とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    高校野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

    (20日、選抜高校野球 東海大相模3-1東海大甲府)

     どっちが攻撃して、どっちが守備? 甲子園で、ユニホームがほとんど同じ縦じまで、遠くからでは見分けがつかないチーム同士の対決があった。

     第93回選抜高校野球大会第2日の第3試合は、東海大の系列校同士の対戦。昨秋の関東大会4強で5年ぶり出場の東海大甲府(山梨)と、同8強で2年連続の東海大相模(神奈川)が顔を合わせた。

     東海大や東海大系列校の野球部を象徴する伝統のユニホームは、胸に「Tokai」の筆記体の文字に、縦じまだ。

     体が大きく見えて威圧感が増すユニホーム。だが、よく見ると、高校によって色合いや縦じまのラインの太さなどが微妙に違うのも特徴だ。

     昨秋の関東大会準々決勝でも、甲府と相模は対戦した。

     甲府は1点を追う九回。それまで相模の左腕・石田隼都(3年)に散発3安打に抑えられていたが、1死一、二塁から久井竣也(3年)がとらえた打球は右翼手の前へ。そして、そのまま大きく弾み、ジャンプした右翼手の頭上を越えた。

     球が転々とする間に二塁走者に続き、一塁走者も一気に生還した。完封負け寸前の状況から逆転サヨナラ勝ち。明暗がひっくり返った。

     甲府の村中秀人監督は相模のOBで巨人の原辰徳監督と同級生。相模で監督も務めた。2005年の秋季関東大会で敗れた母校相手にリベンジし、「運命を感じました」と泣いた。

     相模の門馬敬治監督も顔を真っ赤にし、「これが勝負の厳しさ。負けたんだと実感しています」。

     その時のユニホームは同じ縦じまでも、甲府が白、相模は濃い青みがかかっていた。似ているが、両校の区別はすぐについた。

     ところが、この春、選抜大会に向けて、甲府はユニホームを新調した。相模に近い青色になってこの日、甲子園に登場した。わかりやすい違いは、甲府が黒、相模は白のスパイクの色くらいだ。

     一塁側が相模で、三塁側が甲府。ユニホームがさらに似て、互いのライバル心もくすぐる。今回の試合は、相模が延長の末、甲府を破り、昨秋の雪辱を果たした。(山口裕起)




    東海大付属対決今チラッと観たけど どっちがどっちかわかんねえwww



    @hawks_V6 紛らわしいwww



    センバツ東海大対決おもしろいね


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     19日に開幕する第93回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の開会式リハーサルが18日午前、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であった。新型コロナウイルスの影響で前回大会が中止となったため、2年ぶりの大会。感染防止対策を徹底しながら、1試合1万人を上限に観客も入場して開催する。

     この日は快晴の中、本番と同じ午前9時からリハーサルが始まった。感染防止対策のため今回、開会式に実際に参加するのは出場32校のうち大会第1日に試合がある北海(北海道)、仙台育英(宮城)、健大高崎(群馬)、神戸国際大付(兵庫)、下関国際(山口)、明徳義塾(高知)の6校のみ。リハーサルでもメンバー全員は参加せず、6校の主将とプラカードを持つ生徒らだけで行進のやり方などを確認した。

     司会者を務める長崎日大高3年、宝蔵寺(ほうぞうじ)花映(かえ)さんらも参加。選手宣誓の手順を確認した仙台育英の島貫丞主将(3年)は「明日は観客が入るので緊張すると思うが自信を持って臨む。いろいろな方々の思いがあるので自分の言葉で伝えたい」と話した。開会式は19日午前9時から開かれる。【荻野公一】




    いよいよ明日から‼️ 選抜高校野球あす開幕 初日登場6校の主将ら参加して開会式リハ #センバツ #高校野球 #センバツLIVE  http://mainichi.jp//articles/20210318/k00/00m/050/064000c 



    あす開幕です。例年と大きく違う2年ぶりの大会ですが、選手たちにはとにかく力を出し切ってもらいたい。 選抜高校野球、甲子園で開会式リハーサル 初日の6校で:朝日新聞デジタル  https://www.asahi.com/articles/ASP3L3DKKP3LPTQP001.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     第93回選抜高校野球大会(19日開幕、阪神甲子園球場)を主催する毎日新聞社と日本高校野球連盟は12日、アルプス席で禁止となっていたブラスバンドの演奏について、出場校の吹奏楽部が録音した音源を試合中の攻撃時に甲子園球場のスピーカーを通して流すことを可能にすると発表した。

     音源は1曲2分~2分半程度で、1チーム10曲まで。流す曲は打順ごとに変更するかイニングごとかを指定できる。音源使用を希望する出場校の録音作業が間に合わない場合は、市尼崎高(兵庫)の吹奏楽部が収録した応援定番曲を活用することもできる。

     今大会は新型コロナウイルス対策で飛沫(ひまつ)拡散を防ぐため、アルプス席での出場校の応援についてはブラスバンドの演奏は禁止となっていた。【藤田健志】




    スタンドで演奏できないのはとっても残念だけど…😢 スピーカーから流れる娘たちの演奏が、選手の皆さんの力になりますように!!😆 センバツ、甲子園でブラスバンドの録音音源が使用可能に | 毎日新聞  https://mainichi.jp/articles/20210312/k00/00m/050/205000c 



    センバツ、甲子園でブラスバンドの録音音源が使用可能 緊張してきた(^_^;) センバツ、甲子園でブラスバンドの録音音源が使用可能に(センバツLIVE!)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210312-00000001-senbatsuf-base 



    センバツ、甲子園でブラスバンドの録音音源が使用可能に(センバツLIVE!) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/6bed2031a098830fab0a445c68edfef1c3e6052e  天才か????????? 場内スピーカーってことよね???? 天才か?????????


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「練習試合、智弁学園6-4関大北陽」(7日、智弁学園グラウンド)

     今秋ドラフト候補の智弁学園の前川右京外野手(3年)が7日、関大北陽との練習試合に「3番・左翼」で先発出場。阪神や巨人、中日のスカウトが見守る中、3打数1安打2打点だった。

     決して本調子ではなかった。七回1死二、三塁の第4打席。それまで凡退に終わっていた前川は「自分のバットが重く感じた」と急きょチームメートのバットを借りた。そして中前へ適時打。「打ちたいと力んでしまって全てがバラついている。何かを変えないとと思った」。必死に解決策を探す中での意地の一本だった。

     小坂将商監督(43)も「前川は重症ですね」と苦笑。トス打撃やロングティーなど、巨人・岡本和の高校時代と同じ調整方法での軌道修正を課した。センバツの1回戦で対するのは強敵・大阪桐蔭。前川の復調なくして勝てる相手ではない。

     それでも阪神・山本スカウトは「スイングも打球も高校生の左打者ではトップクラス。センバツで大阪桐蔭にどう対応するか見ていきたい」と評価は不変。1年時から逸材と言われてきたスラッガーの不振脱却に期待を寄せた。



    #選手アクセスランキング (2021-03-08 13:00) 1位 飯田真渚斗(明秀日立) 2位 前川右京(智弁学園) 3位 檜村篤史(Honda) 4位 山田大聖(近大付) 5位 元木翔大(履正社)  https://www.kyureki.com/ranking/1/ 



    超高校級スラッガー、智弁学園・前川は「五分咲き」練習試合で1安打「甲子園までに仕上げる」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/03/08/kiji/20210307s00001002620000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇高校野球練習試合 市和歌山3―1近大付(2021年3月7日 近大生駒G)

     今秋のドラフト候補でMAX152キロを誇る市和歌山のエース小園健太(2年)が7日、初めての対外試合となる近大付戦に先発。最速148キロの直球に、カットボール、ツーシーム、チェンジアップを織り交ぜ、1失点完投で11奪三振をマーク。阪神、巨人などプロ7球団のスカウトも高い評価を与えた。

     「選抜前の初めての対外試合なので、完投を意識していた。5回からうまく球数もコントロールできた」と119球で4安打に封じ込めた。秋から取り組んだチェンジアップも「打者の反応を見ると、効果的だった」と手応え。選抜初戦の相手・県岐阜商の映像分析も進んでおり、「初めての甲子園だけど、心配はしてない」と頂点への意欲を見せていた。


    続きを読む

    このページのトップヘ