1:2016/04/19(火) 10:58:22.67 ID:
ヤクルト先発は左腕の成瀬

 3連敗中の阪神が、本拠地・甲子園にヤクルトを迎える。

 先発投手は開幕4連勝を目指す藤浪。今年は立ち上がりに苦しむ試合が続いているが、打線の援護もあり3戦3勝。打者としても打率.333、出塁率.500で3得点を記録。この試合でも投打に渡る活躍に期待だ。

 注目はスタメン三塁。阪神は前日にヘイグの登録を抹消し、代わって中継ぎ右腕のドリスが一軍登録される見込み。三塁候補は、4月10日の広島戦でもスタメン出場した北條や、16日の中日戦に左翼でプロ初スタメンを飾った陽川。それ以外にも複数ポジションをこなせる今成、大和らがいる。

 ヤクルト先発が左腕の成瀬、若手登用に積極的な金本監督の起用法を考慮すれば、まずは北條か陽川の二択に絞られそう。新指揮官がどちらにチャンスを与えるのか注目だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160419-00066931-baseballk-base
阪神・金本知憲監督(48)は18日、体調不良後、打撃不振のマット・ヘイグ内野手(31)を2軍落ちさせ、リリーフ陣のテコ入れとして、19日からのラファエル・ドリス投手(28)=ドミニカ共和国=の初昇格を決めた。初の3連敗を受け、投手陣再編のため、助っ投3人制を敷く。

 阪神の助っ人投手が1軍で3人になるのは2013年のメッセンジャー、ボイヤー、スタンリッジ以来3年ぶり。ちなみにこの年の成績はスタンリッジが8勝12敗、ボイヤーが3勝1敗、メッセンジャーが12勝8敗でチームの最終順位は2位
 
2:2016/04/19(火) 10:58:32.06 ID:
ついにきたか!
続きを読む