とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    監督・コーチ・フロント・スタッフ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「中日2-3阪神」(21日、バンテリンドーム)

     阪神の矢野監督が、勝利につながった島田のプレーをたたえた。途中出場で九回の打席を先頭打者で迎えると、内野安打で出塁し二盗、そして決勝のホームと、躍動した。

     矢野監督は「いや、見事やったね」とたたえた。「アイツの持ち味というかね。そんなチャンスの少ない中、しかも相手の抑えで、こっちとしては絶対出てくれというところで出て、走るっていうのは」と期待通りの活躍を評価。「俺もファームで一緒にやってたけど、そういう積み重ねてきたものを一発であそこで出せたっていうのは成長だと思う」と賛辞を惜しまなかった。

     この回は、チームが一丸となって1点を取りに行った。長打のあるサンズも、無死二塁から右方向への進塁打を意識して島田を三塁に進めた。声出しで「全員野球」を呼びかけていたという木浪はチャンスを逃さず決勝の犠牲フライを打ち上げた。

     指揮官は「ほんとに一人一人が気持ちをつなげながら取った1点だと思うので。すごく(抑えの)スアレスの気持ちも高まる、そういう1点になったと思います」と語った。




    ベタ褒め🤭✨ 阪神・矢野監督「いや、見事やったね」九回に躍動の島田をたたえる(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/d34ea343dd6983e8208f6ca99f1d05bf4696a073 



    👏👏👏 阪神・矢野監督「いや、見事やったね」九回に躍動の島田をたたえる(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/d34ea343dd6983e8208f6ca99f1d05bf4696a073 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◇セ・リーグ 中日ー阪神(2021年9月21日 バンテリンD)

     阪神先発の秋山は5回を投げ、被安打5、無失点と好投した。

     毎回走者を背負いながらも要所を締めた。2―0の4回は2死満塁のピンチを招くも、柳を空振り三振でしのいだ。5回も先頭の京田を四球で歩かせたものの、続く三ツ俣の打席で京田のリードが大きいとみたバッテリーはボール球で外し、梅野がけん制で京田を補殺。その後、三ツ俣には中前打、大島にも右前打で1死一、二塁としたが、ビシエドを1球で右飛に打ち取ると、福田も高め直球で右飛に仕留めた。

     リーグトップとなる11勝目の権利を手に降板したものの、6回に追いつかれ、秋山の白星は消えた。




    秋山5回降板は残念だが あとはリリーフがこらえてつかあさいや #hanshin #tigers #阪神タイガース



    なんで秋山を5回で代えたねん。 中4日とかで次回先発させるんか?



    なぜ秋山変えた? 球の質が落ちてたのはわかるけど、とはいえ5回87球、中9日での登板なので7回110球くらいいってもらいたかった


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/09/20(月) 12:57:40.04 ID:CAP_USER9
     16年ぶりのリーグ優勝に向かって走る阪神タイガース。だが、矢野燿大監督(52)には全く余裕が見られないという。一体なぜか。

    「佐藤輝明(22)の絶不調です。前半戦は20本塁打をマークし、新人本塁打王も狙える勢いでしたが、後半戦は他球団が徹底分析。執拗な内角攻めでフォームが完全に崩された」(番記者)

    「だから、今から考えるってゆうてるやん!」
     途中出場した9月9日のヤクルト戦でも2打席連続三振。これで35打席連続ノーヒットとなり、試合も3対13と大敗した。この試合後の監督会見で、ある“事件”が勃発したのだ。

    「担当記者が矢野監督に佐藤輝の処遇について聞くと、『今から考える』と煮え切らない対応でした。しかし、もしも二軍行きが決まればトップで報じなければならないので、改めて『どうするんですか』と問うたのです」(スポーツ紙デスク)

     すると矢野監督は、「だから、今から考えるってゆうてるやん!」と逆上。マスク越しだが、その顔はこわばっていたという。

     ところが、この発言内容は翌日の新聞やネットニュースではカットされていた。

    「会見後、球団は各メディアを呼んで、『佐藤輝は二軍降格がほぼ決定したと書いてもらっていいが、監督がキレた場面は載せないように協力して下さい』と説得していた。コロナ禍以降、取材規制を盾に、都合の悪いコメントを載せないように要請する動きが続いていますが、無視して書いて監督の優勝手記を引き上げられたらどうしようもない。どこのメディアも渋々呑んでいます」(同前)

    矢野監督が焦る理由とは?
     これだけ矢野監督が焦るのには理由がある。佐藤輝の不調は、自らの進退にも関わってくるからだ。

    「矢野監督は3年契約の最終年。7月には球団が来季続投方針を固めたとメディアが一斉に報じましたが、もし後半戦で失速して優勝を逃せば、責任を取って辞めさせることもこの球団だと大いにありえる。加えて阪神の未来を担う佐藤輝を復活させられなければ、指導力不足の烙印も押されますからね」(前出・番記者)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/75d80b5daa9828410cc98254b3d04f22507cad0b

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/09/20(月) 13:01:03.19 ID:UMIFuGqs0
    同じこと何度も聞くな!

    24: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/09/20(月) 13:09:36.68 ID:ycfF/+TK0
    記者「どうするんですか?」
    矢野「今から考えますわ」
    記者「どうするんですか?」
    矢野「だから、今から考えるってゆうてるやん!」
    別に矢野が悪いわけではないような


    引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1632110260/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◇19日 阪神1―8巨人(甲子園)

     早々と敗色濃厚となってしまった。「流れ的に7点はちょっと重かった」。阪神・矢野燿大監督(52)がこう振り返った大量失点は、1点先制した直後の2回だった。

     裏目が続いた。まず1死二、三塁のピンチで内野は前進守備を敷いた。「次はピッチャー(の菅野)やしね。ゴロを打たすピッチャーなんで」と矢野監督は説明。1点を防ぐため前に出た分、8番・大城の二遊間の当たりに二塁・糸原は届かない。逆転の2点適時打となった。

     次の菅野は送りバント。投手のガンケルは二塁封殺を狙ったが、悪送球(記録は二塁に入った遊撃・中野の失策)となった。ここから吉川、坂本に一発を浴びる惨劇だ。

     低調の攻撃陣は初回の1点、“スミ1”で終わり。「何とかやりくりしたいんやけど…、まあ考えます」。指揮官に宿題が残された。




    -1点リードの2回1死二、三塁、8番大城の時の前進守備は相手投手のことも考えて勝負に 矢野監督 いやまあ次もピッチャーやしね。うん。(ガンケルは)ゴロを打たすピッチャーなんで、うん で、どういうこと?



    いやまあ次もピッチャーやったら1点渡してツーアウト、ピッチャーでチェンジでええんちゃうんかドアホ! 阪神矢野監督2回前進守備に「いやまあ次もピッチャーやしね…」一問一答(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/815bc2438981d6a80b34b3c6e774cd9bfd58e8df 



    佐藤輝明そろそろイコカ‼️ 打てないチームに喝を‼️ 巨人に惨敗…勝敗分けた2回の前進守備 阪神・矢野監督「次もピッチャーやったしね」  https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/3652225/ 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆JERAセ・リーグ 阪神1―8巨人(19日・甲子園)

     阪神は3位の巨人に敗れ、今季の伝統の一戦は9勝9敗1分のタイとなった。初回に糸原の適時打で先取点を奪ったが、2回に先発のガンケルが打者12人、7安打の猛攻を浴び、一挙7失点の大炎上。打線も2回以降は巨人・菅野にゼロ行進が続き、連勝を逃した。矢野燿大監督は24日からの巨人3連戦(東京D)でのガンケルの起用について再考を示唆した。以下は一問一答。

    ―ガンケルは守備のミスもあったが、良くなかったか。

    「もちろんあれだけ振られているような感じがあったので。コースももちろん甘いやろうし、球の質というところも良くなかったんだろうなと思っている」

    ―2回1死二、三塁の大城の打席では前進守備を敷いた。

    「次(の打者)もピッチャー(菅野)やしね。うん。(ガンケルは)ゴロを打たすピッチャーなんでね」

    ―来週末も巨人戦だが、ガンケルの次回登板は。

    「ちょっと今から考えようかなと思うけど」

    ―打線は先制しながらも、あとが続かなかった。

    「ちょっと流れ的にね。7点は多かったし。まあ菅野もそんなにすごい良いという感じでもなかったんで。もう一、度何とかしたかったけどね。ズルズルいっちゃって。自分たちの野球っていうのがほぼできなかったというのが残念かなと」

    ―サンズの状態が上がってこない。

    「ねえ。だから4番以降のバッターがみんな、ちょっと状態が上がっていないんでね。何とかやりくりしたいんやけど。まあ考えます」

    ―今季初対決だった菅野の印象は。

    「まあやっぱり状態的には去年の方が見てて良かったし。絶好調という感じには見えなかったけどね」




    ガンケルさんについて 矢野監督は 次回登板については今から考えようかなと思うけど と明言は避けました🙄🐯 抹消の可能性あるかも.. 明らかに本調子ではないと思うし じっくり研究されて打ち込まれたという感じではないもんね.. まあチームの優勝の為にガンケルさんは欠かせない戦力 pic.twitter.com/riwV5czUHS



    @Taka87395102 今日はガンケル投手ではなく 2回の前身守備だと思いますよ😅 ありゃ普通のセカンドゴロ でしたもん💦


    続きを読む

    このページのトップヘ