とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    小野泰己

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <中日2-1阪神>◇27日◇バンテリンドーム

    阪神小野泰己投手が1イニングを無失点に抑えた。

    1点ビハインドの8回に2番手で登板。150キロ台の直球で2者を打ち取った後、四球と右前打で一、三塁のピンチを招いたが、高橋周を左飛に仕留めた。

    「接戦だったので絶対に0で抑えるという気持ちでマウンドに上がった」と無失点で切り抜けた。これで3試合連続無失点と起用に応えている。




    まけほー 明日明後日勝てば良い! 小野泰己、まずまずテンポよく投げた 大山くんさすが最後意地のヒット それだけで私は満足😊



    小野泰己 よくふんばりました💮 #阪神タイガース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神1―7DeNA(2021年4月23日 甲子園)

     阪神の5年目・小野が敗戦の中でアピールを果たした。22日の巨人戦に続く連投で7回から登板。4番・佐野から始まる攻撃を3人で片付けると、8回も3者凡退。2日間で4イニング打者13人と対戦し、巨人戦での失策による走者を許しただけの無安打無失点投球を展開した。

     7回2死から宮崎を遊ゴロに仕留めた1球が、この日最速の154キロ。前日に更新した157キロには届かなかったが、コンスタントに150キロオーバーする球威と、早めに打者を追い込む制球力に、進歩を見せた。

     「2イニングを3者凡退に抑えることが出来て良かった。投げる試合は0点で抑えたいと思っているので、抑えることが出来て良かった」

     右肩痛に苦しみ、昨年は初めて1軍登板なしに終わった。危機感とともに迎えたシーズンで、手応えはつかんだ。福原投手コーチも「腕も振れている。これを継続してくれれば、いいところで投げられると期待している」と高く評価。勝利の方程式に食い込む可能性も膨らんだ。(鈴木 光)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5092a98ac9150f63b257a7c21cdc93a6035da957


    勝ちパに昇格しそう?! 150キロ超ズバズバで2回零封 阪神・小野、また好投でアピール成功 そろそろ勝利の方程式入りも― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/04/24/kiji/20210424s00001173021000c.html 



    150キロ超ズバズバで2回零封 阪神・小野、また好投でアピール成功 そろそろ勝利の方程式入りも― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/04/24/kiji/20210424s00001173021000c.html  おのくんはとにかく今を継続していこう💪


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神1-7DeNA>◇23日◇甲子園

    阪神小野泰己投手が2戦連続2イニングを無失点と好投した。6点ビハインドの7回から登板。

    150キロ台の直球で押し込み、佐野や宮崎ら打者6人をぴしゃりと抑えた。「2イニングを3者凡退で抑えることができて良かったです」と納得の表情。福原投手コーチも「本当にストレートが走っていたし、よく腕が振れていた」と連夜の好投を高評価した。




    藤浪投手と馬場投手、佐藤輝選手は悔しい日だったね😩大山選手のホームランと小野選手の好投でポジろう!



    #chibalotte 今日のポジ要素 ●安田 今日も打点(犠飛2四球も4番らしい) ●中村奨吾 2安打(※昨日今日で5安打) ●F小野 完全復活の予感  ●ハーマン 唐川 完璧 →●中村稔 好投👑


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は22日の巨人戦(東京ドーム)に3―8で敗戦。今季初の東京ドーム3連戦を勝ち越すことはかなわず、2位・巨人とのゲーム差は2に縮まった。ここまで3試合に登板し防御率1・80と抜群の安定感を誇っていた先発・秋山が、2回までに6点を失うまさかの大誤算。だが、壊れかけたゲームを一時的にではあるが引き締め、逆転への機運を高めたのは後続のマウンドを死守した「負けパターン」男たちの奮投だ。〝令和のSHE〟再結成がかなえば、矢野阪神の16年ぶりVは一層現実味を帯びてくることになりそうだ。

     秋山の降板を受け、4回からマウンドに上がった小野泰己投手(26)は150キロ台の直球を軸にした投球で坂本、岡本らをねじ伏せ2回無安打3三振無失点。6回のマウンドを任された馬場皐輔投手(25)も、二死一、三塁のピンチを背負いながら、最後は岡本を空振り三振に切って取り、1イニングを無失点で切り抜けた。

     打線はその間に佐藤輝の適時打、北條の1号2ランなどで3点を奪取し、一時は3―6の3点差にまでスコアを縮めることに成功。小野と馬場の奮投が敗戦ムードに沈む虎ベンチを力強く鼓舞した格好だ。

     阪神が最後にセ・リーグを制覇した2005年シーズンの最大のヒーローは、ジェフ・ウィリアムス(現駐米スカウト)藤川球児(現阪神スペシャルアシスタント)、久保田智之(現二軍投手コーチ)の3人からなる最強のリリーフユニット「JFK」。だが、この年の阪神ブルペンにはもう一組〝裏番長〟的なリリーフユニットが存在していた。桟原将司、橋本健太郎、江草仁貴の3人からなる「SHE」だ。

     ビハインドの場面を主戦場としたSHEの3人は、05年に3投手合計でシーズン176イニングに登板し、防御率2・75と優秀な成績をマーク。相手打線の追撃を再三食い止め、チームの逆転勝利、追いついてのドロー決着を何度も演出した。

     登板過多になりがちだった当時のJFKの3人を何度となくカバーし、負担を減らしてくれたSHEはまさに05年シーズンの影のヒーロー。3人の頭文字をとり、リスペクトを込め「SHE」と命名したのも、絶対的セットアッパーだったウィリアムスだ。

     この日の試合、馬場の後を受け7、8回のマウンドを任されたエドワーズと桑原は、香月と梶谷にソロアーチをそれぞれ浴び2失点。リードを5点に広げられ、反撃ムードは一気にしぼむ形となった。シーズンは残り121試合。〝令和のSHE〟結成に成功すれば、阪神の16年ぶりVはますます現実味を帯びてくる。

     ここまで8試合に登板し、無失点投球を続ける小林慶祐投手(28)、ドラ8ルーキーながらオープン戦で結果を残し開幕一軍切符をもぎ取った石井大智投手(23=現在は二軍調整中)らの奮起にも期待したい。

    東京スポーツ




    優勝チームでも40敗するし、負けなしでシーズン終わる投手なんて稀だし。 負け試合をいかに無駄にしないかは大事。 昨日はジョーやグッチを出したり小野、馬場、エドワーズ、桑原を試したりと次に繋がる負けだと思うけどな。 たしかに巨人相手だから腹立つのはわかるけど選手罵倒してどうすんだ。



    勝つ日が続けば負ける日も続く時もある。 昨夜はじょーくんのツーランや小野くんの力投。馬場ちゃんもよくおさえたよ。 1戦1戦を大切に応援していこう。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <巨人8-3阪神>◇22日◇東京ドーム

    阪神小野泰己投手は2週間ぶりの登板で自己最速157キロを計測し、2イニングを3奪三振無安打無失点と快投した。5点ビハインドの4回から登板。150キロ台の直球で押し続け、許した走者は内野ゴロ失策の1人だけだった。前回登板まで2戦連続失点していただけに「ずっと0点で抑えたいという気持ちは強く持っていました」。矢野監督は「いいボールを投げていた。自信にしていってくれたら」と投球内容を評価した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4eded0591ee58977d56c22380c10251bd96a209c

    続きを読む

    このページのトップヘ