とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    安藤優也

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     高知・安芸キャンプで投手陣を指導している阪神安藤優也1軍投手コーチ(44)が日刊スポーツのインタビューに応じた。05年には先発としてリーグ制覇に貢献。岡田彰布監督(64)と目指す「アレ」への決意を語った。一問一答は以下の通り。



     -金本監督、矢野監督の中で若返りもあるが、雰囲気などは変わった。

     「昔と比べてアットホームというか、仲がいいなと。俺たちが現役の時と比べたら仲良いなぁと思います。ギスギス感がないというか。ライバル心はあるのかもしれないけど、そういうのはあまり感じられないというか、見せないよね。1軍で誰かが活躍したら悔しくないのかなと。悔しいとは思うんだけど、そういうのはあまり見せない。それが良いのか悪いのか分からないけどアットホームというか仲良くはなってますよね」

     -若手投手陣になっている強み

     「今はいろんな練習方法や情報を知っていて、みんなで共有している。僕たちのころはそういうことはなかなか聞けなかったから。同じ年代が多いから、こういう感じでやっているよ、考えているよというのがいつも見えている。そういう意味では同じ年代の若いヤツがいるっていうのはプラスに働いているっちゃ働いてると思う。情報共有できる横のつながりがあるね。でも、それでなあなあにしちゃいけないし、仲間だけどライバルとは思っていると思うよ」

     -ベテラン不在で選手たちに変化は

     「確かにベテランがいなくなって…だからこそみんな仲が良いのかなってのがあるかもしれないね。僕たちのときはシモさん(下柳)とかがいて、ピリッとしてたしね。だからと言って考えが甘いとか、練習が全然ちゃらんぽらんやってるとかではなくて、みんなしっかり考えてやってくれてる。キャンプ期間中も結構ハードに走ったり、考えてトレーニングしてくれてるし、みんなついてきてくれてる。文句ひとつ、心の中で言ってるのかもしれないけど、あまり態度に出す子もいないし、必死に食らいついてやってくれてるなと。素直な子が多いんじゃないの」

     -ブルペンで言うと岩崎が残って、そんな存在になってほしい

     「岩崎、西(勇)とかそのへんのちょっとベテランくらいの人がうまくピリッとまとめてくれたらいいなと思う」

     -ドラフトでも投手を取って、競走も激しくなる

     「プロの世界は競争というのは基本なので、高卒2人も1年目から競争して入って欲しい。もちろん体力づくりも大切なんだけど、競争というところでは1年目から関係なくね。今のキャンプと春のキャンプで雰囲気も変わるだろうし、より競争というところが春またあると思う」

     ◆安藤優也(あんどう・ゆうや)1977年(昭52)12月27日生まれ、大分県出身。大分雄城台高-法大-トヨタ自動車を経て、01年ドラフト自由枠で阪神入り。2年目の03年には中継ぎで優勝に貢献。04年アテネ五輪出場。05年は先発で11勝を挙げ、勝率6割8分8厘(11勝5敗)はセ・リーグ最高(当時は表彰なし)。17年限りで引退し、18年からは阪神でコーチを務める。通算登板数486試合は、小山正明と並び球団7位。77勝66敗、11セーブ、76ホールド、防御率3.56。現役時代は184センチ、99キロ。右投げ右打ち。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/497f7de83d559add60b4d2bae1f68b2692c49e3e


    【阪神】安藤コーチ、ベテラン不在でも選手たちは「必死に食らいついてやってくれてる」一問一答  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202211140001288.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  岩崎と西勇輝がベテラン扱いってなんかいまだに違和感あるな…


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神は次期監督として2005年の優勝監督である岡田彰布氏(64)の擁立を決定したが、水面下でコーチングスタッフの組閣が進み、1軍投手コーチには、安藤優也(44)、久保田智之(41)の現在2軍投手コーチの2人を昇格させる方針であることが28日、明らかになった。若手戦力を1軍に送り出してきた2005年優勝メンバーの若い2人の指導者に最強投手陣の確立と、ポスト「JFK」作りを託す。その一方で、配球面や捕手陣を整備するバッテリコーチにはベテランで現在スコアラ―の嶋田宗彦氏(60)が10年ぶりに現場復帰する。

    ”矢野財産”である投手陣を若手指導者でブラッシュアップ
     来季優勝するためのチームの”心臓部”である投手陣の舵取りを2005年Vメンバーである若い2人に託すことを決断した。
     今季のチーム防御率2.67、失点425の数字は12球団ナンバーワン。
     青柳が13勝&防御率2.05で、現在2冠で、西勇も防御率2.18で2位につけ9勝9敗。2年目の伊藤もローテーを守り9勝5敗、ここに、西純、才木という若手がローテーに入り、ブルペンも、若い浜地、湯浅が防御率1点台で支え、ストッパーの岩崎は不安定で6敗もしたのは、いただけないが、防御率2.00で28セーブだ。最悪のスタートを切ったケラーも、日本野球に順応してスピードも増し安定感が出てきた。
     これらの投手陣を作り上げたのは、矢野監督が4年間で残した“財産“と言っていい。その若い投手陣をさらに強固にブラッシュアップするには、2軍投手コーチとして、この2年間コンビを組み、西純、才木、浜地、湯浅らの育成に携わってきた40代前半の久保田&安藤の若い2人に任せることが最適だと判断したのだ。
     彼らであれば選手との間にジェネレーションギャップもない。
     岡田氏は、ウィリアムズ、藤川球児氏、久保田の「JFK」という勝利方程式を確立させ、2005年にリーグ優勝を手にした革命的な戦術で知られる。来季もポスト「JFK」の確立が急務で、その勝利方程式の構築を「JFK」の1人だった久保田自身に任せようというのだ。ある意味、理にかなっている人選だろう。
     久保田は、2003年に常磐大からドラフト5位で阪神に入団。当初は先発だったが、藤川氏同様に2004年の途中から当時の監督だった岡田氏がブルペンへの転向を薦め、2005年には抑えとして68試合に登板して5勝4敗27セーブ、防御率2.12の成績を残して優勝に貢献した。最速157キロを出すなど、重い球質が特徴で、タフさも持ち味で、2007年には90試合に登板して46ホールド、翌年も69試合で31ホールドで2年続けて最優秀中継ぎ投手タイトルを獲得している。
     引退後は、フロントに残り、2年間は、2軍で打撃投手を務め、その後、編成部のプロスカウトを経て2021年から2軍投手コーチを務めていた。
     今でも語り草となっているのが、優勝した2005年9月7日、敵地での2位中日との天王山だ。審判の疑惑判定が続き、9回に3-3の同点に追いつかれ、なお一死満塁の絶体絶命のサヨナラのピンチを迎えた。ここで岡田氏がマウンドへ直接向かい、久保田に「打たれろ。むちゃくちゃやったれ。おまえの責任やない。オレが責任を取る」と笑顔でゲキを飛ばした。
     久保田は、連続三振でピンチを切り抜け、延長戦の末に勝利をもぎ取った。その緊迫した場面を乗り越えた経験と、岡田氏に教えられた究極の選手操縦術は、1軍コーチとなっても生かされるはずである。
     安藤も2005年Vメンバーで井川慶氏と共に左右のエースとして11勝5敗の成績を残した。この年は表彰対象ではなかったが、リーグの最高勝率投手だった。
     2002年に法政大からトヨタ自動車を経て自由枠で阪神に入団。1年目はわずか3勝に終わり、2年目の2003年は中継ぎに回ったが、岡田氏が2005年に先発転向させると素質が開花した。引退後は2018年から2軍の育成コーチを担当。2021年から久保田と共に2軍投手コーチに就任した。
     久保田、安藤共に現役時代は、投げ込みによってフォームを固め、制球力と1年間を戦う土台を作った。岡田氏は、近年進んでいるスポーツ医科学やメジャー式の調整法などを知った上で、「投げ込み必要論」を持っており、その考え方は2人とも共通している。安藤氏はベンチ、久保田氏はブルペンを担当させる構想だ。

     また配球面などで投手コーチと共同作業を行うことになるバッテリーコーチには、2004年から2007年までバッテリーコーチとして岡田氏を支えた嶋田宗スコアラーが現場復帰することになった。1985年のV戦士で、弟の嶋田章弘氏(現チーフスコアラー)との兄弟バッテリーが話題にもなった。2012年から先乗りスコアラーを務めており、担当チームのゲームではベンチ入りしているのでブランクはない。むしろ配球面の指導などにプラスの効果となるだろう。
     矢野監督政権下では、梅野、坂本を併用するなどし、なぜか正捕手が定まらない状況を作っていたが、経験豊富な嶋田宗氏がチームの要である捕手陣を整備、強化する。正式就任を前に来季優勝を狙う新生岡田阪神の組閣が着々と進んでいる。
    (文責・本郷陽一/RONSPO、スポーツタイムズ通信社)




    ”新生岡田阪神”1軍投手コーチに久保田智之&安藤優也の2005年Vコンビが内部昇格…伝説の「むちゃくちゃやったれ」の教えを生かす(Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE) 分かっちゃいたけど投手コーチも含めて総取っ替えか。金村福原あたりはどうなっちゃうんだろ??  https://news.yahoo.co.jp/articles/3f49148328880b5de4d8cf724801c6e45edbf6e3 



    ブルペンコーチも変えるってこと? 状況の良い部門をすべて変えてしまうのは違うのでは? ”新生岡田阪神”1軍投手コーチに久保田智之&安藤優也の2005年Vコンビが内部昇格…伝説の「むちゃくちゃやったれ」の教えを生かす(Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE)  https://news.yahoo.co.jp/articles/3f49148328880b5de4d8cf724801c6e45edbf6e3 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2017/10/23(月) 12:59:16.62 ID:Pe8zQ0n4p
    今季限りで現役引退した安藤優也氏(39)が23日、阪神のファーム育成コーチに就任し、西宮市内の球団事務所で会見を行った。背番号は「86」に決まった。
    「初めてのことなので多少の不安はありますけど、またタイガースのユニホームを着て、若手と一緒に野球ができることがうれしいです」
    16年のプロ生活を終えて指導者1年生となり、初々しく口を開いた。今季2軍でともに汗を流した若手投手への指導が中心となるが、金本監督からはすでに“鬼コーチ指令”も。
    「監督からは厳しくしてくれと言われているので、厳しく接していこうと思います。どんなボールを投げるかは分かっていて、ブルペンでもすごくいい球を投げる投手が多い。その球を試合で投げられるように」と意気込んだ。

    3

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000548-sanspo-base

    引用元: ・阪神・安藤氏、金本監督から“鬼コーチ指令”「厳しくしてくれと言われている」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/10/22(日) 16:56:17.78 ID:pGw7meus0VOTE
    阪神は22日、今季限りで現役引退した安藤優也氏(39)と新井良太氏(34)がコーチに就任すると発表した。安藤氏は育成コーチ、新井氏は2軍打撃コーチととなる見込み。
    23日に記者会見する。阪神の来季へ向けたコーチングスタッフは、矢野燿大作戦兼バッテリーコーチ(48)が2軍監督に就任、片岡篤史1軍打撃コーチ(48)がヘッドコーチに就任し、打撃コーチを兼務することが明らかになっており、新体制で巻き返しを図る。

    3
    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/10/22/gazo/20171022s00001173263000p.html




    @SponichiYakyu (スポニチ野球記者)

    阪神。

    今季限りで現役を引退した安藤優也氏、新井良太氏が来季からコーチに就任すると発表。

    #スポニチ #tigers

    https://twitter.com/SponichiYakyu/status/922007790129782784

    引用元: ・阪神、安藤優也・新井良太をコーチへwwwww

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/  2017/09/15(金) 14:39:31.92 ID:CAP_USER9
    阪神・安藤優也投手(39)が15日、西宮市内のホテルで会見に臨み、現役引退を表明した。
    背番号16の縦じま姿でひな壇に座り、時折、涙ぐみながら16年間のプロ生活を振り返った。以下は一問一答。

    (自ら)「本日はお忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございます。安藤優也は現役を引退することをみなさまに報告します。16年間、ありがとうございました」

    ―引退決意の気持ちは

    「一番はホッとしています。肩の荷が下りたというか。毎朝、体の心配をしなくていいんだなと思うと。一番はホッとしたかなという気持ちですね」

    ―決断の理由は。

    「何点かあるんですけど、一番は体力的な衰えが今年は結構、あったなというところで。
    年を重ねるごとに衰えを感じていたんですけど、今年は思うような動きができなかったり、ボールが投げられなかったりというのはあった。
    年齢的なこともあったし、体力的な限界が近づいているのかな。
    今シーズンは一度も1軍に上がれず、戦力になれていないという現実と若い投手が頑張って成長しているなと感じたので、総合的に判断して引退の決断をしました」

    ―いつごろから考え始めた。

    「8月に入ってからは頭の片隅にあったんですが、9月になって本格的に考えるようになり。9月12日に正式に決断しまして、球団の方に引退しますという報告をしました」

    ―球団側の反応は。

    「ねぎらい、ご苦労さまという言葉をかけてもらいました」

    ―金本監督、チームメートには。

    「12日の火曜日の夜に金本監督には電話させていただいて、その後、順番にチームメートには報告していきました。
    金本監督からもねぎらいの言葉を頂きまして、冗談ぽく『もう限界やな』と言われました。僕も冗談ぽく『限界ですね』と返しました」

    ―周囲に相談は。

    「基本的には自分でじっくり考えましたけど、家族、両親には一番最初に相談しました。色んな感情もありましたけど、家族と両親に一番相談したなという感じですね」

    ―家族の反応は

    「覚悟はしていたみたいなんで。年齢的なこともありますし、今年1軍で1試合も投げていない。お疲れさまでしたと言ってもらいました」

    ―お子さんは

    「野球に興味のない子。反応は薄かった。逆にそれが良かったかなと思います。(妻から)お疲れさまでした。長い間、頑張ってくれましたと」

    3


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000094-sph-base
    9/15(金) 14:08配信

    no title

    doris

     

    http://npb.jp/bis/players/41145115.html
    成績

    引用元: ・【野球】阪神 安藤、涙の引退会見「03年、05年の優勝の輪に入れたことが思い出」…一問一答 通算 485試合 77勝66敗11S  3.56

    続きを読む

    このページのトップヘ