とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    糸井嘉男

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    糸井の左中間適時二塁打で同点となりガッツポーズの高城れに
    2


    <阪神6-6巨人>◇5日◇甲子園

    阪神が執念ドローで首位を守った。巨人との首位攻防第3ラウンドは先発秋山と2番手藤浪が5回までに6失点。負ければ一日天下の危機で、6回に4点を返すと、7回に代打の糸井嘉男外野手(40)が同点のタイムリー二塁打を放って6-6。2戦連続逆転勝ちで前日首位を奪った勢いそのまま、0-6から驚異の粘り腰を発揮した。

    勝ちに等しい引き分けで巨人3連戦は2勝1分け。甲子園を3夜続けて熱狂させた虎の強さが際立った。

       ◇   ◇   ◇

    目の前で必死に食らいつく後輩たちの姿に、燃えないはずがなかった。

    「絶対に勝ちたい! それだけです」

    1点差に迫った7回2死一塁。代打糸井が仲間の熱い思いを受け取った。デラロサに2球で追い込まれてもファウルで粘る。5球目、低めのチェンジアップを勢いよく振り抜いた。打球は左中間を真っ二つ。同点のホームを踏んだ糸原は、雄たけびを上げた。二塁をオーバーランした糸井は、思わず両腕を振り上げた。

    先発秋山と2番手藤浪で、5回までに6点のリードを許す苦しい展開だった。だが、2戦連続の劇的勝利で前日奪首した猛虎打線は、全てを覆す底力を身につけていた。6回に中野の三塁打からつなぎにつないで、打者一巡の攻撃で4点をかえした。続く7回もサンズの左前打から敵失、内野ゴロ…。懸命に後ろにつないだ。矢野燿大監督も「うちの野球というか、あきらめない粘り強く全員で。そういう野球ができた結果、追いつけたかなと思います」と驚異の粘りをたたえた。一丸で戦った先に、ベテランの殊勲の一打が待っていた。

    若手が躍動するチームの中で唯一の40歳野手。年齢も壁も感じさせないのが「超人」のすごさだ。この日は全体練習開始前に早出特打に参加。佐藤輝、島田、小野寺と、一回り以上離れた仲間たちと一緒に、ひたむきに汗を流した。ベンチでは仲間を鼓舞し、後輩の活躍を心から喜ぶ一方で、原口の姿を見ながら代打としての準備も貪欲に学んでいる。

    今回の巨人3連戦の初戦も、7回無死一塁で代打で出場し、中越え適時二塁打で反撃の口火を切り、逆転勝ちにつなげた。どんな時もネバーギブアップの前向きさと泥臭さ。明るくて頼もしい姿が、優勝を目指すチームのムード作りにも一役買っている。

    3年ぶりの巨人3連戦3連勝はならなかったが、今カードは2勝1引き分け。その全ての試合で劣勢を跳ね返す強さを見せた。この日は9回2死満塁で近本が中飛に倒れ、サヨナラ勝ちはならなかったが、大興奮のファンも惜しみない拍手を送った。負ければ陥落の一戦で執念ドローで首位を守った。リーグ優勝へ一気に突っ走る。【磯綾乃】

    ▽阪神糸井 みんな本当にムードがいいし、どんなに点差があってもみんな攻めていく、勝つという思いで一体となって戦えている。全試合もちろん大事ですけど、首位を争う相手として絶対に巨人には負けられないので、チーム全員ですごく気持ちのこもった3連戦でしたし、これからも勝ちに貢献する一打を打てるように頑張ります。




    ▼糸井嘉男さんのツイート

    勝ちたいんやぁ‼︎ pic.twitter.com/6EqMIYUlAT



    @itoi7yoshio NICE ヒットです!



    @itoi7yoshio かっこよかったです!!!!!!!!!!!!!!!!



    @itoi7yoshio ナイスタイムリー pic.twitter.com/Bh2Bd0DWU1


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    糸井


    ◇セ・リーグ 阪神ー巨人(2021年9月5日 甲子園)

     6回に打者一巡の猛攻で4点を返し、2点差に迫った阪神が、7回も相手のミスに乗じる形でついに同点に追いついた。

     5番手・デラロサに対して先頭のサンズが左前打で出塁。続くマルテが三遊間に放った打球を、この回から処理した遊撃・広岡が二塁に送球するも悪送球に。無死一、三塁と好機を拡大した。

     ここで5番・糸原が二ゴロを放つ間に三走・サンズが生還して1点差に。さらに2死一塁で代打・糸井が左中間を破る適時二塁打を放ってついに同点に追いついた。




    頼りになる男が同点打!代打糸井!左中間へタイムリーツーベースヒット! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース #挑超頂 https://t.co/GQQ63LybGo






    @TigersDreamlink 巨人相手に6点差を追いついただと? 何を言ってるか分からないかもしれないが、俺も何を言ってるか分からない。





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    (セ・リーグ、阪神7-3巨人、16回戦、8勝8敗、3日、甲子園)ハンターのような鋭い眼光で白球を振りぬき、右中間を真っ二つに切り裂いた。40歳の糸井が反撃の口火を切る適時打を放ち、沈黙していた打線にスイッチを入れた。

    「大山が塁に出てくれたので、とにかく自分も繋ぐ気持ちでした。新井良太コーチもお尻をたたいて、打席に向かわせてくれたので、良い結果につながりました」

    0-3の六回、先頭の大山が中前打を放ち、この日、チーム初出塁。代打で打席へと向かう前、新井打撃コーチからお尻をたたかれ、さらに気合が入った。好投・戸郷に対し、フルカウントまで粘ると、6球目の外角直球を強振。痛烈なライナーで適時二塁打とした。

    自身、8月27日の広島戦(マツダ)以来のタイムリー。ここぞの集中力が光るベテランに矢野監督も「3点差ついたし、(糸井)嘉男にランナー一塁のところで、何とかつなげてもらうというところで、最高の形でつなげてくれた。よく打ってくれました」と、賛辞を惜しまなかった。

    後半戦の代打での打率は・364(11打数4安打)で、3打点。好調の要因を問われ「自分というよりはみんなで勝とうという気持ちだけなんで」と語った。プロ18年目を迎えてもなお、早出で汗を流すことを日課としている超人は、仲間と一緒に常に戦っている。

    「これからもまだまだ大事な試合は続くので。毎日、最高の集中でみんなやっているので、明日も頑張ります」

    虎がどんな逆境に立たされても簡単に倒れないのは、最後の砦として背番号7がいるからだ。(織原祥平)




    代打で打席立ったときの糸井さん、めちゃくちゃ心強かったな



    阪神・中野、大山の活躍ももちろん大事だが、6回に代打糸井がタイムリーで1点目をきっちり取り返したところが熱かった バッテリーの思い通りにさせず、フルカウントで1塁ランナー大山を帰せる技術は美しい


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

    2



    <阪神7-3巨人>◇3日◇甲子園

    阪神糸井嘉男外野手(40)が代打で適時二塁打を放ち、反撃ののろしを上げた。

    0-3の6回。先頭大山が戸郷からチーム初安打で出ると、代打のコールに聖地がさらに沸いた。「新井良太コーチもお尻をたたいて、打席に向かわせてくれた」。チーム最年長は周囲の期待を全身に感じて打席に向かった。

    カウント3-2まで1度もスイングせずに好投する右腕と対峙(たいじ)した。6球目。外角の148キロの直球を右中間へはじき返し、二塁ベース上で人さし指を突き上げた。「大山が塁に出てくれたので、とにかく自分もつなぐ気持ちで」。淡々としたコメントだったが、矢野監督は「最高の形でつなげてくれた。最高の結果で。よく打ってくれた」と追い上げムードを高めた大きな1点に笑みを浮かべた。試合後の糸井は西勇に両肩をもまれて労われた。

    後半戦の代打は11打数4安打でその打率は3割6分4厘。疲労のたまる夏場にベテランは調子を保っている。「明日もそうですし、これからもまだまだ大事な試合は続くので。毎日、最高の集中でみんなやっているので、明日も頑張ります」。先発は6月13日の楽天戦を最後に遠のいている。それでも糸井は“最高の集中”で目の前の試合に備えている。【前山慎治】




    新糸井嘉男伝説。Twitterを始め、改めてその天然さに阪神ファンが驚く中で、阪神が不調の時に、ひよってるやついる?と阪神ファンを勇気づけ、そしてその後の試合でタイムリーを放ち、また阪神ファンに元気を与えた40歳。素晴らしすぎる。SNSを上手く使いすぎ。



    糸井嘉男カッコよすぎる



    メッセ居ない今、糸井嘉男が阪神タイガースを優勝に導いて欲しい‼️  https://twitter.com/itoi7yoshio/status/1433771261981716482 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    糸井


     ◇セ・リーグ 阪神―巨人(2021年9月3日 甲子園)

     阪神・糸井が6回に代打出場し、適時打を放った。

     3点を追う6回。先頭の大山がこの日チーム初安打となる中前打で出塁すると、フルカウントから戸郷の6球目148キロ直球を右中間へ適時二塁打した。

     なおも無死二塁の好機では代打・佐藤輝が打席に立つも自己ワーストの28打席無安打となる空振り三振。その後も、中野が右飛、島田が空振り三振に倒れた。




    やっぱりこの男が決めてくれた!糸井!タイムリーツーベースヒット! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース #挑超頂 pic.twitter.com/hQ4w0Th2TI



    @TigersDreamlink 打った笑顔がだいすきです。 ありがとう✨🐯



    @TigersDreamlink 糸井さんさすが。大山もナイスラン!


    続きを読む

    このページのトップヘ