とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    糸原健斗

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の糸原健斗内野手(29)が11日、恩師から打率3割のノルマを課せられた。地元・島根県出雲市の出雲ドームで行われた選手会シンポジウム「夢の向こうに」に参加。母校・開星の野々村直通監督(69)は「3割バッターになってほしい」と要望。指令を受けた名誉キャプテンは「3割打って、チームを率先して引っ張っていきたい」と強い決意を示した。

     自然と背筋が伸び、指導にも熱がこもった。スタンドから恩師が見つめる中、地元・島根の高校球児に身ぶり手ぶりを交えながら、技術を伝授した糸原。プロへと導いてくれた故郷へ経験を還元し、母校・開星の恩師である野々村監督を前に決意を新たにした。

     「結果が出てなかったら試合にも出られない。1年間戦える体と技術をしっかりまたこの期間で鍛えて、来年もチームに貢献できるように頑張ります」

     今季は125試合に出場し、打率・286、2本塁打、30打点。打順が組み替わる中で高い対応能力を発揮した。一方で故障などもあり、目標としていた全試合出場を逃した。

     「命がけでやれ」が口癖の野々村監督も糸原の懸命な姿勢は高く評価する。「(今年も)ようやったと思うよ。3割いくかなと思ったけどね。あの体で、あの試合数を出るだけでそれはもう大変だと思う」とたたえた。その上で「3割バッターになってほしいね。(ヤクルトの)青木のようなバッターになってほしい」と要望した。

     恩師の指令に応えないわけにはいかない。「3割打って、チームを率先して引っ張っていきたい」と糸原。闘争心をむき出しにした“野々村イズム”を胸に、名誉キャプテンがリーグ優勝へ導く。




    阪神・糸原 故郷の島根でシンポジウム参加 2年ぶりに再会した恩師の開星・野々村監督の激励に応える― スポニチ Sponichi Annex 野球 そういやこの監督羽鳥さんのモーニングショーで炎上してたよな  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/12/12/kiji/20211212s00001173132000c.html 



    本当に鳥谷みたいに打率3割出塁率4割目指してくれ🤣 阪神・糸原、恩師から3割指令 開星・野々村監督の要望に「打って引っ張っていく」(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/4bb2bb43142241558c1223ff74cd90dd3a33d894 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・糸原健斗内野手(29)が11日、島根県出雲市で行われた選手会イベント「プロ野球現役選手によるシンポジウム『夢の向こうに』in島根」に参加。集まった160人の高校生に守備やバントなどの実技指導を行った。

     地元での野球教室は3年ぶり。「高校まで島根で育ってきたところなので、こうやって高校生に教える機会がそうそうないので今日はすごい僕自身も楽しみにしていた。子どもたちに教えて自分が再確認するというのもあった」と感想を口にした。同イベントでは開星高の恩師・野々村直通監督(69)とも約2年ぶりに再会し、会話を交わしていた。




    いいですね…糸原選手は 親切に教えてくれそう😊 阪神糸原健斗、高校球児にプロの技を伝授 島根県で15年ぶりシンポジウム(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/ef32d6b862b5d58684fc3262e224311ed6b0897f 



    阪神糸原健斗、高校球児にプロの技を伝授 島根県で15年ぶりシンポジウム  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202112110000387.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  高校球児たち内心笑ってそう



    守備のこと語ってて草 阪神糸原健斗、高校球児にプロの技を伝授 島根県で15年ぶりシンポジウム(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/ef32d6b862b5d58684fc3262e224311ed6b0897f 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神・糸原健斗内野手(29)が10日、「ローソンチケット スピードアップ賞」の打者部門を受賞した。

     今季、試合をスピーディーに進めた選手及びチームに送られるもので、糸原は打席の時に相手投手の平均投球間隔(無走者時)が11・5秒とセ・リーグ(規定打席以上)で最も速いタイムを記録していた。

     糸原はNPBを通じ「このような賞を受賞することができうれしく思います。投手との対戦に集中し、打席に立つ前に状況を整理して勝負できた結果だと思うので、来シーズンもこの形を崩さず、やっていきたいと思います。投球間隔は短くですが、持ち味の粘り強さは大切にして頑張っていきたいと思いますので、ご声援よろしくお願いします」とコメントした。阪神からは昨年の近本に続いて、2年連続での受賞となった。




    <ローソンチケット スピードアップ賞> ■打者部門 レギュラーシーズンにおいて最も相手投手の平均投球間隔(無走者時)が短かった打者 【セ・リーグ】糸原 健斗(阪神) 11.5秒 【パ・リーグ】荻野 貴司(千葉ロッテ) 11.7秒  https://npb.jp/award/2021/speedup.html  #NPB pic.twitter.com/de4yTPbmMi



    @npb 糸ちゃんおめでとう㊗️🎉🎉🎉



    糸ちゃんおめでとう😉👏 阪神・糸原がスピードアップ賞を受賞 「状況を整理して勝負できた」 虎からは2年連続で選出― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/12/10/kiji/20211210s00001173376000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・糸原健斗内野手(29)が5日、ベテラン・糸井嘉男外野手(40)とともに阪急交通社のオンライントークショーに登場し、珍公約で来季のV達成へ意気込んだ。 

     公約の中身は「糸井さんを日本シリーズ解説に行かせない」というもの。トークショーで糸原は、ヤクルトが日本一を決めた神戸での日本シリーズ第6戦のゲスト解説に招かれたことについて触れ「声が小さかった」と先輩にダメ出し。その後「絶対、リーグ優勝して、日本一になって。もう(糸井さんを)解説に行かせない」とまとめた。

     チームとしては今年は12球団最多の77勝、ヤクルトと終盤まで優勝争いを演じながら、惜しくも2位でリーグ優勝を逃し、日本シリーズ進出も果たせずに終わった。糸原は「僕自身、責任も感じていますし、毎年、悔しいって言っている気がする。それ以上にファンの方々にも悔しいと思うし、恩返しが全然できていない」。あらためて来季のリーグ優勝&日本一を目標に掲げると、さらに隣にいた糸井へにも視線を向け「だから(糸井は)解説とか呼ばれないんで。それがいいかなと」。来季は糸井とともに日本シリーズに「出場する」ことにこだわる。



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・糸原健斗内野手(29)が5日、糸井嘉男外野手(40)とともに阪急交通社のオンライントークショーに出演。今オフは「ボロカスに言われているので」と厳しいヤジが飛ぶ原因となった守備力の徹底強化を掲げた。糸井から「(糸原が)3割を打っていたら絶対に勝てた」と指摘されただけに、初の打率3割到達も目指す。

     司会者から守備の話題を振られた際、糸原の表情には悔しさがにじみ出ていた。自身も守りが最重要課題なことを十分理解しているだけに、今オフは守備練習に多くの時間を割くつもりだ。

     「守備はボロカスに言われているので、ちょっとこのオフにどこかこもって取り組んでいかないといけないなとは思っています」

     今季の二塁の守備率は・986、7失策だったが、記録に残らないミスもあった。二遊間の併殺性の打球でも走者を残し、失点につなげてしまう状況も際立った。阪神の併殺奪取数は、リーグワーストの104。取れるアウトを確実に取る確率を増やせるかが、ポイントになってくる。

     キャンプで指導を受けた川相臨時コーチ(来季巨人ファーム総監督)にはシーズン中に電話で助言をもらう機会もあったという。守備の名手の教えをもう一度確認しながら、改善点を見直していく。

     チーム全体でも両リーグワーストの86失策と守備力に課題を残したが、チームは143試合目まで優勝争いを繰り広げた。「12球団で一番、勝ったことは自信にして。マイナスなことばかり取り上げられるが、プラスのことも今年はいろいろあった。僕らのチームの力にもなっていくので大切にしていきたい」と口調が熱を帯びた。

     矢野阪神の象徴、積極走塁には特に手応えを感じている。両リーグトップの114盗塁。隙あらば、前の塁を狙う姿勢もナインに浸透しており「凡打、振り逃げでも全力疾走。僕らのチームでは当たり前になっている」と走塁意識の高さには自信をのぞかせる。

     トークショー中、糸井から「打率3割をキープしとけば絶対に勝てた」と指摘された。6月中旬までは打率3割を維持してきたが、最終的には・286で終えただけに「来年はその悔しさをぶつけて」と3割到達を狙う。

     日本シリーズに糸井が解説で呼ばれたことにも触れ「絶対リーグ優勝、日本一になって(糸井に)解説に行かせないように」と決意。打撃、守備の両面で必ずレベルアップを果たし、来季こそ猛虎の悲願を成就させる。




    阪神・糸原「ボロカス守備」鍛え直す 目立った記録に残らぬ拙守も改善誓う/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/12/06/0014894462.shtml  #タイガース #tigers #阪神 #DailySports



    @Daily_Online 春のキャンプは徹底的にやらんとね。 来年は小幡くんにセカンド任せたいな〜



    @Daily_Online 試合中にコーチらがつけてるスコアを徹底分析すれば、記録に残っていないと思われがちな残念プレーが見えてくる。


    続きを読む

    このページのトップヘ