とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    前田大和

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     2020年10月31日。観客入場者数の制限が緩和された横浜スタジアムには黄色いユニホームを身にまとったファンが詰めかけた。クライマックスシリーズもなくセ・リーグの優勝はほぼ巨人が濃厚という状況にも関わらずビジター球場に多くの虎党が集まったのは、引退を表明していた藤川球児が迎える横浜スタジアムでの最後のカードだったからだ。

    「奇跡としか言いようがない」藤川球児と大和の1打席

     試合は陽川のグランドスラムなどで序盤から阪神ペース。9回表で13-3と大量リードだった。藤川球児は9回2死、ランナーを2塁に背負った場面で登板した。ファンのみなさんはご存じの通り、結果は元同僚DeNA大和に2点本塁打を浴び、次の中井から三振を奪って横浜スタジアムでの登板を終えた。9年間チームメイトだった戦友との1打席はあらかじめ準備されていたものだとばかり思っていた。しかし実際は幻に終わっていたかもしれないという。

    「本当は中井のところで行くって言われて裏で準備しててん」

     驚いた。藤川球児が登板した時、打順は2番、この日プロ初スタメンで名を連ねていた高卒ルーキー森敬斗だった。中井は次の3番。もし森がアウトになっていればそこで試合終了。藤川球児と大和の1打席は実現しない可能性があった。しかし現実は違った。「まわってきたらいいなぁとは思っていたけど……球児さんが出てくるとなってベンチを覗いたら青山ヘッドコーチと目が合って『行け!』って」。森に代打、大和が告げられた。

     ファンはもちろん大和本人にとっても夢のような時間だった。

    「ほんと奇跡よ。奇跡としか言いようがない」

     これまでの対戦成績はDeNAに移籍してからの3年間で10打数1安打。2020年シーズンに入って単打1本を放ったのみだった。「奇跡」と表現したのは、藤川の最後の横浜スタジアムでの登板であるその打席に立てたこと、さらに結果が本塁打であったこと、そしてプロの世界に足を踏み入れた18歳の前田大和には想像もつかないような出来事だったからだ。


    「ストレートでどんどん勝負しようなと約束していた」

     JFKの大活躍で阪神がリーグ優勝を果たした2005年のドラフト会議で高校生4巡目で指名された。火の玉ストレートをテレビで観ていた高校生の一人だった。前田少年にとっても藤川は憧れのプロ野球選手だった。入団4年目の2009年に1軍デビューを果たすと、次第に藤川の背中をみながら守る機会も増えていった。

    「真っ直ぐ(ストレート)とわかっていても空振りする打者をみてきて、どんな真っ直ぐなんって思っていた」

     これまではチームメイトとして紅白戦での対戦はあっても、公式戦で違うユニホームを着て相対するとは考えたこともなかった。「自分がFA権を取得して他球団に移籍するとも思っていなかったし、違うチームで球児さんと対戦するなんて奇跡」。そんな奇跡の打席へは「ホームランか三振と思って」向かった。藤川が「大和がFAでDeNAに行く時にストレートでどんどん勝負しようなと約束していた」と話したように、約束通りの投球だった。

     初球147キロのストレート。2球目も147キロ。2ボールとなった3球目。またもや147キロのストレート。「振りに行こうと思った」大和だが、インコースの切れのあるボールに手が出なかったという。そして2ボール1ストライクからの4球目。この日下ろしたばかりのバットに初めてミートした打球は横浜の空を高々と舞った。

    「当たった瞬間に行ったと……そらぁ特別なもんよ」。火の玉ストレート。打った大和も打たれた藤川も笑顔だった。背中越しにみていたわかっていても打てない真っ直ぐを、今度は藤川と真正面からぶつかって見事にとらえた。試合後、藤川のもとをホームランボールを持ってたずねると“最高の仲間”としたためてくれた。忘れられない1球は鹿児島の実家に大切に飾られている。

     奇跡、夢みたい。数か月経っても未だに信じられないような表情で振り返りながら、ふと漏らした。「自分もいつかこんな日が来るんだろうなぁ」

     若虎だった大和も今年34歳を迎え、チーム最年長となる。チームだけでなく遊撃手としてもセ・リーグで最年長である。先輩の節目に立ち会い、初めて自分の終わりを想像した。そもそも今の自分の置かれている状況が、とても不思議だという。

    「なんで自分がこの年まで残ってるんやろうって思う。ドラフトも下位やし。ふと気づくと高卒同期の上位指名選手はもういなくなっていて。なんでやろうね」

     野球以外では人前に立ちたくないという大和らしい疑問。しかし、もうその答えには気づいているはずだ。「野球が好きだからといって残れる世界じゃない」。大和の“こんな日”はまだまだ訪れはしない。

    ◆ ◆ ◆

    ※「文春野球コラム ウィンターリーグ2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト  http://bunshun.jp/articles/43179  でHITボタンを押してください。

    市川 いずみ




    「奇跡としか言いようがない」 ベイスターズ・大和が振り返る、藤川球児との“最後の1打席” 文春野球コラム ウィンターリーグ2021 大和インタビュー#2 #baystars #文春野球 #文春オンライン  https://bunshun.jp/articles/-/43179?utm_source=twitter.com&utm_medium=social&utm_campaign=socialLink 



    @bunshun_online @kyuji22fujikawa 皆が引退式してくれましたよね。 最高の幸せ者ですよ。



    @bunshun_online 素晴らしい対決でした。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    元阪神で主力メンバーだった3人のスリーショット
    中日福留孝介、DeNA大和、ロッテ鳥谷敬


    尊敬する先輩達と自主トレ中の #大和 選手⚾️💪 #福留孝介 選手 @DragonsOfficial #鳥谷敬 選手 @Chiba_Lotte #baystars pic.twitter.com/HAXQ8H9kOE



    @ydb_yokohama @DragonsOfficial @Chiba_Lotte 元…阪神タイガースの選手…球団、それぞれ違いますが~ 仲良し男三人…いいね~~~(#^.^#)♫🎶



    @ydb_yokohama @DragonsOfficial @Chiba_Lotte それぞれ所属する球団が変わっても高めあえる先輩と後輩の絆 お三方の来季の活躍を願わずにはいられません👏


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 20/11/18(水)20:42:53 ID:hMa
    2018年 113試合 .244(394-96) 2本 27打点 OPS.579 uzr2.0
    2019年 137試合 .237(438-104) 0本 37打点 OPS.522 uzr4.4
    2020年 *85試合 .281(199-56) 4本 23打点 OPS.668 uzr-5.8

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 20/11/18(水)20:43:14 ID:asQ
    まあこんなもんやろ

    引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1605699773/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     今季限りで現役引退を表明している阪神の藤川球児投手(40)が、1日、自身のツイッターを更新。DeNA大和との2ショット写真を3枚添付。

     「大和に肩パンしてやりました!!」

     「試合は真剣勝負!」

     「終わればお互い尊敬しあえる大事な仲間です。」

     「打たれてサインするのは初めてですが大和に頼まれてホームランボールにサインしました。」

     「最高の気分」

     「全ての野球選手の幸せを願ってます」

     とつづった。

     今季の横浜スタジアム最終戦となったこの日は藤川の登板はなかったが、前日の10月31日は九回2死二塁から登板した。ラミレス監督も大和を代打で起用。全球直球を投じた藤川の4球目、147キロの内角直球を投げ込んだが、左翼席に本塁打されていた。一夜明けて、そのホームランボールにサインを記した。

     この日は大和は打席に入る際に藤川の登場曲、LINDBERGの「every little thing every precious thing」を流す粋な演出で、藤川への惜別メッセージを送っていた。

     試合後に行われた藤川の引退セレモニーでは一塁ベンチには大和が残って視線を送っていた。その姿を見つけた藤川が呼び寄せて抱擁。グータッチをかわすシーンもあった。




    大和が残留していれば今のタイガースの失策は半減していたのにね。 #hanshin 阪神・藤川が大和のホームランボールに…「打たれてサインするのは初めて」(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201101-00000146-dal-base 



    真剣勝負の後に、微笑ましいエピソードですね。 阪神・藤川が大和のホームランボールに…「打たれてサインするのは初めて」(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201101-00000146-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「DeNA5-13阪神」(31日、横浜スタジアム)

     10点リードの九回2死二塁。阪神は能見に代わり、今季限りでの引退を表明している藤川が登場した。

     DeNA・ラミレス監督の粋な計らいで、打席には代打・大和が登場。横浜スタジアム最後のマウンドは、元同僚との対決となった。

     4球とも直球勝負を挑み、結果は147キロ直球を左越え2ラン。藤川は思わず苦笑いを浮かべ、打った大和も満面の笑みを浮かべていた。

     藤川は「一緒にやっていた大和が出てきてくれて、大和とはFAで横浜に行く時に、『ストレートでどんどん勝負しような』と話をしていたので、最後にそれが実現できたので嬉しかったですね」と充実の表情。続けて敵地から大きな拍手が起こったことに「関東での試合はこれが最後になりますけど、まだ実感は湧いていないけれど、自分というよりかは、ファンの方々が自分が投げる姿を見て何かを感じてもらえていたら嬉しいですね」とうなずいた。

     藤川は大和に被弾後、中井には最速148キロを計測。3球勝負で最後は147キロ直球で見逃し三振に抑えた。




    いい話だね 阪神藤川は被弾も笑顔 元同僚大和との約束明かす「実現できたので嬉しかった」(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/da1f8e13d331a77aae3ab8d8ed138537a52186db 



    これも野球の醍醐味。 阪神矢野監督が能見藤川を出してきたら、横浜ラミレス監督も元阪神の大和を出す。 消化試合はそれなりの見どころがあるんです。 阪神・藤川、元同僚の大和に2ラン被弾「良い勝負でした」そろって笑顔(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201031-00000113-dal-base 

    続きを読む

    このページのトップヘ