とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    高校野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     日本高野連は10日、第93回選抜高校野球大会の臨時運営委員会をオンラインで開き、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、組み合わせ抽選会を23日午後3時からオンライン形式で行うと発表した。出場32校の主将がリモートで参加し、自校でくじを引く。従来は大阪市内に主将が集まって実施していた。同大会は3月19日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する予定。

     2校が出場する宮城、兵庫、奈良は、決勝まで同じ県同士が対戦しないように振り分けられ、残りの26校はフリー抽選となる。選手宣誓は、大会第1日の3試合に出場する6校の主将がくじを引いて決める。




    ⚾センバツ2021 組み合わせ抽選会は、 2月23日(火)15時より、 オンラインで実施。 各校主将がリモートで参加し、自校でクジを引く。 同一県から出場の学校(3県6校)は、決勝戦まで対戦しないように振り分けられ、残りの26校はフリー抽選となる。 第93回選抜高校野球大会  https://www.baseball-station.com/senbatsu/ 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     1月29日、朝のことだった。智弁和歌山・中谷仁監督(41)は、25人の部員を前に静かに問い掛けた。

     「期待しているヤツ、手挙げてみて」

     右手を伸ばしたのは、わずか3人。阪神、楽天、巨人でも活躍し、2018年から同高の監督に就任した指揮官は「実際の確率的にも、そんなものかなとは思っていました」と淡々と振り返った。

     同日の午後から、第93回選抜高校野球大会の出場32校を決める選考委員会がオンラインで開催され、出場校が決まった。選考で最も長い時間を要したのは近畿最後の6校目。ともに近畿大会ベスト8の天理と智弁和歌山で時間を費やしたという。実力が拮抗(きっこう)する中で、同大会に優勝した智弁学園に県大会で勝利していた天理に対し、智弁和歌山はベスト4入りした市立和歌山に3度負けていることが、大きな選考理由になったという。

     「想定していたことなのでね。昨年の秋は市立和歌山の小園くん(健太=3年)にやられました。同県にこんなタフな投手がいる。覚悟、理解して努力を続けていきたいと思います。でも、高校生の切り替えの早さは、本当にすごいですよ。まだ、僕らの方が秋の負けを引きずっているような感じです。彼らは前しか向いていない」

     和歌山3位で出場した昨秋の近畿大会では、準々決勝で市和歌山に0-2で敗戦。この時点で気持ちを夏に向けた。ただ、コロナ禍における補欠校1校目。指揮官として経験のない状況に、少なからず戸惑いもある。

     今年は依然として猛威を振るうコロナ禍での開催準備。当然、今後の感染状況次第では辞退校が出ないとはいえない。「ウチとしては(対外試合解禁日の)3月から練習試合を組んでいるので、流れの中で練習試合がセンバツ大会に変わってもウエルカムですよ」。教え子たちに聖地を踏ませてやりたいと、最善の準備を続ける一方、教育者としての願いを強く言葉に込めた。

     「逆に言うと、僕らがどうこういうよりも、センバツ大会が無事に行われるのが一番の望み。やっぱり昨年、交流大会に出させてもらって思いましたけど、チア、応援団、ブラスバント、全校応援、お客さんがあっての甲子園だと思うのでね。無観客での甲子園ではないことを祈りたい」

     出場資格があった昨年のセンバツ大会は中止。代替となった交流試合で、原則無観客の甲子園を体感した。だからこそ“聖地”が満員に埋め尽くされる景色の帰りを願う。「特にウチは、全校応援で力を発揮する選手が多いですから。健全に大会が行われることを祈っています」。補欠出場に向けた準備を怠ることはなく、備える春ではあるが、目を向けるのは挑む夏である。

     「市立和歌山さんには、甲子園で優勝してもらいたい。夏は絶対に総力を駆使して負けない。われわれは甲子園出場が目標ではないので。小園くんを倒して日本一になる。今日を区切りにして、また全力でトライしていきたいと思います」

     昨年12月には、米大リーグのマリナーズなどで活躍したイチロー氏(47)=現マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター=が臨時コーチを務め、3日間の技術指導を受けるなど話題を集めた。センバツ出場はあと一歩のところで涙を飲んだが、半年後の夏本番に向けて立ち止まる暇はない。

     「僕も選手も、イチローさんには、いろんなものに刺激を受けた。このグラウンドに置いてもらったものは大きいと言えるように、夏の結果に結び付けたいと思います」

     センバツ落選が決まったグラウンドには、いつものように熱気あふれる選手の声と、延々と打撃マシンを打ち返す打球音が響いた。選ばれた者、選ばれなかった者。それぞれの春に備え、夏に向かう。世界的スーパースターとの約束を果たす夏。聖地に「Jock Rock」を響かせる8月を信じ、智弁和歌山は再スタートを切っている。(デイリースポーツ・田中政行)




    センバツ落選…智弁和歌山の再スタート 中谷監督「彼らは前しか向いていない」(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/3d691eb2ba90946cf99e7bf3258209e514044f63  智辯和歌山が短期間で「県内の好投手」を打てなかったのは今までなかったよね



    「夏」は頑張れ!👍 【野球】センバツ落選… 智弁和歌山の再スタート  中谷監督 「彼らは前しか向いていない」 #SmartNews  https://www.daily.co.jp/opinion-d/2021/01/31/0014043611.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    日本高野連は29日、第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕)の選考委員会をリモートで開き、出場32校を決めた。

    2

    【一覧】第93回センバツ出場32校

    日刊スポーツ評価で「A」は仙台育英(宮城)東海大相模(神奈川)東海大菅生(東京)中京大中京(愛知)県岐阜商(岐阜)智弁学園(奈良)大阪桐蔭(大阪)市和歌山(和歌山)の8校。







    A評価は8校/センバツ出場校完全データ  https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202101300000061.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  専大松戸初出場おめでとう! OBに渡邉大樹くんの名前が‼︎‼︎


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1
    近鉄や阪神などでプレーした天理の中村 良二監督


     29日に今年の春のセンバツの出場32校が決定した。今大会の出場校でプロ野球選手のキャリアがある監督は3名いる。

     まず一人目は昨秋の東京大会を制した東海大菅生の若林 弘泰監督だ。現役時代を投手としてプレー。東海大相模OBで東海大、日立製作所を経て中日でプレーした。引退後は野球から離れていたが、一念発起して大学に入り直し、教員免許を取得。2009年同校の監督に就任すると。2015年春に甲子園初出場を果たし、2017年夏には全国4強入りを果たしている。

     そして昨秋関東準V・常総学院の島田 直也監督も投手として日本ハムや横浜などでプレーし、1997年には最優秀中継ぎ投手のタイトルも獲得した。同校OBでもある島田監督は高校時代、指揮官の故・木内幸男監督(当時)の下、1987年夏の甲子園でエースとして準優勝を果たした。昨年3月から投手コーチとして母校に戻り、監督に就任したのは昨年7月。就任から半年で聖地への切符を手にした。

     もう一人は近畿8強で出場権を獲得した天理の中村 良二監督だ。同校OBで現役時代は内野手としてプレー。3年夏は主将として全国制覇を達成した。高卒ドラフト2位で指名を受け、近鉄や阪神などでプレー。2008年から天理大の監督を務め、同校のコーチを経て2015年に監督に就任。2017年夏には全国4強入りを果たし、センバツは昨年の第92回大会に続き2回目の選出となった。

     学生野球資格回復制度が緩和され、近年は元プロ野球選手監督が増えてきている。今春はこの3名が甲子園の舞台で指揮を執る。彼らの手腕にも注目が集まるだろう。




    島田直也さん(常総学院) 中村良二さん(天理) 甲子園のヒーローが監督として甲子園に戻ってくるなんて✨



    元阪神の天理・中村監督、滑り込みでのセンバツ出場に安堵「厳しいかなと思っていた」/野球/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/baseball/2021/01/29/0014041491.shtml  #タイガース #tigers #阪神 #DailySports



    3名の元プロ監督がセンバツ出場(高校野球ドットコム) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/06bbb42cca35fa93ab227c4089efcd31bcb1101f  いつか興南に島袋監督が爆誕したりするんやろか


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     第93回センバツ高校野球大会(3月19日開幕・甲子園)の選考委員会が29日、オンラインで開催され、出場32校が決定。各校の選考理由が読み上げられる中、優勝候補の大阪桐蔭の選考理由だけが飛ばされるハプニングが話題となった。

     近畿地区の6校が決定する中、昨秋の近畿大会で準Vの大阪桐蔭も順当に出場校に決定。しかし直後に選考理由が読み上げられるはずが、飛ばされてしまい、全校の選考理由が発表された後に改めて紹介された。

     ツイッターでは「聞き逃したと思った」と驚きの声があった一方、「言わなくても分かるw」「強さはみんな知っとるだろ感」と優勝候補だけに選考理由がなくても納得するコメントも目立っていた。

     センバツの組み合わせ抽選会は2月23日に行われる。




    大阪桐蔭の選考理由飛ばされるハプニングも「強さはみんな知っとるだろ感」【センバツ高校野球】(中日スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/012f35ac6583200b2102ad744bd05e398006646f  ちょっとワロタ



    大阪桐蔭の選考理由、要約すると「強いから」


    続きを読む

    このページのトップヘ