とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    大学野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◇10日 関西学生野球春季リーグ戦 関学大1―5同大(延長11回タイブレーク、大津市・マイネットスタジアム皇子山)

     プロ野球阪神・佐藤輝明外野手(23)の弟、関学大の佐藤太紀内野手(4年・関西学院)が代打でリーグ戦に初出場し、初安打を放った。0―0で迎えた8回の1死走者なしの場面。右腕・真野に対して右打者の佐藤太が起用され、カウント1―2と追い込まれた後のスライダーを左前安打した。三塁手の右を痛烈なゴロで抜けていった。

     「全球スライダーでした。(打席に入る際)打つしかないんで、それだけですね。(追い込まれて)ちょっと危なかったですね。まあヒットはヒット。もっと打てるように頑張ります」

    初出場で初安打を放ち、ベンチに向かってポーズをする関西学院大・佐藤太紀内野手(関西学生野球連盟提供)

     昨秋リーグ戦が終わった後、兵庫県知事杯で結果を残して成長を示すと、今春はついにメンバー入り。本荘雅章監督(50)は「体の力があって振れる。オープン戦ではホームランを打っていたし、ツボにくれば打てる。雰囲気のある選手です。練習の打撃、素振りを見ていていい感じになっていたので、いい場面があればと思っていた。一つチャンスをつくってくれました」。残念ながら、佐藤太が好機につなげたものの決定打を欠き、チームは延長11回タイブレークで敗れた。

     身長187センチ、体重98キロの右投げ右打ちで今年が最終学年。昨春は黒原(現広島)を擁するチームで優勝したが、佐藤は神宮の舞台に立てなかった。卒業後も野球を続けたいという。そのためにも「今日は負けたんで、勝てるように。もっと活躍しないといけないですね。(9日に兄・佐藤輝が打ったホームランは映像で)見ました。打つなあと」。昨季は球団新人最多となる24本塁打を放った兄に刺激を受けながら、弟も勝利に導くアーチの夢を追う。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神が今秋ドラフト上位候補として、日体大の矢沢宏太投手(21)をリストアップしていることが22日、分かった。投げては最速150キロ、打っては大学通算4本塁打、走っても50メートル走5秒8の俊足で、エンゼルス・大谷翔平ばりの「リアル二刀流」を目指せるセンスのかたまりだ。

     球界関係者も「腕の振りがしなやかで地肩も強い。打撃も非凡なものを持っていて野球センスにあふれている」と絶賛する逸材。指名打者制の首都大学野球リーグで3年春から「4番・投手」として本格的な「リアル二刀流」をスタートした。

     投手としては最速150キロの直球と切れ味鋭い縦のスライダーを武器とする本格派左腕だ。15年から母校でコーチを務め、松本(西武)、東妻(ロッテ)らを育てた元中日投手の辻孟彦コーチが「指導してきた投手で、スライダーが3000回転を超える投手は初めて」と驚く“宝刀”を持ち、昨春、昨秋と2季連続で各3勝。秋は投手のベストナインも獲得した。

     打者としても藤嶺藤沢(神奈川)で高校通算32本塁打を放ち、大学でもリーグ戦通算4本塁打。さらに昨年12月の大学日本代表候補選手の強化合宿では参加選手中トップの50メートル走5秒8も計測。規格外の身体能力を誇る。

     阪神の左腕は現状、伊藤将、高橋、及川、岩崎、岩貞らが主力。ドラフト2位・鈴木、同3位・桐敷らも補強したが、まだ絶対数が足りない。今秋も左投手が補強ポイントとなり、その条件に合致する。さらに野手としても2年秋に外野手としてリーグ戦のベストナイン。近本に似たタイプで、こちらも十分戦力として計算できる。

     昨季、メジャーでア・リーグMVPに輝いた大谷とは体格もタイプも異なるが、絶対的能力を持つ点は共通する。「投手としても野手としても、1位のレベルを目指していきたい」という矢沢を、猛虎も注視していく。

     ◇矢沢 宏太(やざわ・こうた)2000年(平12)8月2日生まれ、東京都町田市出身の21歳。6歳から「町田リトル」で野球を始め、忠生中では「町田シニア」でプレー。藤嶺藤沢では1年夏からベンチ入りし同秋からエースも甲子園出場なし。高校通算32本塁打。日体大では1年春から野手でリーグ戦に出場し同秋からリーグ戦に登板。2年秋に外野手、3年秋に投手でベストナイン。リーグ通算15試合登板7勝4敗、防御率1.59。38試合で打率.265、4本塁打、17打点。1メートル73、71キロ。左投げ左打ち。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     全日本大学野球連盟は17日、今秋ドラフト会議(10月11日)の指名対象となるプロ野球志望届提出者を更新し、新たに関西学院大の黒原拓未投手(4年・智弁和歌山)が追加された。

     関西学生春季リーグ戦では3完封含む5勝(1敗)を挙げて、2013年秋以来の優勝の原動力となり、6月の全日本大学野球選手権ではベスト8に導いた。

     黒原は173センチ、71キロの左腕で、150キロを超えるストレートにスライダー、カットボール、チェンジアップを操る。高校時代では2017年夏の甲子園を経験。関学では3年まで主にリリーフ、今春からエースとして大学通算13勝をマーク。今春の優勝を決めた京大戦で救援した際には1球だけ157キロを計測したが、本人は「計測ミスじゃないですか」と苦笑い。それまでの最速は151キロだった。

     阪神の和田豊球団本部付テクニカルアドバイザーが「湯舟のようだ」と、1990年代に阪神で活躍し、通算60勝を記録した湯舟敏郎投手に例えたほどプロ側は高く評価している。

     また、黒原とチームメートの山本晃大投手(4年)もプロ野球志望届を提出した。186センチ、88キロの大型左腕で最速148キロ。リーグ戦通算1勝。今春の大学選手権では国際武道大との2回戦に先発し、3イニング無失点で、準々決勝進出に貢献した。



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     愛知大学リーグ2部に、とんでもない“大砲”が現れた。

     その名は、安田悠馬(愛知大学4年・兵庫/須磨翔風高)。身長185センチ、体重105キロ。左打席での出立ち、そして顔立ちも、"ゴジラ"こと松井秀喜さんそっくりの逸材だ。バットを振らせれば、それが話題性だけではないことがすぐにわかる。

     5日の秋季リーグ、名古屋学院大戦。プロ6球団のスカウトが安田のプレーを視察に訪れる中、タイムリー含む2安打で迎えた第3打席、豪快に振り抜いた打球はライトのフェンスを遥かに超える超特大130m弾を放ったのだ。

     実はこの安田、3年前のリーグ戦では、1年生ながら現在、広島東洋カープの守護神・栗林良吏(当時名城大4年)からライトスタンドへホームランを放っている。

     栗林といえば、プロ入り後、ここまで39試合に登板し、未だホームランを打たれていない。そんなホームランを打たれない男・栗林から価値ある一発を放ち、今ではその1本を含む大学通算29本となった。

     松井秀喜さん、そして現役ではソフトバンク・柳田、阪神・佐藤輝明に憧れる愛知大学リーグ2部の隠れた逸材は、プロに入ってその豪快なフルスイングで球場を沸かせるに違いない。

     ちなみにドラゴンズ投手の田島慎二、元投手の浅尾拓也も愛知大学2部リーグ出身、愛知大学2部リーグには隠れた逸材が眠っている。




    地方には良い逸材いるのよ。。動画見たけど良い角度で捉えてる/逸材眠るリーグに“とんでもない大砲”現る…プロ野球6球団スカウトの前で超特大130m弾 愛知大・安田悠馬(東海テレビ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/b10f2c7be1a55393fe2eb3ac42bc0fd755791199 



    隠し玉だったのに 『逸材眠るリーグに“とんでもない大砲”現る…プロ野球6球団スカウトの前で超特大130m弾 愛知大・安田悠馬』  https://www.tokai-tv.com/tokainews/article_20210906_11420 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「東都大学野球・春季1部・2部入れ替え戦、日大2-1東洋大」(21日、神宮球場)

     日大(2部1位)が東洋大(1部6位)との投手戦を制し、17年秋以来の1部復帰へ王手を掛けた。最速152キロ右腕で今秋ドラフト候補・赤星優志投手(4年・日大鶴ケ丘)が9回6安打1失点と完投。NPB12球団スカウトの前で持ち味を存分に発揮した。

     “省エネ投球”でチームを勝利に導いた。9回で投じたのは102球。初回こそ内野安打3本で先制を許したが、「自分なりにしっかりコースを突いて投げられた」と三回以降は被安打わずか1と、ほぼ完璧な内容で試合を支配した。

     「右バッターのインコースに真っすぐをしっかり決め切れた」とこの日最速147キロの速球に加え、有効だったのがツーシームだ。140キロ台で変化する宝刀で内角を突き、築いた凡打の山。カウントが有利になると大胆に攻め、8三振も奪った。

     神宮のマウンドにも「投げていくにつれてしっかり自分のベストで投げられた」と回を追うごとに順応していった。22日の立正大(1部7位)に勝利すれば、4年ぶりの1部復帰となる。エースが余力を残しているのは大きな追い風だ。




    東洋大1-2日大(終了) 最速 日大 赤星(4年 日大鶴ヶ丘)148 東洋大 細野(2年 東亜学園)147▲ ▲は左腕。 赤星が被安打6(内野安打5本)、四死球0、8奪三振で1失点完投勝利。 細野も5回以降はパーフェクトも一発に泣きました。 試合時間はわずか1時間47分。 日大は明日立正大に勝てば一部復帰です。 https://t.co/ENYaSuEzN8



    日大の赤星くんから猛虎魂を感じるんだよね


    続きを読む

    このページのトップヘ