とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    オリックス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・伊藤将司投手(25)が29日、“能見流クロスファイヤー”の習得に意欲をみせた。沖縄合同自主トレ初日からブルペン入りし、右打者への内角直球を数多く投げ込んだ。今オフのオリックス・能見との合同自主トレで得た右打者殺しの極意を、シーズンの投球に反映させていく。

     左腕がしなると、内寄りに構えた捕手のミットに伸びやかな直球が吸い込まれた。直球のみで計51球。右打者の内角ゾーンに数多く投げ込んだ伊藤将は「昨年、内に投げることが少なかったので、そこをしっかり意識しながら投げました」と開幕までの重要テーマを口にした。

     右打者の内角をえぐるクロスファイヤーを極めることができれば、新球フォークの威力が増大する。「内を意識させてフォークで三振を取れたら一番理想なんで」。昨季、左打者の被打率・202と比べ、右打者には同・254と苦手とした。昨季の10勝7敗、防御率2・44からのレベルアップを目指し、「どんどん右の内を意識して投げていこうと思います」と力を込めた。

     「クロスファイヤー」と「フォーク」という2つの単語から連想される左腕がいる。阪神時代はポーカーフェースで何度も勝利に導いたオリックス・能見だ。伊藤将は今オフ、目標とするベテラン左腕に弟子入りし、フォークを教わった。より効果を発揮させるために、まずはクロスファイヤーの技術を高めていく考えだ。

     ブルペンでの変化球解禁は未定で、これもストレートを重要視する“能見流”だ。昨季は状態が落ちると変化球に頼りがちになる傾向があった。自主トレで能見から「調子が悪い時こそ真っすぐが軸になる」という言葉をもらったことで、原点となるボールにさらなる磨きをかける。

     「まずは球数を多く投げて仕上げる。まだ(立場は)分からない状態なので。まずはしっかりアピールして、そこの位置に立てるようにやっていきたい」と慢心はない。17年ぶりリーグ優勝の立役者となるべく、伊藤将が南の地で汗にまみれていく。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・伊藤将司投手(25)がオリックス・能見篤史投手(42)らと沖縄県内のグラウンドで自主トレを行っている。14日にオンライン取材が行われたが、その際、能見が伊藤将の制球力について言及したシーンがあった。

     「コントロールは(僕より)伊藤将司の方がいいので、そうなると投球の駆け引きがしやすい。その辺が少し見えてくるとピッチングが面白くなる」

     能見自身も阪神在籍時から制球力を武器としていた投手だが、先輩から伝え聞いた伊藤将は「うれしいですね」と笑顔が弾けた。

     共同通信デジタルのデータを参照すると、伊藤将の昨季のストライク率は64・1%だった。シーズンで2000球以上を投じた投手に限定すると、2位に楽天の田中将がランクインしていたが、ストライク率は68・4%。大幅な差はなく、NPBトップレベル級の投手にも近い数字だ。

     しかし、伊藤将は自身の弱点について「いざとなった時に三振が取れるようにしていきたいという課題がある」と言及している。昨季、ゴロ率が53%と1位の青柳、2位のオリックス・山本に次ぐ3位の数字でグラウンドボールピッチャーぶりが表れていた。課題に挙げる空振り率は6・5%と数字的には少し低かった。

     昨年、調子が出ない時期は変化球でかわす投球になりがちだったというが、能見からは苦しい時こそ「ストレートが軸になる」と投球の基本を教わった。直球の被打率も全体で・194と低いだけに、今季も有効な球となるに違いない。さらに、能見からは決め球の確立を目指しフォークの握り方、変化のかけ方なども教わっている段階だ。

     制球力を武器とする伊藤将が直球に磨きをかけ、三振を奪えるフォークを習得することができれば、さらに打者に脅威を与えられる投手となるに違いない。能見流で進化を目指す左腕。2年目のさらなる飛躍に期待がかかる。(デイリースポーツ・関谷文哉)




    「伊藤将司の方がいい」能見が自分より上と評する“田中将大級”制球力(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/cb864ab908862eff8e0c6bac6abeceb786e59a4f  サンキューノウミサン



    伊藤くんは能見さんから吸収出来る部分がたくさんありそう😀 今年も伊藤将司投手に注目します⚾ #阪神タイガース #今年は寅年タイガース 伊藤将 “能見流”全部吸収で「最多勝獲る」 志願の弟子入りで開眼 (阪神Vデイリー)  https://u.lin.ee/yORSvPu?mediadetail=1&utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none  #linenews


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    〝能見魂〟継承! 阪神・伊藤将司投手(25)が14日、沖縄県内のグラウンドで行っているオリックス・能見篤史投手兼任投手コーチ(42)との合同自主トレを公開。オンライン取材に応じ、かつての虎のエースから直球の重要性を説かれたことを明かした。来月の春季キャンプでは大先輩のようにストレート一本でのブルペン入りを宣言。〝能見2世〟として2年連続の2桁勝利を目指す。



    口ひげを蓄え、ワイルドな風貌になった伊藤将の沖縄での毎日は、刺激ばかりだ。ついに実現したオリックス・能見との合同自主トレ。気温16度の南国の地で、このチャンスを逃すまいと質問攻めし、先輩からもらった金言を成長につなげる。

    「能見さんの横でキャッチボールをやらせてもらって、自分の悪いところを指導してくれたりしてくれているので、今はそこを意識しながらやっています」

    キャッチボールやダッシュ、ティー打撃などで約5時間、みっちり汗を流し、来月に迫る春季キャンプに向けて準備を進めた。

    1年目の昨季は開幕から先発ローテを守り、10勝7敗、防御率2・44と活躍。能見は「キャッチボールを見た感じ、コントロールがいいのは間違いない。体の使い方でもしっかりラインが出せるので心配はない」と実力を認める。一方で「状態が落ちてくると、変化球に頼りがちになるのは非常に多い傾向。僕自身もそういう傾向があったので」と弱点を指摘した。

    言いたいことはただ一つ。真っすぐを磨け―。ポイントは投手の生命線である直球だった。「真っすぐさえ質がしっかり戻れば、いろんなことができる」。オリックスに移籍して1年以上が経ってもなお、合同自主トレという形で古巣の後輩の面倒見ているのは、虎への愛情があるからこそ。自分と入れ替わる形で入団してきた〝後継ぎ〟に自分の培ってきた経験は惜しみなく伝えている。伊藤将も「『真っすぐがあっての変化球だよ』と言われた。調子が悪い時こそ、意識してやらないとなとは感じた」と大きくうなずいた。

    まずは軸となるストレートの質を上げるため、練習でも〝能見流〟を取り入れる。能見は阪神時代、春季キャンプの中盤までブルペンでは一切変化球は投げず、真っすぐのみを投げる調整法を貫いてきた。投手の基本は直球-。伊藤将もそれにならい「自分もそうやって取り組んでみて(真っすぐの状態が)良かったのか分かればいい」と意欲的だ。

    入団時から憧れの投手に挙げていた〝師匠〟の魂を受け継ぎ、飛躍する。今年の目標は2年連続の2桁勝利。プロ1年目からの達成となれば、球団の左腕では1967年から9年連続の江夏豊以来。くしくも直球を武器としたレジェンド左腕だ。

    「2年連続で2桁勝利できるように。チームとしては去年優勝できなかったので、優勝できるように頑張っていきたい」

    〝能見2世〟に俺がなる!! 切れが増した直球で2022年も結果を残し、エースへの道を切り開く。(織原祥平)






    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神坂本誠志郎捕手(28)と伊藤将司投手(25)が14日、20年まで阪神に所属していたオリックス能見篤史投手(42)と沖縄県内のグラウンドで行っている自主トレを公開した。午前中にキャッチボール、ノック、ランメニューをこなし、午後はウエートトレーニングなどで体を動かし、それぞれがオンラインでの取材に応じた。

    2年連続で参加した坂本が橋渡し役となり、同じ左腕の伊藤将が初めて加わった。坂本は「『どんな感じですか』とか、『これはどう思いますか』とか、思ったよりも将司からの会話が多い。僕が間に入ろうかなと思ってましたけど、見てないところでも投げ方、ボールの握り方を聞いている。すごく有意義な時間になっているんじゃないかなと思います」と話した。

    新たに能見からフォークなどの技術を学んでいる伊藤将は「これからブルペンで投げてみて、能見さんにも変化の落ち方とか見てもらいたい。プロ野球を長くやっている選手なのでそういういろんな引き出しを持っていることを自分は聞いて、それに取り組んでいきたい」と充実の表情を浮かべた。

    能見は昨季実現できなかった阪神との日本シリーズの“関西ダービー”について「昨年もチャンスがあったけれど相手もいることですし。本当にそうなればいいと思う。こっち側もそんな悠長なこと言ってられないので、今年もまた1年、厳しい戦いにもなるので、最後にそうなればいいかなと思います」と改めて古巣との対戦を熱望した。




    うぉぉぉお!能見さんとイトマサ&誠志郎が自主トレしとる!うぉぉぉ!





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神2年目伊藤将司投手(25)は、「能見塾」で“長寿”の秘訣(ひけつ)を吸収する。

    11日から約2週間にわたり、オリックス能見、阪神坂本と沖縄県内で行われる合同自主トレに参加する。能見のフォーク習得などを心待ちにしつつ「(42歳の)能見さんくらい野球を続けたい。(長く活躍する秘策を)聞きたい」と力を込めた。

    この日は鳴尾浜球場で、最長約50メートルの距離でキャッチボールなどを行った。

    続きを読む

    このページのトップヘ