とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    坂本誠志郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・坂本誠志郎捕手(27)が誇る捕球技術「フレーミング」の極意が球団の公式YouTubeチャンネルで公開された。

     「極上のキャッチング・フレーミングの秘訣とは?」と題された動画では約7分間、ほとんどが同捕手がボールを捕球しているシーンに終始。昨年1月に企画インタビューでダルビッシュ(パドレス)から組みたい捕手として名前を挙げられ、球界屈指のフレーミング技術の持ち主であることに注目が集まった。

     動画ではその極意や、投手への気遣いなどを余すところなく明かしており、ファンだけでなく捕手の野球少年、少女も必見の内容になっている。






    【公式YouTubeチャンネル】 坂本選手の極上のキャッチング・フレーミング技術をお届けします。普段どのようなことを考えて捕球しているかなどもインタビューしたので、参考にしてみてください!  https://youtu.be/iEOWDWg8PF0  #阪神タイガース #挑超頂 pic.twitter.com/NduB5SfcDo



    坂本誠志郎のキャッチングをただ見続けられる極上の動画👏  https://twitter.com/tigersdreamlink/status/1366660798504980480 





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <練習試合:DeNA2-6阪神>◇18日◇アトムホームスタジアム宜野湾

    阪神ドラフト1位の佐藤輝明内野手(21=近大)がDeNAとの練習試合(宜野湾)に「3番三塁」で出場し、9回に、電光掲示板を越える推定140メートルの2ランを放った。矢野燿大監督(52)の一問一答は以下の通り。

    -佐藤輝の一撃にあぜん

    矢野監督 うん…まあねえ…。本塁打を打つ前までもよかったし、走塁もすごいよかったから。ああいうのはタイガースの野球として大事にしている部分なんだけど、次の塁を狙うというね。打つだけじゃないというところが見られたしね。最後の本塁打はね…。風も…どうか分からんからアレやけどさ。それにしても…エグいな!

    -大貫であったり相手も一線級の投手

    矢野監督 そういうローテーションの投手と対戦できたというのはもちろん佐藤にしても、すごくいい経験になったと思うし。その中でそういう結果も伴って出たというのは、もちろんテル自身も自信にしていけばいいと思うんでね。ますます楽しみが増えたし、うーん…どこまでいくんだろうというね。ちょっと俺らにはわからない未知数な部分が、また魅力だよね。

    -高山も調子を維持してアピール

    矢野監督 2本打ったから満足はしていないし、アイツ自身はもう1本打ちたいと思ってると思うんだけど。やっぱりそういうところまで、まだまだアイツ自身伸びる可能性を十二分に持っているんでね。

    -栄枝初スタメンマスクで青柳とコンビ

    矢野監督 リードなんかしてないよ(笑い)。捕ってるだけだけど。自分の1年目を振り返ってみても、投手のことなんかまだそんな分からないんだしさ。リードはしていないけど。それでも盗塁は3つ刺したんかな? まあまあ、青柳のクイックで盗塁刺すのは普通なのよ。でも、普通にできるってことは大したもんだなと。俺、自分の1年目、全然できへんかったから。

    -坂本が少ない出場機会で本塁打を打ってアピールした

    矢野監督 まあ、テルでもうなくなったよ(笑い)。本塁打、打ったのなくなったみたいになったけどね(笑い)。それでもあいつも必死でやっているし、アイツの必死さはどこでも伝わるんでね。それはアイツのよさとして。チャンスをモノにしていったらいいし。

    -小野はリラックスして投げることができてきている

    矢野監督 めちゃくちゃそれができてるから、だからバッター差し込んでいるやん。ちょっと力感を落としながら投げているのがどれだけバッターが嫌か。




    佐藤輝明のホームランが規格外すぎて存在消される坂本誠志郎



    ちゃんと他の選手のプレーも見ています・・・よね?笑 矢野監督、坂本のアピール弾「テルでなくなったよ」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202102180001050.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <練習試合:DeNA2-6阪神>◇18日◇アトムホームスタジアム宜野湾

    阪神坂本誠志郎捕手が明大の後輩から今季1号を放った。8回の守備から途中出場し、9回の第1打席。右腕伊勢の直球を捉え、風にも乗せて左翼スタンドまで運んだ。

    「去年(3打数無安打)は打てなかったので、今年は違うというところも見せないといけない。こっちはいいイメージ、向こうは嫌なイメージを与えられたらと思っていたので、結果が出て良かったです」。シーズンにつながる価値ある1発となった。




    【速報】坂本ソロホームラン 横浜 2 - 4 阪神 https://t.co/tQbWnVlwJM



    @l0toba 高校の後輩井上に負けとられんし、違いを見せつけとかないとな。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/01/19(火) 07:47:20.18 ID:CAP_USER9
    1/19(火) 5:00
    東スポWeb

    阪神・坂本が目指す〝あいつアホちゃうか?〟の真意
    坂本が阪神のムードを盛り上がる(球団提供)
     チームに〝勢い〟をもたらす男に―。阪神・坂本誠志郎捕手(27)が18日、沖縄県内での自主トレを公開し、代表取材に対応した。

     昨季は捕手として38試合に出場。24試合でマスクをかぶり、同86試合で先発した正捕手・梅野を追う立場。「プレーボールからゲームセットまでずっと出続けられるように。打つだけ、守るだけはダメ。総合的にレベルをもっと上げていきたい」とまずは捕手としての存在感をさらに高めていきたいと話す。

     さらに坂本が踏み込んだのが、一軍内での立ち位置。今季がプロ6年目で「年下の選手も増えてきた」と、チームのムードにも気を使える男になるのが〝裏のテーマ〟であるという。

     もともと明るい性格で、昨季も活動自粛中に趣味で作ったケーキをナインに振る舞ったり、試合前の円陣では、矢野監督の勝負グッズとして販売された『赤パンツ』をはいて声出しを行ったり、ナインの士気を高めることには定評がある。

    「あいつアホちゃうか?と思うようなことでも、大きい声を出していたりとか、何かで周りの印象に残ったり『あいつやったら何かしてくれるかも』という爆発力も必要になってくるかと思う。『坂本なら何かやってくれそう』って思われるようにしたい」。チームのラッキーボーイとしてもさらに磨きをかけていくつもりだ。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/92f0f5b382cdf2f68c70a9d51d8ab3b6120c137b

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/01/19(火) 07:49:46.89 ID:EAR8VKcV0
    来年は梅野居なくなるだろうし
    坂本が気張らんと

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1611010040/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     元阪神の藤川球児さん(40)が4日、自身のインスタグラムで生配信「インスタライブ」を実施。スペシャルアシスタントを務める阪神について「下馬評はめちゃくちゃ高いと思うし、確かに良い補強ができた」と古巣の躍進に期待した。

     インスタライブでは今年の阪神に関する質問が殺到。ドラフト1位の佐藤輝明内野手(21)については「ゆっくりやっていけば良い。まだまだ時間はかかる。悪い意味ではなくプロとはそういうもの」とエールを送った。

     また期待している選手については「全員」としつつも坂本誠志郎捕手(27)については「リーグナンバーワンになれる存在。賢いし、そんな気がする」と期待を寄せた。

    中日スポーツ




    「リーグナンバーワンになれる」藤川球児さんが期待を寄せた阪神の選手とは…(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース
    リーダーシップだけでドラ2とか散々叩かれてた阪神坂本っていまそんな評価高いのか
    いったいなにが?  https://news.yahoo.co.jp/articles/eba148e30f6fc08b6fe2623d402b22b4b7b4772c 



    @takumis_a フレーミングが神です笑


    続きを読む

    このページのトップヘ