とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    掛布雅之

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     打撃不振で9月10日にプロ入り初めて出場選手登録を抹消された阪神・佐藤輝明内野手(22)。現在は2軍戦に出場しながら試行錯誤を繰り返し、1軍再昇格を目指している。

     開幕から105試合に出場して打率・254、23本塁打、60打点。新人とは思えない立派な成績を見ながら、掛布雅之HLT(66)の金言を思い返した。

     (1)ボール球を使った攻めにどう対応していくか。重要ポイントは“攻撃的な見極め”。

     「甘いボールは打てる。ボール球で攻められることに対して自分でどう受け止めて、対応していくかなんだよ。(ボール球は)打たなかったらいい。門田(博光)さんが前に言ってたのかな。『結局、難しいボールなんてホームランにできない』と。甘いゾーンのボールをキャッチャーミットに入れなきゃいいんだよ。バッティングで一番難しいのは打つこと以上にボールの見極め。積極性を忘れずに攻撃的に見極める。それと、自分で自分を知っていくことだよね。一つも二つも階段を上がることはできる」

     (2)右方向に打球が飛び出した時は要注意。

     「バットの面の使い方を間違えてほしくない。佐藤のいい部分を忘れてほしくないな。彼は幅広く打てるタイプだから。扇って開いていくと思うんだけど、佐藤のバッティングってまさにそうなんだよな。扇が開くようにバットのヘッドが返っていって。開いた時にいい所で打つと、そのポイントを追っかけちゃうんだよ。もう一回、閉じないと。扇子は開いたら閉じる。彼の場合は一つのスイングの中でレフトに飛んだりライトに飛んだりするタイプだと思うから、自分のスイングができるかどうか。右にホームランを打ちたいとなると、自分のスイングを変えて打つこともあると思うんだよね」

     (3)内角打ちの極意。

     「(右)肩が開かないとバットは出てこない。回転運動だから。肩は開くんだけど、腕が先行していかないといけないんだよ。大谷(翔平)なんかは開いていくけど、手がバーンと走ってから(体が)回る。手が体の前を走っていく感覚がある。左の肩とバットが一緒に出ていくんじゃなくて、バットが体の前を先にファーンと振り抜けるイメージだな」

     同じ右投げ左打ちの大砲で本職が三塁。プロ通算349本塁打のミスタータイガースは、自身の後継者となり得るルーキーに熱いまなざしを向けている。

     19日、佐藤輝はウエスタン・中日戦(ナゴヤ球場)に「4番・右翼」で先発出場。3打席連続適時打をマークするなど、4安打3打点で勝利に貢献した。何か成長のきっかけをつかんだのかもしれない。そう、信じたい。(デイリースポーツ・中野雄太)




    そこは、誰しもが思ってるけど、サトテルはサトテル🐯🏟⚾です 阪神・平田2軍監督 佐藤輝に愛あるエール「掛布さんみたいな選手になってほしい」(スポニチアネックス)  https://news.yahoo.co.jp/articles/1fce63ea5d97ce8dd4c9a0a6126e3c173ce4e3b6 



    これと同じ事を、掛布さんが佐藤輝選手に対して言っていた。阿部監督は「二軍でしかできないから」と言っているが、掛布さんは一軍で、しかも4番でやっていたらしい。掛布さんは、ルーキーの佐藤輝選手本人の判断ではできないから、ベンチが指示を出して欲しいと言っていた  https://news.yahoo.co.jp/articles/a142f4584d6aa51394faf7ba2b573c1081873f25 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神レジェンド・テラーの掛布雅之氏=スポーツ報知評論家=は16日、2軍で調整中の阪神・佐藤輝の不振について、CS放送・スカイA特番「第2回プロ野球仮想ドラフト会議」(10月2日・後8時)の収録内で「野球以外での体力面のバランスが崩れたのでは」と説明した。

     ルーキー・佐藤輝は35打席無安打と苦しみ、初めて2軍へ。優勝争いのまっただ中の9月での初降格に、掛布氏は「1年間のシーズンの長さ、移動のすごさにビックリしたと、佐藤から聞いたことがある。野球だけではない部分の体の疲労がすごくたまっていると思う。スタミナの心配が、大学時代からひょっとしたらあったのでは。中学、高校と野球の名門校で育ってきたわけではなく、その辺りが緩かったと思う」と推理した。技術的に「バットの構えが高すぎる」とも指摘した。

     それでも、収録後には「2軍に落ちたことをプラスにしてほしい。修正しなきゃいけない部分は分かっているはず。1軍に戻った時には優勝争いの中で、お立ち台に立っている光景が目に浮かぶ」と反撃を期待した。




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆JERAセ・リーグ ヤクルト6―4阪神(7日・神宮)

     佐藤輝の20号はあっぱれだ。球宴までの到達は開幕前に誰も想像できなかったはず。三振の多さも話題になるが、今年は気にせず、自信を持って「強く振る」ことを貫いてほしい。

     残り66試合。ペース的には新人記録の31本の更新も十二分に可能だ。だが、これからの一本一本は重いものとなり、簡単ではない。この試合の本塁打と三振の内容も物語っている。

     4回の2ランはフォークの失投を捉えた。20本の内訳で見ても変化球を上手に拾ったものが多い。課題は5回2死満塁で空振り三振した内角高めの直球への対応だ。相手バッテリーは絶対に抑えたい場面で6球中、5球を速いストレートで攻め込んできた。佐藤輝がさらに1ランク上の打者になるには、投げミスの変化球ではなく、勝負どころでの直球を打ち砕けるかだ。

     そのためにはフォーム改造も検討の余地がある。シーズン中の修正は難しいが、来年以降、構えのグリップの位置を下げるのも手だ。私も含め、最初は高く構えていた打者が低くするケースが多い。左肘を高い位置からヘソの前に持ってくるスイングで、並外れたパワーを生み出すが、高めは振り遅れる傾向にある。佐藤輝自身がどう感じて、どう乗り越えるか注目していきたい。(阪神レジェンド・テラー、スポーツ報知評論家・掛布雅之)




    清原さんの新人ホームラン記録抜いて欲しいです‼️⚾️ 掛布雅之氏、佐藤輝明の20号あっぱれ!勝負所の直球打てれば新人記録31本もいける(スポーツ報知)  https://news.yahoo.co.jp/articles/0516740b5716781d7744addaf108254290c0f5ed 



    まだ進化する。もっと打てる! 掛布雅之氏、佐藤輝明の20号あっぱれ!勝負所の直球打てれば新人記録31本もいける : スポーツ報知  https://hochi.news/articles/20210707-OHT1T51307.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    川藤氏は“酒しぶき”制止され空振り三振

    「サントリードリームマッチ2021」が17日に東京ドームで行われ、山本浩二監督、張本勲GM率いる「ザ・プレミアム・モルツ軍団」が田尾安志監督、大矢明彦GMの「ドリーム・ヒーローズ」に13-3で大勝し7連覇を達成した。毎年恒例の人気イベントだが、昨年はコロナ禍で中止となり、今年は無観客で開催に漕ぎつけた。

     最優秀選手賞はザ・プレミアム・モルツ球団の“ミスタータイガース”こと掛布雅之氏が受賞。「4番・三塁」でスタメン出場し、初回には元巨人のエース・斎藤雅樹氏、4回には阪神などで活躍した下柳剛氏からヒットを放った。

     先制のタイムリーを放つなどチームの勝利に貢献し「私がまさか……(MVPとは)。斎藤君が打ちやすいインコース低めに投げてくれた。ホームラン? いえいえ、そこまでの体のキレはない。バットにボールを当てるのが精いっぱいです」と笑った。ともに1985年の阪神日本一の原動力となったランディ・バース氏が今年は来日できなかったとあって「そこがちょっと寂しかったですね」と語った。

     敢闘賞はザ・プレミアム・モルツ球団の宮本慎也氏、ドリーム・ヒーローズのアレックス・ラミレス氏の2人。ラミレス氏は9回2死で、初出場の上原浩治氏と対戦。ファウルで粘ったが、7球目を打って左飛に倒れ最後の打者となった。カウント1-1からフォークを空振りするシーンもあり、「(上原氏は)期待通りのフォークを投げてくれた。ホームランを打ちたかったが、彼の方が一枚上手だった」と相手を称えた。

     一方で、お約束の爆笑シーンも満載。ザ・プレミアム・モルツ球団は5回2死走者なし、打者の桧山進次郎氏のカウントが1-2となったところで、「浪花の春団治」こと阪神OBの川藤幸三氏を代打で起用。川藤氏はビールを口にふくみ、バットに豪快な“酒しぶき”を吹きかけようとしたが、球審から「飛沫はダメ!」と書かれたボードを掲げて制止され、思わずゴクリと飲み込んでしまった。アルコールが入ったせいか、結局空振り三振に倒れて尻もちをつき、周囲の笑いを誘った。




    #サントリードリームマッチ 試合終了🎊 \ 13-3でザ・プレミアム・モルツ球団の勝利でした👏👏 最優秀選手は掛布雅之さん! 敢闘賞はラミレス選手と宮本選手✨ #サントリー #ドリームマッチ裏実況席 pic.twitter.com/L6JIw2TI3K



    @Suntory_DM 毎回楽しみにしてます⚾️📣 皆さん楽しそうにプレーしてましたね💕



    現役引退した投手相手とはいえ、66歳が2本もヒット打つのすごすぎるのよ掛布さん……




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆JERAセ・リーグ 阪神7―5DeNA(25日・甲子園)

     バットの握り方の変化に佐藤輝の対応力の高さを感じた。キャンプ、オープン戦で見たときは右手のグリップは薬指までの握りで、小指を余していた。遠心力を生かすためのものだろう。ところが、ここ最近、小指もグリップにかけて握っていることに気付いた。助言があったのか、自分で考えてのものかは分からないが、開幕後の厳しい内角攻めに対処するための「進化」だ。

     以前のように小指を外して握るデメリットは、バットのヘッドが下がりやすくなること。インハイのストレートには空振りしやすくなる。今はよりコンパクトに振れる形だ。だからこそ、2回の6号2ランは1ボール2ストライクからのインハイのストレートをファウルで逃げて、次の高めに甘く入ったカーブを仕留めた。右の膝でしっかり壁をつくり、一番飛距離の出る変化球の曲がりっぱなをたたけた。

     スイングだけでなく、打席の中の雰囲気も落ち着きが出てきた。強引なスイングが減り、ボール球を空振りする確率が低くなっている。開幕25試合を終えて、6本塁打、17打点はレギュラーとして胸を張れる素晴らしい成績だ。打者というのは、数字の貯金があると、精神的に楽になる。ひとつ階段を上った佐藤輝がますます楽しみだ。(阪神レジェンド・テラー、スポーツ報知評論家)




    楽しみだ!(  ̄▽ ̄) 掛布雅之氏、佐藤輝の対応力の高さ感じた「グリップに小指かけ厳しい内角攻め対応」  https://article.auone.jp/detail/1/6/10/202_10_r_20210426_1619388024366595 



    アジャスト能力の高さを証明してくれました。 掛布雅之氏、佐藤輝の対応力の高さ感じた「グリップに小指かけ厳しい内角攻め対応」 : スポーツ報知  https://hochi.news/articles/20210425-OHT1T51099.html 


    続きを読む

    このページのトップヘ