とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    掛布雅之

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神のHLT(ハンシン・レジェンド・テラー)を務める掛布雅之氏が、7日放送のテレビ東京系「SPORTSウォッチャー」にVTR出演。阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手の今季成績について打率・280、20本以上と予想した。

     オープン戦でも結果を残している佐藤について、掛布氏は「バースのようなああいう数字を残す可能性を秘めた選手だと思いますよ」とポテンシャルに太鼓判。その技術について「ずっとバットのヘッドが体に巻き付いてきて、前を大きくフォローするようなバッター。1つのコースに対して、バットの面のポイントをずっと流していけるんです。ある程度、率もホームランも結果として出てくるんじゃないかと思っています」と解説した。

     そして、今季の成績予想について「20本のホームランはクリアできるんじゃないですか。最低・280ぐらいの打率はクリアしてくれるんじゃないか。一年一年、一回り二回りも大きくなっていく選手だと思います」と語った。

     また、同日深夜に放送された日本テレビ系「Going!Sports&News」に出演した元阪神で野球解説者の赤星憲広氏も同じ予想。オープン戦初打席でソフトバンク・石川から左越え本塁打を放ったことに触れ、「差し込まれても反対方向に大きなものを打てるのが佐藤選手の魅力なんですが、このホームランを見た時、浜風の影響を受ける甲子園ではかなり量産できるなと確信しました。だから20本はクリアできるんじゃないかと思います」とうなずいた。




    阪神・ドラ1佐藤輝の今季本塁打数「20本以上」掛布氏と赤星氏の予想が一致(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/c374aa32bc5e2aa39970f9993c4c80cc1dcb4622  開幕したら、全く打たんってこと阪神のお得意芸やから怖い。 ここまで調子良すぎると逆に怖い。あくまでオープン戦やから打たして貰えてる部分もあるし、、



    何本打ってくれるのか、本当に楽しみです! 阪神・ドラ1佐藤輝の今季本塁打数「20本以上」掛布氏と赤星氏の予想が一致/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/03/08/0014134447.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/03/07(日) 06:18:35.80 ID:DlMliC+20
    掛布論】阪神・佐藤輝明は固定するなら6番…2番起用は新人には酷
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e4d7d2ebaa45dfaff57041d806ed27990beb0498

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/03/07(日) 06:19:25.72 ID:lLg8WzdLd
    まぁ掛布は8番からのし上がってきたけど佐藤はエエんちゃうか

    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1615065515/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神レジェンド・テラーの掛布雅之氏(65)が1日、関西テレビのニュース番組「報道ランナー」に出演し、沖縄・宜野座キャンプを打ち上げたドラフト1位・佐藤輝明内野手の起用について、「開幕からスタメンで使わないといけない選手。彼は実戦の中で伸びる。ポジションは三塁。スローイングは大山より安定しているし、守備力は想像以上。チームが勝つための積極的コンバートで大山を一塁に回し、4番に集中する形がチームとして一番スッキリする」と私見を明らかにした。

     「若返って、層も厚くなった。1年間戦って、優勝を狙える戦力になった」と掛布HLTはキャンプを総括していた。




    阪神・掛布HLTが「三塁・佐藤輝」を猛プッシュ「開幕からスタメンで使わないといけない選手」(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/37b5219a16bde6d96335cf59165e5b9bd2e416e8  昨年の活躍を見ても新人にポジション空け渡せと言うのか…… 大山、この人黙らせるために掛布の成績全部超えろ!!



    阪神・掛布HLTが「三塁・佐藤輝」を猛プッシュ「開幕からスタメンで使わないといけない選手」(スポニチアネックス)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210301-00000242-spnannex-base  確かに佐藤の新人離れしたパワーは目を見張る。 ただ、タイガースの4番サードは大山で行って欲しいと個人的には思う。👍


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神のHLT(ハンシン・レジェンド・テラー)を務める掛布雅之氏(65)が26日、神戸市のラジオ関西「としちゃん・大貴のええやんかー!やってみよう!!」(毎週金曜日午後8時半~)に出演した。

     2週連続の出演となった今回は、バース、掛布、岡田の「バックスクリーン3連発」の前に、4者連続アーチがあった秘話を披露。1976年の9月19日、甲子園で行われた広島とのダブルヘッダー第1試合、六回裏に「1番の中村勝さんが打って、2番の僕が左中間に放り込んだんですよ。そしてラインバック、田淵さん。もうお祭り騒ぎでしたね」と掛布氏は当時を振り返った。

     その際に「相手のピッチャーの方がマウンドで崩れ落ちてね…。そこから相手のことを考えてあげないといけないと思った」。このシーンが原点となり、掛布氏は投手への敬意を持つため、以降は派手なガッツポーズなどを行わなかったことが今も記憶に残る。

     自身と同じ左打者で、長距離砲として期待される阪神のドラフト1位ルーキー・佐藤輝(近大)については「100試合以上、使っていかないといけないバッターだと思っている。キャンプでのバッティングを見る限り、自分で修正できる。彼の力が1ではなく、5にも6にもなる。それくらいチームにとってプラスになると思います」と評していた。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神2軍春季キャンプ」(16日、安芸)

     この日は阪神の藤原崇起オーナー兼球団社長と掛布雅之阪神レジェンドテラー(HLT)が視察に訪れた。平田2軍監督の一問一答は以下の通り。

      ◇  ◇

     -藤原オーナー兼球団社長とはどんな話を。

     「最初にね、こっち(安芸)の報告をして。若手の宜野座に選ばれてなかった浜地や守屋や望月、その辺が引っ張っていってくれて、しっかりやってますよと。江越にしても板山にしてもね。俊介をはじめ、野手の方も3月のオープン戦とかそういうのに向けて、しっかりやってますって話やね。新人の高寺も高校生1人だけど、その中でもしっかり今、キャンプ過ごしてますと。逆に西純と井上が今、宜野座に行ってるんで、『どうでしたか?』って言ったら第1クールからみんなすごかったらしいんで。いい経験してるんじゃないかなって話。そういうことですね」

     -練習前の訓示では“チャンピオンフラッグを目標に”と。

     「安芸でこうやって恵まれた環境でやれることに感謝することはもちろん、やはりチャンピオンフラッグを勝ち取るという言葉は非常に強かったよね」

     -掛布HLTとも長い時間話していた。

     「やっぱり熱くなるね、掛布さんね。宜野座の佐藤輝の話を熱く。『平田、いいぞ。思ってたよりいいね!』と言われてて。それで(安芸でも)打撃を見てもらうと、やっぱり血が騒ぐんだね。江越や板山っていうのは掛布さんがファームで監督されてる時にも指導していた連中なんで、やっぱり気になるんだよ。江越がノーステップで取り組んでるんで、見たってくださいって言って、江越にアドバイスしてくれた。上体だけでいかんようにといいアドバイスされる。板山にも遠藤にもいいこと言ってたよ。やっぱりさすがだよ」




    掛布のユニフォームみたい 掛布HLTは「いいアドバイスをされる。さすが」 阪神・平田2軍監督が感服(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/41bf60013adabc5869d1d903b6f2e8ff57ed5c8d 



    掛布HLTは「いいアドバイスをされる。さすが」 阪神・平田2軍監督が感服(デイリースポーツ) 掛布さんからのアドバイスありがたいね。絶対チャンスが回ってくるから頑張れ板山選手👍️ #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/41bf60013adabc5869d1d903b6f2e8ff57ed5c8d 


    続きを読む

    このページのトップヘ