたヤクルトへの入団会見を行っていた。

     独立リーグ時代は開幕投手も任され、その責務を果たす鮮やかな完封劇。9試合で5勝0敗、防御率0・42と圧倒的な成績を残していた。




    ヤクルトはナイターのDeNA戦(横須賀)に、9回表無死降雨コールドゲームで9―0で勝利。独立リーグの四国・香川から入団した元阪神の歳内が移籍後初先発し、6回68球を投げて3安打無失点で5奪三振。初登板で1勝目を挙げた。 これもう山中と入れ替えで歳内来週先発あるで



    横須賀スタジアムで、今年初の野球観戦。 横浜のメンバーは、ほぼ一軍。😀 元阪神、独立リーグからヤクルトに途中加入の歳内投手は相手ながら応援してしまう。 pic.twitter.com/Mq8XbZmsaf


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     元阪神で現在は四国IL・香川でプレーする歳内宏明投手(27)が6日、東京都内のヤクルト球団事務所で入団会見を行った。高津監督は、新戦力について「先発でやってもらいたい」と期待。背番号は「91」に決まった。

     表情引き締め、臨んだ入団会見で決意を新たにした。「チャンスをもらった。それをつかみたい」とあいさつ。同席した小川GMからユニホームを着させてもらうと、笑顔も見せた。歳内は「結果を残したい。チームを勝ちにつなげる投球がしたい」と目標を掲げ、「阪神戦で投げたい。楽しみな気持ちもある」とマウンドでの阪神への恩返しを誓った。

     この日の試合前練習の際に、高津監督が取材に応じ、「ヤクルトの一人の投手として、チームを勝たせる投球をしてほしい」と期待を寄せた。また阪神から昨季限りでの自由契約となり、独立リーグで結果を出し続けたことについても、「苦労した分、成長していると思う。自分でつかんだチャンスを生かしてもらいたい」と話した。

     歳内は度重なるケガに泣き、昨季で阪神を戦力外になっていた。今年からは四国IL・香川でプレーしており、新入団の際には「NPBに戻ることが目標」と固く誓っていた。

     新天地では開幕投手も任され、その責務を果たす鮮やかな完封劇。ここまで9試合で5勝0敗、防御率0・42と圧倒的な成績を残していた。




    あっさり抑えられそうだな ヤクルト 歳内が入団会見「阪神戦で投げたい」高津監督は先発起用方針(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200906-00000095-dal-base 



    「阪神をクビ」歳内ヤクルトへ「拾っていただいた」(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200906-29060361-nksports-base  印象悪いタイトルだな( ´ ▽ ` )


    続きを読む

    このページのトップヘ