とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    交流戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    日本ハムの伊藤大海は広島戦で好投し、勝利数と防御率でトップに

     プロ野球では16日、マツダスタジアムで広島対日本ハム戦が行われ、今季の「日本生命セ・パ交流戦」全試合が終了した。12勝5敗1分けだったオリックスが11年ぶりに優勝し、広島が最下位に。セ・リーグが49勝48敗11分けで12年ぶりに勝ち越した。

     長年にわたって苦戦を強いられてきたセ・リーグが勝ち越した今年の交流戦。優勝こそオリックスに奪われたものの、2位から阪神、DeNA、中日、ヤクルトと4球団が上位に入ってセ・リーグの意地を見せた。では、各部門での個人成績はどうなっただろう。交流戦には“タイトル”は設定されていないものの、各部門で好成績を残した選手たちを見ていこう。

    【野手】
    打率:ビシエド(中日).409

    本塁打:オースティン(DeNA)、山田哲人、村上宗隆(ヤクルト)、岡本和真(巨人)7本

    打点:レアード(ロッテ)19打点

    安打:ビシエド(中日)、福田周平(オリックス)、岡島豪郎(楽天)27安打

    出塁率:福田周平(オリックス).500

    得点:塩見泰隆(ヤクルト)19点

    盗塁:中野拓夢(阪神)8盗塁

     打者では交流戦で上位に入ったチームの選手の活躍が目立った。交流戦優勝を果たしたオリックスではリードオフマンとして定着した福田が最多安打と最高出塁率に。特に出塁率では.500という驚異的な数字を残した。

     3位だった中日はビシエドが打率と安打でトップ。3位のDeNAではオースティンが7本塁打でトップ。2つの勝ち越しに成功したヤクルトも、山田と村上がそれぞれ7本塁打を放っている。セ・リーグ首位を独走する阪神ではルーキーの中野が8盗塁で交流戦トップの数字を残した。

    【投手】
    防御率:浜口遥大(DeNA)、伊藤大海(日本ハム)0.90

    勝利:山本由伸(オリックス)、瀧中瞭太(楽天)、秋山拓巳(阪神)、戸郷翔征(巨人)、伊藤大海(日本ハム)3勝

    ホールド:清水昇(ヤクルト)9ホールド

    セーブ:マクガフ(ヤクルト)9セーブ

    奪三振:山本由伸(オリックス)33奪三振

     投手でもやはり交流戦上位チームの面々の活躍が目立った。交流戦を制したオリックスのエース・山本由伸が勝利数と奪三振数でトップ。最終戦の広島戦で勝ち投手となった日本ハムの伊藤、楽天の瀧中、阪神の秋山、巨人の戸郷も3勝をマークし、5人がトップに並んだ。

     防御率トップはDeNAの浜口と日本ハムの伊藤が分け合う形に。交流戦防御率1.29でこの日の広島戦に臨んだ伊藤は、6回まで1失点(自責点0)と好投し、浜口と並ぶ防御率0.90まで上昇させた。リリーフ陣ではヤクルトの清水、マクガフがそれぞれホールドとセーブでトップだった。

    Full-Count編集部




    セ・パ交流戦、全日程が終了 18日に同一リーグ対戦再開  https://news.yahoo.co.jp/articles/a5090a7d115800764c9983e03694c9edc22ae0c8 



    交流戦終了までのレート推移 51日目から交流戦 #NPB #セ・リーグレート記録 #パ・リーグレート記録 pic.twitter.com/8F3TesS8X0


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    残り1試合でセ・リーグの49勝47敗11分

    ■広島 5-3 西武(15日・マツダ)

     プロ野球の「日本生命セ・パ交流戦」は15日、新型コロナウイルス感染の影響で延期されていた広島-西武戦(マツダスタジアム)の1試合が行われた。8回に宇草の2ランで勝ち越した広島が5-3で勝利し、リーグ間成績はセの49勝47敗11分けに。16日の広島-日本ハム戦に日本ハムが勝ってもパ・リーグが上回ることはなくなり、セ・リーグの12年ぶり勝ち越しが決まった。

     2年ぶりに開催された今年は、序盤からセ・リーグが奮闘。優勝こそオリックスに譲ったものの、阪神が11勝7敗で2位に。リーグではBクラスに低迷するDeNAと中日がそれぞれ3位、4位と躍進。5位のヤクルトも含めて上位を席巻した。

     一方のパ・リーグは、優勝したオリックスが貯金7と快走する一方でソフトバンクが大失速。5勝9敗4分で、交流戦の勝率.357は球団史上ワーストを記録した。勝ち越したのはオリックスと6位の楽天だけで、この日敗れた西武は7勝7敗4分の勝率5割。

     2005年から始まった交流戦では、中止となった2020年を除いてセ・リーグが勝ち越したのは2009年の1度だけ。ずっと“パ高セ低”が叫ばれてきた中で、12年ぶりに意地を見せた。




    12年…そんなに長かったのか… 「セ・リーグはパ・リーグの二軍」と言われて、それをようやく覆せた。 でも、パ・リーグは強い。 日本シリーズは当然簡単じゃない事を覚悟しないとね。 #プロ野球 #交流戦 交流戦 セが12年ぶりに勝ち越し 干支が一周して再び丑年に歓喜  https://news.yahoo.co.jp/articles/af1f8834d5a5617e10265f3431aad1e37b3d2fc7 



    セ・リーグ12年ぶり交流戦勝ち越しおめでとう! 人気のセ、実力のパ とは言われているけど実力がパ・リーグに追いつきつつあるのかな



    今年のセ・リーグ勝ち越しは ホークスの不振もあるだろうけど 中日横浜阪神が強かったのが 大きいな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「楽天5-6阪神」(13日、楽天生命パーク宮城)

     阪神がシーソーゲームを制し、交流戦を6連勝で締めくくった。難敵ぞろいのパ・リーグ相手に18試合で11勝7敗。貯金も2008年以来となる「20」の大台に乗せ、セ・リーグ首位の座を確固たるものにした。

     ドラフト1位・佐藤輝(近大)は交流戦で新人記録となる6本塁打を放ち、打率・296、12打点とチームに大きく貢献。矢野監督は「いいところでのホームランというのも印象深いし、輝自身も初めての交流戦でいい投手と対戦できるとか、(公式戦と)また違う気持ちで戦えたのは大きいと思うし、期待値がどんどん上がっていくのは素晴らしいこと」と改めて評価した。

     今後についても「またその期待を越えていくような働きをしていける可能性を秘めているので、俺も楽しみにしています」と期待を寄せていた。




    期待しても、その期待値をどんどん超えてくれる力があります。 交流戦も大活躍だった佐藤輝に「期待超えていく働き楽しみ」 13日の阪神・矢野監督語録― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/06/14/kiji/20210614s00001173139000c.html 



    テルくんは、ますます進化しますよ😃皆もだけどね。  https://twitter.com/Daily_Online/status/1404021689990606850 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「楽天5-6阪神」(13日、楽天生命パーク宮城)

     阪神がシーソーゲームを制し、交流戦を6連勝で締めくくった。難敵ぞろいのパ・リーグ相手に18試合で11勝7敗。貯金も2008年以来となる「20」の大台に乗せ、セ・リーグ首位の座を確固たるものにした。

     八回に、新セットアッパーの藤浪が鈴木大に同点弾を献上し、嫌なムードが流れたが、九回、これを振り払ったのが、梅野だった。14試合連続無失点中の楽天・松井に連続三振を喫して簡単に2死となったが、ここで打席に入った梅野が2ストライクに追い込まれながら、四球で出塁すると、相手バッテリーのスキを突いてディレードスチールに成功。さらに捕手・田中貴の悪送球を誘って一気に三塁を陥れた。

     この走塁が近本の決勝の三塁打を呼び込んだとあって、矢野監督は「リュウ(梅野)があそこで走ってくれたのは相手にプレッシャーを与えられたし。すごく大きな盗塁やった」と高く評価。さらに「(四球も)2ストライクと追い込まれてからやからね。きょうも全部2アウトから(走者が)出て得点につながっているんで。タイガースの強みにしていけるようにしたい。諦めない野球ができたのはリュウの場面だけを取ってもそう」と陰のヒーローを称えていた。




    阪神・矢野監督、決勝点呼んだ梅野の四球&盗塁称える「諦めない野球できた」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/06/13/0014413230.shtml  〉太田が下がっていたのも良かった。脚にスランプはない



    これ影のヒーローは梅野じゃん。 5回 梅野四球→近本2ラン 7回 梅野四球→近本右安→中野2点適時打 9回 梅野四球→(盗塁)→近本適時打


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <とっておきメモ>

    <日本生命セ・パ交流戦:楽天5-6阪神>◇13日◇楽天生命パーク

    阪神近本光司外野手(26)が、9回に決勝の適時三塁打を放った。2死走者なしから9番梅野が四球で出塁し、近本への2球目に二盗を決め、送球がそれる間に三進。近本は追い込まれてから、楽天松井の128キロスライダーを捉え、一塁線を破った。8回に藤浪が同点弾を浴びた直後の決勝打。頼れる背番号5がチームを救った。

       ◇   ◇   ◇

    「メタ認知って知ってますか?」。プロ1年目のリーグ戦中、近本は関学大時代からの個人トレーナー、植松弘樹さん(26)に問われた。「言葉ぐらいなら…」。メタ認知は「何かを実行している自分を見る、もう1人の自分」と言われる心理学用語。アスリートにとっては自己を俯瞰(ふかん)的に見つめ、パフォーマンスの向上につなげる考え方を指す。

    メタ認知に取り組んで約2年。植松さんは「今の近本選手は雲の上から自分を見ているくらい、距離を置いて客観視できる」と見ている。今年3月、近本は知人を介してスポーツ系の専門学校に通う学生と会話する機会があった。「緊張ってしますか」と聞かれ、「今、緊張している自分を想像したけど、僕、緊張しないんですよ」と答えた。自らを客観視して最善策を考えられる精神面の成長も、打率2割8分1厘と好調の打撃につながっている。

    9回の打席は「正直打てるかどうか分からなかった」と言ったが「何としてもバットに当てる」とやるべきことは認知していた。極限の状況で心の中の「もう1人の近本」が“助言”したのかもしれない。【阪神担当=中野椋】




    近本はもしかして千年アイテムの持ち主か何か? 雲の上から「メタ認知」で客観視、阪神近本「もう1人の近本」助言で決勝打(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/4869fd6e321fa7e55d031fc0ef012940dc29017c 



    メタ認知!プロ野球業界って、選手へのコーチングや、選手自身の内省ってどれぐらい浸透してるんやろ。スキルもそうやけど、メンタル整えば、更なる成績向上につながりそう。|雲の上から「メタ認知」で客観視、阪神近本「もう1人の近本」助言で決勝打  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202106130001151.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

    このページのトップヘ