とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    江越大賀

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

     プロ7年目で初めて安芸キャンプスタートとなった江越大賀外野手(27)。安芸での1カ月は試行錯誤の毎日だったように感じる。キャンプ期間中に、記者が気づくだけでも打撃フォームは2回変更していた。

     キャンプの序盤は昨季の秋季練習から取り組んでいるノーステップ打法だった。キャンプ初日、その意図を聞くと「意識的にもコンパクトに打つようにしてる。長打を打つよりも、何とか塁に出て、足で相手を揺さぶる。そこにつなげられるような打撃をしたい」と明かした。

     そのフォームの手応えは「実戦で球を見ないとわからない」と話していた江越。2軍キャンプ初実戦となった2月13日の練習試合・四国銀行戦(安芸)では2安打をマークした。どちらも追い込まれてからの一打。「追い込まれた中での打撃は自分の課題でもあるので、良かったかなと思います」と手応えをつかんでいるように思った。

     ただ、2月16日に掛布HLTからの助言を受け、左足のつま先を投手側へ開くノーステップ打法に変えた。「力感があった」と閉めていた左足を開くことでスイングがスムーズに。試合で結果が出たことも「満足してるわけではない」とフォームの変更に踏み切った。

     そして訪れた2月20日の西武戦。4打数無安打2三振に終わる。すると、同21日にはすり足打法に変わった。動かさなかった左足を動かすことで、下半身をうまく使うことが狙いだ。その日こそ安打は出なかったが、スイングにスムーズさを感じた。

     「ノーステップでは下半身がうまく使えず、手だけで打っていた。上半身に力が入ってたらスムーズに(バットが)出ない。下半身を動かした方が、バットもスムーズに出てくるかなって感じはありますね」

     もちろん、ノーステップ打法が無駄だったわけではない。「手だけで打ったら、打球が飛ばないことがよりわかった」と再認識。内角球のさばき方につながる下半身の動かし方も学ぶことはあった。

     すると、2月23日の西武戦。早速、結果を残す。三回の第2打席。左腕・榎田と相対する。カウント1-2と追い込まれながら、外角球をコンパクトに捉えた。打球は風にも乗って、右翼のフェンスを越えた。

     「ホームランよりもヒットを打って打率を稼ぎたいという意識でも、いい角度で捉えられれば、ホームランになる」。これは、昨季10月にファームで月間打率・338を記録した時に感じたことだという。その言葉が示す通りの一発だった。

     さらに、2月27日の練習試合・四国ILp・香川戦(安芸)では2試合連続となる左中間へ特大の一発。続く同28日の練習試合・四国ILp高知戦(安芸)では適時二塁打を放ち、3試合連続で打点を挙げてキャンプの実戦を締めくくった。

     入団時に目標に掲げたのはトリプルスリー。「ほど遠いですね」と苦笑いしながら、今季からは打率3割、30盗塁を理想の数字に掲げる。「自分の生きていく道としては、そっちの方がいいかなという風に思いますね」

     和製大砲として期待された背番号25。フォームも考え方も変え、外野手の定位置争いに食い込んでいく。「フォームを変えることはすごく勇気のいることだと思うのですが」と記者は素朴な質問をぶつけた。

     「結果が残っていないので、僕の場合は勇気いらないですね」

     即答だった。安芸で己を見つめ直した1カ月。3月から始まる開幕1軍入りのサバイバルに殴り込みをかける。(デイリースポーツ・今西大翔)




    阪神の江越選手、トリプルスリーじゃなく3割30盗塁を目指すって、一番遠いのが3割では… 完成系は2割(弱)30本20盗塁で守備が上手い外野手だと思うが。



    阪神・江越「生きていく道」を 開くため… フォームも考え方も変えた (デイリースポーツ) 試行錯誤 続くだろうけど、、 1軍目指しガンバレ‼️📣🤨⤴︎  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210303-00000070-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「2軍練習試合、四国ILp香川-阪神」(27日、安芸)

     阪神の江越大賀外野手が、2戦連続で本塁打を放った。

     3-1で迎えた七回1死の2球目だった。フルスイングで捉えた打球はぐんぐんと伸び、あっという間に左中間にスタンドイン。防御ネットの上方に届く特大のソロアーチでリードを広げた。

     23日の練習試合・西武戦でも、榎田からチーム1号となる右越え本塁打を放っており、今キャンプ2本目。今年はプロ7年目にして初の2軍スタートとなったが、その悔しさを糧に猛アピールを続けている。




    【安芸】 どこまで飛んだ!?!江越大賀の豪快アーチでリードを広げる! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース #挑超頂 虎テレでは宜野座・安芸キャンプをライブ配信  https://movie.hanshintigers.jp  https://t.co/AlP9DMhJJG



    @TigersDreamlink 我らのエゴシ!!!!!



    @TigersDreamlink 江越!ナイスホームラン👍


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神2軍練習試合、西武-阪神」(23日、春野総合運動公園野球場)

     阪神の江越大賀外野手が榎田から右越え本塁打を放った。これが2軍では“チーム1号”となる。

     1点リードの三回。1死走者なしで第2打席を迎えた。2球で追い込まれたが、ボールとファウルでカウント1-2とする。続く5球目だった。131キロの外角球をコンパクトに捉えると、打球は右翼へ。風にも乗り、白球はフェンスの最上段部に当たってスタンドに飛び込んだ。

     二塁ベースを回ったところで、スタンドインを確認。ゆっくりとダイヤモンドを一周した。昨季の秋季練習からノーステップ打法に着手。ただ、「下半身が使えていない」と21日からはすり足打法に変更していた。

     試合前の練習では西武・山川と打撃について10分ほど話し込む場面も見られた。プロ初の安芸キャンプスタート。今季は「打率にこだわりたい。逆にそういう意識でも、いい角度で打球を捉えることができれば、ホームランになる」と話していた江越。その言葉通り、追い込まれながらもコンパクトなスイングで捉えた一打となった。試行錯誤しながら、理想のフォームに近づきつつある。




    なんたる江越!



    阪神・江越が2軍チーム1号  西武・榎田から右翼席へ  試合前には 山川と打撃論 (デイリースポーツ) お!! もっともっとアピールしまくれ‼️  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210223-00000076-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神OBで「ミスタータイガース」こと、掛布雅之氏(65=HANSHIN LEGEND TELLER)が16日、高知・安芸市内で行われている2軍キャンプを視察した。

    やはり気にかかるのは“掛布チルドレン”の存在だった。投手陣、野手陣の練習を巡回。自身が2軍監督を務めた時期に新人だった江越、植田、板山らの打撃指導を見守り、時には身ぶり手ぶりで若手選手らを指導。目についた選手はという問いに「やっぱり江越が、どうにかなんかこう…。彼の可能性を感じるね…。そりゃもう金本監督時代からのテーマですね。金本監督自身も江越をセンター三番でという構想がありましたからね。そのとき僕2軍監督してましたので、やっぱり一番気になるのは江越」と語った。

    優れた身体能力を持ち得ながらも1軍に定着し切れていないのが現状。江越は現在、ノーステップ打法に挑戦中。

    掛布氏は「いろいろ自分なりに工夫して、ノーステップでやっていると言うことだったので、そういう話を。(バットの出方も)きれいになっているんじゃないですか、打球も江越、板山なんかは良いのを打ってる」と期待を込めた。【望月千草】




    掛布、二軍監督時代含めて何年も江越見てるだろうに可能性を感じる、とか抽象的な評価しか出来ないのどうなんだろうね



    そりゃ可能性は…。 バットにボールが当たらない以外は非の打ち所がない選手なんだけど、欠点が致命的すぎるんだよなあ… 阪神掛布HLTが指導「可能性を感じる」江越に期待 - プロ野球 : 日刊スポーツ  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202102160000458.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    7年目の阪神江越大賀外野手が新打撃フォームで勝負の年に挑む。安芸2軍春季キャンプで初日の練習前声だしを担当し、「100試合出場」を今季目標に掲げた。

    フリー打撃ではバットを寝かせ、ノーステップにした新スタイルで安打性の打球は35本(98スイング)。「コンパクトに。長打よりも何とか塁に出て、足で相手を揺さぶれるように。そこへつなげられるような打撃をしたいと思って。『変わったな』というところを見せないと、試合にも出れないので」。長打を捨て、より確実性を追い求めていく。




    阪神江越、新フォームで「100試合出場」目指す(日刊スポーツ) 江越はフリー打撃の前に、トスバッティングを死ぬほど繰り返してミートポイントを習得しろと言いたい。まずはバットをボールに当てろや。話はそれからや。  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210201-32011180-nksports-base 



    頑張れとしか言えないが関本タイプをめざすのかねえ>阪神江越、新フォームで「100試合出場」目指す(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/ec0fee14cc28523d6f72a3d156dad316938e702e 


    続きを読む

    このページのトップヘ