とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    浜地真澄

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「2軍練習試合、阪神-三菱自動車倉敷オーシャンズ」(21日、安芸市営球場)

     先発した阪神・浜地が4回を投げ1安打投球。無失点に抑えた。

     初回は、先頭の竹井を空振り三振に斬ってとると、続く垣内は遊ゴロ。宮崎に四球を与えたものの、渕上を中飛に仕留めた。

     二回は高見を左飛、平井を補邪飛、森を遊ゴロと簡単に3人で料理。三回も岡崎を左飛、橋本を一邪飛、竹井を二ゴロと3回まで無安打投球を見せた。

     四回は、1死から5番・宮崎に死球を与えると、続く渕上に右前へ唯一の安打を許した。それでも、続く高見を遠藤の好捕もあり三ゴロに。最後は平井を左飛に抑えマウンドを降りた。

     前回13日の練習試合・四国銀行戦でも2回無失点。これでキャンプ実戦は2試合連続で結果を残している。




    高知県安芸での三菱自動車倉敷との練習試合では、浜地選手が4回1安打2四死球で無失点ってええのか?悪いのか?どっちなんやろう(?_?)





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神浜地真澄投手はソフトバンク千賀滉大投手らとの合同自主トレで増量に成功した。

    年明けから2週間ともに汗を流し、「新しい発見しかない。去年から何をしていたんだろうというぐらい質が違った」と充実感たっぷりだ。千賀からは「自分を知らないと何もできない。知ることで次のやることが増えてくる」と助言された。トレーニングに加えて栄養学も学び、昨季から体重を5~6キロ増やした。




    5年目の阪神・浜地  「意識から何からすべてにおいて、昨年まで何をしていたんだろうっていうくらい質が違っていた。自分をしっかりと知ることを千賀さんには教えられました。知らないと何もできない、知ることでどんどん次にやることが増えてくるからと」  https://news.yahoo.co.jp/articles/3b2db2b96f4f9ace4dea91171faf4c084e2e848c 



    「千賀イズム」で下克上 5年目の阪神・浜地はSBのエースと自主トレ「新しい発見しかなかった」(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/3b2db2b96f4f9ace4dea91171faf4c084e2e848c  今年が5年目の浜地君 千賀君との自主トレで学んだものは大きかったようです😌🐯 ルーキー達に負けるなよ🙋


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    沖縄・宮古島で行われている自主トレには千賀、石川、梅津らが参加

     ソフトバンクの石川柊太投手が13日、自身のツイッターを更新し、沖縄・宮古島自主トレの豪華メンバー写真を公開した。なぜか阪神・浜地真澄投手だけが上半身裸でマッスルポーズを決めておりファンも「さすが南国」と驚きの声を上げていた。

     ソフトバンクの千賀滉大、オリックスの飯田優也、中日の梅津晃大らで行われている宮古島自主トレ。石川は「海気持ちいい ランニングはスタッフが吐くレベル」と、連日ハードなトレーニングを行っていることを明かし、浜辺の前で笑顔を見せる自主トレメンバーの写真を公開。

     Tシャツ、短パン姿で笑顔を見せる面々だが“センターポジション”の阪神・浜地はなぜか上半身裸。そしてマッスルポーズを決め鍛え抜かれた肉体を披露していた。ハッシュタグには「#2021年浜地の年」と添えられており、今季5年目のシーズンを迎える右腕にエールを送っていた。

     これにはファンからも「さすが南国」「最高の自主トレ環境」「素敵です」「羨ましい限りです」と多くのコメントが寄せられていた。

    Full-Count編集部




    海気持ちいい ランニングはスタッフが吐くレベル #宮古島 #自主トレ #2021年浜地の年 #海 pic.twitter.com/a15WpITyMe



    @isikawaZZZ 浜地くんがこうなった経緯を知りたいです😂😂



    @isikawaZZZ こんにちは柊太さん😊 海も青空もキレイですね✧◝(⁰▿⁰)◜✧ 浜地くん🐯暖かそうで何よりです💪 今日も1日ガンバです(๑•̀ㅂ•́)و✧


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神桑原謙太朗投手(35)と俊介外野手(33)が27日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約交渉に臨み、ともに減額制限の25%を大幅に超えるダウン幅でサインした。 桑原は約47%ダウンの年俸2400万円、俊介は50%ダウンの年俸1600万円で判を押した。この日に契約更改をした選手は以下の通り。(金額は推定)

    ▽阪神伊藤和(プロ初勝利など自己最多15試合登板。50万円増の年俸800万円でサイン)「(球団から)来年はもっと試合数を伸ばせるように、もっと大事な場面で投げてほしいと言われました。年齢も30を超えましたし、もっとしっかりしなきゃいけない」

    ▽阪神谷川(自己最多14試合登板も防御率5・02。50万円増の950万円でサイン)「すごく苦しいシーズンだった。走者がいる状態での課題がまだまだある。1年間フルで投げられる体、勝ちパターンを(目標として)明確に持ってやっていきたい」

    ▽阪神浜地(1試合登板に終わり、150万円減の700万円でサイン)「ちゃんと結果を残さないとクビも見えてくる。しっかり覚悟を持って、与えられたポジションでしっかり監督の信頼を得て結果を残したい」

    ▽阪神湯浅(プロ2年目も腰痛のリハビリが続き、30万円減の450万円でサイン)「ほとんど試合に投げられなくて悔しい2年間になった。再発せずに1年間やっていくためにトレーニングしたい。来年こそ1軍で投げて、この2年間お世話になった多くの方に恩返しするつもりで臨みたい」

    ▽阪神藤田(現状維持の500万円でサイン。プロ2年目は左手首手術から再起を期す)「ケガをせずに1年間乗り切る体をつくって、走攻守全ての面で結果を出せるように、今年からしっかり準備していきたい」

    ▽阪神荒木(今季は16試合出場にとどまり、50万円減の年俸800万円でサイン)「納得のいくシーズンではなくて、成績は数字に出ている。やることをやるしかない」

    ▽阪神板山(5試合出場で打率1割6分7厘。50万円減の800万円でサイン)「来年はスタートから1軍にいられるようなアピールをしていかないといけない」




    27日(金)、桑原謙太朗選手、俊介選手、荒木郁也選手、伊藤和雄選手、谷川昌希選手、板山祐太郎選手、浜地真澄選手、湯浅京己選手、藤田健斗選手が契約更改を行いました。 ▼詳細はこちら  https://hanshintigers.jp/news/topics/info_7160.html 



    @TigersDreamlink 桑原復活願う!



    @TigersDreamlink 荒木切って上本残して欲しかった。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇ウエスタン・リーグ 阪神―中日(2020年10月13日 鳴尾浜)

     新型コロナウイルス感染によって離脱が続いていた阪神・浜地真澄投手(22)がウエスタン・リーグ中日戦に登板し、実戦復帰を果たした。

     5回から3番手として登板。先頭の石川昂を144キロの直球で二ゴロに打ち取ると、藤井は1ボール2ストライクから125キロスライダーで空振り三振。最後は滝野を二ライナーに抑え、3者凡退で1イニングを終えた。

     実戦マウンドは先月22日の同・広島戦以来。25日に新型コロナウイルス陽性判定と発表され、戦線離脱を強いられていた。




    及川3回2/3で4失点 コロナ復帰の浜地が1回無失点。糸原の犠飛で1点 5回終了1-4


    続きを読む

    このページのトップヘ