とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    大学野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     全日本大学野球連盟は17日、今秋ドラフト会議(10月11日)の指名対象となるプロ野球志望届提出者を更新し、新たに関西学院大の黒原拓未投手(4年・智弁和歌山)が追加された。

     関西学生春季リーグ戦では3完封含む5勝(1敗)を挙げて、2013年秋以来の優勝の原動力となり、6月の全日本大学野球選手権ではベスト8に導いた。

     黒原は173センチ、71キロの左腕で、150キロを超えるストレートにスライダー、カットボール、チェンジアップを操る。高校時代では2017年夏の甲子園を経験。関学では3年まで主にリリーフ、今春からエースとして大学通算13勝をマーク。今春の優勝を決めた京大戦で救援した際には1球だけ157キロを計測したが、本人は「計測ミスじゃないですか」と苦笑い。それまでの最速は151キロだった。

     阪神の和田豊球団本部付テクニカルアドバイザーが「湯舟のようだ」と、1990年代に阪神で活躍し、通算60勝を記録した湯舟敏郎投手に例えたほどプロ側は高く評価している。

     また、黒原とチームメートの山本晃大投手(4年)もプロ野球志望届を提出した。186センチ、88キロの大型左腕で最速148キロ。リーグ戦通算1勝。今春の大学選手権では国際武道大との2回戦に先発し、3イニング無失点で、準々決勝進出に貢献した。



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     愛知大学リーグ2部に、とんでもない“大砲”が現れた。

     その名は、安田悠馬(愛知大学4年・兵庫/須磨翔風高)。身長185センチ、体重105キロ。左打席での出立ち、そして顔立ちも、"ゴジラ"こと松井秀喜さんそっくりの逸材だ。バットを振らせれば、それが話題性だけではないことがすぐにわかる。

     5日の秋季リーグ、名古屋学院大戦。プロ6球団のスカウトが安田のプレーを視察に訪れる中、タイムリー含む2安打で迎えた第3打席、豪快に振り抜いた打球はライトのフェンスを遥かに超える超特大130m弾を放ったのだ。

     実はこの安田、3年前のリーグ戦では、1年生ながら現在、広島東洋カープの守護神・栗林良吏(当時名城大4年)からライトスタンドへホームランを放っている。

     栗林といえば、プロ入り後、ここまで39試合に登板し、未だホームランを打たれていない。そんなホームランを打たれない男・栗林から価値ある一発を放ち、今ではその1本を含む大学通算29本となった。

     松井秀喜さん、そして現役ではソフトバンク・柳田、阪神・佐藤輝明に憧れる愛知大学リーグ2部の隠れた逸材は、プロに入ってその豪快なフルスイングで球場を沸かせるに違いない。

     ちなみにドラゴンズ投手の田島慎二、元投手の浅尾拓也も愛知大学2部リーグ出身、愛知大学2部リーグには隠れた逸材が眠っている。




    地方には良い逸材いるのよ。。動画見たけど良い角度で捉えてる/逸材眠るリーグに“とんでもない大砲”現る…プロ野球6球団スカウトの前で超特大130m弾 愛知大・安田悠馬(東海テレビ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/b10f2c7be1a55393fe2eb3ac42bc0fd755791199 



    隠し玉だったのに 『逸材眠るリーグに“とんでもない大砲”現る…プロ野球6球団スカウトの前で超特大130m弾 愛知大・安田悠馬』  https://www.tokai-tv.com/tokainews/article_20210906_11420 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「東都大学野球・春季1部・2部入れ替え戦、日大2-1東洋大」(21日、神宮球場)

     日大(2部1位)が東洋大(1部6位)との投手戦を制し、17年秋以来の1部復帰へ王手を掛けた。最速152キロ右腕で今秋ドラフト候補・赤星優志投手(4年・日大鶴ケ丘)が9回6安打1失点と完投。NPB12球団スカウトの前で持ち味を存分に発揮した。

     “省エネ投球”でチームを勝利に導いた。9回で投じたのは102球。初回こそ内野安打3本で先制を許したが、「自分なりにしっかりコースを突いて投げられた」と三回以降は被安打わずか1と、ほぼ完璧な内容で試合を支配した。

     「右バッターのインコースに真っすぐをしっかり決め切れた」とこの日最速147キロの速球に加え、有効だったのがツーシームだ。140キロ台で変化する宝刀で内角を突き、築いた凡打の山。カウントが有利になると大胆に攻め、8三振も奪った。

     神宮のマウンドにも「投げていくにつれてしっかり自分のベストで投げられた」と回を追うごとに順応していった。22日の立正大(1部7位)に勝利すれば、4年ぶりの1部復帰となる。エースが余力を残しているのは大きな追い風だ。




    東洋大1-2日大(終了) 最速 日大 赤星(4年 日大鶴ヶ丘)148 東洋大 細野(2年 東亜学園)147▲ ▲は左腕。 赤星が被安打6(内野安打5本)、四死球0、8奪三振で1失点完投勝利。 細野も5回以降はパーフェクトも一発に泣きました。 試合時間はわずか1時間47分。 日大は明日立正大に勝てば一部復帰です。 https://t.co/ENYaSuEzN8



    日大の赤星くんから猛虎魂を感じるんだよね


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <全日本大学選手権:関学大6-1松山大>◇8日◇1回戦◇神宮

    関学大(関西学生)が1964年以来、57年ぶりの初戦突破だ。今秋ドラフト上位候補のエース黒原拓未投手(4年=智弁和歌山)が先発し、7回8奪三振1失点の力投で貢献した。

    序盤から球が上ずり、制御に苦心したが、2回は3奪三振。140キロ台後半の速球を生かしながら丁寧に投げた。4回は4安打を浴びて1点を失ったが中盤以降は緩急を生かして持ち味を出した。黒原は「全国の舞台で恥ずかしい投球をできない。野手のみんなが先制点を取ってくれて楽に投げられる状態を作ってくれた。マウンドで伸び伸び投げられました」と振り返った。

    バックネット裏には12球団のスカウトが熱視線。リストアップしている地元の阪神は嶌村球団本部長、和田テクニカルアドバイザー、畑山アマ統括スカウトらスカウティング部門トップが集まり、自己最速151キロ左腕の動きに注目していた。畑山アマ統括スカウトは「左投手で球速も出る。本来はコーナーに、両サイドに投げられる。途中から彼らしい投球を見られた」と評価し「左投手が今年は(ドラフト候補に)います。クロスチェックをして、ランクもこれから。見られてよかった」と続けた。前日7日には西日本工大・隅田知一郎(ちひろ)投手(4年=波佐見)が8回14奪三振1失点で勇名をはせていた。黒原らの力量を見極めて、秋のドラフトに向けてリストを絞り込んでいく。




    関学大の黒原拓未と西日本工大の隅田知一郎はデータと実績が少ない中今回の全国で大きなアピール。左腕はどうしても150キロ越えとハッキリ出ないから、実際目で見てキレがどれくらいあるのかで判断する必要がある。この感じだと二人とも去年の森浦のような2位指名はあるだろうね。 #ドラフト



    智辯和歌山からの関学。笑 阪神ドラフト上位候補に関学大151キロ左腕・黒原拓未 1位浮上可能性も - プロ野球 : 日刊スポーツ  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202106070000853.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1


     ◇関西学生野球春季リーグ 3回戦 関大4―0近大(2021年5月26日 皇子山)

     今秋ドラフト候補でリーグ戦3戦連続本塁打中の関大・久保田拓真捕手(4年=津田学園)が「4番捕手」でフル出場。0―0の初回2死三塁から決勝打となる左前に抜けそうな遊撃内野安打を放つと、2―0の2回2死満塁では中前へ2点打。本塁打は出ず、二岡智宏(近大=現巨人3軍監督)、佐藤輝明(近大=現阪神)らを超える4戦連発とはいかなかったが、チームを勝利に導く3打点で今季15打点。柳田一喜(立命大=現パナソニックコーチ)が08年秋にマークした17打点の新リーグ記録に2と迫った(82年の新リーグ設立前も合わせると76年秋の近大・平井一男の21)。

     「低い打球を打つということを意識して、その結果が出て良かった。残念な気持ち?全くないです。ヒットを打つことだけを考えていました」

     バッティングだけではなく、捕手としても鷲尾昂哉(3年=登美ケ丘)をうまくリードし右腕の今季2度目の完封勝利を演出するなど攻守に大活躍。この日の勝利で近大とは4回戦までもつれ、打点記録更新のチャンスも広がった。「秋にいい形でつなげられるように。打点は前の打者の人たちのおかげ。狙うことなく、勝手に出たらいい」と自然体で臨む。




    今年のドラフトは関大の久保田拓真とれよ



    5/25 関大は10回表、無死満塁で4番久保田拓(4・津田学園)が3試合連続となる本塁打を放ち、試合を決めたかに思われた。しかしその裏、近大は主将・片岡(4・神戸国際大附)の適時打などで試合を振り出しに戻した。その後、互いに1点を奪うも、決着つかず。勝ち点1をかける戦いはまだ続きそうだ。 https://t.co/7CNE1p3052


    続きを読む

    このページのトップヘ