とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    助っ人外国人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    メジャー通算58勝、阪神では来日1年目から開幕投手を務めるなど通算45勝をマーク
     アスレチックス、ヤンキース、元阪神のエースとして活躍したマット・キーオ氏が64歳で亡くなったことが分かった。複数の米メディアが伝えておりアスレチックスも声明を発表した。

     米紙「サンフランシスコ・クロニクル」は「アスレチックスの80年代前半の“5人のエース”の1人だったマット・キーオ投手が、南カリフォルニアで金曜日に亡くなった。64歳だった。死因は明らかになっていない」と伝えている。

     また、キーオ氏の訃報を受けアスレチックスも声明を発表。ビリー・ビーン球団編成本部長は「マットは素晴らしい野球人で、オークランド・アスレチックスの誇りでした。彼は試合に素晴らしい情熱で試合に臨みました。我々は彼が在籍していたことをとても幸運に思います。豊富な野球への知識で、スペシャルアシスタントとして、従事してくれました。彼は野球界に忘れられない印象を残しました。ご家族の皆さんにお悔やみ申し上げます」と追悼コメントを発表した。

     キーオ氏はアスレチックス時代の1980年に16勝をマークすると、その後はヤンキース、カージナルス、カブス、アストロズと渡り歩きMLB通算58勝84敗、防御率4.17の成績を残し1987年に阪神に移籍。移籍1年目から開幕投手を務めると11勝を挙げる活躍を見せ、3年連続2桁勝利をマーク。阪神では4年間在籍し通算107試合に登板し45勝44敗、防御率3.73をマークした。




    元阪神エースのマット・キーオ氏が死去、アスレチックスも追悼「誇りでした」  https://news.line.me/articles/oa-fullcount/afc472e61dd8 



    @news_line_me 阪神が苦手な私ですらマット・キーオは好きだった。 本当に力もあったし愛嬌もあった。 64歳。第二の人生はまだまだ長かったろうに。 合掌



    @news_line_me キーオ投手なつかしい ご冥福をお祈りします


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    阪神では通算107試合に登板し45勝44敗、防御率3.73をマーク
     元阪神のエースとして活躍したマット・キーオ氏が64歳で亡くなったことが分かった。米紙「サンフランシスコ・クロニクル」が報じている。

     記事では「アスレチックスの80年代前半の“5人のエース”の1人だったマット・キーオ投手が、南カリフォルニアで金曜日に亡くなった。64歳だった。死因は明らかになっていない」と伝えた。

     キーオ氏はアスレチックス、ヤンキースなどを経て1987年に阪神に入団。移籍1年目から開幕投手を務めると11勝を挙げる活躍を見せ、3年連続2桁勝利をマーク。阪神では4年間在籍し通算107試合に登板し45勝44敗、防御率3.73をマークしていた。




    【元阪神 マット・キーオ氏死去】  https://yahoo.jp/swpRtH  元阪神のエースとして活躍したマット・キーオ氏が64歳で亡くなったことが分かった。アスレチックス、ヤンキースなどを経て1987年に阪神に入団、3年連続2桁勝利をマーク。



    @YahooNewsTopics 64ってまだ若いのに 湯舟とか藪が現れる前の真・阪神暗黒時代のエースが



    @YahooNewsTopics 弱かった阪神を支えた助っ人 ご冥福をお祈りします


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/02(土) 02:13:54.90 ID:QzJWzrpb9
    平成助っ人賛歌【プロ野球死亡遊戯】

    典型的な「ホームランか、三振か」

    1994年(平成6年)の開幕第1号ゴールは、18歳の新人選手だった。

    前年度からの社会的なブームが続く、2シーズン目のサッカーJリーグで開幕弾を決めたのは、ジェフ市原のルーキーFW城彰二である。
    ガンバ大阪戦の前半24分、左サイドからのセンタリングに頭で合わせ得意のヘディングでプロ初ゴールを決め、のちにトレードマークとなる前方宙返りのゴールパフォーマンスも披露。
    “ドーハの悲劇”で日本代表の出場はならなかったが、94年のアメリカワールドカップはリアルタイムでお茶の間に流れ、
    当時の少年たちは漫画『キャプテン翼』を入口に、スーパーファミコンの『スーパーフォーメーションサッカー』や『Jリーグサッカー プライムゴール』といったTVゲームからもサッカーを学んだ。
    いわば日本で野球もサッカーもフラットに楽しめる環境が整った最初の世代である。

    さて、そんな時代の変わり目の94年のプロ野球界では、年俸2億7000万円の大物助っ人大砲が注目を集めていた。阪神の新外国人選手、ロブ・ディアーである。
    190センチ、105キロ、胸囲130センチの巨体から放たれる打球の威力はすさまじく、前年のメジャーホームラン飛距離ランキングでは、なんと408フィート(約124.4メートル)で全体の3位にランクイン。
    デトロイト・タイガース時代には、左翼二階席の屋根を越える超特大アーチを放つなど、世界屈指の飛ばし屋として知られていた。

    8年連続20本塁打を含む通算226ホーマーだが、総安打数は844本。92年は97安打中32本がホームランで、3本に1本は本塁打というナチュラル・ボーン・スラッガーだ。
    同時に確実性は恐ろしく低く、91年の打率.179は当時のメジャー規定打席到達者では史上最低記録。
    通算1379三振を喫しており、来日前年の93年も打率.210、21本塁打に169三振で自身4度目の三振王にもなっている。典型的な「ホームランか、三振か」(意外に四球も多かった)という打者だけに、
    いったいこの33歳の元メジャー・リーガーが日本野球にどう適応するかキャンプから注目された。

    大阪空港内で行われた来日会見の第一声は日本語で「コンニチワ」と明るく登場すると、高知県安芸市営球場の最長不倒距離とも称される160メートル弾をかっ飛ばし、
    ベテラン記者は「あんなデカい当たりは見たことない」と絶句。甲子園での初練習でも87スイング中21発もスタンドに放り込む。
    『週刊ポスト』94年3月18日号によると、報道陣から「三振が多いようですが」と質問が飛ぶと、「帰らせてもらう」なんつって立ち上がりかけるベタなギャグも披露。
    関西マスコミは、このノリのいい大リーガーに好意的で、春のディアーフィーバーが巻き起こる。

    フィルダーの再来を期待も……
    打撃の粗さが解消されることはなかった

    https://news.yahoo.co.jp/articles/69c77d1a38f01dfc6d76e2a06e699d2ba2f5d381
    4/8(水) 11:02配信

    https://www.youtube.com/watch?v=RvddOmjnHoU&t=18s


    2憶7000万円の大型扇風機と揶揄された阪神ディアーの貴重なホームラン映像!

    no title

    no title

    no title


    http://npb.jp/bis/players/81283889.html
    成績

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1588353234/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    kosien


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/01(金) 14:22:27.50 ID:0JPnrOgV9
    <見方>
    選手名(球団在籍期間)ポジション
    NPB通算成績

    1980年以前に入団
    若林忠志(1936?1944、1946?1949)投手(1941年に日本国籍を取得)
    528試合(3557回1/3)、237勝144敗、1000奪三振、防御率1.93

    古川正男(1936)投手
    一軍出場なし

    田中義雄(1937 ? 1944)捕手
    477試合、打率.247、400安打、5本塁打、162打点、45盗塁

    朴賢明(1938 ? 1939)投手
    2試合(8回1/3)、0勝1敗、2奪三振、防御率1.00

    亀田敏夫(1939 ? 1941)投手
    7試合(24回2/3)、2勝1敗、10奪三振、防御率1.44

    堀尾文人(1939 ? 1941)外野手
    391試合、打率.236、359安打、22本塁打、209打点、79盗塁

    呉昌征(1944・1946 ? 1949)投手・外野手
    投手成績 31試合(199回)、15勝7敗、66奪三振、防御率3.48
    野手成績 1700試合、打率.272、1326安打、21本塁打、389打点、381盗塁

    小島勝治(1952 ? 1954)外野手
    255試合、打率.260、171安打、11本塁打、101打点、17盗塁

    与儀眞助(1953 ? 1954)内野手
    337試合、打率.263、292安打、18本塁打、121打点、41盗塁

    藤重登(1959 ? 1961)捕手
    155試合、打率.224、66安打、6本塁打、14打点、3盗塁

    マイク・ソロムコ(1960途 ? 1963)外野手
    622試合、打率.250、509安打、95本塁打、274打点、53盗塁

    ジーン・バッキー(1962 ? 1968)投手
    251試合(1596回2/3)、100勝80敗、825奪三振、防御率2.34

    マーク・ブラウン(1962)投手
    一軍出場なし

    フランク・ヤシック(1963)内野手
    87試合、打率.191、38安打、2本塁打、16打点、3盗塁

    ピーター・バーンサイド(1964 ? 1965)投手
    61試合(282回1/3)、10勝22敗、101奪三振、防御率3.10

    レノ・ベルトイア(1964 ? 1964途)内野手
    20試合、打率.175、10安打、1本塁打、2打点

    チコ・フェルナンデス(1965)内野手
    52試合、打率.144、16安打、1本塁打、8打点、3盗塁

    マイク・クレスニック(1967途 ? 終了)内野手
    506試合、打率.265、444安打、90本塁打、265打点、13盗塁

    ウィリー・カークランド(1968 ? 1973)外野手
    703試合、打率.246、559安打、126本塁打、304打点、7盗塁

    ジョー・ゲインズ(1969)外野手
    51試合、打率.205、32安打、3本塁打、11打点、4盗塁

    フレッド・バレンタイン(1970)外野手
    123試合、打率.246、108安打、11本塁打、46打点、3盗塁

    レオン・マックファーデン(1972)外野手
    54試合、打率.283、45安打、2本塁打、6打点、5盗塁

    ボビー・テーラー(1974 ? 1975)外野手
    358試合、打率.259、328安打、30本塁打、113打点、11盗塁

    ジョージ・アルトマン(1975)外野手
    935試合、打率.309、985安打、205本塁打、656打点、31盗塁

    ハル・ブリーデン(1976 ? 1978)内野手
    260試合、打率.251、231安打、79本塁打、194打点、5盗塁

    マイク・ラインバック(1976 ? 1980)外野手
    565試合、打率.296、598安打、94本塁打、324打点、28盗塁

    リロイ・スタントン(1979)外野手
    121試合、打率.225、103安打、23本塁打、58打点

    デーブ・ヒルトン(1980 ? 1980途)
    251試合、打率.284、276安打、38本塁打、128打点、7盗塁

    ブルース・ボウクレア(1980途 ? 終了)外野手
    80試合、打率.249、44安打、8本塁打、26打点、2盗塁

    https://www.baseballchannel.jp/npb/79877/
    2020/04/29

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/01(金) 14:24:50.31 ID:0JPnrOgV9
    1981?90年加入
    スティーブン・ラム(1981 ? 1982)外野手
    64試合、打率.257、47安打、4本塁打、16打点、1盗塁

    ダグ・オルト(1981)外野手
    102試合、打率.307、100安打、18本塁打、59打点、2盗塁

    ダン・ゴンザレス(1981途 ? 終了)外野手
    9試合、打率.174、4安打、1本塁打、3打点

    ポール・デード(1981 ? 1981途)外野手
    37試合、打率.219、25安打、1本塁打、5打点、3盗塁

    キム・アレン(1982 ? 1983)外野手
    125試合、打率.265、101安打、5本塁打、26打点、34盗塁

    グレッグ・ジョンストン(1982)外野手
    104試合、打率.256、89安打、10本塁打、37打点、4盗塁

    ランディ・バース(1983 ? 1988途)内野手
    614試合、打率.337、743安打、202本塁打、486打点、5盗塁

    リチャード・オルセン(1983途 ? 1984)投手
    42試合(165回1/3)、6勝11敗1セーブ、97奪三振、防御率4.19

    スティーブ・ストローター(1983 ? 1983途)外野手
    28試合、打率.276、24安打、5本塁打、12打点

    リッチ・ゲイル(1985 ? 1986)投手
    60試合(352回1/3)、18勝18敗、228奪三振、防御率4.42

    マット・キーオ(1987 ? 1990)投手
    107試合(678回1/3)、45勝44敗、398奪三振、防御率3.73

    ルパート・ジョーンズ(1988途 ? 終了)外野手
    52試合、打率.254、43安打、8本塁打、27打点、4盗塁

    セシル・フィルダー(1989)内野手
    106試合、打率.302、116安打、38本塁打、81打点

    ラリー・パリッシュ(1990 ? 1990途)内野手
    235試合、打率.260、227安打、70本塁打、183打点、2盗塁

    リチャード・ウィッグス(1990)外野手
    26試合、打率.191、9安打、1本塁打、4打点

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1588310547/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    torakki-


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/30(木) 21:44:46.60 ID:/9xDeSYfM
    メンチ?

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/30(木) 21:45:00.97 ID:g9rIxcmd0
    ロサリオ

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/04/30(木) 21:45:01.50 ID:7im5Igu20
    グリーンウェル

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1588250686/

    続きを読む

    このページのトップヘ