とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    ロッテ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <日本ハム5-6ロッテ>◇3日◇札幌ドーム

    ロッテ鳥谷敬内野手(39)がプロ野球史上44人目の通算1000得点を記録した。

    1点を追う7回2死走者なしから四球を選んで出塁。続く田村の四球で二塁に進むと、藤原の2点二塁打で同点のホームを踏んだ。18年目で到達した記録に「ホームランバッターじゃないので、自分で打って自分でかえってくる数は非常に少ない。自分が出て、いろんな人にかえしてもらった積み重ねが1000得点。いろんな人のおかげでこの数字がある」と感謝。ベンチ前で記念ボードを掲げると、スタンドから拍手が送られた。

    39歳にして遊撃の開幕スタメンを務めた。「一番得意なポジションですし、少しでもチームのために貢献できるように考えてやりたい」。ここまで8試合中5試合で先発。新外国人エチェバリアの来日遅れ、ルーキー小川のケガ、藤岡の不振が重なったチームを支えている。「元々というか、内野手は1つでも相手の塁を抑えるのが仕事。攻撃の時はその反対が仕事なので、1つでも多く(進塁)と考えてやっています」。表裏一体の守りと走りでベストを尽くす。

    2回2死走者なしでは安打を、無死二塁の8回には進塁打を放った。「塁に出るとか、その場面、場面で自分の仕事をはっきり考えながらやっている。(球が)見えているというより、それなりにちゃんとやれていると思う」。チームは開幕5連敗からの3連勝で4位タイに浮上した。「毎日が大事な試合。瞬間、瞬間で自分の仕事は変わってくる。それに合わせて準備をしていきたい」と気を引き締めた。

    ▼通算1000得点=鳥谷(ロッテ) 3日の日本ハム2回戦(札幌ドーム)の7回に得点して達成。プロ野球44人目。初得点は阪神時代の04年4月2日の巨人1回戦(東京ドーム)。2218試合での達成は、91年大島(日本ハム)の2347試合に次ぐ史上2位のスロー記録。




    鳥谷1000得点やん! あぁ阪神でみたかったよぉ😭



    阪神サヨナラ勝ちの裏で鳥谷さんが通算1000得点\(^^)/


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球キャンプのアルバイトから、プロ野球選手へ-。ロッテの育成ドラフト2位・小沼健太投手(22)=BC茨城=は19年からの2年間、阪神の宜野座キャンプで打撃投手のアルバイトを務めていた。報酬だけではなく、一流選手との出会いが財産となってプロ入りの切符をつかんだ右腕。早期の支配下登録を勝ち取り、1軍での活躍を目指す。

      ◇  ◇

     念願のプロ入りをかなえる転機となったのは19、20年の阪神宜野座キャンプだった。BC武蔵在籍時に当時のGMにキャンプ補助のアルバイトを紹介されて実現。小沼はタテジマのユニホームを身にまとい、打撃投手、ティー打撃の補助や球拾いをした。「キャンプを体験して、NPBにいきたいという気持ちが高まったので、アルバイトができてよかったです」と振り返る。

     裏方として虎戦士から多くのことを学んだ。打撃投手では、近本、大山といった若虎を相手に投げた。「衝撃を受けました。皆さん、初球から100の状態でしっかり振ってくる。悪いボールはバーンと軽々とはじき返されるますし、独立リーグとは違うなと思いました」

     最初は当ててはいけないと恐る恐る投げていたが、徐々に慣れ、時にはぶつけてしまうこともあったという。「近本さんは厳しい内角の球もコンパクトにはじき返されました。パンチ力だったら大山さんですね。力のないボールだったら、軽々と柵越えされました」。この時、NPBの第一線で活躍する選手と同じ舞台に立ち、抑えたい気持ちが芽生えた。

     その貴重な時間は今に生きている。当時ティー打撃の際にトスすることが多かった福留(現中日)に気に入られ、肩慣らしのキャッチボール中に声をかけられることも多かった。「フォームで悪い点があった時にいろいろ教えてくれました。僕のために時間を割いてくれて感謝の思いでいっぱいです」。宿舎は選手とは別だったが、グラウンドでの会話は大きな財産となった。

     BCリーグ時代には福祉関係やお菓子工場のアルバイトもしたが、阪神のキャンプは破格の報酬だったという。「キャンプ期間で20万円前後ですね。結構、もらえました」と笑う。現在は育成枠のため年俸は300万円。ここで満足するわけにはいかない。「今度は支配下登録を目指してしっかりやっていきたい」と力を込める。

     「独立リーグの時はお金がない中で『今日のご飯はどうしよう』とか考えながら練習をしていました。そういうストレスがかからずに野球だけできるので、すごくありがたいです」

     石垣島キャンプではフリー打撃に登板。「打者に向かっていいボールが投げられた」と手応えを感じている。アルバイトで得られた貴重な経験-。これを糧に稼げる選手へと成長してみせる。




    小沼健太 阪神キャンプのバイトから念願のプロ ロッテ育成ドラ2(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210303-00000035-dal-base  旭市出身なので 注目しています


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ロッテがマリーンズ公式YouTubeチャンネルで、石垣島キャンプ特別企画として、今年6月に40歳を迎える鳥谷敬内野手の「教えて!鳥谷先生!!」のコーナーをアップしている。

     内容は、鳥谷がYouTube内のコメントから質問を募集して回答をするもの。第1回は約200件の質問から「私は仕事などで失敗してしまった際、かなり引きずってしまうタイプなのですが鳥谷先生は何かに失敗してしまった際、気持ちを切り替える時に、どう切り替えていらっしゃるのですか?」という質問を採用した。

     鳥谷は2月4日に「成功をする人でも失敗を乗り越えて出来るようになっていた。完璧な人間はいない。同じ失敗をしないために次は何をすればいいのかと前向きな発想になって欲しい」と2分52秒の動画回答をアップして多くの反響を得た。

     同コーナーに携わっているのが、元サンスポ記者で現ロッテ広報室の梶原紀章室長。同室長はロッテ入りする前年の2004年に阪神を担当し、当時ルーキーだった鳥谷を密着取材して『鳥谷日記』を書き続けた。

     あれから16年の歳月を経て、現在はマリーンズ公式YouTubeで鳥谷情報を発信している。梶原室長は「これまで何度となく鳥谷先生の言葉でハッとさせられたり、背中を後押ししてもらったことがあります」とPR。同コーナーは12日までのキャンプ期間中、定期的に更新をする予定でマリーンズ公式YouTube内の企画動画内にコメントする形で質問を募集している。






    ロッテ 球団公式ユーチューブで「教えて!鳥谷先生!!」がスタート(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/192eda1e03b649ee0928d661be1180fb827e8344  マリーンズらしい✨



    鳥谷先生#2 ヒゲがないーー 「教えて!鳥谷先生!!」#2 ~緊張編~【広報ミニカメラ】  https://youtu.be/hZNUfXGozS4  @YouTubeより pic.twitter.com/jpbfsr07Kd


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ロッテの育成ドラフト2位・小沼健太投手(BCリーグ・茨城)が16日、ロッテ浦和球場での新人合同自主トレを行い、練習後のリモート取材で意外な経歴を明かした。

     ピカピカのプロ1年生だが、実は春季キャンプは3年連続3回目となる。昨年、一昨年と阪神の宜野座キャンプに打撃投手として参加。最初の頃は「当てたらどうしよう」と緊張しながら投球し、北條、江越に対しては「危なかったような気がする」と“死球疑惑”を持っていることを打ち明けた。

     それでも、練習の合間には投手陣のブルペン投球を見学し、昨季限りで現役引退した藤川の剛速球も目の当たりにした。「藤川さんはあの年齢で一番凄い球を投げていた」。プロ野球選手になりたいとの思いが、さらに強くなった貴重な経験だった。

     この日は、ドラフト1位・鈴木(法大)、育成4位・佐藤(専大)とともに2度目のブルペン入りも果たした。立ち投げながらも「マウンドが硬い。足を使って投げないと、球が低めにいかない」とプロ仕様の感覚を磨きつつある。

     プロ野球選手となる夢をかなえ、次なる夢は甲子園の阪神戦でマウンドに上がることだ。「フリー打撃で対戦した近本選手、大山選手は凄かった」。一日も早い支配下登録をつかみ、今度は真剣勝負で抑え込みたい。




    ロッテ育成2位小沼、ルーキーなのに3度目の春季キャンプ 昨季は阪神打撃投手のアルバイト(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/ffa05495f7835601639b19eb2bc7b19c8dd0b0dc  #小沼健太 #打撃投手 #アルバイト へぇー



    これで北條と江越に当ててしまっまたら草 ロッテ育成2位小沼、ルーキーなのに3度目の春季キャンプ 昨季は阪神打撃投手のアルバイト(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/ffa05495f7835601639b19eb2bc7b19c8dd0b0dc 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     通算2090安打を誇るレジェンドは今年6月で40歳を迎える。「四十にして惑わず」というが、プロ18年目を迎える鳥谷敬は「人生でそんなに迷うことはない。目の前にあることを打破していくタイプなので……」と自然体だ。

     春季キャンプも終わった昨年の3月に入団。阪神時代はレギュラーとして試合の最初から最後までグラウンドに立ち続けてきたが、ロッテでは守備固めを中心に代走、代打と途中出場が多かった。

     そんな役割は今年も求められるだろう。もちろん、そんなチーム事情は承知しているが、球団から「サポート役だけでなく戦力としても考えている」と言われたから、もう1年勝負することを決めた。

     早大からプロ入りした際に、思い描いた目標がある。「40歳でショートを守りたいと思っていた」。そんな目標を実現できる年齢になった。「ショートで出られるか分からないが、出られる準備をしたい」。今年もチームの歯車となる覚悟はできているが、「スタメンで試合に出たい」という野球選手としての本能も忘れてはいない。

     このオフには、阪神を自由契約となった能見篤史がオリックスに移籍した。かつての同僚が同じパ・リーグにやってきた。

    「そこの打席に立てるようにやらないといけないし、スタメンで出ていて、能見さんが出てきたら(左対左なので)代打を出されるようだと一番寂しい。そうならないようにやりたい」

     迷いはないが、年齢を重ねたことによって野球人として新たな楽しみも生まれた。

     今季の目標は、もちろん日本一だ。「阪神いるときもかなわなかった。一度は優勝して野球人生を終えたいとの思いがある」。

     40歳のシーズンもチームのためにすべてを捧げるつもりだ。

    写真=BBM

    週刊ベースボール




    【2021ロッテ大予想】 ・鳥谷敬 3年ぶりとなる公式戦でのHR ・宗接唯人 4月に代打でシーズン初出場、プロ初安打がHR ・清田育宏 謹慎明け後の初お立ち台で謝罪



    鳥谷敬 × 能見篤史 × 狩野恵輔 対談  https://youtu.be/qlzjpTCnoVs  @YouTubeより この映像めっちゃ面白いwwトリさんどんだけ阪神嫌いなんだよww ロッテにきて素の感情で野球出来てるみたいで良かった🥺 新しいノウミサンも早く見たい!


    続きを読む

    このページのトップヘ