とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    桑原謙太朗

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    (セ・リーグ、阪神―広島、20回戦、29日、甲子園)今季限りで現役を引退する阪神・桑原謙太朗投手(35)が広島戦の練習開始前に甲子園に登場し、1軍のチームメートや首脳陣らに別れのあいさつをした。

    数分間、スピーチした後は梅野から花束を、岩貞、岩崎からはプレゼントを受け取った。バックスクリーンには「桑さん、14年間お疲れ様でした」というメッセージが映し出され、全員で記念撮影。最後は拍手で送り出され、感慨深げな様子だった。




    【甲子園】 練習前に選手たちが集まって、桑原選手を囲みました。 梅野選手が花束をわたしました。 #阪神タイガース pic.twitter.com/OQFk5O5mFP



    阪神ー広島(29日・甲子園)。 練習開始前に今季限りで引退する桑原投手が現れ、挨拶していました。梅野選手から花束を渡されていました。 #tigers #桑原謙太朗 pic.twitter.com/HJ2nuVcZok


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ウエスタン・リーグ 阪神2―2オリックス(25日・甲子園)

     24日に3年ぶり17度目の優勝を決めた阪神2軍は2―2で引き分け。引退試合に臨んだ俊介と桑原はそれぞれ持ち味を発揮した。

     同点の9回。桑原は大下を3球で空振り三振に仕留め、俊介は4打席凡退で迎えた延長10回に中前打。最終打席で有終の美を飾った。

     試合後の平田勝男2軍監督の一問一答は以下の通り。

     ―俊介は最後の打席でヒット

     「最後に回ってくるんだもん。10回までいったら、延長になれば俊介まで回るぞってね。9回は『打つな!』って言って(笑い)。本当にね、俊介まで回ってヒット打って、こうやってたくさんのファンの方たちに温かい拍手をいただいて、最高の形でユニホーム脱げるやん」

     ―ヒットの後、二塁を狙ってアウトに

     「あれは余計なことをね(笑い)。さすが俊介だよ。最後にああいう、俊介らしくていい。そういうところは意欲がまだまだあるっちゅうことよ」

     ―守備でレフト、ライト、センター全て守った

     「やっぱりね、思い出深い甲子園で、彼は守備固めとかスタメンでも、最後はセンターというところは思ってたし、レフト、ライト、センターと全ポジションを守らせるということは僕はもう決めてたんでね。昨日から俊介にはその話をしといたけど」

     ―桑原もラスト登板

     「うん。今日ちょっとスピード出てたね。この前やっぱり、最後の力が出るんだな。この前の独立リーグか。やった時はスピードガンも全然、肘肩よりも心が痛いですいう話をクワ(桑原)してたけど、今日はスピードもスライダーのキレも良かった。アレが最後のね、本当に桑原らしいピッチングだよ」

     ―改めて2人にはどんな言葉を

     「いやいや。これからの人生が長いんだし、やっぱりね、こうやってファンの方たちに見守られてユニホーム脱ぐことになったんで、勉強してね。やっぱり将来タイガースに帰ってきてほしいよね。やっぱりこうやってタイガースで一緒に戦った仲間だから。そういう点では非常に。これからが勉強だもん」

     ―明日の先発は

     「(西)純矢がね、3回くらい投げれば規定投球イニング数に達するわけよ。本当は2回1/3って言ってたけど、3イニングくらい純矢にいかせる。で、佐藤蓮につなぐんじゃないかな」

     ―優勝から一夜明け、反響はあったか

     「いや、やっぱりね、ありがたいことにかなりメールが来てたな。これはこうやってマスコミの人たちが18連勝の時からいろいろ取り上げてくれたお陰で、たくさん来てたし、矢野監督からも来てたよ」

     ―矢野監督からはどんなメッセージが

     「おめでとうございます、ご苦労様ですって。これは矢野監督が俺を2軍監督に指名してくれたお陰なんで、お礼をメールで返したけどね」

     ―ファーム選手権では3年前に日本一になった矢野監督に続きたい

     「まあそこはね、選手たちがフェニックスの前にまたいい緊張感の中でゲームやれるっていうところ。いいことだな」




    俊介、桑原お疲れ様でした。 いっぱい勉強してまた阪神に帰ってきてください。



    桑原と俊介今日で引退かー。お疲れ様でした。 桑原は一時は一軍に欠かせない投手、俊介は長きに渡る鳴尾浜四天王の一角。寂しくなるな。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ウエスタン・リーグ 阪神―オリックス(25日・甲子園)

     今季限りでの現役引退を表明している阪神・桑原謙太朗投手が、「引退登板」に臨んだ。

     2―2の9回。大きな拍手に包まれた甲子園で最後のマウンドへ。大下に対し、初球は137キロで空振り、2球目は121キロで空振り、最後は136キロで空振りを奪い、3球三振。かつて対戦相手を震え上がらせた“真っスラ”とスライダー、桑原らしい投球で有終の美を飾った。

     大下との対戦を終えると、両軍ベンチから花束を受け取り、スタンドに手を振りながらベンチに下がった。無人の右翼席には「虎を支えたスライダー 苦労人 桑原選手 お疲れさま」と書かれた横断幕が見えた。

     14年オフにオリックスから阪神に移籍した右腕は17、18年と2年連続で60試合以上に登板。17年には43ホールドポイントで最優秀中継ぎ投手賞に輝いた。通算成績は242試合に登板し、15勝13敗、78ホールド、防御率3・61。







    桑原謙太朗 俊介 お疲れ様でした、ありがとう 阪神優勝すんぞ!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     ◇ウエスタン・リーグ 阪神5―3オリックス(2021年9月24日 甲子園)

     今季限りで現役を引退することを発表していた阪神・俊介外野手(34)が25日のウエスタン・オリックス戦(甲子園)で引退試合に臨むことを、優勝決定後に平田勝男2軍監督が明らかにした。近大から09年ドラフト5位で入団した俊介は、広い守備範囲と機動力でチームに貢献していたが、今季は1軍出場がなく、16日に現役引退を発表していた。

     3年ぶり17度目のウエスタン優勝が決まった24日のオリックス戦(甲子園)では出場はなかったが、ベンチで選手を鼓舞。試合後、グラウンドで優勝会見を行った平田2軍監督は、俊介を呼び寄せ「明日は俊介と桑原の引退試合です。ファンの皆さん、応援お願いします」と異例の告知を行った。俊介とともに既に現役引退を発表している桑原謙太朗投手(35)とともに、甲子園でラストゲームに臨む。




    ファームとは云え、引退試合してくれるのはGOOD! 特に阪神一筋だった俊介の有志を観たい人は多いだろうな・・・ #hanshin 3年ぶり優勝決定後、平田2軍監督が25日に俊介、桑原の引退試合を行うと公表(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/cfdaa8328c6f19b2a90e7c6169d5197894f666aa 



    明日は桑原謙太朗投手と俊介選手の引退試合だと、平田勝男監督。 ほんと強かったな〜 #阪神タイガース #ファーム #ウエスタン優勝 #平田勝男 #優勝監督 pic.twitter.com/jGcQwS5aI7


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神桑原謙太朗投手(35)が20日午後、西宮市内で会見を開き、今季限りで現役を引退することを明かした。「肩肘ともに痛みとやっていく中で、どうしても思い通りにはいかず、つらく感じだしたのが一番の(引退の)理由」と語った。

    「リリーフカーでマウンドに上がる時にすごい応援してくれて『すごいな』という印象で、最初投げた記憶があります。当時、17年ですけど、頑張れという声をかけてもらったのは覚えています」。大歓声でリリーフのマウンドに送り出してくれたファンへ感謝を述べた。

    17年シーズンは勝利の方程式の一角として43HPを挙げ、最優秀中継ぎに選ばれた。「真っスラ」と呼ばれた、わずかに変化する球で打者を手玉に取り、チームを2位に押し上げる原動力となった。「それまで何も活躍できず、金本監督に抜てきしていただいて。自分の中では精いっぱいやったというのがあの年だったかなと思います。自分の中でも上出来以上ですね」と当時を振り返った。

    だが、ここ数年は右肘痛にも悩まされ、今季は開幕1軍で迎えたが7試合で7失点。防御率9・00と本来の力を出せていなかった。2軍戦も登板はわずか4試合にとどまっていた。

    「(8月28日の四国IL・徳島との)練習試合に投げさせてもらって、ほとんどまともに投げられなかった。もう、駄目だなと思って決断しました」

    横浜、オリックス、阪神と3球団渡り歩いてきた苦労人が14年間のプロ野球生活に終止符を打つ。

       ◇   ◇   ◇   

    ◆桑原謙太朗(くわはら・けんたろう)1985年(昭60)10月29日、三重県生まれ。津田学園-奈良産大を経て、07年大学・社会人ドラフト3巡目で横浜(現DeNA)入団。10年オフにオリックスへ移籍。14年オフにトレードで阪神移籍。17年に自己最多となる67試合に登板。43HPで最優秀中継ぎを受賞。今季は1軍戦7試合に登板し7失点。防御率9・00。通算242試合登板、15勝13敗78ホールド、防御率3・61。184センチ、86キロ。右投げ右打ち。




    20日(月・祝)、桑原謙太朗選手が今シーズン限りで現役を引退することを発表、同日引退会見を行いました。 ▼会見の内容はこちら  https://hanshintigers.jp/news/topics/info_7619.html  pic.twitter.com/KLV0hM1M8E



    俊介に続き桑原も引退は悲しすぎる…。 最優秀中継ぎ取った時はとんだ拾いもんしたなと思ったよ。 折れない漢。後輩の面倒見のいい先輩。 ありがとう、桑原謙太朗。 #桑原謙太朗 pic.twitter.com/gQOGO1Sh9Z


    続きを読む

    このページのトップヘ