とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    矢野燿大

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球人の社会貢献活動を表彰する「ゴールデンスピリット賞」の表彰式が20日、東京都内で開かれ、阪神の矢野燿大監督(53)が受賞した。現役時代の10年に筋ジストロフィー患者や児童養護施設の子どもたちへの応援基金「39(サンキュー)矢野基金」を設立。その後も継続的に活動を続けてきた。また今春にNPO法人「THANKYOU FUND」を立ち上げ、代表に就任予定であることも判明。監督業と並行して社会貢献活動にも一層注力する。

     晴れやかな舞台で矢野監督が新たな構想を明かした。これまで大阪府社会福祉協議会の協力で運営してきた「39矢野基金」を発展させる形でのNPO法人「THANKYOU FUND」の設立。代表に就任するにあたっての思いを語った。

     「関西だけじゃなく困っている方もいるし、基金をどうしたらいいか分からない人にも、分かるようなものをつくっていく形になると思う。賞をいただいて、また新たな年に偶然つながっていったんで、そういう形で新しい『THANKYOU FUND』として立ち上げていけたらと思っているところです」

     自身は04年に筋ジストロフィーで闘病中の倉野憲彰さんとの出会いをきっかけに、10年から本格的な社会貢献活動を開始。電動車いす支援や球場招待なども実施し、「39矢野基金」の現在までの寄付金の総額は約4500万円にのぼる。表彰式では倉野さんから「矢野さんとの出会いは奇跡でしかありません」との祝辞が届き「泣きそうでやばかった」と目頭を熱くした。NPO法人設立の大きな狙いは、自身のような活動をしたくてもやり方がわからない“後輩”たちの道しるべとなることだ。

     「阪神の選手でも、例えば額が多くないと自分がやったらダメなのか、自分がやっても…と遠慮している選手もいる。今の自分でやれることがあると思うし、一緒に頑張るきっかけにファンドがなればうれしい。たくさんのメンバーが教えたり、サポートしてくれるので、俺なんか全然分からんけど、最初に集まる場所とか、きっかけになればいい」

     もちろん、本業で結果を出すことが、ファンや応援してくれる人たちを何より勇気づけられることは分かっている。式の最後には改めて今季への強い決意を口にした。

     「このゴールデンスピリット賞をいただいたうれしい気持ちを、シーズンに向けて戦っていけるものにしていただきました。寅(とら)年、22年、阪神タイガースが優勝して笑顔の輪をどんどん広げていけるように、先頭に立って戦っていきます」

     監督として、法人代表として。誰かを喜ばせるために全力を尽くす。(山添 晴治)

     《球団、選手一体で取り組み》表彰式では阪神・百北幸司球団社長が公の場で初めて矢野監督と同席した。甲子園球場でも「矢野39基金」の自動販売機を設置するなどのバックアップしてきた経緯を紹介し、球団と選手が一体になって社会貢献に取り組んでいることを強調。「これも、子どもたちのお手本に、と矢野監督が常々選手たちに伝えている影響がある」と指揮官の姿勢を高く評価した。

     ▽「39(サンキュー)矢野基金」 矢野監督が現役最終年の2010年、筋ジストロフィーを患うファンとの交流を機に当時の背番号にちなんで設立。現在に至るまで電動車いす普及や児童養護施設を支援する活動を継続している。

     【阪神選手の社会貢献活動】

     ★北條史也 阪神入団の13年からオフに母子医療センターや障がい児入所施設などを訪問。

     ★岩貞祐太 16年発生の熊本地震で被災した故郷の復興支援として成績に応じた義援金や軟球を寄贈。

     ★原口文仁 大腸がんの経験から、がん啓発グッズとしてブレスレットを販売し、収益をがん患者支援団体に寄付。

     ★西勇輝 オリックス時代の11年から日本赤十字社や日本財団子どもサポートプロジェクトへの寄付を継続。

     ★岩崎優 登板試合数に応じた金額の玩具を、西宮市および出身地である静岡市清水区の施設などに寄贈。

     ★青柳晃洋 勝利数に応じた金額の絵本などを、出身地である横浜市鶴見区の小学校や保育園に寄贈。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    積極的に社会貢献活動に取り組むプロ野球関係者に贈られる「ゴールデンスピリット賞」の表彰式が20日、東京都内で行われ、阪神・矢野燿大監督(53)が受賞した。

    矢野監督は現役時代の2010年に「39矢野基金」を立ち上げ、引退後も毎年寄付などの活動を続けてきた。患者への電動車いす支援や甲子園球場への試合招待などに継続的に取り組んできたことなどが評価され、今回の受賞に至った。トロフィーを受け取りあいさつした矢野監督は「阪神タイガース監督としても、一社会人としても、見本となって、先頭となって、戦っていく姿をこれからも見せていきます」と誓いを立てた。

    基金設立に至ったきっかけは「筋ジストロフィー」患者の倉野憲章さんを見舞ったことだったが、表彰式では倉野さんからのメッセージも届いた。倉野さんからの「今年は寅年、優勝、日本一を必ずやりきってくださると思っています。最強の矢野タイガースを見せてください。現役のときもコーチ、監督のときもいつでも僕は矢野監督のファンです」と熱いメッセージを受け取った。

    矢野監督は「今シーズン、寅年。2022年、阪神タイガース、優勝して、そして笑顔の輪をどんどん広げていけるように、先頭に立って戦っていきます」と改めて奮い立った。




    【スタッフより】 本日矢野燿大監督がゴールデンスピリット賞の授賞式に参加いたしました😊これまで多くの支援をいただいた皆様に心から感謝いたします。今後とも39基金をよろしくお願いします。 #矢野燿大 #阪神タイガース #ゴールデンスピリット賞  https://news.yahoo.co.jp/articles/3a8e55768774a9ce2aacca004bdd654a58a82eaa 



    笑顔の輪を、どんどん大きく。 阪神・矢野監督がゴールデンスピリット賞を受賞 表彰式で寅年優勝を約束 - サンスポ  https://www.sanspo.com/article/20220120-NQ76OUO6VVJXDJ4RVSPGEHPZN4/  @SANSPOCOMより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神矢野燿大監督(53)は「延長12回」を歓迎した。

    オンラインによる監督会議に参加。延長戦を従来通り12回で行う方向で調整されていることについて「全然変わる。でもすっきりしていいんじゃないの」と肯定的に捉えた。指揮官は「(昨季は)9回で12回の感じでつぎ込んで勝負にいったこととかあった。カードを切るのか、残すのかっていう判断は必要になってくる。それはだいぶ違う」と説明。代打、代走の起用に大きな影響が出てくるとした。9回打ち切りだった昨季はリーグ最多の77勝を挙げたが、優勝したヤクルトと5厘差でV逸。引き分けは10試合あった。




    今年は12回までか 去年の阪神は中継ぎ悪かったから大丈夫かな  https://news.yahoo.co.jp/articles/99467aee9cb5b0e510284cf1d4bb4eade9d89c48 



    阪神さんここ重要やから蛍光ペンで線引いといてな プロ野球 延長12回制3年ぶり復活を発表 サイン盗み疑われる行為の禁止を徹底 12球団監督会議(スポーツ報知)  https://news.yahoo.co.jp/articles/84ad7cf75dc69deb997aaa72335ca2b39e1cc184 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球の12球団監督会議が19日、オンラインで開かれ、その席で阪神からの要望により、フェアプレーの再確認が行われたことが分かった。昨年7月6日のヤクルト戦(神宮)で、二走・近本の手の動きを巡り、両球団がもめた一件後、選手、球団への誹謗(ひぼう)中傷が続いたことを受けてのこと。会議後に取材に応じた矢野燿大監督(53)は、あらためて潔白を強く主張した。

     公式の場で確認しておきたかった。監督会議の終盤で、セ・リーグの杵渕統括が「SNSでいつまでも誹謗中傷がなくなっていないので再度確認させてもらいます。心ないヤジ、特にサイン盗みうんぬんのヤジは厳に慎みましょう」などと確認を行った。

     これは阪神からの強い要望によるものだった。「最後のまとめにおいて、12球団で改めてフェアにクリーンにやっていきましょうと確認したということです」。会議に出席した阪神の谷本球団副社長が説明する。

     要望に至った事の発端は昨年7月6日・神宮のヤクルト戦で起こった“サイン盗み疑惑”だ。二走・近本が左手を広げるなどした動きに、ヤクルトベンチが反応。その後、ヤジの応酬に至った末に、審判が矢野監督、高津監督を呼び、その場を収拾した。

     その後、サイン盗みをやったやっていないの臆測が広がり、さらに相手コーチに対して矢野監督、井上ヘッドが厳しい言葉で応じたことが、ヤクルト・村上に対してのものだったとしてネットやSNSが“炎上状態”に。昨年末には、ラジオ番組で解説者の金村義明氏がサンズの名を挙げてその一件を話し、番組側が謝罪する騒動もあった。

     そんな状況が続く中で、矢野監督も黙ってはいられなかった。会議後に取材に応じ、「俺はチームの名誉と選手の名誉を守る立場にある。ファンの中だったりで“こんなんやってんじゃないのか”ということ自体、プロ野球ももったいないし、ファンを失望させる事につながると思う」と強い口調で訴えた。

     谷本副社長は「きょう取り入れていただいた上で、双方良くなかったですねという話になったのかなと。区切りはつけられたんじゃないかと思います」と話す。矢野監督も同じ思いだ。「全員、正々堂々と2022年シーズンを迎えたいというのがあった。絶対やっていないというのをみんなにちゃんと宣言した中で、12球団でそうやってもう一回再確認できたので良かった」。そう言って納得した様子でうなずいた。

     ◆阪神のサイン伝達騒動◆

     昨年7月6日のヤクルト戦(神宮)で、近本にサイン伝達が疑われる行為があったとヤクルト・村上が指摘。両軍ベンチの言い合いに発展した。矢野監督は試合後「(伝達などを)やっているのであれば、どんな責任でも処分でも受ける」と潔白を主張。一方で「紛らわしいというのなら改善しないと駄目な部分があったのかも」と話した。セ・リーグの杵渕和秀リーグ統括は翌7日、サイン伝達はなかったとしたが阪神球団に注意。

     ◆阪神・サンズのサイン盗み疑惑発言◆

     昨年12月20日、野球解説者・金村義明氏がMBSラジオのレギュラー番組で、サンズが試合中に「サイン盗み」行為をしていたと思わせるような発言を行った。阪神球団は同局に抗議。同27日の番組内ではアナウンサーが謝罪コメントを読み上げた。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・矢野監督は生出演した番組内では開幕投手についても言及した。3月25日のヤクルト戦(京セラドーム大阪)の大役候補に、4投手の名を挙げた。

     昨季最多13勝の青柳、同6勝の西勇、2年連続2桁勝利中の秋山だけでなく、ルーキーながら10勝を挙げた2年目の伊藤将をリストアップ。チーム内競争によるレベルアップが狙いで、「将司(伊藤)だって、その可能性がないわけではないんでね。競争の中に入って来いよというか、期待を込めて」と意図を説明した。

     飛び抜けた存在がいないことを、「弱みでもあり、強みでもある」と受け止めている。昨季18勝5敗で数々のタイトルを総なめにしたオリックスの山本を引き合いに出し、「一人でたくさんの貯金をつくるエースが現れるとありがたいことだけど、今のうちで言えば、全員が安定して貯金をしてくれれば、それはそれで頼もしい」とプランを口にした。堅実な先発陣で22年に挑む。




    阪神伊藤将司が開幕投手候補!矢野監督「競争入ってきて」昨季新人で10勝  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202201180000927.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  そうだね。伊藤君だって開幕投手候補なのです。 2年目で開幕投手なら まさに快挙とも言っていい 競争に参加していくのだ伊藤将司投手!😶🐯


    続きを読む

    このページのトップヘ