とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    高校野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「高校野球高知大会・準決勝、高知10-3高知中央」(26日、春野総合運動公園野球場)

     今秋のドラフト上位候補で、最速154キロを誇る高知の森木大智投手(3年)が粘りの投球を見せて7回3失点。28日の決勝進出を決めた。

     今大会初めて先発マウンドに上がった森木は、初回の初球124キロの変化球から入ったが、2死後、152キロの直球で三振を奪い、三者凡退に抑えた。

     しかしバットをコンパクトに振り抜いてくる高知中央打線相手に序盤は苦戦を強いられた。二回に2点、三回に1点を失いリードを許したが、四回、2死満塁から有田爽輝内野手(3年)の2点適時打などで打線が反撃。押し出しで逆転に成功すると、六回には5安打を集めて5点を奪って大勝を決めた。

     試合後、森木は「バランスは良かったが、力んで荒れてしまった」と反省したが、視察に訪れたスカウトのスピードガンで最速153キロを記録するなど、レベルの高さは変わらず。決勝の明徳義塾戦へ向けて「全員で全力で勝ちにいく姿勢を貫く」と、甲子園出場を誓った。





    高知森木は直球も凄いんだけど、変化球の精度も高く一級品。 最速154キロの直球からのブレーキの効いた変化球がほんとに凄い。 個人的にこの1球えぐい(語彙力皆無) #高校野球 #高知 https://t.co/sK408PAW0F



    高知が決勝進出 剛腕森木が153キロ計測 宿敵・明徳義塾と決戦へ  https://www.daily.co.jp/baseball/2021/07/26/0014536014.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・矢野監督が、後半戦も“足攻”を駆使して主導権を握る戦いの継続を宣言した。

     「(盗塁や走塁は)勢いっていう部分では付くし、数字だけに表れない部分で相手にプレッシャーもかかっている。走塁って見た目にもムードが上がる」

     チームは目下84試合で71盗塁と球団では58年以来63年ぶりの120盗塁に到達するペースだ。近本、中野のレギュラーメンバーはもちろん、熊谷、植田ら代走要員の勝負どころでの機動力もある。

     今後は優勝争いも大詰めに向かい、重圧のかかる場面が多くなるが、指揮官は「全然、大丈夫。大事なゲームだから急に走れへんってこともない。俺はずっと選手の背中押してる」と期待。選手の勇気から苦境を打開する場面を思い描いた。

     リーグ1位の近本を1差で追う16盗塁の中野も「チームが勝つことを最優先に、勝利につながる盗塁ができれば」と意気込む。“走れる虎”が歓喜の瞬間までペナントレースを快走する。(遠藤 礼)




    後輩達の快挙、嬉しいですね。 阪神中野、母校日大山形の甲子園出場にエール「のびのびプレーして」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202107250000788.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    阪神中野拓夢内野手は24日に母校・日大山形の4年ぶり甲子園出場が決まり「母校が出場を決めてくれたことはすごくうれしいです」と興奮気味。 「自分がプレーしている場所でもあるので、後輩たちにはのびのびとプレーしてもらいたい」とエールを送った…  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202107250000788.html  pic.twitter.com/cW4jNAokOQ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <高校野球大阪大会‥大阪桐蔭22-0城東工科>◇25日◇4回戦◇大阪シティ信用金庫スタジアム

    大阪桐蔭が5回コールドで圧勝し、5回戦に駒を進めた。

    池田陵真外野手(3年)が、1本塁打を含む4安打7打点の活躍を見せた。圧巻だったのは3回。1死満塁でフェンス直撃の中越え適時二塁打で3走者が生還。打者1巡した2度目の打席は2死一塁。左中間への2ラン本塁打を放ち、この回で5打点を稼いだ。2回戦、3回戦、4回戦の合計打点は10と絶好調だ。池田は「内容的に見れば良いように見られると思うが、最後の打席で打撃のミスで打ち切ることが出来なかった。最後の集中力と打ち返していける技術がまだ足りていないと思う」と表情を引き締めた。

    5回には、今秋ドラフト候補の最速150キロ左腕・松浦慶斗投手(3年)が、春のセンバツ以来となる公式戦登板。センバツ以降は走り込みを中心に体作りを徹底する期間だった。3回戦では最終回に登板する予定だったがコールド勝ちでおあずけ。ようやく上がったマウンドで、センバツから改造したフォームで146キロをマーク。1回17球1安打2奪三振で試合を締めた。松浦は「しっかり準備していたつもりだったが、最後にヒットを打たれてしまったし、自分の隙が見えた。そういうところを無くしたい」と反省。西谷浩一監督(51)は「調子は悪くないし、しっかり投げてくれたと思う」と話した。

    この日は5球団のスカウトが視察。松浦の投球にオリックス谷口スカウトは「春先より可動域が上がっている。フォームのしなやかさも出ている」と評価した。大阪桐蔭は5回戦で春季大会決勝と同じ相手の近大付と28日に対戦する。

    ◆大阪桐蔭松浦の今春センバツ 1回戦の智弁学園戦(奈良)に先発したが、1回3四死球と2安打を許し、いきなり4失点。2回から4回までは3人ずつで切り抜け、マウンドを降りた。チームは後半に追い上げたが序盤の失点が響いた。松浦は「今までも初回の入りで失点が多くて、その中で絶対に初回を抑えようとして空回りした」と悔やんだ。大阪桐蔭のセンバツ初戦敗退は、12度目の出場で初の屈辱だった。




    大阪桐蔭4回戦の初回5点取って強いなって思ったけど結果22-0(5回コールド)はエグい



    凄い投手。 近大附のクリーンアップとの 対決は見物⚾ 大阪桐蔭が圧勝22得点 プロ注目松浦146キロ&池田7打点の躍動/大阪(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/5fd22074d3b30e3cb84e50b3bc93f8b315938741 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇全国高校野球選手権奈良大会 準々決勝 天理5―0法隆寺国際(2021年7月24日 佐藤薬品スタジアム)

     復肩だ。天理・達孝太が準々決勝で圧巻の投球を披露した。毎回の13三振で3安打完封。投球数はわずか84球。「いろんなことを試すことができた。フォームを修正して、ストレートの回転数とフォークを確かめることができた」と手応えを確認したことを強調した。

     3回戦での先発では、4回6安打4四死球で3失点といいところがなくマウンドを降りた。春の選抜では脇腹を痛め、春季県大会後には右ヒジに炎症を発生し、別メニューでの調整を強いられた。夏の大会ではエースナンバーを失い、背番号11で臨んでいた。このままで終わるわけにはいかない。憧れているダルビッシュ有も参考にしている「ピッチングデザイン」(お股ニキ)を改めて読み直し、一から投球を見直して、準々決勝に臨んでいた。

     「選抜以降は7イニングが最高だった。84球で完投できたのは、前回から修正できた結果だと思う」と達。この日は日米9球団のスカウトが集合したが、ロッテ三家スカウトは「MAXには届いていないが、内容は良かった。しっかり低めに来ていた」と上昇ムードに入ったと評価した。世代ナンバーワンの座へ、達の挑戦は続く。




    プロ注目の天理・達、9回13K完封 前回叱咤した監督もべた褒め [結果]天理vs.法隆寺国際→ http://ow.ly/HK0n50FCP3b  #高校野球  http://ow.ly/cypn50FCP3c 



    天理の達要注目だな



    天理・達 ダルも参考にする「ピッチングデザイン」読み直して圧巻投球!毎回13奪三振で3安打完封 素晴らしいな 内容もわからんで叩くアホが目立つが、そんなのは無視して成長していってほしい  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/07/24/kiji/20210724s00001002455000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     第25回全国高校女子硬式野球選手権大会(全国高校女子硬式野球連盟、兵庫県丹波市主催、朝日新聞社後援)が24日、兵庫県丹波市のつかさグループいちじま球場などで開幕した。今大会から決勝のみ、男子の第103回全国高校選手権大会の休養日にあたる8月22日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開催される。過去最多40チームが、甲子園でのプレーと頂点をめざし、熱戦を繰り広げる。

     開会式にはつかさいちじまの第1、第2試合に登場する4校が参加。初出場となった日本ウェルネス(東京)の柳川愛奈主将(2年)が選手宣誓し、「甲子園というあこがれの舞台へのチャンスを与えてもらった。野球ができることが当たり前でないという気持ちを一投一打に乗せて戦うことを誓う」と語った。

     開幕カードでは初出場の蒼開(兵庫)が5―3で折尾愛真(福岡)を破った。(高橋健人)




    甲子園をかけた 女子高校野球の全国大会が きょうから開幕 ⚾️⭐️ 写真は #履正社高校女子野球部 3年生の皆さんです🌷 常に笑顔で明るく! 心の底から野球を楽しんで 練習する姿に..取材陣まで 元気を貰っちゃいました♫ 今年の夏は #女子野球 にも注目です🤗💓 ※撮影時のみマスクを外してます pic.twitter.com/MG8psNM0eM



    全国高校女子硬式野球選手権が開幕 過去最多40校が参加 決勝は甲子園(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/5b1bf9b66758402bb869b55fd63a3d9ef11e4e10  女の子だって、甲子園!!!って感じのニュアンスやね


    続きを読む

    このページのトップヘ