とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    ドラフト

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】阪神

    〝阪神主導〟のブレークスルードラフトが今オフの12月に開催! ここで一気に球界の主導権を奪い取るならば、グラウンドでも打倒巨人を果たさなければなりません。いよいよ3・25シーズン開幕までカウントダウンを迎えた中で阪神・谷本修球団副社長(57)が選手関係委員長として主導してきた現役ドラフトが今オフの12月に開催されることが決定的となりました。4月1日付人事で取締役オーナー代行に就任し、電鉄本社のスポーツ・エンタテインメント事業本部長に就任する同氏にとっては球界への〝置き土産〟です。巨人が強硬に反対した中での開催実現で、阪神の球界内での存在感は高まります。後はグラウンドで…打倒巨人! ならば球界の中心は、そら阪神やろ⁉

    ■評論家「今季はAクラス」と太鼓判

    いよいよシーズン開幕3・25まで後10日を数えますね。矢野燿大監督(53)が春季キャンプ前日の全体ミーティングで「俺の中で今シーズン限りで退任しようと思っている」と衝撃的な退任表明を行ってから、キャンプ、オープン戦と消化していき、もうシーズンです。時の過ぎゆくのは早いものですなぁ~。

    オープン戦10試合を消化した時点で、阪神の成績は5勝3敗2分け。チーム力を数字で見ると、チーム防御率2・22、25失点は上々の成績です。「開幕投手の大本命」と書いた青柳が安定した投球を見せ続けて初の開幕投手に。このコラムで〝けしかけた〟藤浪・開幕は露と消えましたが、それでも藤浪は12日の中日戦(甲子園球場)に先発し、5回をノーヒットピッチング。開幕第2戦の先発は決定的でしょう。さらに秋山や西勇、ガンケル、伊藤将らが先発ローテーションで回るのでしょう。リリーフも馬場、小川、岩崎、湯浅、石井、及川らが控え、抑えを予定しているカイル・ケラーもそろそろ実戦に登場します。

    あくまでも他球団との比較でも、これほど量と質がそろっているチームは見受けられません。〝身びいき〟ではなく、投手力は今季もリーグのトップクラスですね。

    逆にチーム打率2割4分5厘、3本塁打、39得点の攻撃陣を見ると、昨季に引き続き、機動力は使えていますが、長打力には???が…。新4番確定の佐藤輝にオープン戦でまだ1本も本塁打が出ていないこともありますが、これから先、マルテや大山、ロハス・ジュニアを含めた中軸に本塁打が出始めるのか? 昨季は143試合でチーム本塁打は121本塁打。リーグ5位の数字でしたが、このあたりの改善が求められるのかもしれません。ただ、チーム全体のバランスなどを見ると、ネット裏の評論家諸氏の評価も高く、「確実にAクラスには入る」という声が圧倒的です。

    ■新ドラフトはトラに追い風?

    こうしたグラウンド内の状況に追い風を吹かせる情報が入ってきました。2年越しで12球団経営者側と選手会が水面下で折衝を続けてきた「ブレークスルードラフト(現役ドラフト)」が今オフの12月に開催されることが決定的になったのです。まだまだ輪郭がハッキリと見えているわけではありませんが、時期は12球団が戦力外通告を行い、来季の保留者名簿に入る選手が確定した後の12月に開催される方向です。各球団がそれぞれ最大4~5人の選手を「現役ドラフト会議」に提出し、それを他球団が指名して獲得するシステムですね。

    大リーグでは「ルール5ドラフト」として定着していますが、プロ入り後、ある一定の年数を経ているにもかかわらず、2軍でくすぶり、1軍の戦力として起用されていない選手を対象に「セカンドチャンス」を与えるドラフトです。具体的な名前を書くと語弊があるので書きませんが、阪神でもドラフト1位入団なのに、ここ数年は1軍の戦力になっていない野手もいますよね。こうした選手たちを〝飼い殺し〟にせず、他球団で〝生かす〟ために、ブレークスルードラフトを開催するのです。

    では、なぜ日本プロ野球界初の「現役ドラフト」開催が阪神への追い風になるのか…。それは同ドラフト実現の旗振り役として、尽力してきたのが阪神・谷本修球団副社長だからです。そもそも選手会の強い要望で始まった現役ドラフト導入案に対して、理解を示し、折衝を続けていたのが谷本副社長です。

    逆に導入反対を声高に叫んでいたのは巨人でした。『現役ドラフトを行っても、それは戦力外通告者の交換にしかならない。それにウチは選手を飼い殺しにしていない』という理由でした。現役ドラフト案が浮上した後、確かに巨人は楽天やヤクルトなどと積極的にトレードを行い、阪神にも金銭トレードで山本泰寛内野手を譲渡しています。

    ただ、他球団の関係者は巨人の姿勢について首をひねっていました。

    『巨人は選手を飼い殺しにしていない、と主張していたが、毎年のようにフリーエージェント(FA)補強や大物外国人選手を獲得して、若手の出場機会を奪っているのではないだろうか。実際、多くの中堅から若手選手が2軍や育成契約でくすぶっているのでは…』

    ■巨人との交渉に〝勝利〟

    12球団の思惑が交錯する中で、谷本球団副社長は粘り強く交渉を継続し、やっとブレークスルードラフトの実現を見るわけです。つまり、ザックリとした見方をするならば、谷本球団副社長は巨人との交渉で勝利した…と言えば言い過ぎでしょうか。長い日本プロ野球界の歴史の中で、球界の盟主といわれる巨人の意向を覆した、数少ない出来事のように思います。プロ野球界の中で「阪神タイガース」の地位を中心に押し上げた…と有頂天になるのは少々、ハシャギすぎのような気もしますが、たまにはそれぐらい褒めてもいいでしょう。

    谷本球団副社長は4月1日付人事でオーナー代行に就任。本社のスポーツ・エンタテインメント事業本部長に就任予定で、球団からは去ります。まさに球界への〝置き土産〟となるのがブレークスルードラフトなのですが、こうしたフロントの〝勝利〟を現場はつないでいかなければなりませんね。

    昨季、阪神は対巨人戦で13勝9敗3分けと勝ち越しました。なんと2007年に14勝9敗1分けで勝ち越して以来、実に14年ぶりのことです。阪神が巨人に勝ち越せば、すなわち阪神の優勝のチャンスは膨らみます。昨季はヤクルトに勝率5厘差で優勝をさらわれましたが、77勝は12球団で一番勝っているのです。巨人を倒せば、チームに勢いが生まれ、相乗効果で他球団にも勝つ好循環が生まれます。特に今季は5月24日から始まる交流戦までの前半戦で、週末の巨人3連戦が4カードも組まれていますね。この12試合をどう戦うか…で今季の両軍の戦況は大きく左右されるはずですね。巨人を圧倒し、グラウンドでも阪神が優位に立つならば、球界の盟主の座をいよいよ脅かすことになるでしょうね。

    ブレークスルードラフト開催が決定的になった球界の背景…。阪神はフロントマンの大仕事をグラウンドでも生かさなければなりません。ならば、矢野監督は有終の美を飾る…となるわけです。


    【プロフィル】植村徹也(うえむら・てつや) 1990(平成2)年入社。サンケイスポーツ記者として阪神担当一筋。運動部長、局次長、編集局長、サンスポ特別記者、サンスポ代表補佐を経て産経新聞特別記者。阪神・野村克也監督招聘(しょうへい)、星野仙一監督招聘を連続スクープ。




    現役ドラフト、谷本神が頑張ってたんか pic.twitter.com/G8h7lhXhmR



    #プロ野球選手会 が現役ドラフトの今オフ導入に手応え NPBと事務折衝 : スポーツ報知  https://hochi.news/articles/20220315-OHT1T51056.html  #選手会 @JPBPA_Press


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/02/18(金) 06:35:51.46 ID:yG2GFhKS0
    2012 藤浪晋太郎
    2013 岩貞祐太
    2014 横山雄哉
    2015 高山俊
    2016 大山悠輔
    2017 馬場皐輔
    2018 近本光司
    2019 西純矢
    2020 佐藤輝明
    2021 森木大智

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/02/18(金) 06:36:14.60 ID:yG2GFhKS0
    過去11年の場合

    2011 伊藤隼太

    グロ

    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1645133751/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神が今秋ドラフト上位候補として、日体大の矢沢宏太投手(21)をリストアップしていることが22日、分かった。投げては最速150キロ、打っては大学通算4本塁打、走っても50メートル走5秒8の俊足で、エンゼルス・大谷翔平ばりの「リアル二刀流」を目指せるセンスのかたまりだ。

     球界関係者も「腕の振りがしなやかで地肩も強い。打撃も非凡なものを持っていて野球センスにあふれている」と絶賛する逸材。指名打者制の首都大学野球リーグで3年春から「4番・投手」として本格的な「リアル二刀流」をスタートした。

     投手としては最速150キロの直球と切れ味鋭い縦のスライダーを武器とする本格派左腕だ。15年から母校でコーチを務め、松本(西武)、東妻(ロッテ)らを育てた元中日投手の辻孟彦コーチが「指導してきた投手で、スライダーが3000回転を超える投手は初めて」と驚く“宝刀”を持ち、昨春、昨秋と2季連続で各3勝。秋は投手のベストナインも獲得した。

     打者としても藤嶺藤沢(神奈川)で高校通算32本塁打を放ち、大学でもリーグ戦通算4本塁打。さらに昨年12月の大学日本代表候補選手の強化合宿では参加選手中トップの50メートル走5秒8も計測。規格外の身体能力を誇る。

     阪神の左腕は現状、伊藤将、高橋、及川、岩崎、岩貞らが主力。ドラフト2位・鈴木、同3位・桐敷らも補強したが、まだ絶対数が足りない。今秋も左投手が補強ポイントとなり、その条件に合致する。さらに野手としても2年秋に外野手としてリーグ戦のベストナイン。近本に似たタイプで、こちらも十分戦力として計算できる。

     昨季、メジャーでア・リーグMVPに輝いた大谷とは体格もタイプも異なるが、絶対的能力を持つ点は共通する。「投手としても野手としても、1位のレベルを目指していきたい」という矢沢を、猛虎も注視していく。

     ◇矢沢 宏太(やざわ・こうた)2000年(平12)8月2日生まれ、東京都町田市出身の21歳。6歳から「町田リトル」で野球を始め、忠生中では「町田シニア」でプレー。藤嶺藤沢では1年夏からベンチ入りし同秋からエースも甲子園出場なし。高校通算32本塁打。日体大では1年春から野手でリーグ戦に出場し同秋からリーグ戦に登板。2年秋に外野手、3年秋に投手でベストナイン。リーグ通算15試合登板7勝4敗、防御率1.59。38試合で打率.265、4本塁打、17打点。1メートル73、71キロ。左投げ左打ち。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/12/25(土) 23:11:02.12 ID:eAF6xcd80XMAS
    虎の恋人

     今秋のドラフトでは、1つ上の先輩である中川勇斗捕手(17)が阪神7位でプロ入りを果たした。「プロに行くような人とバッテリーを組めていた」と刺激を受け、「もう1回バッテリーを組みたいです」と夢の舞台での再会も目指していく。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/80ea4f423eea3a896d09211c9b8b1dd2096b24e6

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/12/25(土) 23:11:17.92 ID:eAF6xcd80XMAS
    ドラ1決まったわね





    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1640441462/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神タイガース・ドラフト1位指名森木大智投手(高知3年)インタビュー

    【「スーパー中学生」が高校で感じた違和感】

    ◆怪物・佐々木麟太郎だけじゃない。神宮大会で見逃せない2022年のアマチュア球界を賑わせる大学・高校の逸材たち

    「正直に言って先輩たちには悪いですけど、高校に入ったら試合のメンバーには絶対入れるしすぐにエースになれると思っていました」

     2021年10月27日、高知高の旭グラウンド。数日後に自分たちの代の成績を超え、秋の四国大会頂点を極めることになる2年生たちの練習を眺めながら、阪神タイガースのドラフト1巡目指名を受けた森木大智は語り始める。そう、彼は高校進学前から鳴りもの入りで入学した選手だった。

     地元土佐市の蓮池小時代から高知県内では快速球投手として有名な存在だった。高知中でも2年時から軟式球で140キロ後半をマークし、全国発売の野球雑誌やテレビ番組をにぎわすと、3年春にはエースとして中学軟式野球の頂点を争う文部科学大臣杯第9回全日本少年春季軟式野球大会で優勝。

     さらに2018年8月、愛媛・坊っちゃんスタジアムで開催された四国中学校軟式野球大会の決勝戦では、日本中学球児史上初となる150キロをマーク。「狙って出しにいった」(森木)という。その後、全国大会で優勝し春夏連覇を達成している。

    「すごい中学生がいるらしいね」。この時点で、"スーパー中学生・森木大智"の名はNPBのスカウト陣にも広く認知されていた。

    だが、順調に回っていた彼の歯車は高校入学後、微妙に狂い始める。1年春の四国大会で思い出の坊っちゃんスタジアムで公式戦初登板。じつはこの時から、森木は「中学時代とは違う感覚」をかぎ取っていた。

    「練習や練習試合ではいいボールがいっても、公式戦で力が入ると、ボールに力が伝わらない。バッターによっては変化球を投げなきゃいけないのに、変化球も自信がない。マイナスな気持ちで投げていました。『打たれても次は抑えてやる』と思っていた中学時代とは逆の感覚だし、自信がない気持ちで投げたのは初めてでした」

     当然、森木は違和感への克服策を練る。「ボールの質を上げることに意識を変え、遠投を採り入れた」。1年夏を迎える前に148キロを出し、高知大会では決勝戦で明徳義塾に敗れるも大車輪の活躍。ただ、その反面......。

    「まずフォームを見失っていました。本来はオーバースローなのに肘が下がっていたんです。それはのちのちわかったことで、当時は気づかなかった。そして1年夏は、ストレートでは押せていたんですが、自分の気持ちが上がらなくて無理やり投げながら吠えていたんです。今考えると中学時代は三振が取れていたのに、高校ではバットに当てられてしまうことに、自分自身で勝手にハードルを上げて悔しさを感じていたんです」

    「世間の声はまったく気にしなかったし、中学時代の結果は関係ないと思っていた」と言いながら、結果的には自分自身が中学時代の幻影と戦うことになってしまった森木。そして高校1年の8月。彼の右肘は休養を求めた。「肘が下がっているのに無理やり上げようとして腕を振ってしまった」。

     早期診断が功を奏し、断裂の一歩手前で食い止めたものの、秋の公式戦のマウンドは高知中央にコールド負けした県大会の準々決勝でのリリーフで打者1人のみ。「これが軟式球から硬式球に変わった時に起こるケガなんだな」と痛感したという森木は、ここではじめて技術だけではない「心」と真剣に向き合うことになる。

    ▼記事全文はこちら


    続きを読む

    このページのトップヘ