とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    元阪神

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神で球団のスペシャルアシスタント(SA)を務める藤川球児氏が14日、自身のツイッターを更新。「投手が自分からマウンドを降りる 喝だー!!! 大先輩のお言葉をお借りします 笑」とつづった。

     真意について語られてはいないが、コメント欄には「不甲斐ない後輩を叱ってやってくだされ」、「ありがとうございます ずっとモヤモヤしていました きのうの降板の仕方」、「西投手にはチームと一緒に戦う姿勢を貫いてほしかった」など、賛同するコメントが多く寄せられた。

     前日13日の巨人戦(東京ドーム)で先発し、二回途中で自らマウンドで手を挙げて、緊急降板した西勇輝投手に向けられた言葉と捉えたファンが多かったようだ。

     逆転Vに向け、負けられない戦いが続く阪神だが、先発した西勇は1死二、三塁から松原の二ゴロの間に1点を失うと、マウンド付近から西勇が右手を挙げてベンチへ引き揚げて、そのまま交代。矢野燿大監督は試合後、「異変箇所?肘かな」と説明。具体的なことについては「検査してみないと分からない」と明かしていた

     藤川氏はこれまでに何度も、ツイッター上でも古巣・阪神に愛のある金言を送ってきた。西勇が登板8試合ぶりに勝利し、通算100勝を挙げた9月10日の広島戦(マツダ)後にも「虎が来た!! 間違いない…」とツイートするなど、虎のエースには特別な思い入れがある。同戦は結果的に引き分けに終わり、首位・ヤクルトのマジックナンバーも「8」に減った。わずかながら逆転優勝の可能性がある中で、咤(しった)激励でチームにエールを送ったようだ。




    投手が自分からマウンド降りる 喝だー!!! 大先輩のお言葉をお借りします 笑 #kyuji22



    @kyuji22fujikawa 同じく 喝!!!



    @kyuji22fujikawa 球児さん… おはようございます😊 昨日の降板の仕方に 1ファンとして…思う所あり‼️でした… 球児さんの“喝”の一言で スッキリしましたー😃💦


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    ◇プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(11日)

    ドラフト1巡目で阪神が交渉権を獲得した森木大智投手(高知高)が会見に臨み、目標を語りました。

    以下、主な一問一答。

    ――今の気持ちは?

    「選んでいただいてホッとしてる気持ちです。阪神は今年、投打に波に乗っているいいチームだと思うのでそこで野球をやらせていただけるのでありがたいです」

    ――指名を待っているときの気持ちは?

    「選ばれるかどうか不安もあったんですが、選んでいただいたのでありがたい気持ちでいっぱいです」

    ――目標としていたドラフト1位指名がかなって、いまどのような気持ち?

    「ずっと小さいときから目指してきた舞台に立つ直前にいるので、決まってとてもホッとしていますし、ここからもっともっとやらなくちゃいけないなという自覚も芽生えました。これからもっといいピッチャーになれるように頑張っていきたいと思います」

    ――阪神OBで同郷(高知出身)の藤川球児さんはどのような存在?

    「小さい頃からの憧れで、野球を始めたきっかけでもある。(藤川さんは)火の玉ストレートが魅力だと思うのでそれに近づけるように努力したいと思います」

    ――同じ阪神のユニフォームを着られることについては?

    「とてもうれしい気持ちでいっぱいです」

    ――高校時代に甲子園大会に出場できなかった。プロではホームが甲子園球場になるが、それについては?

    「甲子園で投げる機会がこれからあるというのはとてもうれしく思います。あのグラウンドで野球ができるというのは光栄な事だと思うので、1軍で甲子園のグラウンドに立てるように頑張りたいと思います」

    ――自分の口で、1位指名されたことを報告したい人は?

    「今までずっと近くで支えてくれた家族、両親に伝えたいと思います。苦しいときもあったんですが、そういう時期を一緒に乗り越えてくれた。たくさん犠牲にしてきたこともあると思うんですけど、これから僕が活躍して恩返ししたいと思います」

    ――阪神・矢野燿大監督の印象は?

    「試合に対してすごく熱い思い、熱心というか闘志を持ってやられている方だと思う。そういうところは僕もとてもやりやすいのかなと思います」

    ◇森木大智投手(高知高)2003年4月17日生身長184cm/体重90kg右投げ/右打ち

    阪神・山本スカウトの評価
    「最速154kmのストレートを投げ込む右の豪腕。変化球の質・精度も高く、日本球界を背負って立つ投手になる可能性を持った、総合力の高い本格派右腕」




    藤川球児以来の 高知高出身獲得ほー\(^-^)/‼️  https://twitter.com/TigersDreamlink/status/1447480615935242242 





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1




     阪神で活躍した西岡剛内野手(37=BCリーグ栃木)が1日、自身のインスタグラムを更新。大阪桐蔭で1学年先輩に当たり、この日引退会見を行った阪神の岩田稔投手(37)に労いの言葉を送った。

     笑顔のツーショット写真ともに「高校時代から岩田さんが沢山の壁を他人にはわかってもらえない、自分でしか乗り越えることしかできない壁を乗り越えたり、乗り越えることが出来なかった姿を見させて頂きました。おもいっきり身体と頭の中を休める時間を沢山与えてあげて下さい。岩田さんの事やから3日後には動きたくなってると思うけど ご両親はじめご家族の皆さんほんとにお疲れ様でした!岩田家に幸あれ」と投稿。高校2年時に1型糖尿病を発症した左腕の戦う姿を間近で目にしてきた西岡氏だけに、言葉には先輩へのリスペクトの思いが込められていた。



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/09/29(水) 23:01:50.79 ID:4MwNjXPU0NIKU
    no title

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/09/29(水) 23:02:49.93 ID:gmf6a5jP0NIKU
    完璧な作戦



    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1632924110/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1


     プロ野球独立リーグのヤマエ久野九州アジアリーグに加盟した北九州市の新球団「福岡北九州フェニックス」が、独立リーグのルートインBCリーグ栃木の西岡剛内野手(37)に選手兼任で初代監督就任を打診していることが分かった。ロッテや阪神、米大リーグでも活躍した実力者の入団が実現すれば、参入初年度となる来シーズンへ準備を進める新球団にとって、実績、話題性ともに大きな推進力となりそうだ。

       ◇   ◇

     実業家の堀江貴文氏らが手掛ける新球団の監督人事が、急展開を見せた。日米球界を渡り歩き、37歳になった今年も独立リーグでプレーした西岡に選手兼任で監督就任を打診し、交渉していることが判明。西岡は取材に対して「オファーをいただいているのは事実です。まだ決まったことはありません」と話した。

     同球団は堀江氏が創立者で、今年5月に設立を発表。今月10日にヤマエ久野九州アジアリーグへの加盟が承認され、同17日に堀江氏らが北九州市内で会見していた。同リーグは今年、最初のシーズンが開幕。北九州は火の国(熊本)、大分に続く3球団目で、始動に向けて監督など首脳陣の人選を進め、かねて複数の候補と接触していた。

     西岡はロッテ時代の2010年に最多安打と首位打者のタイトルを獲得し、2度の日本一に貢献した。メジャー挑戦後、阪神を経て、19年から独立リーグ、ルートインBCリーグ栃木でプレー。今季は43試合で打率3割2分7厘、6盗塁だった。ファンサービスの一環ながら、投手としても1試合に登板している。

     日本野球機構(NPB)への復帰を目指してプレーする一方、独立リーグの環境に身を置き、近年は自身の活動に新たな意義も見いだしていたようだ。一回り以上も年の離れた若手と汗を流し、次世代との向き合い方を熟考。地域や地元企業とのつながり、球団経営の実情も目にし「本当に学ばせてもらうことが多い」と話していた。

     球団や地域、BCリーグの活性化、ひいては球界の発展を視野に、さまざまな意見を発信。解説などでの露出も以前にも増して積極的だ。またWBCや五輪でともに日の丸を背負い、昨季から栃木でも同僚となった川崎宗則と過ごし「野球を楽しむ」という原点の思いも新たになった。

     その川崎に、新球団が関係者を通じてコンタクトを図っていた様子もある。一連の動きに何らかの形で触れた西岡と、新球団に接点が生まれても不思議ではない。実績に加え、近年の活動もあり、けん引役として白羽の矢を立てたようだ。

     今季の栃木は東地区2位でプレーオフ進出を逃し、既に全日程を終了。西岡は栃木球団関係者に近況を伝えているようで、今後、新球団との交渉を進めていくことになりそうだ。38歳シーズンとなる来季、新たな舞台での挑戦となれば、歩みだしたリーグの目玉の一つとなるのは間違いない。交渉経過が注目される。

     ◆西岡剛(にしおか・つよし)1984年7月27日生まれ。奈良市出身。大阪桐蔭高からドラフト1位でロッテに2003年入団。10年オフにポスティングシステムで米大リーグ、ツインズ移籍。13年に阪神入りし、19年からBC栃木でプレー。NPB通算1125試合に出場し打率2割8分8厘、61本塁打、383打点、196盗塁。首位打者と最多安打が1度ずつ、盗塁王2度。ベストナイン4度、ゴールデングラブ賞3度。06年WBC、08年北京五輪日本代表。182センチ、82キロ。右投げ両打ち。




    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/09/28(火) 02:40:45.82 ID:3PTQPfhx0




    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/09/28(火) 02:41:27.92 ID:45ARQMz50
    一面で草



    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1632764445/

    続きを読む

    このページのトップヘ