とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    坂本誠志郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    来季6年目の阪神坂本誠志郎捕手が、21日からみやざきフェニックス・リーグに合流する。

    今季は38試合に出場して打率2割1分3厘。この日までは甲子園の秋季練習に参加した。「技量を伸ばすためにフェニックスに行かせていただける。来シーズンにつながる形で(技術を)たくさん持って帰って来れたらと思います」。正捕手奪取へ、南国で牙をとぐ。




    あら?誠志郎ちゃんフェニックス合流なんだw 阪神坂本「技量を伸ばす」フェニックスLで牙とぐ  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011190001013.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    坂本誠志郎

    本日11月10日は坂本誠志郎選手27歳の誕生日です。おめでとうございます


    11月10日は坂本誠志郎選手・27歳の誕生日や!おめでとさんです!ここまで今季37試合に出場!高度な捕球技術とリードで力を付けてきてるで!さらに経験を積んで、もっと頼りにされる捕手になってや!  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #Its勝笑Timeオレがヤル



    @hanshintigersjp もっと経験すれば、必ず来年か再来年までには…優勝できそうな気がするよ!!残り2試合頑張れ阪神タイガース!!ꉂꉂ🐯



    @hanshintigersjp 坂本選手誕生日おめでとう🎊


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神-広島」(20日、甲子園球場)

     前夜のヤクルト戦では延長十回の末、1-1で引き分けた阪神。この日の先発マウンドには、ガルシアが上がる。1カ月ぶりとなる1軍登板で、8月26日・中日戦(甲子園)以来となる3勝目を目指す。坂本が「7番・捕手」で先発マスクとなった。

     負ければ、優勝の可能性が消滅する広島。先発は自身初の規定投球回到達を狙う九里だ。現在96回2/3で、あと23回1/3でクリアする。「規定投球回というのは目標の一つ。一人一人と勝負しながら、アウトを積み重ねていけるように」と意気込んでいた。

     試合開始は午後6時を予定。両チームのスタメンは以下の通り。

     【広島】

     1番・左翼 長野

     2番・遊撃 田中広

     3番・右翼 鈴木誠

     4番・中堅 西川

     5番・一塁 ピレラ

     6番・捕手 坂倉

     7番・三塁 三好

     8番・二塁 上本

     9番・投手 九里

     【阪神】

     1番・中堅 近本

     2番・二塁 板山

     3番・右翼 糸井

     4番・三塁 大山

     5番・左翼 サンズ

     6番・一塁 ボーア

     7番・捕手 坂本

     8番・遊撃 小幡

     9番・投手 ガルシア




    【 阪神 】 1 近本 (中) 2 板山 (ニ) 3 糸井 (右) 4 大山 (三) 5 サンズ (左) 6 ボーア (一) 7 坂本 (捕) 8 小幡 (遊) 9 ガルシア (投)  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #Its勝笑Timeオレがヤル



    @hanshintigersjp とにかく前三人は出塁頑張って。あとは大山が何とかしてくれるから。



    @hanshintigersjp そろそろ大山に一発出てちょっとでも差を開けておきたい所(๑´ڡ`๑)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は5日の巨人戦(甲子園)を6―1で快勝。1―1の5回に大山悠輔内野手(25)が本塁打王争いトップに並ぶ24号2ランを放つなど、打線が13安打と爆発。今季も既に負け越しが決定している宿敵相手に一矢報いた。

     先発・高橋遥人投手(24)が5安打1失点でプロ初完投をマーク。強力G打線から14三振を奪う快刀乱麻のピッチングで4勝目を挙げた。

     気迫十分の投球で相手打線をねじ伏せる姿とは真逆の、ホンワカとした人となりも背番号29の魅力だ。お立ち台で自身の奪三振数について問われると「いや…まあまあ取れたかなとは思ってますけど…分からないです…」。6回に適時打をマークしたことについては「いや…もう、『自分こんなにバッティング良かったかな』って思いました。(投球よりも)バッティングの方をほめてあげたいです」。朴訥とした受け答えで、上機嫌の虎党たちを何度も笑いの渦に叩き込んだ。

     殊勲打の大山も「遥人が頑張っていたのでなんとしても援護したかった」。チーム内外から愛される高橋の快進撃に今後も期待したい。




    遥人くん初タイムリー、初打点おめでとう🎊 https://t.co/zMPfY6ugiQ



    遥人くんプロ初完投・タイムリー・打点・自己最多14奪三振おめでとうございます🐯㊗🎉🎊🎉 奪三振ショー何度見ても凄い✨ pic.twitter.com/pX8CHLd1bV


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神6-1巨人>◇5日◇甲子園

    阪神高橋遥人投手の113球は今までの球威で押すイメージではなかった。最速145キロ。150キロを1球も計測することなく9回を投げきった。

    山田 高橋の投球にはこういう一面もあるのかと思った方が多かっただろうね。ペース配分? 違う。イメチェン? それも違うな。高橋がいつもと違った姿をみせたのは、なにも高橋が変わったのではない。それは捕手坂本誠志郎のリードにある。坂本が“違う高橋”を引き出したということだ。

    計30人の打者と対戦したが、なにも変化球を多投したわけではなかった。自己最多14三振の内訳はストレート系が11、変化球が3だった。

    山田 坂本という捕手は梅野の控えに回っているが、よく打者を観察しているのがみてとれた。簡単にいうと緩急ということになるんだろうが、「緩」に重点を置いた。いつもは直球を意識させて変化球で勝負だった。それとは真逆で、変化球によってストレートを生かした。俗にいう投球術で勝ったということだ。

    この試合までも好投しながら勝ち星は思ったように伸びなかった。変身したということなのか。

    山田 それも違う。これからこの投球をずっとやるのは間違いだ。力で抑え込むのが本来の姿であることに変わりはない。ただこういう抑え方もあるということを体で覚えたらいい。それをアシストしたのが坂本だった。今年の巨人大城はよくやっている。だがこの一戦に関しては坂本との差がでた。巨人岡本を抑え、阪神は大山に24号本塁打がでた。

    山田 巨人バッテリーは大山に打たれるべくして打たれたらあかん。こういうのが投手と野手の信頼関係を崩し、チームを破綻させる。本塁打王争い? 投手の最多勝も同じだが、上にいるほうが苦しく、難しい。これからだ。【取材・構成=寺尾博和編集委員】




    阪神坂本が引き出した“違う高橋遥人”/山田久志(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/179be88f3b10695ec6b45b7c558bf3fd540d577c  遥人くんは「なんかいい感じに抑えられましたー」とゆるふわ全開だったのでキャッチャー坂本のリードが素晴らしい



    高橋遥人は無四球14奪三振一失点での完投とすべてにおいて素晴らしい投球。スピードは抑え気味でカーブ、カット、ツーシームすべてでカウントをとれ、追い込んでから140後半のストレートで空振りを奪うという緩急自在の投球。これはすべての球種の精度が高次元で高くないと出来ない投球内容である


    続きを読む

    このページのトップヘ