とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    補強

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    担当記者のこの男の“ココ”に注目! 大山悠輔

    年が明け、各チームの陣容がほぼ固まった。新加入選手名鑑に続き、ここでは最新のメンバーリストを掲載する。
    ※情報は2021年1月10日現在


    [2020年成績]セ2位 60勝53敗7分 打率.246 防御率3.35

     若いレギュラー陣が成長を見せ始めた中で、16年ぶりの歓喜を目指す。藤川球児、福留孝介、能見篤史といったベテランが球団を去り、大きく若返りを図った。投手陣では30歳代前半の西勇輝を中心に、20歳代後半の脂の乗り切った先発陣が構成されていく。ここにドラフト2位で即戦力左腕の伊藤将司、韓国リーグで昨年20勝2敗の成績を残したアルカンタラが入ってくれば強力布陣となる。

     中継ぎ陣も、絶対的な抑えのスアレスが残留したことで、若くて生きのいい投手たちを試すことができ、底上げを図る。ドラフト3位・剛腕の佐藤蓮やセンバツ優勝を経験し、巧みな投球が持ち味の5位・村上頌樹などが入ってくると面白い。

     攻撃面では、韓国リーグ2冠のロハス・ジュニアが力を発揮できれば、サンズ、大山悠輔との強力クリーンアップが形成される。ここにアマNo.1スラッガーでドラフト1位の佐藤輝明がレギュラーをつかむようなら、チーム全体が勢いに乗っていくはずだ。

     矢野耀大監督は就任3年目。1年目から3位、2位と順位を上げており、今年が集大成のシーズンとなる。若手が円熟味を増し、助っ人が活躍すれば、優勝は現実味を帯びてくる。



    重責を跳ねのけ真のリーダーに

     飛躍を遂げた四番として真価が問われるシーズンだ。さらには「主将」という立場にもなり、その重責は計り知れない。ただそれを跳ねのけられるだけの練習量を誇るだけに、結果を残しVへ導いてほしいところだ。(H.s)


    注釈:〇=新加入、△=移籍、□=復帰、☆=20年オフに育成から支配下、★=20年オフに支配下から育成、■=背番号変更、名前横は背番号。空欄は未定

    【監督】88矢野燿大

    【一軍コーチ】
    99井上一樹、85福原忍、73金村曉、89藤井彰人、80北川博敏、83新井良太、71久慈照嘉、74藤本敦士、96筒井壮

    【二軍監督】
    78平田勝男

    【二軍コーチ】
    81清水雅治、86安藤優也、□90久保田智之、82山田勝彦、84日高剛、76平野恵一、□70田中秀太、87中村豊、72高橋建

    【投手】
    ■13岩崎優、△14チェン・ウェイン、15西純矢、16西勇輝、17岩貞祐太、18馬場皐輔、19藤浪晋太郎、20中田賢一、21岩田稔、〇27伊藤将司、28小野泰己、29高橋遥人、〇30佐藤蓮、34谷川昌希、36浜地真澄、37及川雅貴、■40尾仲祐哉、〇41村上頌樹、42エドワーズ、43守屋功輝、〇44アルカランタ、46秋山拓巳、47川原陸、48齋藤友貴哉、49ガンケル、50青柳晃洋、△54加治屋蓮、56小林慶祐、61望月惇志、64桑原謙太朗、65湯浅京己、66小川一平、〇69石井大智、75スアレス、92伊藤和雄、93石井将希

    【育成投手】
    ★120島本浩也、★121才木浩人、〇122岩田将貴、△★123鈴木翔太、126牧丈一郎

    【捕手】
    ■2梅野隆太郎、12坂本誠志郎、〇39榮枝裕貴、■57長坂拳弥、59藤田健斗、94原口文仁、95片山雄哉

    【内野手】
    △00山本泰寛、0木浪聖也、3大山悠輔、4熊谷敬宥、〇8佐藤輝明、■26北條史也、31マルテ、33糸原健斗、38小幡竜平、45遠藤成、〇51中野拓夢、55陽川尚将、58荒木郁也、62植田海、〇67高寺望夢

    【育成内野手】
    125藤谷洸介

    【外野手】
    5近本光司、7糸井嘉男、9高山俊、〇24ロハス・ジュニア、25江越大賀、32井上広大、52サンズ、53島田海吏、60中谷将大、63板山祐太郎、68俊介

    【育成外野手】
    127小野寺暖、128奥山皓太




    果たしてその助っ人たちは入国できるかな?  阪神・納得の戦力補強助っ人とレギュラー充実で16年ぶりVへ【2021最新メンバーリスト】(週刊ベースボールONLINE)  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210116-00000003-baseballo-base 



    こう言う記事が金本監督最後の年も出たよなぁ… 阪神・納得の戦力補強助っ人とレギュラー充実で16年ぶりVへ【2021最新メンバーリスト】(週刊ベースボールONLINE) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/807dedf1011c9c07a5aea3b21849a6e35923f16a 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神は韓国で活躍したアルカンタラ、ロハスJr.をダブルで補強
    ヤクルト・高津臣吾監督、阪神・矢野燿大監督、ソフトバンク・工藤公康監督(左から)【写真:荒川祐史】

     年が明けて2021年を迎えた。12球団は今季に向けて戦力整備を進めている最中。新外国人の加入も続々と発表されており、新たなシーズンの到来が待ち遠しくなっているファンも多いことだろう。

     では、2021年を迎えた段階で12球団の補強の進捗具合はどうなっているだろう? ドラフトを除き、各球団が獲得を発表し、補強した選手たちを見ていってみよう。

    ○セ・リーグ
    【巨人】
    井納翔一投手
    梶谷隆幸外野手
    E・テームズ内野手

    【阪神】
    加治屋蓮投手
    山本泰寛内野手
    チェン・ウェイン投手
    ラウル・アルカンタラ投手
    メル・ロハスJr.外野手
    鈴木翔太投手(育成)

    【中日】
    福留孝介外野手
    マイク・ガーバー外野手
    ランディ・ロサリオ投手
    ルーク・ワカマツ内野手(育成)
    山下斐紹捕手(育成)

    【DeNA】
    風張連投手
    田中俊太内野手
    F・ロメロ投手
    K・シャッケルフォード投手(育成)
    S・コルデロ投手(育成)

    【広島】
    ケビン・クロン内野手
    ドビーダス・ネヴァラウスカス投手
    カイル・バード投手

    【ヤクルト】
    内川聖一内野手
    宮台康平投手
    サイスニード投手
    ホセ・オスナ内野手
    ドミンゴ・サンタナ外野手
    近藤弘樹投手(育成)
    小澤怜史投手(育成)

     今オフに積極的な動きを見せているのは阪神とヤクルト。阪神はロッテから自由契約となったチェン・ウェイン、韓国で20勝をあげたアルカンタラ、同じく韓国で2冠王となったロハスJr.を獲得した。さらに金銭トレードで巨人から山本が加入。ソフトバンクを戦力外となった加治屋も迎え入れた。

    ヤクルトはメジャー通算77本塁打の大砲サンタナを補強
     ヤクルトは2017年にメジャーで30本塁打を放ったサンタナ、2019年に10本塁打を放ったオスナと強打者2人を獲得。投手でも今季18試合に登板したサイスニードを加え、ソフトバンクを退団した内川、日本ハムを戦力外となった宮台らも加入した。阪神とヤクルトは支配下5選手の補強を発表しており、これは12球団で最多だ。

     リーグ3連覇を狙う巨人はDeNAからFA権を行使した梶谷、井納のダブル獲りに成功。2017年からメジャーで3年連続2桁本塁打を放っているテームズも補強した。メジャー196本塁打のジャスティン・スモーク内野手の加入も噂されており、充実の陣容となりそう。中日は阪神を退団した福留が復帰。助っ人ではガーバーとロサリオの加入が決まっている。

     DeNAはヤクルトを戦力外となった風張、梶谷の人的補償で巨人から田中俊を獲得。かつてツインズの有望株とされたロメロの加入も決まっている。広島は早々にクロン、ネヴァラウスカス、バードの3人の助っ人加入を発表している。

    楽天と日本ハムはそれぞれ2人の助っ人獲得を発表している
    ○パ・リーグ
    【ソフトバンク】
    なし

    【ロッテ】
    アデイニー・エチェバリア内野手

    【西武】
    吉川光夫投手

    【楽天】
    アダム・コンリー投手
    ブランドン・ディクソン内野手

    【日本ハム】
    ロビー・アーリン投手
    ロニー・ロドリゲス内野手

    【オリックス】
    山崎颯一郎投手(育成→支配下)
    能見篤史投手兼投手コーチ
    田城飛翔外野手(育成)

     阪神やヤクルトをはじめ積極さの目立つセ・リーグに対し、パ・リーグはここまで静かなオフとなっている。新助っ人獲得を発表しているのは楽天、日本ハム、ロッテのみ。4年連続日本一のソフトバンクはここまで補強に関する発表はない。

     楽天はメジャー通算25勝をマークしているコンリー、メジャー通算196試合出場の実績を持つディクソンの加入が決まり、日本ハムは左腕のアーリン、メジャー19本塁打のロドリゲスを獲得している。

     ロッテはキューバ出身でメジャー通算922試合に出場した実績を誇るエチェバリアを補強。西武は金銭トレードで日本ハムから吉川を、オリックスは阪神を退団した能見を投手コーチ兼任で獲得している。

    Full-Count編集部




    阪神はフロントが「そろそろ優勝せなヤバい…」と思ったのか、かなりいい補強してる印象。でも最大のポイントは首脳陣なんだがな…。 5選手加入の阪神&ヤクルトが積極的、鷹はまだゼロ…12球団の補強進捗は?(Full-Count) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/d233786e575413c96dcd08032fc36bb6dff72824 



    5選手加入の阪神&ヤクルトが積極的、鷹はまだゼロ…12球団の補強進捗は?(Full-Count) - Yahoo!ニュース ソフトバンクはキューバの若いピッチャー取ってなかった?? 未確定なのかな?  https://news.yahoo.co.jp/articles/d233786e575413c96dcd08032fc36bb6dff72824 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ 韓国プロ野球のトップ選手ふたりを獲得した阪神

     12月25日、今季の韓国プロ野球で本塁打と打点の2冠に輝いたメル・ロハス・ジュニア選手の獲得を阪神が発表した。

     今オフの阪神は、同じく今季の韓国プロ野球で最多勝と最高勝率の2冠に輝いたラウル・アルカンタラ投手や、今季途中からロッテで好投を見せていたチェン・ウェイン投手らを獲得するなど、積極的な補強策に打って出ている。

     もちろん、補強に動いているのは他球団も同じ。ここで、来季のペナントレースを占う意味でも、現時点までにセ・リーグ6球団が新たに獲得した選手を見てみたい。

    【セ6球団新加入選手】※新人、育成契約選手を除く
    ▼ 巨人
    ・井納翔一(前DeNA/投手)
    ・梶谷隆幸(前DeNA/外野手)

    ▼ 阪神
    ・ラウル・アルカンタラ(前韓国斗山/投手)
    ・チェン・ウェイン(前ロッテ/投手)
    ・加治屋蓮(前ソフトバンク/投手)
    ・メル・ロハス・ジュニア(前韓国KT/外野手)
    ・山本泰寛(前巨人/内野手)

    ▼ 中日
    ・ランディ・ロサリオ(前米ロイヤルズ/投手)
    ・マイク・ガーバー(前米ロッキーズ/外野手)
    ・福留孝介(前阪神/外野手)

    ▼ DeNA
    ・フェルナンド・ロメロ(前米ツインズ/投手)
    ・風張蓮(前ヤクルト/投手)
    ・田中俊太(前巨人/内野手)

    ▼ 広島
    ・ドビーダス・ネバラスカス(前米パイレーツ/投手)
    ・カイル・バード(前米レンジャーズ/投手)
    ・ケビン・クロン(前米ダイヤモンドバックス/内野手)

    ▼ ヤクルト
    ・サイ・スニード(前米アストロズ/投手)
    ・宮台康平(前日本ハム/投手)
    ・ホセ・オスナ(前米パイレーツ/内野手)
    ・ドミンゴ・サンタナ(前米インディアンス/外野手)
    ・内川聖一(前ソフトバンク/内野手)


    ◆ FA選手ふたりの補強にとどまる巨人

     こうして見ても、阪神の補強が目立っている。阪神の場合、新加入選手ではないが「流出濃厚」とされていた今季セーブ王のスアレスの慰留に成功したことも大きい。もちろん、スアレスとちがって新外国人選手の場合、ふたを開けてみなければわからないものだが、虎党の来季への期待は自ずと高まっているだろう。

     また、阪神と並んで5人の新加入選手を迎えたのがヤクルト。なかでも注目はドミンゴ・サンタナだろう。米ブルワーズ時代の2017年には30本塁打をマークするなどメジャー通算77本塁打の長距離砲だ。2019年に東京ドームで行われたメジャー開幕戦では、イチロー(現米マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)が所属していた米マリナーズの一員として出場し、満塁本塁打を放つ活躍も見せた。そのパワーを得て、2年連続最下位に沈んだヤクルトが逆襲を狙う。

     一方、少し意外に思えるのが巨人だ。ここまでの新加入選手は、FA権を行使した井納翔一と梶谷隆幸の前DeNAコンビのみ。その補強もどこまで効果的かは不透明だ。井納が2桁勝利を挙げたのは2014年の一度きり。梶谷も今季こそ久しぶりに好成績を残したものの、近年はケガの影響もあり低迷が目立った。ただ、巨人の場合はふたりの新外国人野手の補強に動いているという報道もあり、開幕までには新たな選手の獲得があるかもしれない。

     いずれにせよ、活躍次第でチームとその成績を一変させる可能性を秘めているのが新加入選手だ。彼らがどんなプレーを見せてくれるのか、新天地での活躍に期待したい。


    文=清家茂樹(せいけ・しげき)

    BASEBALL KING




    写真のフォロースルーだけならタフィーぽいけど、現実は苦いもんだ 阪神とヤクルトが積極補強! ここまでのセ6球団新加入選手一覧(ベースボールキング)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201228-00259697-baseballk-base 



    こう見ると、優勝を狙いに行ってるって伝わるよな。ファンとしても嬉しいわぁ 阪神とヤクルトが積極補強! ここまでのセ6球団新加入選手一覧(ベースボールキング) - Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/0c14d523344c7ae764c48ef56d6d291bbec1d208 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/12/28(月) 16:36:42.44 ID:CAP_USER
    阪神タイガースが今オフ、韓国プロ野球の斗山ベアーズで2020年シーズン最多勝の20勝をマークしたラウル・アルカンタラ投手とKTウィズで韓国2冠王のメル・ロハス・ジュニア外野手を獲得した。

     韓国内でも連日、このニュースは大々的に報じられたが、2020年の韓国プロ野球で最も活躍した外国人選手の2人が阪神に行くというのだから、その後の動向に注目するのは当然のことだろう。

     それ以外にも、阪神には今季ロッテでプレーしたチェン・ウェイン投手を新たに獲得したほか、残留する外国人選手5人を合わせて8人体制となる。

     韓国紙「朝鮮日報」は、阪神が過去にも韓国プロ野球から選手を獲得してきた歴史があることについて、「阪神は2013年に投手の呉昇桓(オ・スンファン、現サムスン・ライオンズ)を獲得したのをはじめ、野手のウィリン・ロサリオ(元ハンファ・イーグルス)とジェリー・サンズ(元キウム・ヒーローズ)と韓国の舞台で結果を残している外国人たちを狙い、獲得してきた」と伝えている。

     阪神が積極的に韓国で活躍した選手を補強する理由については、「昨年に続き、今年もセントラルリーグでライバルとされる読売ジャイアンツに日本シリーズ進出を阻まれた。それで外国人選手への補強に投資を惜しまないからだ」と分析している。

     韓国よりも日本のプロ野球のほうが、年俸が高いのはすでに知られているが、獲得に動きやすいのは同じアジア圏ということもある。

     同紙は「韓国で経験した外国人選手は、同じアジア文化圏の日本に行っても、うまく適応する。日本のスカウトもその点を肯定的に評価している。外国人選手には、日本市場の資金力も魅力に映る」と報じている。確かに言葉は違っても、文化が似ている点では、環境への馴染みやすさはあるのかもしれない。

     また「サンズはキウム・ヒーローズ時代、2019年に年俸50万ドルだったが、2020年は100万ドル、来年は150万ドルで契約しており、選手としての価値は3倍になった」と伝えている。

     結果を残せば韓国でプレーするよりもはるかに多くの年俸を受け取れる。それならば日本からのオファーを断る理由はないだろう。

     阪神の新たな補強が2021年に吉と出るか――。韓国内の野球ファンも注目している。


    (金明昱 | スポーツライター)
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kimmyungwook/20201228-00214851/

    引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1609141002/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    オフにロハスJr.、アルカンタラ、チェン・ウェインを補強した阪神

     25日に韓国2冠王のメル・ロハスJr.外野手の獲得を発表した阪神。今オフは韓国で20勝をマークしたラウル・アルカンタラ投手、今季途中からロッテでプレーしたチェン・ウェイン投手も獲得するなど、積極的な補強を行っており、これで3人目の新外国人選手の獲得となった。

     この3選手以外にもジョー・ガンケル投手、ジョン・エドワーズ投手、ジェリー・サンズ内野手、ジェフリー・マルテ内野手、ロベルト・スアレス投手の残留が決定。新助っ人3人、残留する外国人選手5人と来季も助っ人8人体制となることが決まった。

     今季と同じ助っ人8人体制となる阪神だが、外国人枠の争いは今季以上に熾烈なものになりそう。今季特別ルールとして実施された1軍の外国人登録枠5人は来季も継続される見込みだが、果たして、この5枠を矢野燿大監督はどう使うだろうか。

     8人の外国人でまず、今季最多セーブのタイトルを獲得したスアレスが登録枠に入るのは確実か。来季も守護神の座を任される見込みで欠かすことのできない戦力となるだろう。

     投手で次に有力な候補となるのはチェン・ウェインとアルカンタラの先発投手2人か。チェンは今季ロッテで勝ち星こそ挙げられなかったものの、好投を続けていた。アルカンタラも韓国で20勝をマークした好投手。順当なら、この2人がスアレスとともに外国人枠に入り、チェンとアルカンタラが登板日毎にベンチ入りメンバーに名を連ねることになるか。

     外国人枠の配分は投手3、野手2になると予想される。となると、残り2つの枠は韓国で本塁打と打点の2冠に輝いたロハスJr.、そして、昨季チーム2位の19本塁打64打点をマークしたサンズが、まずは外国人枠のメインとなりそうだ。




    来年も阪神は助っ人8人か。さあ、そのうち何人活躍できるか、楽しみや。



    補強は完璧😎 阪神、韓国20勝腕の次は2冠王・ロハス獲得 助っ人8人態勢、年俸総額約13億円は過去最高― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/12/26/kiji/20201226s00001173105000c.html 


    続きを読む

    このページのトップヘ