とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    オリックス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ロッテ-オリックス>◇8日◇ZOZOマリン

    オリックス能見篤史投手兼任コーチ(41)が8日のロッテ8回戦(ZOZOマリン)で、NPB通算1500奪三振を記録した。

    3点リードの9回にマウンドに上がり、先頭のレアードを空振り三振に仕留め、区切りの記録を達成。NPB史上57人目の奪三振記録で、オリックスでは18年4月10日楽天戦で達成した金子千尋(現・日本ハム)以来となった。

    試合後は、これまでの1500三振の記憶をたどり「キャッチャーとの共同作業。キャッチャーに助けられている部分もある。僕だけがクローズアップされますが、キャッチャーなしにはできないこと」と、阪神時代からバッテリーを組んだ歴代の捕手に感謝した。

    記念のボールには“勲章”が刻まれている。「僕は(節目は)気にならないんですが、広報さんが気を使ってくれて三振したボールを取ってもらっていた。かばんの中に入っています。しっかり泥の付いたね」と、決め球のフォークで奪った三振に胸を張った。記念球は「せっかく頂いたので(家に)飾ります」と父親の顔も見せた。

    能見は05年に阪神入団。12年には年間172三振を奪い、最多奪三振のタイトルを獲得していた。

    経験豊富な左腕が新天地で輝いている。2日ソフトバンク戦(京セラドーム大阪)で5-4の9回に登板し、1点リードを守りきって移籍後初セーブをマーク。能見は阪神時代の昨年11月11日に41歳5カ月でセーブを挙げており、40代になってから2球団でセーブを挙げたのは史上初の記録。この日で移籍後2セーブ目をマークした。

    ▼通算1500奪三振=能見(オリックス) 8日のロッテ8回戦(ZOZOマリン)の9回、レアードを空振り三振に仕留めて達成。プロ野球57人目。初奪三振は阪神時代の05年4月3日のヤクルト3回戦(大阪ドーム)で青木から。41歳11カ月での達成は07年小宮山(ロッテ)に並ぶ最年長記録。




    オリックス能見篤史が通算1500奪三振 史上最年長タイ41歳11カ月  https://www.nikkansports.com/baseball/photonews/photonews_nsInc_202105080000728-2.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  ぐうカッコよ😍



    をを〜!能見くん1500奪三振おめでとう〜!! 虎のユニフォームで見られなかったのは残念だけど、こうして活躍する姿が見られるのは嬉しいね☺️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇スポニチ単独インタビュー

     阪神からオリックスに加入した能見篤史投手兼任コーチ(41)がスポニチの単独インタビューに応じ、新天地で迎える17年目のシーズンへの思いを語った。現役続行をかなえてくれた恩返しを誓い、選手として、指導者として、25年ぶりのリーグ優勝に尽力する構え。古巣で初の開幕投手を務める藤浪にもエールを送り、阪神との日本シリーズを思い描いた。(取材=湯澤 涼)

     ――新天地で臨むシーズン。例年とは違う。

     「新鮮というのが最初にきます。ユニホームも、めっちゃ似合っています(笑い)。入団1年目……でもないけど、それに近い感じ。日々勉強できるワクワク感があり、楽しみの方が大きいです」

     ――トラブルもなく順調。数字の目標を。

     「何年やっても確信はないですよ。シーズンに入らないと分からない。甘い世界ではないですから。個人的な数字の目標はないです。僕が登板数を増やすより、これからの選手が登板数を増やす方が絶対に良い。いろんなものと葛藤しながら、ですけど。能力のある選手が凄く多い。かなわない部分もいっぱいある。でも経験は僕の方がある。それが、うまくかみ合えば、どんどん(チームの勝ち星は)伸びると思う」

     ――コーチ兼任。若手から助言を求められる場面も目立つ。

     「基本は選手に重点を置いてもらっているので、迷惑を掛けっぱなしです。質問は、ちょこちょこ。特に左投手はそうで、田嶋や宮城、(山崎)福也、元々あの3人は凄く良いものを持っている。心構えや考え方、状況と場面など話させてもらっています」

     ――阪神を離れたことで“野球に対する接し方”など変化は。

     「長く阪神でやらせてもらって、マンネリではないけど、野球に関わるところで甘えていた部分も出ていたのかなってオリックスに来て感じました。自分の弱さはあった。慣れるのは良い部分も悪い部分もあって、そう(引き締まる)いう環境にさせてもらった」

     ――古巣では藤浪投手が開幕投手。

     「僕からしたら、やっとかという感じ。僕が阪神にいる時から、晋太郎は入った当初から3年連続で結果を残して。僕も開幕投手に推していた方だったので。やっぱり中心となって、やってもらわないといけない選手。早くから“やったらいいのに”と思っていました。成長する部分でもそうですし」

     ――阪神では11、12、14年と開幕投手。

     「143分の1という考え方も、もちろんあるけど、野手も緊張していたのが凄く新鮮でしたね。開幕1試合目、それぞれ、いろんな気持ちがあって始まる。それを感じたことはなかったのでね」

     ――阪神との日本シリーズは夢がある。

     「できたらいいですけどね。2年連続最下位というのがあるので、このままで終わってはいけない。僕も選手として入っているし、目指すところは一番上。可能性は凄く秘めている。みんなで成長しながら目指していこうと思います」




    オリックス・能見「みんなで成長しながら」 コーチ兼任の“開幕” 目指すは阪神との日本一決戦!― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/03/23/kiji/20210322s00001173611000c.html  pic.twitter.com/9zs12vT8aq


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     オリックス・能見篤史投手兼任投手コーチ(41)が24日、球春みやざきベースボールゲームズ・西武戦(SOKKENスタジアム)で対外試合に初登板。2回を1安打1奪三振無失点と好投した。今キャンプの実戦は計2試合で4回をゼロ封。パ・リーグのチーム相手に、元虎戦士が存在感を示した。

    ■移籍後初の対外試合

     ベテランならではの投球だった。タイミングを変え、打者の打ち気をそらす。移籍後初の対外試合に登板した能見が、2回を1安打1奪三振1与四球で無失点。オリックスのユニホームを身にまとい、輝きを放った。

     「まあまあ、できることは一応、できました。走者が出たので、クイックとか、そういうのもできたので良かった」

     2-3で迎えた六回。3番手でマウンドに上がると、先頭の山野辺に遊撃内野安打を許したものの、けん制などで走者を釘付けにした。1死後、牧田に四球で一、二塁とピンチを広げたが、「いろいろ経験はあるので、単調にならないように心掛けている」と投球の間合いを変えるなどして金子侑を遊ゴロ併殺打に仕留めた。七回は三者凡退。多彩な変化球をコーナーに投げ分け、「バカ正直にやっているわけじゃないので」と笑った。

    ■中嶋監督「さすが」

     阪神から移籍後初実戦となった19日の紅白戦(SOKKENスタジアム)では2回をパーフェクト。これで、計4回無失点となった。中嶋監督も「間合いを変えたり、コースを変えたり、高さを変えたり、さすがですね」と評価した。

     兼任コーチとして挑む今季。キャンプでは先発調整を続けているが、シーズンに入れば、リリーフとしてブルペンを任される見通し。パ・リーグは初めての経験だけに、今後は打者の特徴把握なども求められる。

     「肌で感じることですね。日々、勉強です。まだまだこれからですね」

     タテジマでスタートしたプロ野球人生は今年で17年目。変わらぬ輝きを、新天地でも見せる。(西垣戸理大)




    オリックスに能見さんいるの良すぎて更にオリックスも推している…オリックス戦も見に行きたいですね…



    元阪神の能見さんではなくオリックスの能見さんとして評価される日がきっと来ると信じて 本当に頑張ってほしい...


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神からオリックスへ移籍した能見投手兼任コーチのブルペン入り、パTV「力強い投球」

     阪神から移籍したオリックスの能見篤史投手兼任コーチが宮崎春季キャンプで順調に調整を進めているようだ。「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeは「【新戦力】オリックス・能見篤史がブルペンで力強い投球」と動画を公開。41歳ベテラン左腕の健在ぶりが伝わる内容となっている。

     背番号「26」の敵地用ユニホームを着た能見はセットポジションから投球。3分33秒の動画では年下の39歳・岸田護投手コーチがニヤリとする笑みを浮かべる場面も収録されている。パ・リーグTVは「2月9日に行われたオリックスの春季キャンプ。新加入の能見篤史がブルペン入り。果たしてどのような投球を見せたのか」とコメントした。

     阪神で通算104勝をマーク。「パテレで能見さんが見られる日が来るとは」「阪神ファンがいっぱい見にきます」「阪神ファンですって人たくさんいるだろうなー」と古巣の阪神ファンも注目したようだ。「相変わらずカッコいいですね」「ユニホーム似合ってる! かっこいい!」「脚長っ下半身60%」「相変わらず美しいフォーム」「能見さん、お美しい」「岸田さん能見さん? 最高じゃん!!!」などとコメントされている。

    Full-Count編集部






    ほんま凄い似合ってる!😊 オリ能見の猛牛ユニ投球動画に阪神ファンも注目「似合ってる」「カッコいい」(Full-Count) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/ce9854e4c610565a295fa50decd24480267bf52a 



    能見さんのフォーム綺麗やわ オリは投手陣だけ見ると優勝できそうなんやけど


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    マウンド後方からの映像を球団公式インスタが公開

     オリックスは3日、阪神を自由契約となり、新加入した能見篤史投手兼任コーチが宮崎春季キャンプでブルペン投球する動画を公開。41歳の左腕がスリムな体をしなやかに使って投げる動画にファンは強い期待を表している。

     昨季まで16年間阪神に在籍したベテランは、「コーチ」の肩書きも得て加入した新天地で意欲十分。既にブルペン入りし、順調な仕上がりを見せている。球団公式インスタグラムが公開した能見の投球動画はマウンド後方足元からのアングル。しなやかなフォームから力強いボールを繰り出している。

     そんな左腕にファンは「全盛期と変わらない様に見えます。なんで阪神が戦力外したのでしょうか?」「相変わらず綺麗なフォーム」「どこから見ても綺麗すぎる能見さん?」「毎度思いますが足の長さが異次元級」「連日のブルペン。手本示してるね(笑)」と大絶賛。昨季も34試合に登板している左腕に、ファンは熱い期待を寄せている。

    Full-Count編集部








    『「足の長さが異次元級」 41歳オリ能見、“綺麗なフォーム”のブルペン動画に絶賛の声』 バファローズ最新ニュース  →  http://buffaloes.gogonews.net  #オリックス・バファローズ #Orix_Buffaloes #リツイート歓迎



    @hachimura14 能見さん、スタジアムでも 練習終わってベンチ裏に 戻ってくるの めっちゃ速いんですよね💦 足の長さですね☺️


    続きを読む

    このページのトップヘ